c

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ戻る

◆◆ファタハ・ハマス紛争以降
<◆戦史
中近東FAQ目次


 【link】

「Ynet news」◆(2010/11/17)PA arrests Hamas cell planning attack

「VOR」◆(2012/05/08)パレスチナ和解交渉 事実上 決裂
>カイロで行われていたファタハとハマスの和平交渉が事実上決裂.

「孤帆の遠影碧空に尽き」◆(2012/05/15)パレスチナ 語り継ぐ大災厄(ナクバ) 和平交渉進展の兆し見えず


 【質問】
 ファタハ・ハマス紛争とは?

 【回答】
 ファタハと,ハマスとの小規模・断続的な撃ち合い.
 政権運営を巡る対立が原因.
 イスラエル=ヒズボラ紛争を挟んで続いている.
 何度も停戦協定が結ばれているが,効果がない模様.
 以下引用.

 2006年6月21日,ベツレヘムでハマスの下部組織を設立しようとした実業家を,ファタハ系と見られる武装勢力が誘拐し,暴行.(P)
 2006年9月30日,ファタハ系の警官が給料不払いに抗議して自治区の各地で暴力的な抗議行動.アッバス議長はクーデターでハマス政権を倒そうとしていると,ハマス幹部が懸念を表明した.(P,Y)
 2006年10月1日,ガザでファタハとハマスの激しい銃撃戦があり,8人が死亡し,75人以上が重軽傷を負った.ラマラでも議事堂が放火(Y)
 2006年10月2日,ファタハとハマスの抗争は西岸地区で続き,さらに3人が死亡.日曜からの負傷者は120人に達した.
 アッバス議長は各派に自制を呼びかけ,エジプト政府も両派の仲介工作を行っている.(H,P,Y)
2006年10月15日
 ガザではまた,ファタハとハマスの銃撃戦.各地で続くファタハとハマスの武力抗争で,今月初めから15人が死亡している.(H)
 22日には,ファタハと密接な関係にあるパレスチナ治安機関員が,ガザのブライジ難民キャンプにある自宅の玄関で射殺された.
 これはパレスチナ治安機関の人々が給料無配に抗議したデモが暴力化した事件の後で起きた.
 治安機関の大半はアッバス議長に忠誠を誓っているが,ハマスは1月の選挙で勝利した後,自派の治安部隊約6000人を組織し,ガザ地区一帯に展開させている.
(翻訳・ベリタ通信=日比野孟)

2006年10月24日14時13分,アルジャジーラ

情報当局高官の子供3人殺害=議長とハマスの対立背景か−ガザ

 【エルサレム11日時事】パレスチナ自治区ガザ市内にある学校前で11日,6〜9歳前後の子供3人と25歳の男性が何者かに銃撃され,死亡した.
 警察が犯行グループの行方を追っている.
 子供3人はアッバス自治政府議長派の情報当局高官の子息で,政権運営をめぐる同議長と自治政府を率いるイスラム原理主義組織ハマスの対立が事件の背景にある可能性もある.
時事通信,2006年12月11日19時1分
2006年12月18日〔略〕ガザ市内では議長派の治安部隊の訓練基地が覆面姿の武装集団に襲撃され,要員1人が死亡する事件が発生.
 これをハマスの攻撃とみる同部隊は,同市内の議長の自宅一帯を封鎖し,警備を強化した.
 しかし,封鎖区域周辺ではハマス系武装組織との間で激しい銃撃戦が起き,
ロイター通信によると民間人の女性(19)が死亡〔略〕.
 一方で,議長批判を繰り返していたザハル外相の乗った車列が武装集団に銃撃される事件も発生.外相は難を逃れたが,ハマスはこれをファタハ側が仕掛けた犯行だと非難した.
(時事通信)
2006/12/18,パレスチナのハマスとファタハ,停戦で合意(12月18日10時53分,ロイター)
〔2006/12/16〜17,〕ガザで2人死亡,21人負傷
 〔略〕
 最初の衝突は,アッバス自治政府議長がパレスチナ評議会選挙の前倒し実施方針を明らかにした16日夜に起きた.
 前倒し選挙に反対するハマスのメンバーたちが同日夜,アッバス議長の支持基盤であるハマスの軍事訓練基地に突入を図ろうとして衝突,両勢力間で銃撃戦が起き,18人が負傷した.
 医療関係者によると,この銃撃戦の最中に少年1人が流れ弾に当たって死亡した.
 さらに,自治政府声明によると,ハマス勢力は17日にもファタハの訓練基地を襲撃,ファタハの警護員1人が死亡したほか,3人が負傷した.
 政府系のパレスチナ・テレビも同日,襲撃したのはハマス・メンバーで,車両に乗った同メンバーたちが基地に侵入,約20分にわたって発砲などを繰り返した後,ファタハ側の応援部隊の到着とともに逃走したという.

 一方,パレスチナ内務省のヒラル報道官によると,シヤム内相は17日,治安当局に対し,ファタハ系武装組織,アルアクサ殉教者旅団の幹部,ムスリハ氏を拘束するよう命じたという.
 容疑はハマス幹部であるハニヤ自治政府首相らを脅迫したこととされる.

 ハマス側は,アッバス議長が表明した評議会選挙の前倒し実施方針に強く反発,同方針の表明直後から,ハマス支持者たちがガザ地区の街頭に繰り出し,「アブマゼン(アッバス議長)は裏切り者.選挙実施方針はハマスへの挑戦で,合法政府に対するクーデターだ」などと叫びながら行進した.
(翻訳・ベリタ通信=志岐隆司)

アルジャジーラ,2006年12月17日17時11分
停戦成立下のガザで殺害や誘拐相次ぐ ブレア英首相はアッバス議長支持を強調

 【アルジャジーラ特約18日】ガザ地区でのファタハ,ハマス両派の停戦は18日,ガザ北部でファタハ派の活動家(24)が射殺され,わずか1日で挫折した.
 アルジャジーラの取材によると,武装集団が福祉施設を襲った際,殺されたもので,他に3人の重傷者を含む7人が負傷した.
 ファタハのスポークスマンは,こうした事件にもかかわらず,停戦は同日夕も順守されていると述べた.

 この他,ガザ地区のファタハ幹部が同日,明らかにしたところでは,アブ・ザイダ元虜囚担当相が武装グループによって拉致されたが,ファタハ側はこれもハマス派の犯行だと非難している.
 しかし,アルジャジーラのオデー・ガザ特派員は「両派で拉致事件を起こし合っている」と報じた.

 パレスチナ治安当局筋によると,18日中にハマス派によって誘拐されたファタハ派活動家は9人に上る.
 ハマス派筋は,これらの誘拐事件は,ファタハ派がハマスの1人を拉致したことが引き金になったと主張.
 対して,ファタハ筋は,ガザ北部で拉致されたハマス派のエマド・ディーブさんとの交換で解放されることになるだろうと述べた.
 しかし,ザイダ氏はその後,1時間を経ないで無事に解放された.
 仏AFP通信は,当局筋や目撃者からの情報として,ガザ北部では18日だけでファタハ派5人,ハマス派4人が誘拐されたと報じた.

 こうした争いは,アッバス自治政府議長が17日,選挙の早期実施を呼び掛けたことから始まった.
 同議長は,選挙の実施はハマスとの関係行き詰まりに終止符を打ち,西側諸国の経済的制裁措置を解除させることを意図するものだと述べた.

 オデー特派員は,両派の停戦指示が末端の闘士たちに伝わるには時間がかかるだろうとして,
「停戦は,議長と内閣が互いに非難し合うような,非常にひ弱な土台の上に成立している.
 宗教指導者たちは19日に,議長と内務大臣を訪問して,両派共通の立場が築けるかどうかを調べることになっている」
と報じた.
 〔略〕
(翻訳・ベリタ通信=日比野 孟)

2006年12月19日14時39分,アルジャジーラ

<パレスチナ>ハマスとファタハの治安部隊が衝突 5人死亡

 【エルサレム前田英司】パレスチナ自治区ガザ市で19日,自治政府を主導するイスラム原理主義組織ハマスと,穏健派アッバス議長の出身母体ファタハの両治安部隊が衝突.
 ロイター通信によると,双方で少なくとも5人が死亡,子供5人が銃撃戦に巻き込まれるなど十数人が負傷した.
 〔略〕
 ガザ市のシファ病院で19日朝,ハマスの治安部隊が,これまでの衝突事件に関与した疑いでファタハの治安部隊メンバーを拘束しようとして銃撃戦に発展し,ハマス側1人が死亡.
 その後,同市内での銃撃戦でファタハ側2人が死亡,子供5人が負傷した他,ファタハ側2人の遺体が放置されているのも見つかった.
 〔略〕

2006年12月19日19時8分,毎日新聞

 2007年3月10日,メッカ合意後初めてのハマスとファタハの小規模な武力衝突.
 西岸地区ではファタハがハマスの議員を襲撃.
 ガザではハマスがファタハ系の大学を襲撃し,負傷者を出した.(Y,I)
ファタハ治安幹部が撃たれて重傷 ガザの停戦合意に影響か

 【アルジャジーラ特約23日】パレスチナ自治区ガザ南部にあるラファ検問所近くの難民キャンプで23日,同自治区治安当局幹部の1人が覆面をした武装メンバーたちから銃撃を受け,重傷を負った.
 目撃者によると,エジプトとの境界に近い同キャンプ内で起きた今回の襲撃では,7歳の少女ら2人も流れ弾に当たって負傷した.

 ヨルダン川西岸地区も含んだパレスチナ自治区では,アッバス自治政府議長が対抗するハマスをけん制するため,パレスチナ評議会の前倒し選挙実施方針を打ち出して以降,議長の支持基盤,ファタハとハマスの2大勢力が対立,衝突し,この約1週間で少なくとも死者10人が出た.

 〔略〕

 銃撃で重傷を負ったのは,ラファ地区の治安維持の責任者,ハッサン・ジャルブーハさん.犯行声明などはでたいないため,ジャヤルブーハさんが誰に撃たれたのかは不明.
 また,同治安当局の別の幹部は,銃撃現場で捜査を開始したと明らかにするとともに,
「銃撃で死傷者の出る現状を何とか終わらせる必要がある.
 誰の犯行かは分かっているが,現状では明かせないだけだ」
と述べた.

 パレスチナ自治区で今回,ファタハとハマスが対立を深めたのは約2週間前に,ファタハ側の情報部門責任者の娘3人が銃撃で殺害されたのがきっかけだった.
 ハマスはまた,アッバス議長がハマスのハニヤ首相の率いる自治政府内閣の崩壊工作を続けていると非難している.
 〔略〕
(翻訳・ベリタ通信=志岐隆司)
2006年12月24日20時13分,アルジャジーラ
 〔2007/1/3,〕 パレスチナで武力衝突相次ぎ死者5人 ファタハ,ハマスとも停戦は持続と主張
 【アルジャジーラ特約3日】パレスチナをほぼ2分するハマス,ファタハ両勢力が昨年12月,停戦に合意してから最大の銃撃戦が3日,ガザで発生するなど5人が死亡した.
 この銃撃戦はガザ南部のカン・ユーニスで発生,医療関係者によると,アッバス自治政府議長に属する治安機関員3人が死亡した.
 同議長派の防衛的治安部隊(PS)は,ハマス派の警察部隊が同部隊の車両2台に発砲したため3人が死んだと声明したが,ハマス派は発砲したのはPS側と主張している.

 一方,ガザ北部のジャバリア難民キャンプでは,両派の銃撃戦に巻き込まれた女性1人が殺された.
 この戦闘に先立って,ベイト・ラヒヤ町では,屋根の上にいたファタハの所属員が何者かに殺され,さらに,ハマスの治安機関員を乗せて走っていた車両が待ち伏せ攻撃を受けた.
 ハマス派の警察は,この攻撃で警察官2人が負傷したとしている.
 目撃者の証言によると,ファタハ所属員4人が拉致されたとしている.
 ファタハ派はハマス派を非難したが,ハマス側は沈黙している.

 〔略〕

 アルジャジーラのヌール・オデー・ガザ特派員は,武力衝突にかかわらず,両派は停戦は維持されていると言明していると報じた.
 同記者は「この種の衝突は一般のパレスチナ人から問題にされていない」と述べた.

