c

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆◆経過 Lefolyása
<◆◆ガザ紛争 2008–2009-es Izrael–Hamász-konfliktus
<◆戦史
中近東FAQ目次


 【link】


 【質問】
 ガザ紛争前,ハマスとイスラエルとの停戦を,最初に破ったのはどちらのほうか?

 【回答】
 2008/12/29付,「ガーディアン」紙によれば,それはイスラエルのほうだという.
 11月,アメリカ大統領選挙の夜に,イスラエル軍はハマス・メンバー数名を空爆によって殺害している.
 それから停戦失効までの数週間の間に,イスラエルもハマスも停戦違反を犯すようになったという.

 詳しくは同紙を参照されたし.

▼ また,「イスラエル・ニュース」によれば,11/5にIDFはガザで小規模な越境攻撃を行い,ハマスのメンバー1人を殺害.
 IDF兵士の誘拐を目指して攻撃用のトンネルが掘られていたため,先制攻撃を行ないトンネルを破壊した.(H,P,Y)ものだと,イスラエル・メディアは報じている.

 IDFのガザ侵攻の後,武装組織は30発のカッサム砲をイスラエル側に撃ち込んだ.
 IDFも,砲撃を行なっていた武装勢力に反撃を行なったため,最終的にハマスの死者数は6人に達した.(H,P,Y)

 11/6,ガザから4発のカッサム砲攻撃.
 砲撃を行なっていたイスラム聖戦のメンバー1人を,イスラエル空軍が殺害した.(H,P,Y)▲

<以下,停戦違反の具体例>

 ・ネットに殺害予告を書き込んだ

 ・高城剛のシルクハットを持ち逃げした

 ・「お前,漢字読めないだろw」とはやし立てた

【ぐんじさんぎょう】,2009/1/21 23:33
に加筆

・抽選でジャミロクワイハット・プレゼント

udon in mixi,2009年01月20日 23:59

・源義経を自害に追い込んだのに
「お前,義経を匿ってたのは違反だ!」
と逆に言われた

ぎんなんそう in mixi,2009年01月21日 00:07

・小倉アナの頭髪を着脱式だと言い放った.

クローム・ツァハル in mixi,2009年01月21日 01:55

・妊娠しているのは自己批判が足りないからだと,山岳ベースで(以下省略

bernoulli in mixi,2009年01月21日 05:47

・冷蔵庫に一つだけ残しておいたプリンを勝手に食った

イチ@コラーゲン in mixi,2009年01月21日 06:51

・勝手に部屋を掃除された上,エロ本を机上に詰まれた

丼炒飯 in mixi,2009年01月21日 06:58

・陛下をふんどし入れに放り投げた

満秋楓 in mixi,2009年01月21日 14:11

・地元の警官たちに強引にシェービングクリームなしで髭を剃らされそうになり,ベトナム戦争の思い出がフラッシュバック

ぎんなんそう in mixi,2009年01月21日 19:00

・身分を弁えずに鶴った.(フルイチネタよ永遠に)

koz@ in mixi,2009年01月21日 10:44


 【質問】
 2008/12/27から始まった,イスラエル軍によるガザ空爆について教えられたし.

 【回答】
 2008/12/27,イスラエル軍はハマスが実効支配するガザ地区全域で,ハマスの拠点を空爆した.
 報道によると,イスラエル軍戦闘機や武装ヘリコプター約60機が参加.
 はガザ市のほか,南部のハンユニスやラファなどで,警察本部などの建物に少なくとも30発のミサイルを撃ち込んだ.

▼ IDFは4分間で100箇所を爆撃.
 日曜の閣議で攻撃を決めるとの偽情報で油断していたハマスは,大損害を出した.▲

 パレスチナの医療関係者が「アル・ジャジーラ」に語ったところによると,少なくとも140人が死亡,200人以上が負傷した.
 死者には警察長官が含まれる.
 負傷者のうち約120人は重傷だという.
 27日の段階で,がれきの中から遺体を収容する作業は続いており,死傷者数は増えるとみられる.

 テレビ映像によると,ガザのあちこちからは黒い煙が立ち上っているほか,路上に転がる少なくとも十数体の制服姿の警官の遺体が,小型トラックなどに積み込まれる様子を映し出した.
 警察本部では,その日,訓練生の卒業式典が行われていた.
 ハマスを始めとする,ガザの武装勢力が発射したロケット弾に対する報復とみられる.

 この日の空爆は,19日のハマスのイスラエルに対する停戦終了宣言後,最大.
 停戦終了以来,ハマスはイスラエル南部に向け,ロケット弾を発射する一方,イスラエル軍は空爆を加えるなど衝突はエスカレート.
 停戦中にもパレスチナ武装勢力はガザからイスラエルへロケット弾,迫撃砲攻撃を加え,オルメルト・イスラエル首相は報復を示唆していた.

 これに対し,パレスチナ側も報復のロケット弾攻撃を行い,イスラエル南部で同国人1人が死亡した.

 イスラエル軍報道官は軍放送に対し,今回の空爆は「始まりにすぎない」と述べ,さらに攻撃を加える姿勢を示唆した.

 28日もイスラエル軍は空爆を続行,ロイター通信によると27日からの死者は287人,負傷者は700人に達したという.

▼ IDFはハマスの武器密輸トンネル40本を,バンカーバスターをもって破壊.▲

 ハマスも同日,80発以上のロケット弾をイスラエル領内に撃ち込んで反撃した.

▼ 29日も,IDFはガザにあるハマス施設や幹部宅を空爆.
 10人の死者が出た模様.

 ハマスは当初少な目だったイスラエルに対する砲撃を本格化.
 80発がアシケロンやテルアビブに近いヤブネなどにも着弾し,イスラエル人3人が死亡した.
 民家にも被害が出ている.(P,H,Y)

 30日,IDFは,ガザとエジプト間の密輸トンネルなどを空爆.
 ハマスは40発を発射し,ガザから37キロ離れたベエルシバの幼稚園にも着弾した.
 ベエルシバへの着弾は初めて.
 ヒズボラが多用するカチューシャロケット砲が使われた.(Y,H,P)▲

▼ 12/31,IDFは引き続きガザのハマス拠点を空爆.
 テロ活動の拠点だったモスクも攻撃対象になった.(H,P,Y)

 諜報機関シンベトの報告によれば,イスラエルの攻撃開始以来,ハマス幹部は公的場所から姿を消し,攻撃を受けにくいモスクなどに隠れるほか,看護師や医師に変装して病院に潜伏しているという.(Y)

 対するハマスは,約70発のロケット砲撃.
 うち10発は射程40キロのカチーシャ型だった.(H,P,Y)

 なおIDFは30~31日,93台のトラックによるガザへの救援物資の搬入を許可したが,物資の一部はハマスに流れているもよう.(P,Y)▲

▼ 2009/1/1,ハマスの政治部門の強硬派幹部でハマス創設者の1人,ニザル・ラヤン(49)が,ガザ地区北部の難民キャンプの自宅を爆撃され,妻2人,子供7人とともに死亡.
 フランス通信(AFP)によると,同日までのパレスチナ人の死者は計430人以上.
 イスラエル軍当局者はまた,ジャバリヤ空爆で兵器類の集積