 〔略〕

2007年01月04日16時37分,アルジャジーラ
 ガザではファタハとハマスの抗争が激化.2007年1月4日の死者は6人,負傷者は19人に達した.アッバス議長とハニエ首相が緊急会談し,停戦合意を行ったが,実効性は疑問視されている.(H,P,Y)
 2007/1/6,〔略〕パレスチナ自治政府のアッバス議長は6日,自治政府を主導するイスラム原理主義組織ハマスが昨春の内閣掌握後に創設した独自治安部隊を非合法化すると宣言した.
 ハマスは対抗し,部隊規模を約1万2000人に倍増させると発表.
 ガザ市では同日も衝突で3人が死亡
〔略〕
(毎日新聞)

 〔略〕
 議長は声明で,治安回復を目指し,「治安組織の再編を行う」と発表.「ハマス部隊は合法的な治安組織(=ファタハ系治安部隊)に統合されない限り,非合法と見なされ,そのように扱われる」と主張した.
(読売新聞)
ハマスが治安部隊の倍増発表,「非合法」声明に対抗

 【エルサレム=三井美奈】パレスチナ自治政府の内閣を率いるイスラム原理主義組織ハマスの内務省報道官は6日,ハマスのメンバーで結成した同省直属の治安部隊を「1万2000人規模に倍増する」と発表した.
 アッバス議長が同日,同部隊を「非合法」とする声明を発表したのを受け,対抗姿勢を示したものだ.
〔略〕
2007年1月8日2時26分,読売新聞
 〔略〕
 ガザ地区では6日夜,ファタハ,ハマス双方の支持者の衝突でハマス支持者3人が死亡.
 同日夜にはラマラの内務省を襲ったファタハ側が内務次官の足を撃ち,一時誘拐する事件が発生.
 西岸ナブルスでは,ハマス系の市長と大学教授がそれぞれ誘拐され,行方不明となっている.
 〔略〕
2007年1月8日8時0分,産経新聞
 2007年1月8日,ファタハが誘拐していたナブラスの副市長を2日ぶりに解放.
 しかし,ラマラではハマス支持者宅への銃撃があり,各地でファタハとハマスの小規模な戦闘が続いている.(H,P)
 自治区での内戦は小康状態だが,緊張は激化.ファタハは「シーア派の手先」とハマスを批判し,ハマスは「ファタハはシオニストの陰謀に協力」と応じた.
 ハマスはイスラム聖戦との合併を模索中.(Y)
内部衝突で6人死亡=ハマス選挙大勝1年で集会−ガザ

 【エルサレム26日時事】パレスチナ自治区ガザで26日,アッバス自治政府議長の支持基盤ファタハと自治政府を率いるイスラム原理主義組織ハマスの内部衝突が発生し,現地からの報道によるとハマス支持者やファタハ系武装組織のメンバーら6人が死亡した.
 ハマスが大勝したパレスチナ評議会(議会)選挙から25日で1年.ハマスはガザ地区でこれを記念する集会を開催,,選挙で敗北したファタハとの衝突激化が懸念されている.

2007年1月27日5時0分,時事通信
2007年1月29日
 エイラットで自爆テロがあり3人が死亡.犯人はガザ北部からエジプトを経由してエイラットに侵入か.
 自爆テロは昨年4月以来.
 イスラム聖戦,ハマス,アルアクサ殉教団はテロ成功を賞賛した.(H,P)
 パレスチナの内紛が激化するこの時期に自爆テロが行われたのは,イスラエルの攻撃を招いて内紛を収拾する狙いか.
 内戦を回避するために,イスラエルの攻撃を願っていると語るパレスチナ人も.(H,Y)

 ファタハとハマスの戦闘は昨日も各地で継続し,双方で6人が死亡.
 30日朝3時から停戦を実施すると双方が発表したが,最近の停戦合意は全て崩壊しており,停戦の実現は期待薄と見られている.(H,P,Y)
2007年2月1日
 ハマスとファタハの休戦がわずか2日で崩壊.激しい戦闘で6人が死亡し,多数の負傷者が出た.
 停戦交渉を仲介したエジプトは,ハマスが停戦を破ってファタハを攻撃したと非難した.(H,P,Y)

 ハマスの拠点となっているガザのイスラム大学をファタハ系の治安部隊が攻撃.軍事訓練を行っていたと見られるイランの工作員7人を拘束した.
 もう一人のイラン人は自殺したもよう.(P,Y)
戦闘続き11人死亡=議長,ハマス強硬派と再会談も−パレスチナ

 【エルサレム2日時事】パレスチナ自治区ガザで2日,アッバス自治政府議長の支持基盤ファタハと自治政府を率いるイスラム原理主義組織ハマスの戦闘が続発し,ファタハ系治安当局幹部ら少なくとも11人が死亡した.
 〔略〕
2007年2月2日22時0分,時事通信
2007年2月3日
 ファタハとハマスが停戦合意.少し戦闘は沈静化している.
 しかし,この2週間に9回もの停戦合意が行われ,全て崩壊しているため,状況は予断を許さない.(H,Y)

 2日と3日にはガザで内戦による死者は20人.
 ハマス軍の方が軍事的には優位で,死者の大半はファタハ側.
 両者の争いは,イスラム教支配か,世俗主義かというイデオロギー闘争だとの論評も.(H,Y)

 国防軍は,ファタハとハマスの内戦がイスラエル攻撃につがなることを警戒し,大規模な作戦の準備を整えている.(H,Y)
パレスチナで拉致の応酬続く ファタハ,ハマスの首脳会談を前に

  【アルジャジーラ特約6日】パレスチナ自治政府の2大勢力,ファタハとハマスとの首脳会談が6日,サウジアラビアの聖地メッカで開かれるのを前に,同自治区ガザでは5日から6日にかけて,2勢力間で双方の関係者を拉致し合う騒ぎが相次いだ.
 ガザ北部のベイトハヌーンでは武装集団がファタハ系の武装勢力「17部隊」の本部を襲撃,同部隊のメンバー6人を拉致した.ファタハは同襲撃をハマスの犯行と非難している.
 これに対しハマス側はファタハの主張を否定した上で,「17部隊」がベイトハヌーンで検問所を設置,ハマスのメンバーを拘束しようとしていると非難した.
 また,ファタハの報道官,アブドゥル・ハキム・アワド氏は5日早朝,ガザ市内でファタハのメンバー2人がハマス側に拉致されたと述べたのに対し,ハマス側もヨルダン川西岸中部ラマラで,ハマス幹部1人が拘束されたと明らかにした.
 何件かの拉致事件で2勢力は互いの”捕虜”の交換を行ったが,双方の主張によると,ファタハのメンバー9人,ハマスのメンバー32人が依然拉致されたままという.
 〔略〕
(翻訳・ベリタ通信=志岐隆司)
2007年02月07日00時11分,アルジャジーラ
2007年2月13日
 ハマスと戦うことを拒否した治安部隊のメンバーを自治政府が解任.
 一方,ハマスの治安部隊は解体を拒否する態度を明確にしているため,内戦状態の再燃は時間の問題だとの見方が強まっている.(P)
挙国一致閣僚名簿に合意,ハマス9・ファタハ6閣僚

 【エルサレム=三井美奈】パレスチナ自治政府のアッバス議長が率いるファタハとイスラム原理主義組織ハマスは14日,「挙国一致内閣」の組閣作業を終え,閣僚名簿に合意した.
 これを受け,評議会(国会に相当)のバハル議長代理は同日,17日の特別議会で新内閣の信任投票を行うと発表した.

 「挙国一致内閣」は,武力衝突を続けていたファタハとハマスが先月,サウジアラビアのメッカで設立合意したもの.
 新内閣で再任が決まっているハニヤ首相は14日夜,ガザ市でアッバス議長と会談した後,記者団に「今日は祝いたい気分だ.すべてが終わった」と話し,組閣名簿は15日に正式発表すると述べた.

2007年3月15日12時29分,読売新聞

ハマスとファタハの衝突再発=1人死亡,拉致事件も−パレスチナ

 【エルサレム21日時事】パレスチナ自治区ガザ北部のベイトラヒヤで21日,イスラム原理主義組織ハマスの治安部隊とアッバス・パレスチナ自治政府議長の支持基盤ファタハの軍事部門が衝突し,ファタハ側のメンバー1人が死亡した.
 また,ガザからの報道によると,衝突発生後にガザ市内でハマス関係者2人が何者かに拉致される事件が発生した.
 ハマスはファタハが関与した疑いがあると指摘しており,衝突で死者が出たことに対する報復の可能性もある.

2007年3月22日1時0分,時事通信

 2007年3月24日,ハマスのメンバーが自治警察司令官をガザで殺害.
 ファタハとハマスの抗争が再燃するとの懸念が高まっている.(H)
挙国一致交渉が決裂の危機 パレスチナで深まる内部抗争
2007年01月27日16時44分,アルジャジーラ


  【アルジャジーラ特約26日】死者12人,拉致被害者24人.パレスチナ自治区では今,ファタハとハマスの2大勢力の終わりのない確執を前に,住民らが願う挙国一致内閣の樹立交渉が決裂の危機に直面している.

 ちょうど1年前のこの日(26日),ハマスはパレスチナ評議会選挙に圧勝した.その中,アッバス自治政府議長は同日,交渉が数週間以内にもまとまる可能性があると述べたものの,自治区を取り巻く厳しい状況下,ハマス勝利を祝う記念行事も色あせてしまった.

 同議長を支持するファタハのスポークスマン,タウフィック・アブ・クーサ氏は自治区内で起きた暴力の責任がハマス側にあると非難した上で,「ハマスとの交渉は決裂しかねない.テーブルの下に爆弾が仕掛けられている状態では,交渉などできるわけがない」と憤った.
 
 この結果,26日に開かれる予定だった両勢力間の交渉は,開催が早くても28日にまで延期されることになった.

 ファタハ系の武装組織,アルアクサ殉教者旅団はハマス支持者24人を拉致し,ファタハ幹部がハマス側から危害を加えられるような事態になれば,24人に厳しい処分を下すと通告した.

 同幹部はガザ地区北部ジャバルヤに住むマンスール・シャラエル氏で,現在同氏の自宅がハマス構成員らに包囲されている.同構成員らは,26日早朝に起きたハマス構成員襲撃事件に,シャラエル氏が関係していると主張している.

 このため両勢力の関係者は話し合いを持ち,同日夜,包囲を解除することで合意した.

 しかし,ガザ地区では26日深夜になっても銃声がとどろき,ファタハ,ハマスの両勢力支持者が通りに出て警戒している.その中,同地区にあるファタハ系治安当局の事務所にロケット型手りゅう弾2発が撃ち込まれた.

 こうした緊張状態の中,ハマス評議会選挙勝利1周年行事は小規模なものとなった.ハマスは当初,同選挙勝利を祝うため,ガザ地区で行進を大々的に実施する予定にしていた.しかし,ハマス構成員への襲撃事件発生などにより,同行進は規模が縮小された.

 行進に参加するはずだったハマスの指導者,ハニヤ自治政府内閣首相も安全を考慮し,行進への参加を取り止めたほどだ.

 アルジャジーラのガザ特派員,ヌール・アデハ記者は「ハマスの祝賀行事は最小限に抑えられた.すべては現在ガザで起きている情勢不安の結果だ」と伝えた.

 アッバス議長とハマス最高指導者のメシャール師(シリア在住)は今月21日の会談で,事態収拾と挙国一致内閣樹立に努めることで合意した.

 ハマス主導の内閣は,欧米諸国からの経済制裁,およびイスラエル政府の関税収入送付の停止を受けて,財政困難に陥っている.

 これに対しアッバス議長は26日,スイス・ダボスで開かれた世界経済フォーラムの席上,「パレスチナは今,分岐点に立たされている.少なくても3週間以内に答えを出さねばならない」と語った.

 同議長は続けて,「挙国一致内閣樹立に失敗すれば,議長選挙の前倒し実施を決断する」とも述べ,欧米諸国に経済制裁の中止を,また,ハマス側に妥協姿勢をとるよう呼び掛けた.ハマス側はいかなる選挙の前倒し実施は「クーデター」とみなすとし,同実施にあくまでも抵抗する姿勢を示している.

 また,ハマスは,選挙勝利1周年を前にした声明で,これまでの1年間が困難を伴うものであったことを認めた.

 その上で声明は,「政府が予定,計画していた多くの事業が,経済制裁などによって達成困難となり,その結果,パレスチナ人民は給与を手にできず,食料にも事欠いている」と指摘した.

 声明は矛先をアッバス議長にも向け,「パレスチナ内にハマス内閣をおとしめようとする勢力がいる」と非難した.

 最後に声明は,「挙国一致内閣の樹立は最優先事項だが,そのために人民の権利,とりわけ,祖国の奪還,抵抗の権利を放棄することはできない」と強調,安易な妥協はしないとの強硬姿勢を明らかにした.(翻訳・ベリタ通信=志岐隆司)
パレスチナ 内部衝突で再び緊迫 支持者や幼児ら11人死亡
2007年1月27日16時10分,産経新聞


 【カイロ=村上大介】パレスチナ自治区ガザ地区で26日,アッバス自治政府議長の支持母体のファタハと自治政府を率いるイスラム原理主義組織ハマスの衝突が続き,双方の支持者や幼児ら9人が死亡した.
 25日夜の衝突で負傷した2人も病院で死亡,一連の衝突で死者は計11人に達した.
 ハマスのザハル外相の自宅には26日,対戦車砲が撃ち込まれ,パレスチナの内部衝突が再び激化する懸念が強まっている.
 ザハル外相は攻撃を受けた際には不在で,負傷者はなかった.
 また,フランス通信(AFP)によるとガザ地区とヨルダン川西岸で同日,ハマス支持者9人とファタハ支持者5人がそれぞれ誘拐される事件も起きている.
 ハマスの報道官は26日夜,ファタハとの「対話」を凍結すると発表.ファタハの報道官も「机の下に爆弾を抱えた相手(ハマス)との対話を続けることは不可能だ」と非難した.
 〔略〕
パレスチナ ガザ再び衝突激化 ハマス「交渉打ち切り」
2007年1月28日8時0分,産経新聞


 【カイロ=村上大介】パレスチナ自治区ガザ地区で,アッバス自治政府議長の支持母体ファタハと自治政府を率いるイスラム原理主義組織ハマスの衝突が続き,ハマスは26日夜,ファタハとの「挙国一致内閣」樹立の交渉を打ち切ると宣言した.
 戦闘は26日から激化し,27日もガザ市内で続き,2日間の死者は少なくとも17人,負傷者も40人以上にのぼっている.

 ロイター通信などによると,27日の戦闘は,ガザ市内のイスラム大学周辺で発生,ハマス主導内閣の内務省・治安部隊要員のほか,学生1人が巻き込まれて死亡した.
 26日にガザ地区各地で広がった衝突や戦闘では15人が死亡していた.

 さらに,26日にはハマス内閣のザハル外相の自宅に対戦車砲が撃ち込まれたのに対し,ハマス側は27日朝にかけてファタハ系の自治政府治安組織の本部と治安組織幹部の自宅を迫撃砲などで攻撃.いずれも負傷者はなかったもようだ.

 フランス通信(AFP)によると,ガザ地区とヨルダン川西岸で26日,ハマス支持者9人とファタハ支持者5人がそれぞれ誘拐される事件も起きている.

 ハマス報道官は26日,ファタハとの間の「対話」を凍結すると表明,ファタハ側も「机の下に爆弾を抱えた相手(ハマス)との対話を続けることは不可能だ」などと非難した.
 アッバス議長は21日,シリアの首都ダマスカスを訪れ,ハマス在外指導者,ハレド・ミシュアル氏と会談し,双方の武装組織間の戦闘禁止や挙国一致内閣樹立に向けた協議再開に合意した.
 パレスチナ各派が参加した正式協議が26日からガザ地区で始まる予定だった.
 2007年3月14日(水),ガザで発生した銃撃戦で,ファタハがハマス軍事部門司令官を殺害.
ハマスとファタハの停戦合意はまた破られた.(Y)
 2007年3月23日(金)までに,ガザで2日にわたってファタハとハマスの銃撃戦.大人1人と子供1
人が死亡した.両派の戦闘はメッカ合意の後で小康状態になっていた
が,連立政権の発足後,再燃の兆しを見せている.(H,Y,P)
 2007年4月1日(日),ファタハが1400人規模の治安部隊をエジプトで訓練中.ハマスが
再び攻撃して来るのは確実だと,ファタハ幹部は語っている.(H)

 2007年4月2日(月),アルカイダ系のテロ組織指導者をハマスと見られるグループがガザで
暗殺.しかし,ハマスはファタハの犯行だとして関与を否定した.ア
ルカイダ系組織とハマスの抗争は激化の兆しを見せている.(P)
 2007年4月24日(火),ガザでまた武装勢力の抗争が激化の兆し.昨日は各地で戦闘があり,少年1人が死亡し,7人が負傷した.(P,H)
イスラエル軍,ガザ空爆を継続 ファタハ,ハマスまた停戦
2007年5月20日8時0分,産経新聞

 【カイロ=村上大介】ロイター通信によると,パレスチナのイスラム原理主義組織ハマスは19日,パレスチナ自治区ガザ地区北部で,イスラエル軍をロケット弾で攻撃,1発が軍用ブルドーザーに命中し,イスラエル兵1人が軽傷を負った.同軍は,ハマスによるイスラエル領へのロケット弾攻撃を阻止するため,ガザ地区に空爆を加えており,19日もパレスチナ人2人が死亡し,5人が負傷した.
 同通信によると,イスラエル軍が16日にハマス軍事部門の標的に対する空爆を開始してから,パレスチナ側の死者は少なくとも17人にのぼる.同軍はガザ北部の自治区側にも戦車などを投入している.

 一方,内部抗争を続けるアッバス自治政府議長率いるファタハとハニヤ首相が属するハマスは19日,エジプトの仲介で新たな停戦に合意.
 停戦は同日午後3時(日本時間同9時)に発効し,双方の武装組織メンバーは街頭からの撤退を開始したもようだ.
 だが,停戦発効直前に,ガザ地区の情報担当責任者を務めるアッバス議長補佐官の車列が何者かの銃撃を受けた.
 ファタハとハマスは13日以降,ほぼ毎日のように停戦に合意したが,双方の政治指導部が武装部門を制御できない状況が続いてきた.
 〔略〕
<イスラエル>ハマス議員宅を空爆,家族ら8人死亡
2007年5月21日11時4分,毎日新聞


 【エルサレム前田英司】パレスチナ自治区ガザ地区からの情報によると,ガザ市で20日夜,イスラム原理主義組織ハマス所属の評議会議員(国会議員に相当),ハリル・アルハヤ氏の自宅がイスラエル軍に空爆され,家族ら少なくとも8人が死亡,10人以上が負傷した.
 同軍は付近にいた武装集団を狙ったもので,同氏を標的にしたのではないと説明している.
 16日に同軍のガザ空爆が始まって以来,1回の犠牲者数としては最悪の規模となった.
 イスラエル軍は,ガザ北部などからイスラエル領の町へ手製ロケット弾を撃ち込んでいるパレスチナ武装勢力を排除するため,ハマス軍事部門のメンバーを主な標的にしてきた.
 アルハヤ氏のような政治部門の幹部が標的になる例は最近は無かった.

 イスラエル政府は20日の閣議で,パレスチナ武装勢力への圧力を強めるため,ハマスなどへの反撃を一層強化する方針を確認していた.
 イスラエル軍機から発射されたミサイルは,アルハヤ氏宅の集会場所に使われていた部屋に命中した.
 イスラエル紙ハーレツ(電子版)によると,死者の中には同氏の父親(60)らが含まれている.
 同氏は,抗争を続けているハマスと穏健派アッバス自治政府議長の出身母体ファタハの停戦協議に当たっていたハマス側代表の1人だった.

イスラエル ハマス議員宅を攻撃 家族や隣人ら8人が死亡
2007年5月21日16時28分,産経新聞


 〔略〕
 ハマス側は死亡した8人のうち武装要員は2人だけで,6人は家族や隣人だったとしている.
 ロイター通信によると,イスラエル軍は,イスラエル領へのロケット弾発射に関与した武装勢力を標的にしたとしているが,武装要員2人はハイヤ議員の自宅の警備要員だった可能性もある.

 イスラエルのオルメルト政権は20日,安全保障閣議で,ガザ地区からロケット弾を発射しているハマスとイスラム聖戦に対するイスラエル軍の軍事作戦強化を許可することを決定.
 その数時間後の最初の攻撃がハマス政治部門に属するパレスチナ評議会議員の自宅を標的とし,家族らが犠牲となったことで,ハマス側はイスラエルに「地震のような反撃を加える」と激しく反発.イスラエル領内での自爆テロなどの報復が懸念される事態となった.
 〔略〕
<イスラエル>パレスチナ側のロケット弾で死者 戦闘拡大か
2007年5月22日10時47分,毎日新聞


 【エルサレム前田英司】イスラエル南部スデロトで21日午後,パレスチナ武装勢力の撃ち込んだロケット弾が車を直撃し,近くにいたイスラエル人女性(35)が死亡した.
 イスラム原理主義組織のハマスとイスラム聖戦,パレスチナ民衆抵抗委員会の3組織が攻撃を認めた.
 ロケット弾攻撃でイスラエル側に死者が出たのは昨年11月以来.
 〔略〕
 イスラエル軍によると,同国南部には15日以降,近接するパレスチナ自治区ガザ地区北部から160発以上のロケット弾が撃ち込まれている.
 一部が住宅などを直撃して負傷者が相次ぎ,学校が休校に追い込まれるなどしたが,これまで死者は出ていなかった.
 女性が死亡した21日の攻撃はイスラエルのリブニ外相と欧州連合(EU)のソラナ共通外交・安全保障上級代表がスデロトで会談中に起きた.
 リブニ外相は記者会見で「戦術の根本的な変化を行動で示さなければならない」と述べ,激しい報復に出ることを示唆した.
 空爆の標的をハマスの政治部門幹部らに拡大することや,地上からの再侵攻の可能性などが取りざたされている.
 一方,イスラエル軍による21日のガザ空爆では,イスラム聖戦のメンバーら少なくとも5人が死亡.
 ロイター通信によると,ハマス最高幹部のハニヤ・パレスチナ自治政府首相は同日,「我々は勝利か,殉教するまで戦い抜く」と徹底抗戦を宣言した.
イスラエル パレスチナ閣僚ら33人拘束 
2007年5月25日8時0分,産経新聞


 イスラエル軍は24日,ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ナブルスなどで,シャーイル自治政府教育相らイスラム原理主義組織ハマス政治部門の幹部ら33人の身柄を拘束した.
 33人には,パレスチナ評議会(議会)の議員3人やナブルス,カルキリヤ市長など市町村長少なくとも7人も含まれている.
 イスラエル軍は,自治区ガザからイスラエル領にロケット弾発射を続けるハマス武装部門に対する空爆を続けており,ペレツ国防相は軍放送に「(教育相らの拘束は)テロ組織の武装部門に攻撃をやめさせるためのメッセージだ」と述べた.(カイロ 村上大介)
イスラエル軍のガザ空爆で5人死亡,ハマス閣僚1人拘束
2007年5月27日16時3分,ロイター

 [ガザ 26日 ロイター] イスラエル軍は26日,パレスチナ自治区ガザへの空爆を続行し,イスラム原理主義組織ハマスのメンバー5人を殺害した.また,ヨルダン川西岸でパレスチナ自治政府の閣僚を新たに1人拘束した.
 イスラエル軍によるこの一連の攻撃は,ハマスによるイスラエルへのロケット発射に対する報復.
 ハマスの活動家5人を殺害した空爆に続き,同日2100GMT(日本時間27日午前6時)ごろ行われた爆撃では,ハマス主導の治安部隊が使用していた複数の建物が破壊され,通行人8人が負傷した.
 イスラエル軍は5月中旬以降,武装勢力を中心に40人以上のパレスチナ人を殺害.一方のハマスなどガザの武装勢力は,同時期にイスラエルに対して220発のロケット弾を発射している.
 2007年5月28日(月),昨日朝,スデロットを訪問した35歳のコンピュータ技術者がロケット砲を被弾し,死亡.
 スデロットには引き続き毎日10発以上の無差別砲撃が続いており,民家に被害が出ている.(H,Y,P)
 オルマート首相は国防軍に対し,ハマスの軍事施設に対する攻撃を強化するよう指示.
 しかし,大規模な地上侵攻は避ける.(H,Y,P)

 2007年5月28日(月),ファタハのガザ治安責任者のシャバクが辞任.ハマスとの闘争でアッバス議長から十分な支援を得られないためと見られている.(P)
 2007年5月29日(火),砲撃で授業を中止していたスデロットの学校が授業を再開.
 しかし,出席率は3割前後で,まともな授業は行えなかった.(H,Y,P)
 2007年5月10日,ガザでまたハマスとファタハの戦闘.
 3000人の治安部隊による自治政府の治安維持作戦も効果は疑問視されている.(P)
 2007年5月14日,ガザの内戦状態にもかかわらず,何も実質的な権限を与えられないため打つ手が無いとして,自治政府のカワスメ内相が辞任.
 ハニエ首相は内相の辞任を認め,自ら職務を引き継いだ.(P,H)
<パレスチナ>ファタハ,ハマスが衝突 ガザ地区で4人死亡

 ロイター通信などによると,パレスチナ自治区ガザ地区で13日,アッバス自治政府議長の出身母体ファタハとイスラム原理主義組織ハマスの抗争とみられる衝突があり,計4人のパレスチナ人が死亡,10人以上が負傷した.
 衝突はファタハ,ハマスがパレスチナ統一政府の樹立に合意した2月以降,最大規模とみられる.

2007年5月14日12時40分,毎日新聞

 2007年5月15日夜,スデロットに20発のカッサムロケット砲撃.18人が負傷し,うち1人は重体.
 ハマスが犯行声明を出した.
 内戦を収拾するためイスラエルのガザ侵攻を招くのが目的と見られている.(P,H,Y)
ガザのファタハ基地を攻撃 8人死亡 ハマス,抗争泥沼化

 【カイロ=村上大介】パレスチナ自治区ガザ地区で15日,アッバス自治政府議長の支持母体であるファタハの精鋭治安部隊基地が襲撃され,8人が死亡した.
 襲撃したのはハニヤ首相が所属するイスラム原理主義組織ハマスの武装部門とみられ,ファタハとハマスの抗争は再び泥沼化している.
 ロイター通信によると,エジプトで訓練を受けていたファタハ治安部隊450人が15日,ガザ地区に投入された.

 襲撃を受けたのは,ガザ地区北部にある自治政府議長の特別警護隊の訓練基地で,武装勢力は迫撃砲やロケット弾で訓練基地に攻撃を開始.
 AP通信によると,支援に駆けつけたファタハ治安部隊の車両を待ち伏せし,激しい銃撃を加えた.

 ファタハ側は,ハマス武装部門だけでなく,ハマスが内務省の管轄下に独自に設置した治安部隊が攻撃に加わったと非難したが,ハマス側は攻撃への関与を否定している.
 このほか,ガザ市でハマス武装部門のメンバーが何者かに射殺されるなど各地の衝突で3人が死亡,
 内務省がファタハ系とみられる武装組織の銃撃を受けた.

 〔略〕

2007年5月16日8時1分,産経新聞

15日の交戦により,病院に搬送される負傷者

ファタハ治安幹部自宅 ハマス武装組織が襲撃 5人死亡

 【カイロ=村上大介】深刻な内部抗争が再燃したパレスチナ自治区ガザで16日,イスラム原理主義組織ハマスの武装組織がアッバス自治政府議長率いるファタハ系の治安組織最高幹部の自宅を襲撃,警備に当たっていた治安要員5人が死亡した.
 ロイター通信によると,その他の戦闘などで同日の死者は少なくとも16人にのぼった.

 〔略〕

 ガザ地区では16日も各地で銃声が響いた.
 ガザ市内の議長官邸に迫撃砲が撃ち込まれ,ハマス側が支配する内務省にも銃撃が加えられた.
 また,ファタハがハマスの武装組織戦闘員5人を連行していた車をハマスが襲撃し,ハマスの5人を含む7人が死亡した.

 〔略〕

2007年5月17日8時1分,産経新聞

襲撃されたファタハ幹部宅

<パレスチナ>ファタハとハマスの衝突続く,死者40人以上

 【エルサレム前田英司】イスラエル放送などによると,アッバス・パレスチナ自治政府議長の出身母体ファタハとイスラム原理主義組織ハマスの衝突は16日夜も散発的に続き,ファタハ2人,ハマス1人の計3人が死亡した.
 ハマス最高幹部であるハニヤ自治政府首相の住宅の護衛が何者かに銃撃されたとの情報もある.
 ファタハとハマスの4回目の「戦闘停止」合意後も衝突は収まらず,ここ数日間の死者数は計40人以上に達している.
 ハマス側は「(自治政府の治安機関を独占してきたファタハとの)力関係を変えるため」と抗争の目的を表明.ハマスより多くの死者を出しているファタハが報復を強める可能性もある.

 〔略〕

2007年5月17日10時34分,毎日新聞

 2007年5月16日夜もスデロットに21発のロケット砲撃があり,70歳の女性が負傷.
 一昨日からの合計は40発に.(P,H,Y)

 同日,カッサム砲攻撃に対して厳しく対応することを閣議決定.
 ハマス軍事施設に攻撃が行われ,ハマスメンバー4人が死亡した.(P,H,Y)
 2007年5月17日,国防軍がハマスの軍事司令部など多くの箇所に反撃.
 ハマスのメンバーら4人が死亡したもよう.
 ハマスはイスラエルに対して自爆テロなどで応戦すると警告した.(P,H)

 同日もスデロットに30発程度のカッサムロケット砲攻撃.
 うち1発はシナゴグを直撃したが,300人が集まる集会が終わった直後だったため,残っていた数人が負傷しただけだった.(P,H,Y)
 2007年5月30日(水),国防軍がガザのハマス施設を引き続き攻撃中.ハマスのメンバー2人が死亡した.
 また,西岸地区でもテロリスト拘束作戦で銃撃戦となり,アルアクサ殉教団のメンバー2人が死亡した.(P,H,Y,7)
 2007年5月31日(木),スデロットへの砲撃は止まらず,民家に被害.
 送電線も被害を受け,一時,全市が停電した.(H,P)
 2007年5月31日(木),ハマスのダマスカス本部のマシャールが,ガザからのカッサム砲撃を強化する方針を表明.
 「ガザ撤退もレバノン撤退も武力攻撃の成果.占領を終わらせるのは武力攻撃だけ」と語った.(Y,P)
 国連安保理が,パレスチナ武装勢力のスデロット砲撃を非難する声明.パレスチナ代表は「一方的な決議だ」と反発した.(Y)
 2007年5月31日(木),国防軍がラファエル社製の防衛システムをガザの境界線沿いに設置へ.
 遠隔操作で侵入者を銃撃することができる画期的な装置.(Y)
 2007年5月31日(木),イスラエルの世論調査で,2年前のガザ撤退は誤りだったとの意見が48%に.
 撤退は正しかったとの意見を大きく上回った.(I)
 2007年6月1日(金),ファタハとハマスがエジプトで停戦協議へ.エジプトの仲介で両者が争いを止め,イスラエルに対するロケット砲攻撃を1ヶ月間中止し,その後にイスラエルとの停戦交渉を行う案が検討されている.(P)
パレスチナ武装組織が領内侵入=ガザ境界で銃撃戦−イスラエル
2007年6月10日2時0分,時事通信


 【ラマラ(ヨルダン川西岸)9日時事】パレスチナ自治区ガザからの報道によると,ガザのパレスチナ武装組織が9日,イスラエルとの境界を越えてロケット砲などでキスフィム検問所を襲撃し,イスラエル軍と銃撃戦を展開した.
 武装組織のイスラム聖戦が声明を出し,アルアクサ殉教者部隊と共同で攻撃を仕掛けたことを認めた.
 交戦で襲撃に加わった武装組織のメンバー4,5人のうち1人が死亡し,ほかのメンバーはガザに撤収したもようだ. 
 2007年6月11日(月),ガザではファタハとハマスの戦闘が激化.
 ファタハ系武装組織のメンバーがハマスに誘拐され,ビルから投げ落とされて死亡した.
 ファタハはハマスのハニエ首相の自宅を襲撃.(P,H,Y)

 2007年6月12日(火),ガザ各地でファタハとハマスの戦闘が発生し,双方に10人の死者と多数の負傷者.
 先週からの死者は16人に達した.
 両派の指導者は平穏を呼びかけているが,事態収拾は困難と見られている.(P,H,Y)
 2007年6月13日(水),ガザではファタハとハマスの内戦が激化.昨日だけで約25人が死亡し,各地で激戦が続いている.
 装備で勝るハマスの軍が自治政府の治安部隊拠点を次々に攻略しているもよう.(H,P,Y)
 2007年6月14日(木),ガザでのファタハとハマスの戦闘は継続中だが,ファタハ系治安部隊の拠点はほとんどがハマスに奪われた.
 ファタハは30人程度の死者を出し,多数がハマスに投降したもよう.(P,H,Y)
 2007年6月14日(木),いつもはイスラエルを非難することで知られる人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチがガザの内部抗争でファタハとハマスを非難.
 双方が明らかな戦争犯罪を行っていると糾弾した.(H,P)
 2007年6月15日(金),ファタハの主な拠点が陥落し,ガザは事実上ハマスの支配下に.
 自治政府のアッバス議長は非常事態宣言を出し,議長令でハニエ内閣を解散した.
 ハニエ首相は,解散命令は無効だと宣言した.(P,H,Y)
 米国は「ハマスは人々を脅迫している」として,ハマスのガザ支配に懸念を表明.ハマスの支配で二国家共存の基本的な枠組みが崩壊し,
 パレスチナの人々には希望が無くなると語った.(P,H)
 アラブリーグのムーサ議長は,ガザでの紛争が「破局をもたらす」と懸念を表明.緊急外相会議を開催して対応を検討する.(H)
 EUは安全が確保できないためガザでの人道支援活動を中断.「早期に再開できることを願っている」と担当者は語った.(H,P)
 実質的にガザは西岸地区と別の「ハマス国」になる公算が高まっている.
 イスラエルを武力で滅ぼすことを目指すイスラム原理主義国家の出現で,イスラエルは難しい対応を迫られることになる.(H,Y)
 2007年6月21日(木),アッバス議長はハマスを「殺人者集団」と激しく非難し,断交を宣言.
 ハマスが250キロの爆弾による議長殺害を準備している様子を撮影したハマスのビデオを見たことを明らかにした.(P,H,Y)

 2007年6月21日(木),エジプトがガザとの国境線警備を強化.
 ハマスのガザ支配でエジプト経由の武器密輸が急増すると見られているため.(P)

 2007年6月21日(木),自治政府のファイヤド首相は,ガザでハマス政権が発行するパスポートの無効を宣言.
 ガザ住民は外国旅行ができなくなる.(P)
 2007年7月1日(日),ガザへの国際部隊の展開が話題になる中,ハマスが「国際部隊が来れば占領軍と見なして攻撃する」と宣言.(Y,P)
 2007年7月29日(日),自治政府の新政策綱領から史上初めて武力闘争が除外されたことが判明.
 女性の地位向上や環境対策なども含まれているという.(P,Y)

 2007年7月29日(日),ハマスが職員の一部に給与の部分支給を開始.
 自治政府はハマスに雇われた職員には給与の支払いを停止している.(H)

 2007年7月30日(月),自治政府ではガザでの惨敗に関する調査委員会が60人のファタハ幹部を断罪.
 しかし,ファタハ内の新旧世代の権力抗争の影響で,公正な調査が行われていないとの不満が噴出している.(H,P)

 2007年7月31日(火),政策綱領から武力闘争を除外しても,パレスチナ人には武力闘争を行う権利があると,自治政府のファイヤド首相が語った.
 ハマスなど過激派から「裏切者」等として激しい非難を浴びたため.(P,Y)

 2007年8月2日(木),ハマスがガザでファタハ系新聞の職員を逮捕.
 配布予定の新聞も没収された.
 ガザではハマスによる言論統制が進んでいる.(P,7)

 2007年8月3日(金),ガザでハマスがイスラム聖戦のメンバー2人を殺害.
 ハマスのガザ支配後,ハマスとイスラム聖戦の対立は深まっている.(H,Y)

――――――
ガザでハマスとファタハ支持者衝突 20人負傷
2007年8月11日20時23分,産経新聞


 【カイロ=村上大介】イスラム原理主義組織ハマスが支配するパレスチナ自治区ガザ北部のベイトハヌーンで10日夜,ハマス治安部隊が地元住民の結婚式を襲い,ハマスと対立するファタハの地元幹部4人を含む10人を逮捕した.
 これに抗議した親類ら約150人がハマスの事務所に押しかけて衝突に発展,少なくとも20人が負傷した.
 フランス通信(AFP)によると,結婚式で参加者らがファタハ系の愛国歌を歌ったところ,ハマス治安部隊が介入してきたという.
 ハマス側は「逮捕された者は公共の秩序を乱した」としている.
 6月半ばのハマスによるガザ武力制圧後,ハマス治安部隊とファタハ支持者の衝突では最大規模となった.
――――――

 2007年11月19日(月),ナブラスでハマスの組織を摘発したと,自治政府のアルヤヒヤ内相が語った.ハマスは武器を備蓄し,ガザと同様にナブラスも実力で占拠をする計画を立てていたという.(P,7)

 2007年11月21日(水),西岸地区のビルザイト大学が,ファタハとPFLPの争いのため授業を中止.
 紛争は,他の大学にも拡大する兆し.

 2007年11月22日(木),25台の装甲車を,オルマート・イスラエル首相が自治政府に提供へ.
 ガザでは自治政府に提供した兵器が全てハマスに奪われているため,西岸地区でも同じことが起こると,軍事関係者は懸念を表明した.(H,Y,P)
 アナポリス和平会議が失敗すればアッバス政権が倒れ,自治区は無政府状態になり,ハマスが実権を握ると軍事関係者が懸念.(H,P)
[情報源略号表]
 P=エルサレム・ポスト  http://www.jpost.co.il/
 H=ハアレツ       http://www.haaretz.com/
 7=アルツ7       http://www.israelnationalnews.com/
 I=イスラエル・トゥデイ http://www.harvesttime.tv/israel_today/
 Y=イディオット・アハロノット http://www.ynetnews.com/

直接転載元:「イスラエル・ニュース」

 ガザ地区へのイスラエルの進出は,メディアの関心を掻き立てていますが,より目立たない活動として南ガザ地区で,ハマスが領域を確保するための体制が,すでに完了しています.
 ガザの特別治安部隊(Murabitun)を急速に育成しているハマスが,パレスチナの覇権争いで盟主に祭り上げられましたが,アッバス議長(ファタハ所属)はこの脅威に対抗するための計画を既に開始しています.

 パレスチナ人は仲間内で争い続けています.

おきらく軍事研究会,平成18年(2006年)11月20日

――――――
内部衝突,8人死亡=病院内で銃撃戦も−パレスチナ
2007年6月12日6時1分,時事通信

 【エルサレム11日時事】パレスチナ自治区のガザで11日,アッバス自治政府議長の支持基盤ファタハと自治政府を率いるイスラム原理主義組織ハマスが激しい戦闘を繰り広げ,少なくとも8人が死亡した.
 このうち4人は,ガザ北部のベイトハヌーン病院内で起きた銃撃戦で犠牲になった.
 病院の医師はロイター通信に対し,
「誰もが無差別に発砲している」
と惨状を語った.
 地元メディアによると,交戦で電気の設備が破壊され,多くの患者の命が危機にさらされているという.


パレスチナ連立内閣,崩壊の危機=ハマスがファタハ部隊本部を襲撃
2007年6月12日22時0分,時事通信

 【エルサレム12日時事】パレスチナ自治政府を主導するイスラム原理主義組織ハマスの軍事部門は12日,ガザ市にあるアッバス自治政府議長の支持基盤ファタハの治安部隊本部を襲撃した.
 〔略〕
 ハマス軍事部門はラジオを通じて声明を出し,警察以外のファタハ関係部隊が同本部から退去しなければ,攻撃を加えると宣言.
 その後,実際に襲撃したが,これまでのところ本格的な交戦には発展していない.
 同本部のファタハ部隊司令官は,
「ハマスの攻撃は失敗に終わった.退去する意思はない」
と述べ〔略〕た.
 アッバス議長が率いるファタハ中央委員会は声明を出し,
「ハマスがクーデターを画策している」
と非難.
 〔略〕
 訪日中のアブアムル自治政府外相は,
「連立内閣は崩壊の危機にある」
と述べた.
 一方,同議長は別の声明で即時停戦を呼び掛けた.


ファタハ 内閣参加停止
2007年6月13日16時28分,産経新聞

 【カイロ=村上大介】パレスチナ自治政府のアッバス議長が率いるファタハは12日夜,ヨルダン川西岸の自治区ラマラで中央委員会を開き,ハニヤ自治政府首相が所属するイスラム原理主義組織ハマスがガザ地区で戦闘を停止するまで,挙国一致内閣への参加を停止することを決めた.

 しかし,「国家治安部隊(NSF)」などファタハ系の自治政府治安組織への攻撃を強めているハマスは同日夜,ガザ地区北部のNSF基地を激しい戦闘の末に占拠.
 〔略〕
 ファタハのアブルデイネ議長府報道官は,中央委員会の決定がハマスとの挙国一致内閣からの最終的な撤退を意味するものではないとしながらも,ファタハは当面,閣議などを完全にボイコットすると述べた.

 12日の戦闘ではガザ地区各地で双方に少なくとも25人の死者が出ており,1日の死者数としては過去最悪.
 ガザ地区北部ではハマス武装勢力約200人がNSF基地を包囲し,迫撃砲やロケット弾を撃ち込み,投降に追い込むなど,これまでの武力衝突とは次元の異なる本格的戦闘を展開.
 ガザ地区各地でも,ファタハ系治安部隊の拠点を重点的に攻撃しているもようだ.


パレスチナに2内閣 ファハタ,ハマス アッバス議長,非常事態を宣言
2007年6月15日15時55分,産経新聞

 【カイロ=村上大介】パレスチナ自治政府のアッバス議長は14日夜(日本時間15日未明),イスラム原理主義組織ハマス主導の挙国一致内閣の解散と自治区ヨルダン川西岸とガザ地区全域での非常事態を宣言し,ハマス幹部のハニヤ首相を解任した.
 これに対し,ハマスは15日未明,ガザ全域を制圧したとし,議長の解散決定を拒否した.
 今後,ヨルダン川西岸にはファタハ内閣,ガザ地区にはハマス内閣が成立し,パレスチナ自治区は2つの異なる内閣に分断されることが確実な情勢となった.

 アッバス議長は西岸の自治区ラマラで,側近を通じて声明を発表し,ガザ地区での「違法な軍事クーデター」を非難した.
 議長は15日にも,非常事態内閣を任命し,「適切な情勢」になれば早期の評議会(議会)選挙を行うとしている.

 しかし,ガザ全域を制圧したハマスは,議長の決定について,
「ハニヤ首相はその地位に留まる」
と反発,
 従来通りハニヤ首相率いる内閣が,自治政府の運営に当たるとしている.
 ハマスのシャハワン報道官は,
「正義とイスラムによる統治が実現するときが来た」
と表明,
 今後,ガザ地区でハマスはイスラム色の強い支配を強めてゆくとみられる.

 ハニヤ首相は14日深夜,ガザ地区で記者会見を開き,議長の決定を「拙速」と非難した.
 ただ,ハマスが当面,ガザ地区でパレスチナ国家樹立を宣言することはないと述べた.

 パレスチナ基本法(憲法に相当)によると,アッバス議長が任命する非常事態内閣は発足から1カ月に限り,ハマスが過半数を占める評議会の承認を得ずに活動できる.
 だが,議員自体も西岸とガザ出身議員から構成されていることから,評議会が正常に機能することはありえず,アッバス議長も今後,法的手続きにのっとった自治政府運営は難しくなるとみられる.

 〔略〕


新首相にファイヤド氏指名=ハニヤ氏は辞任拒否−主導権争い激化へ・パレスチナ
2007年6月15日20時1分,時事通信

 【エルサレム15日時事】パレスチナ自治政府のアッバス議長は15日,親米派のサラム・ファイヤド氏を,非常事態内閣の首相に指名した.
 ロイター通信が伝えた.
 ファイヤド氏は,アッバス議長が14日に解散を命じた連立内閣で財務相を務めていた.
 ただ,首相を解任されたイスラム原理主義組織ハマスのハニヤ氏は,議長令を無視して内閣にとどまる方針〔略〕.
 元世界銀行職員のファイヤド氏は,議長の支持基盤ファタハに属していないが,米国と太いパイプを持つ.
 アッバス議長は,今後の政権運営で対米関係を軸に据える姿勢を鮮明にした.
 一方,ハニヤ氏は15日未明,ガザで記者会見し,
「われわれの連立内閣は続投する.アッバス議長の判断は性急だ」
と主張.
 議長令を無視して内閣にとどまり,議長の支持基盤ファタハとの対話を模索する意向を示した.
 ハマスが実効支配するガザで,ファイヤド氏が影響力を行使するのは不可能だ.
 このため,ガザとヨルダン川西岸のパレスチナ自治区それぞれに,「自治政府首相」が存在する分裂状態となった.


パレスチナ非常事態宣言 議長,新首相を任命
2007年6月16日8時1分,産経新聞

 【カイロ=村上大介】パレスチナ自治政府のアッバス議長は14日夜(日本時間15日未明),イスラム原理主義組織ハマス主導の“挙国一致内閣”の解任と自治区ヨルダン川西岸,ガザ地区全域に対する非常事態を宣言し,非常事態内閣の首相に独立系の前財務相,サラーム・ファイヤード氏(55)を任命した.
 〔略〕
 ファイヤード氏は米国で教育を受け,国際通貨基金(IMF)勤務が長いエコノミストで,今年3月に成立したファタハとハマスの“挙国一致内閣”など2回にわたり財務相を務めた.
 議長は知米派の同氏を首相に任命し,国際社会からの経済支援再開を取り付けたい狙いだとみられる.

 イスラエルの報道によると,同国のオルメルト首相は19日,ワシントンでブッシュ米大統領と首脳会談を行い,イスラエルが代理徴収している自治政府の関税送金問題など,アッバス議長に対する支援策を中心に協議する.
 〔略〕

 アッバス議長は14日夜の声明で,ガザ地区での「違法な軍事クーデター」を非難.
 これに対し,ハマスは
「ハニヤ首相はその地位にとどまる」
として,議長の内閣解任決定を拒否.
 従来通り自治政府の運営に当たるとしている.

 ハマスによる制圧を受けて,ガザ地区は15日,平穏を取り戻しつつあるが,一部の住民がハマスの制圧した議長府などで略奪を行い,ハマスが自制を呼びかける事態となった.
――――――
 2009年4月21日,ハマスがガザ戦争時に32人のガザ住民を殺害し,数十人の足を撃ったと,人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチが告発.(P,Y)

 2010年7月4日(日),ガザ地区のハマスがファタハの一斉弾圧に乗り出し,多数のメンバーを逮捕.
「この40日間,ファタハに対しての暴力がエスカレートし,我々は日常的に拷問を受けている」
と,ファタハ高官は語った.(P)

 2010年8月09日,ハマスの暴力的住民支配に抗議して,PFLPがガザでデモを組織したが,デモ隊はハマス民兵隊に襲われ,鎮圧された.
 PFLPは非難声明を出し,
「我々の組織した抗議デモに対し,ハマス警察は弾圧を以てのぞみ,我方の指導者とメンバー多数が負傷した」
と主張した.
 この声明によると,多数のPFLPメンバーが逮捕されたという.

 また,ハマスは,PLO難民課の行事,ラファでの,成績優良の児童に対する表彰式を阻止した.
2010年8月10日付Wafa (PA),Palpress.ps, 同8月11日付Nowlebanon(レバノン)

 なお,一部メディアは「パレスチナ内戦」と呼んでいるが,2007/6/21段階ではまだ,死者数において「内戦」の定義からは外れているため,これを「ファタハ・ハマス紛争」と仮称す.


 【質問】
 ファタハ・ハマス紛争を解決するには,どうすればよいだろうか?

 【回答】
 それについてはMEMRI No.359(Jun/11/2007)に,様々な意見が列記されている.
 その中で比較的実現性がありそうなものを抜き出すと,

[quote]

ハーンユニス存在のパレスチナ人詩人アル・ナブリス(Bassem Al-Nabris)は主張する.

「イスラエルの再進駐を望むかどうか,ガザ回廊で住民投票があれば,人口の半分はハイと答えるだろう.
 政治分析者と情勢をフォローしている者が考えるより,数字はずっと高い筈である.
 この小さな地域に住む150万の人間にとって,事態は,象徴的な話ではなく実際問題として,極端なところまで行ってしまった.
 それは最近の内部抗争で始まったわけではない.
 前のパレスチナ行政時代に始まる.
 腐敗しきっていたうえに,住民に対して一片の希望すら与えなかった.
 その後に登場した原理主義勢力も変化と改革を約束したが,(住民が得たのは)閉塞のみ.
 安全もなければ生活手段もない.
 再進駐があれば,少なくとも,内戦は避けられる.占領者は,被占領住民に,食料と雇用を与える道義的法的責任がある.
 現在住民は,仕事はおろか食物さえないのだ」※23.

エルサレムのパノラマ・センター所長マルキ博士(Riad Malki)の意見.

「政治指導者の間でかわした停戦協定は,パレスチナの内部抗争に終止符をうたない.(武力によって)決をとれることもない…民族主義の信念を失った者が唱えているイスラエルの再進駐は,唯一の選択肢と言うわけではない…ずるずる続く内部抗争に手を拱いているわけにもいかない(唯一の)選択肢はアラブ支援軍の介入しかない」※31.

Al-Hayat紙のオスマン(Maher Othman)の勧告.

「イタリアの外相は(国際)平和維持軍の派遣を示唆した.パレスチナ政府が内部抗争に終止符を打つための支援を求めるのなら,この案を受入れることだ」※32.

ガザとウェストバンクを分離せよ

ヨルダンの前情報相アル・カラブ(Saleh Al-Qallab)は,Al-Sharq Al-Awsat紙のコラムニストであるが,クレージーなアイディア≠ニ称する提案をだしている.

PAは,ガザ回廊をハマスにまかせ,ウェストバンクだけの統治に限定すべし,という構想である.

「複数のPA高官達が,ファタハとハマスだけでなく,ウェストバンクとガザの分離を呼びかけている.
 ファタハとハマスは,合意文書を全く守れないから,当然である…
 ところが,挫折感に襲われ絶望の淵に立つ人々が,クレージーな構想を提案しているのである.
 PAがガザ回廊を去り,ウェストバンクに引込んでしまう案である.
 ハマスはガザ回廊を己れの神託領とし,その願望に従って支配する…
 一方ファタハはウェストバンクでやりくりして,ガザの危機的状況はハマスにまかせてしまうのである.
 そうこうするうちに,ハマスはパレスチナ人全体ともめごとを起すようになる」※33.

※23  www.elaph.com/elaphweb/elaphwriter/2007/5/236709.htm

※31  同 Al-Ayyam

※32  2007年5月19日付 Al-Quds

※33  2007年5月24日付 Al-Sharq Al-Awsat(ロンドン)

[/quote]

 このうち,イスラエル軍進駐案は,たしかに進駐当初はパレスチナ人も受け入れるかもしれないが,やがて衝突が始まるだろうことは,過去の例を見ても自明だろう.
 したがって,実効性の面ではやや疑問があるものの,国際部隊進駐しかないということになるだろう.


 【質問】
 2006年6月9日のイスラエル軍によるガザ地区などへの空爆の狙いは何か?

 【回答】
 9日に行なわれたイスラエル軍によるガザ地区などへの空爆の背景には,アッバス議長のファタハと選挙で勝利したハマスとの権力闘争があるようです.
 政権を獲得して以来,ハマスへの金融締め付けは苛酷な状態になっており,その行動の中核にあるのがファタハとされています.
 今回の空爆も,イスラエルにきたない仕事をさせる状況を作って,ファタハが再度権力の座につくことを目指した,アッバス議長とイスラエルの共同劇のように思います.

 パレスチナ自治政府はいわばギャングの寄り合い所帯のようなもので,軍に値する組織はなく,あるのは各勢力の私兵にすぎません.
 周辺各国からすれば,一番安心して付き合える相手がファタハなのでしょう.
 アッバス議長は「イスラエルとの対話路線」を一貫して述べており,7月にイスラエル承認などを含む住民投票を計画しています.

 しかし,ロケット弾による攻撃阻止の名目でイスラエルは8日,ガザ地区南部を空爆し,ハマス治安部隊の司令官ら4名を斃しました.
 この組織ですが,アッバス議長の配下にある現在のパレスチナ治安部隊とは別にハマスが作ったもので,両勢力は5月以来銃撃戦をあちこちで繰り返しています.

 これでもっともメリットを受けるのはアッバス議長で,イスラエルに大きな借りができたともいえます.
 タイミングを待ちに待っていたとされる「ハマス追放のための大統領権限による国政選挙のやり直し」を,近いうちに実施するための大きな材料となったと感じます.
 もしかしたらそれを待つことなく,ファタハのクーデタが近いうちに起こるかもしれません.

 また注目されるのは,9日にアルカーイダのザワヒリ氏が「パレスチナ人はいかなる住民投票も拒否せよ」とアルジャジーラで呼びかけている点です.
 これは「アルカーイダはハマス政権という既得権益をファタハに奪われないために動くぞ」との声明とも受け取れます.

おきらく軍事研究会,平成18年(2006年)6月12日


 【質問】
 「ファタハ・イスラム」難民キャンプ立て篭もり事件とは?

 【回答】
 トリポリ近郊のパレスチナ難民キャンプなどで,「ファタハ・イスラム」とレバノン政府軍との間に戦闘が発生.
 ファタハ・イスラムがキャンプに立て篭もった事件.
 2007/5/20発生.
 政府軍は降伏勧告を行った後,2007/6/1から本格的な制圧作戦を開始.
 ファタハ・イスラムは難民を盾にして徹底抗戦,またキャンプ以外でも支援攻撃のような散発的な対政府軍攻撃もあったものの,キャンプは6/22までに制圧され,ファタハ・イスラム主要指導者は難民にまぎれて逃亡したという.

▼ 6月,ムル国防相がいったん「制圧」を宣言したが,戦闘はその後も続いた.

 ファタハ・イスラムは指導者はパレスチナ人ながら,サウジアラビアやチュニジア,スーダンなどアラブ各国からの戦闘員を抱えていた.▲

 以下引用.

――――――
 2007年1月21日(日),レバノンの治安部隊が75発のミサイルを押収し,持ち主一家を逮捕.
 ヒズボラとは異なる武装組織のものと見られている.(Y)
――――――

――――――
<レバノン>政府軍と武装組織が戦闘,50人死亡
2007年5月21日10時48分,毎日新聞


 【ベイルート高橋宗男】レバノン北部トリポリ近郊のパレスチナ難民キャンプなどで20日,シリアなどとの関連が疑われている武装組織「ファタハ・イスラム」と政府軍部隊の間で戦闘が続発し,ロイター通信によると計50人が死亡した.
 レバノンでは昨秋からシニオラ政権を支持する反シリア派と親シリア派の対立が先鋭化し,多数の死傷者を出しているが,今回の戦闘はレバノン内戦(75〜90年)終結以降最悪の国内衝突となった.
 〔略〕
 レバノンの反シリア派はファタハ・イスラムをシリア情報機関の手先とみており,今回の衝突を「法廷が設置されればレバノンを炎上させるというシリアの脅迫だ」と批判している.
 レバノン政府軍は,ファタハ・イスラムがナハル・アルバリド難民キャンプ近くの軍施設を攻撃したため,反撃したと説明.
 ファタハ・イスラム側は「政府軍がいわれのない攻撃を仕掛けてきた」と反論している.
 政府軍部隊が銀行強盗犯を逮捕するため,難民キャンプの建物を急襲したとの情報もある.
 一連の衝突で兵士25人と武装組織メンバー15人,民間人10人が死亡したと伝えられている.

 現地メディアの情報を総合すると,ファタハ・イスラムはシリアに本拠を置く「ファタハ・インティファーダ」から昨年秋に分派した組織.
 パレスチナ人指導者の下,シリア人やレバノン人らで構成される.
 レバノン内務省は今年2月に起きた爆弾テロを同組織の犯行と断定し,シリアが関与していると非難していた.
 ファタハ・インティファーダは,パレスチナ解放機構(PLO)主流派ファタハに反目し,分派として旗揚げしていた.
 シリアはファタハ・イスラムとの関係を否定.20日の戦闘を受け,治安上の理由からレバノン北部との国境を封鎖した.
 同組織と国際テロ組織アルカイダとの関係を指摘する情報もある.

 一方,レバノンの首都ベイルートでは20日深夜,キリスト教徒地区のショッピングモール近くの駐車場で大きな爆発が起きた.
 ロイター通信によると女性1人が倒壊した自宅の下敷きになって死亡.十数人が負傷した.トリポリ近郊の戦闘との関連は分かっていない.
――――――

――――――
<レバノン>政府軍,難民キャンプに激しい砲撃 死者79人
2007年5月22日10時13分,毎日新聞


 【ベイルート高橋宗男】ロイター通信によると,レバノン北部トリポリ近郊のナハル・アルバリド・パレスチナ難民キャンプで20日から続くイスラム教スンニ派武装組織「ファタハ・イスラム」とレバノン政府軍の衝突による死者数は21日までに少なくとも79人になった.
 パレスチナのイスラム原理主義組織「イスラム聖戦」の代表は21日,双方が戦闘停止に合意したと述べたが,散発的な戦闘が続き,首都ベイルートでは爆弾テロが発生.
 〔略〕
 AFP通信によると,20日,4万人が暮らす難民キャンプから17人前後が救出されたが,キャンプ内には多数が取り残されている模様.
 人道支援団体などは非戦闘員の状況が「急速に悪化している」と危機感を募らせている.
 トリポリ近郊の戦闘との関連は不明だが,ベイルートのスンニ派地区で21日夜,車の下に仕掛けられた爆弾が爆発,7人が負傷した.

 イスラム聖戦のレバノン代表はロイター通信に「戦闘停止が合意された」と語った.
 AFP通信によると,イスラム聖戦を仲介役に政府軍とファタハ・イスラムの戦闘停止交渉が持たれ,政府筋は同通信に「相手が攻撃を停止すれば政府軍は応じる用意がある」と述べた.
 だが,ロイター通信によると,政府は21日の会合でファタハ・イスラムの「息の根を止める」必要性を確認した.

 レバノン治安当局者は21日までにサウジアラビア,アルジェリア,チュニジア国籍を含むファタハ・イスラムのメンバー20人を拘束したとロイター通信に語った.
 事実とすればファタハ・イスラムは,パレスチナ人による対イスラエル抵抗闘争を主眼とする他のパレスチナ人組織とは性格を異にする.
 レバノンのパレスチナ人各派はファタハ・イスラムによる政府軍攻撃を非難している.
――――――

――――――
 2007年5月27日(日),パレスチナ難民キャンプのアルカイダ系組織を包囲するレバノン軍に米軍の支援物資が到着.
 ヒズボラ指導者のナスララは,アルカイダ系武装組織への攻撃をやめ,交渉で決着すべきだと語った.(H,P)
――――――

――――――
<レバノン>政府軍が難民キャンプに最大規模の砲撃
2007年6月1日22時18分,毎日新聞


 【ナハル・アルバリド・パレスチナ難民キャンプ近郊(レバノン北部)高橋宗男】レバノン政府軍は1日,イスラム教スンニ派武装組織ファタハ・イスラムがろう城する同国北部のナハル・アルバリド・パレスチナ難民キャンプ周辺に多数の戦車などを集結させ,5月20日の戦闘開始以降,最大規模の激しい砲撃を開始した.
 AP通信が政府軍の説明として報じたところでは,政府軍の攻撃はファタハ・イスラム側からの発砲に対する報復で始まったという.
 ロイター通信によると,1日の戦闘で政府軍は2人が死亡.キャンプ内でも少なくとも16人が死亡したとみられるが,ファタハ・イスラム側か難民かは不明.
 政府軍はキャンプから脱出していない5000〜6000人の難民への影響を懸念してきたが,ファタハ・イスラムを一定地域に追い込むことで難民への被害を最小限に抑える作戦とみられる.
 政府軍はキャンプ近隣のレバノン人居住者に退避勧告を出した.
 地元テレビがキャンプ内の難民から得た情報によると,ファタハ・イスラムは難民から救援物資の食料や薬品を奪うなどし,難民の間からも同組織壊滅を望む声が高まっていた.
――――――

――――――
武装組織への攻撃継続,兵士3人死亡=軍がヘリ投入−レバノン
2007年6月2日23時0分,時事通信


 【カイロ2日時事】レバノン北部トリポリ近郊のナハルアルバレド・パレスチナ難民キャンプに立てこもるイスラム武装組織「ファタハ・イスラム」に対するレバノン軍の攻撃は2日も継続,ロイター通信によれば,前夜からの戦闘で兵士3人が死亡した.
 軍はこの日,激しい砲撃に加えて武装ヘリコプターも投入し,空からロケット弾などで同組織の拠点を攻撃した.
 軍は投降を呼び掛けているが,ファタハ・イスラムのスポークスマンは同通信に対し,「われわれは武器を放棄することはない.これはわれわれのプライドだ」と述べ,あくまで抵抗する構えを崩していない.
――――――

――――――
政府軍,総攻撃の様相 レバノン 難民キャンプ建物制圧か
2007年6月3日8時1分,産経新聞


 【カイロ=村上大介】レバノン政府軍は2日,同国北部トリポリ近郊のパレスチナ難民キャンプ,ナハル・バーリドに立てこもるイスラム系武装組織ファタハ・イスラムに対する攻撃をさらに強めた.
 AP通信などによると,政府軍は砲撃に加え,攻撃ヘリを初めて投入し,キャンプ内のファタハ・イスラム戦闘員に銃撃を加えた.
 〔略〕
 政府軍は2日までに同キャンプ北東部の境界地帯にファタハ・イスラムが狙撃手を配置していた建物を支配下に置き,中東の衛星ニュース局アルジャジーラは,政府軍が同日,キャンプ中心部の建物4棟を制圧したとの情報を伝えた.
 ただ,政府軍はキャンプ内に八田〔原文ママ〕との報道を否定した.

 ファタハ・イスラム幹部はAP通信などに電話で戦闘員の一部を最前線から後退させたことを認めた.
 政府軍は,キャンプ周辺部と空からファタハ・イスラムへの包囲網を狭めようとしている.

 フランス通信(AFP)によると,2日の戦闘で政府軍兵士3人が死亡.5月20日の戦闘開始以来,政府軍,ファタハ・イスラム,難民を合わせた死者は90人を超えた.
 2日の戦闘による武装組織側の死者数は明らかではない.
 キャンプには依然,約5000人程度のパレスチナ難民が残って〔略〕いる.
――――――

――――――
<レバノン>降伏しなければ壊滅…首相,武装組織に通告
2007年6月3日18時59分,毎日新聞


 【ナハル・アルバリド・パレスチナ難民キャンプ近郊(レバノン北部)高橋宗男】レバノン政府軍は3日,同国北部ナハル・アルバリド・パレスチナ難民キャンプにろう城するイスラム教スンニ派武装組織ファタハ・イスラムへの攻撃を継続,キャンプ内の3分の2を事実上,支配下に置き,包囲網を狭めている.
 シニオラ首相は2日夜,「全面降伏に応じない場合,壊滅させる」と改めて最後通告を突きつけたが,ファタハ・イスラム側は「最後の血の一滴まで戦う」と徹底抗戦の構えを見せている.
 キャンプ内には依然3000〜5000人の難民が取り残されているとみられ,戦闘長期化の人道的影響が懸念されている.
 AP通信などによると,キャンプ内は実質的に3地区に分けられ,レバノン政府軍が一つを掌握.
 難民が居残る地区ではパレスチナ自治政府のアッバス議長の支持母体ファタハの兵士らが砂の防壁を築き,ファタハ・イスラムの侵入をくい止めているという.
 このため,ファタハ・イスラムは残る1地区に追い詰められたとみられる.
 地元メディアによると,ファタハ・イスラムは死亡したメンバーの遺体や動物の死がいに爆弾を仕掛けている模様だ.
 政府軍は爆破物処理班を動員し,包囲網を徐々に狭めている.
 シニオラ首相は2日夜,中東の衛星テレビ,アル・アラビーヤのインタービューでファタハ・イスラムを「テロリスト・ギャング」と位置付け,キャンプ内に足止めされている難民を政府軍の攻撃に対する「人間の盾」にしていると非難した.
 首相によると,キャンプ内には約250人のファタハ・イスラムのメンバーがいるという.
 また,レバノン紙アンナールはファタハ・イスラムがベイルートで米同時多発テロのようなテロを計画していたと報じた.
 拘束されたファタハ・イスラムのメンバーらの供述によると,「4台のトラック爆弾で大きなホテルを攻撃すると同時に,首都の東西で複数の大使館に自爆テロを仕掛ける」計画だったという.

 キャンプ内に取り残された難民の生活状況は悪化の一途で,アッバス議長系のファタハの指揮官はAFP通信に「水と食糧が底をつきかけている」と窮状を訴えた.
 ロイター通信によると,5月20日からの一連の戦闘での死者数は106人に上っている.

 AP通信によると,レバノン南部サイダ近郊のパレスチナ難民キャンプ近くでも3日,スンニ派武装勢力とレバノン政府軍が交戦した.
 複数の武装勢力はイスラム教徒にファタハ・イスラムへの支援を呼び掛けており,北部の武力衝突が「飛び火」した可能性がある.
――――――

――――――
レバノン政府軍 難民キャンプ中心部砲撃 
2007年6月4日8時0分,産経新聞


 レバノン政府軍は3日,同国北部トリポリ近郊のパレスチナ難民キャンプに立てこもるイスラム系武装組織ファタハ・イスラムに対する攻撃を継続,キャンプ中心部を狙って砲撃を続けている.
 2日夜から3日朝までの戦闘で新たに政府軍兵士2人が死亡,武装勢力側や難民にも十数人の死者が出ているもよう.
 同組織はキャンプ北と東の境界にある拠点を放棄し,キャンプ内部への撤退を強いられているが,「最後まで戦う」と徹底抗戦の構え.
 投降を呼びかける政府軍側は「テロリストとは妥協しない」として同組織を壊滅させるまで攻撃を続けることを明確にしている.(カイロ 村上大介)
――――――

――――――
レバノン南部でも戦闘
2007年6月4日15時35分,産経新聞


 レバノン南部のパレスチナ難民キャンプ,アインヒルワで3日,イスラム系武装組織「ジュンド・シャーム」と政府軍の衝突が発生,フランス通信(AFP)によると,兵士3人と一般の難民2人が負傷した.
 ジュンド・シャームがキャンプ入り口に近い政府軍の検問所を手榴(しゅりゅう)弾で攻撃したことから政府軍が反撃し,約2時間にわたる戦闘に発展した.
 イスラム教スンニ派過激派のジュンド・シャームは非主流の少数派集団.(カイロ 村上大介)
――――――

――――――
<レバノン>北部から南部に騒乱飛び火 広がる不安
2007年6月4日19時45分,毎日新聞


 【ベイルート高橋宗男】レバノン政府軍は4日,同国北部ナハル・アルバリド・パレスチナ難民キャンプにろう城するイスラム教スンニ派武装組織ファタハ・イスラムへの攻撃を継続した.
 また南部サイダ近郊のアイン・アルヘルウェ難民キャンプで3日に発生したパレスチナ過激派ジュンド・アルシャム(ダマスカス軍)と政府軍の衝突は4日も散発的に続き,政府軍兵士2人が死亡,3人が負傷した.
 北部から南部に騒乱が飛び火した形となり,レバノン人の間に混乱拡大への懸念が広がる一方,「北部と同じように政府軍の攻撃が始まる」との不安が他の難民キャンプを覆っている.
 アイン・アルヘルウェ難民キャンプには国内12の難民キャンプ中最大の約7万人が居住.レバノン人とパレスチナ人双方が「混乱の発火点になる可能性が高い」と指摘してきた.
 レバノンの専門家はファタハ・イスラムのようなイスラム過激派の「休眠細胞」が各キャンプで覚せいする事態を懸念している.
――――――

――――――
 2007年6月22日(金),レバノン軍が難民キャンプで戦闘を続けていたイスラム原理主義勢力をほぼ制圧したと発表.
 しかし,主要な指導者らは数千人の住民の間に紛れ込んで逃走しており,散発的な戦闘が続いている.(P)
―――――――

 2007/9/2,レバノン軍は同キャンプを完全制圧.
 ロイター通信によると,キャンプの一角に追いつめられていたファタハ・イスラムは同日未明,キャンプから脱出を図ろうとして,政府軍の陣地を攻撃し,大規模な戦闘に発展.
 その際,同組織のメンバー31人が殺害された.
 治安筋は同通信に「テロリストのほとんどは殺害され,残りは拘束された」と語った.

 9/3にはファタハ・イスラム指導者,シャーケル・アブスィーの死亡が確認された.
 2日の戦闘で死亡したと見られている.

 この事件では,ファタハ・イスラム131人,政府軍157人,民間人42人の少なくとも330人が死亡.
 3〜4万人いた同キャンプの難民のほとんどは別のキャンプなどに避難したが,難民が再び難民となり,劣悪な環境での避難生活を強いられている.

 シニオラ首相らレバノンの「反シリア陣営」は,ファタハ・イスラムの背後にシリア情報機関がいると非難,シリアは否定している.

 【参照ページ】
2007年9月3日8時0分,産経新聞(村上大介)
2007年9月3日10時30分,毎日新聞(高橋宗男)
2007年9月4日6時1分,産経新聞(村上大介)

Al Qaeda Losses in Lebanon October 7, 2007
「ストラテジー・ページ」◆(2007/10/07)レバノンの難民キャンプのアルカイダと政府の戦闘はレバノン政府の勝利に終わったわけだが


 4ヶ月に及んだトリポリ郊外の難民キャンプ(31000人の難民を収容)におけるアルカイダとレバノン政府の戦闘が終了した.
 この難民キャンプには,およそ500人のアルカイダが参加してレバノン政府との戦いを繰り広げた.

 戦闘の死者400人のうち,テロリスト=220人,レバノン兵士と警官=168人,パレスチナ人の民間人=47人.
 この他に逮捕したテリリストが約200人,逃亡したテロリストは数ダースに上る.

 死亡したテロリスト200人のうち,3分の2程度がDNA鑑定や家族の確認で,身元を特定されている.
 大多数はアラブ人でシリア,サウジアラビア,ヨルダン,チェニジア,アルジェリアなどの出身.

 この戦闘はレバノン政府とアルカイダのものであるが,アルカイダはシリアの傭兵のようなものと見なされている.
 シリアはレバノンを,拡大シリアの一部と見なしている.
 シリアはこのグループに保護を与えており,それ以外にパレスチナ人テロリストやアルカイダ親派のスンニ武装派にも支援や訓練を提供している.
 イスラム・テロリストが訓練を受けて送り出される基地がシリアになっていて,それ以外にはイランがあるが,イランはシーア派の政権である為に,スンニ派のアラブと親和性が悪い.

ニュース極東板


 【質問】
 シャーケル・アブスィーとは?

 【回答】
 武装組織「ファタハ・イスラム」指導者.

 ヨルダン川西岸の難民キャンプの生まれ.
 世俗派のパレスチナ解放機構(PLO)主流派ファタハに属していたが,ファタハから分派した急進派に転身.
 2005年以降は,ビンラーディンへの忠誠を誓い,レバノンでファタハ・イスラムを結成,難民キャンプ内での厳格なイスラム法施行を主張した.

 2007/9/2,レバノン北部のパレスチナ難民キャンプ,ナハル・バーリドでの戦闘により死亡.

 【参照ページ】
2007年9月4日6時1分,産経新聞(村上大介)


 【質問】
 ファハタ・イスラムはアル・カーイダなのか?

 【回答】
Lebanese Army Clashes With Islamist Militants; 70 Die (Update1)
ブルームバーグ:トリポリでのレバノン軍とイスラム武装派の衝突で70人死亡

By Tarek Al-Issawi and Gregory Viscusi

によると,アナリストは,この衝突がシリアによって画策されたレバノンへの不安定加工作であるとの意見を表明する向きがある.
 Fatah Al-Islamのパレスチナ武装派グループはアルカイダの分派を名乗っているが,レバノン国内も見方はアルカイダを名乗るのは偽装のようなもので,裏の勢力はシリアとの見方が強い.

``Saying you are al-Qaeda has a certain publicity and political impact that helps put pressure on the government,'' Flandrois said. ``But these groups operate with a lot of autonomy.
The Lebanese are more likely to see the hand of Syria rather than al-Qaeda.''

 レバノンのファタファ主流派の指導者Sultan Abu al-Aynaynは,トリポリで衝突を起こし ているFatah Al-Islam は「犯罪者のギャング団」であるといい,レバノン軍への攻撃を 避難した.(後略)

FTの記事では少なくとも今のところ,アルカイダと判断すべき証拠と根拠は無い.シリア勢力と見なす状況証拠は多く存在する,としている.

However, Ahmad Fatfat, the youth and sports minister and former interior minister, told the Financial Times, the group was linked to Syrian intelligence.
He said the group’s swift response to the raid indicated it had been planning an attack with the motive of destabilising northern Lebanon. Damascus has denied any links to the group.

There have also been suggestions that Fatah al-Islam has connections to al-Qaeda, but Mr Fatfat said he had no information about that. Others say little is known about the militants, adding that speculation about the group’s affiliations varies according to people’s political stand point.

ニュース極東板


 【質問】
 2007/7/5のイスラエル軍ガザ侵入について教えられたし.

 【回答】
 同日,IDFがガザ中部に侵攻し,ハマスなどの武装勢力と交戦した一件.
 イスラエルとの境界から約1キロにあるガザの難民キャンプ付近.同国軍は戦車や軍用ブルドーザーで侵攻した上,ミサイル攻撃を加え,武装勢力側は迫撃砲などで応戦した.

 病院関係者によると,パレスチナ人11人が死亡したという.
 そのうち少なくとも8人は,ハマスのメンバーと見られる.

 【参考ページ】
7月6日13時59分,読売新聞(エルサレム=三井美奈)


 【質問】
 2007.2.7夜の,レバノン軍とイスラエル軍との衝突について教えられたし.

 【回答】
 現地のロイターの特派員およびイスラエルの治安関係者らによれば,2007.2.7夜,両国国境近くの村アビビムで,ヒズボラが仕掛けた爆発物を捜索していたイスラエル軍兵士が,レバノン軍の兵士と交戦になったもの.
 レバノン政府が,ヒズボラとイスラエル軍との戦闘終結を受けて,正規軍を配備して以来,これが初めての交戦.
 双方に負傷者はなかった.

 【参考ページ】
2007年2月8日9時2分,ロイター


 【質問】
 ホルムズ海峡のイランによる米軍挑発事件は,もしかして米軍のやらせ?

 【回答】
 ホルムズ海峡事件については,中東訪問でイラン包囲網を作りかねないブッシュ大統領 への牽制であるとか,あまり合理的では無さそうな説があるけれど,
Ahmadinejad's Carefully Choreographed Naval Confrontation
January 12, 2008 1:00 AM by Meir Javedanfar

によれば,これは3月14日のイラン議会選挙で,最近人気の落ちているアハマディネジャドの保守強硬派が支持を得るために起こしたヤラセ事件である,というもの.
 これは少なくとも説明は合理的であるような.

 以下引用.

[quote]

With parliamentary elections coming up on March 14, 2008, Ahmadinejad needs to do something to improve his position. Otherwise, his supporters would lose badly, as they did in the municipal elections of December 2006. One factor which could boost his position is a conflict with the U.S. In fact, this could be the only savior of his failing presidency.

[/quote]

ニュース極東板


 【質問】
 ヒズボラによる2008年のベイルート占領について教えられたし.

 【回答】
Lebanon Fighting Jolts Middle East Government Reels At Hezbollah Raids;
Blow to U.S. Power  By NADA RAAD and FARNAZ FASSIHI May 10, 2008

によれば,ヒズボラはベイルートのムスリム居住地区を中心に大きな部分を占領し,政府の支配はもはやその地域に及んでいないという.
 政府はヒズボラ勢力によるクーデターと呼んでいるが,バックチャネルでの話し合いを模索したという.

ニュース極東板

 レバノンの首都ベイルートでは,2008/5/9時点で,イラン,シリアの支援を受け,レバノンに拠点を置くシーア派武装勢力ヒズボラおよびその支持勢力と政府側民兵との衝突が激化しています.
 九日時点で武力で優位に立っているヒズボラ側は西ベイルートを支配下に置いており,民兵側は拠点を明渡しています.
 それに伴い,反シリアの政治指導者として知られるハリリ氏系のテレビ局・新聞社がヒズボラ部隊に包囲され,活動できない状態になっています.

 ⇒両者の衝突は,レバノン政府がヒズボラの軍事通信網を違法と判断した六日に発生しました.
 ヒズボラ指導者のナスララ師が
「この政府決定は,米・イスラエルに代わる宣戦布告と同じだ」
と述べたことで火に油を注ぎました.

 ベイルート市内では食料品買いだめに人々が殺到しており,外国人には国外避難の動きも出てきています.

 この状況に対し,
1.国連安保理は「双方に自制を求め,レバノン各派に対話を呼びかける」
姿勢を取っています.

1.米政府はヒズボラに対し「破壊的行動を停止するよう」要求しています.

1.レバノンの現政権(反シリア)を支持するサウジアラビアは「混乱収拾に向けた緊急アラブ外相会議の開催」を呼びかけています.

おきらく軍事研究会,平成20年(2008年)5月12日

 急激に悪化するレバノン情勢について,レバノンの主要新聞,ディリースターの社説
Nasrallah has a chance to write his own legacy
(ディリースター)ヒズボラのナスラー書記はその名を歴史に残す時なのだが

By The Daily Star Saturday, May 10, 2008

によれば,この事態はハマス台頭後の状況に似ており,ナスララが対立勢力との包含的な政治体制に進まないのであれば,単なる独裁政権のような存在が現れるだろうとしている.

 以下,要旨.

――――――

 今週レバノンで起こっている事はヒズボラによるクーデターだとする人もあり,ヒズボラ擁護派はカウンターパンチであるといっている.

 論争はともかく,レバノンの政治的現状安定が僅か数日の間に大きく変えられてしまった.
 是が何処に行き着くものなのか解らないが,ヒズボラの軍事部隊の書記であるハンス・ナスラーは,レバノンの抵抗勢力を率いて大きな勢力となり,それ故にかってない大きな責任を負う立場にある.
 ヒズボラの今週行なった武力攻勢は,従来の攻撃に対する対応を超えて,国の安全保障を大きく左右するものになった.

 レバノン国内の対立する勢力間の不信は,政治的および部族的抗争を深めるばかりであり,この事態は2006年の選挙後のパレスチナのハマスの台頭にも似ている.
 かれらがその治安上の責任を引き受け,政治的対話に進む事がないのであれば,得られるものの無い空虚な スローガンのみが残る.
 ナスララの今の仕事は,対立勢力とのエンゲージメントによる包含的な政治体制へ進む事であるか,是を間違えるなら単なる独裁政権のような存在になる.

 レバノンは15年に及ぶ内戦の後に,より安定的な連立体制を作る事を求めてきた.
 ナスララがその貢献を歴史に残す事が出来得るとすれば,それは今を置いて他には無い.

――――――

ニュース極東板


 【質問】
 なぜアマル・ヒズボラ連合はベイルートを制圧したのか?

 【回答】
 May/11/2008付,MEMRIによれば, 5月第2週に入ってレバノン政府が,ヒズボラの通信網を非合法化する措置をとったため.
 レバノン政府/3月14日勢力対ヒズボラ/アマル連合の対立が深まるなか,ヒズボラは3月14日勢力/政府軍を相手とする二正面作戦をできるに足るだけの再武装と組織再編に取組んでおり,情報網関連ではヒズボラ独自の電話網を設置したり,ベイルートのラフィク・ハリリ国際空港に独自の監視カメラを設置するなどしていた.

 詳しくは上記ページを参照されたし.


 【質問】
 アマル・ヒズボラ連合によるベイルート制圧に対する中東諸国の反応は?

 【回答】
 May/11/2008付,MEMRIによれば,サウジアラビアとエジプトは,レバノン政府を支持.
 シリアなどは「レバノンの国内問題」として静観の姿勢.
 また,イランは例によって「アメリカとイスラエルが元凶」と非難している.……もはや「お約束芸」としてやっているとしか思えない(笑).


 【質問】
 アマル・ヒズボラ連合によるベイルート制圧に対するドルーズ派民兵の動向は?

 【回答】
 ドルーズ派は反シリア派勢力だが,May/11/2008付,MEMRIによれば,当初は静観.

 しかし2008年5月12日11時53分付,毎日新聞によれば,11日にはベイルート東部山岳地域にて,親シリア派勢力との間で交戦が始まったという.
 7日以降の一連の衝突で,ドルーズ派はヒズボラのメンバー3人を拉致し,うち2人が死亡.ヒズボラは残る1人が解放されなければ深刻な事態を招くと警告していた.

 同戦闘地域はドルーズ派が多数を占め,キリスト教徒も居住しているが,ヒズボラ支持者の多いシーア派の村が2つあり,衝突は同派住民とドルーズ派住民の間で起こったという.
 また,少数の親シリア側ドルーズ派住民も,シーア派側について戦闘に加わっているという.


 【質問】
 ベイルート制圧後,ヒズボラとレバノン政府軍との衝突はどうなったのか?

 【回答】
 その後2008年5月11日20時40分付,産経新聞によれば,政府が事実上のヒズボラ軍用通信網容認を発表したため,11日までにヒズボラ他は制圧地域から撤退したという.

***

 1975年から15年間続いた内戦以来,最悪の衝突が発生したレバノンですが,欧米に近い現在の与党勢力とイラン・シリアが支援するシーア派原理主義組織ヒズボラを中核とする野党勢力の衝突は,アラブ連盟の介入で一時的に回避されました.

 一年半前のヒズボラによる閣僚辞任以来ずっと続いているレバノン国内の衝突に対しアラブ諸国は,「非アラブのイランが,レバノン等アラブ諸国で影響力を拡大している」ことに懸念を深めています.

 そのためアラブ連盟は11日,レバノンでの衝突終結のため,ベイルートに代表団を派遣することを明らかにしました.

 ロイター等によれば,アラブ諸国の外相は緊急会談を行い,カタールのハマド首相を団長とし,ムーサ同連盟事務局長,8カ国の外相らからなる大型代表団を派遣することを決定しました.

 当初アラブ連盟は,ベイルートに対し即時代表団を派遣するとしていましたが,記者会見でムーサ事務局長は,「派遣の日程はレバノン指導者らに接触した後になる」との考えを示していました.

 その後,アラブ連盟加盟国の外相らが事態の打開を図り,アラブ連盟(21カ国1機構加盟:本部カイロ)代表団は,14日にベイルート入りしました.

 代表団は,レバノン国内の全政治勢力代表をカタールのドーハに招待し,昨年11月以来続いている大統領不在状況を打開するための話し合いを行うよう提案するのが最大の目的で,今回の衝突激化の一因となった「政府による一連の対ヒズボラ(イラン系イスラム教シーア派武装過激派組織)政策の撤回」と「ヒズボラによる空港への道を含む全道路の封鎖解除」についても提案されたといわれます.

 同日レバノン政府は,ヒズボラら野党勢力の主要な要求を受け入れると発表しました.
 十日に軍が発表した「一連の政府による措置を凍結する」とする決定を追認するもので,「アラブ連盟の交渉を円滑にし,国家の結束と市民の安全を守るため」との説明がされています.

 先日お伝えしましたとおり,レバノンでは,今月五日「ヒズボラが秘密に設置した軍事通信網」を違法として,閉鎖に向けて政府が捜査を開始したことにヒズボラが反発.7日から政府側と反政府側との銃撃戦を含む衝突が発生しました.
 武力に勝るヒズボラは軍を圧倒.政府側指導者の1人であるハリリ未来党党首の自宅を含むベイルートの大半を一時制圧するなどし,内戦の再発が懸念される事態になっていました.

 十四日時点でヒズボラは,制圧部分を軍に委譲しつつも,空港に続く道路や一部道路の封鎖を続けています.

 AFPによれば,野党側のある高官は政府の決定を受けて,15日朝にもヒズボラらが行なっているベイルート国際空港に続く道の封鎖が解かれるとの見方を示しています.

 アルジャジーラが伝えるところによれば,十五日にヒズボラ副司令官のカッセム氏がアラブ連盟代表団と会談し,その後コメントを出しています.
「ヒズボラは,今回の衝突のきっかけとなったわが秘密軍事通信網の摘発を政府が撤回する決定を下したことを評価する.
 われわれは空港向け道路の封鎖等を解き,通常の状態に戻すであろう」
とのことです.

 アラブ連盟代表団はヒズボラとの会談で,レバノンの国内政治勢力全代表が参加する会議をカタールのドーハで開催することで合意しています.

⇒レバノンという国は本当に惨めで哀れです.
 こういう国にだけはなってはいけません.

おきらく軍事研究会,平成20年(2008年)5月19日

 なお,一連の武力衝突での死者は30人以上.


 【質問】
 エジプトへの偽札流入事件とは?

 【回答】
2008/2/7付,読売新聞
および,
2008/2/7付,「エコノミスト」
によれば,2008/1/23に,ガザ地区とエジプトとの間のフェンスが爆破され,エジプト政府が2/3に壁を閉鎖するまでの約10日間,ガザからの買い物客が殺到した境界付近の村落で連日,大量の偽札が押収されたという事件.
 パレスチナのマアン通信が2/7,エジプト政府筋の話として報じたもの.


 エコノミストの記事に拠れば,この偽札はパレスチナのテロリスト・チームのばら撒いているもので,エジプト政府が対応に追われているという.

-----------------------------------
The Gaza Strip:Back to abnormal
Egyptian officials also showed their determination to seal the fence with an information campaign meant to lessen public sympathy with the Palestinians, alleging, among other things, that Gazans had flooded Egypt with counterfeit dollars, that Palestinian terrorist teams had infiltrated the country, and that Egyptian Islamists had flocked into Gaza.
-----------------------------------

 中東地域の偽札事件としては,2006年7月に,レバノンのヒズボラの秘密拠点で100ドル紙幣の切り離されていない偽物が発見され,その様子がアメリカのNBCのニュース映像で放映されたことがある
 このヒズボラの偽札(100ドル紙幣)は北朝鮮製(スーパーK)との説も.
 2006年当時の事件やビデオは
http://littlegreenfootballs.com/weblog/?entry=21768_Hizballah_Funny_Money&only

ニュース極東板
青文字:加筆改修部分


目次へ戻る

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ戻る

軍事板FAQ
軍事FAQ
軍板FAQ
軍事初心者まとめ

Ads by Sitemix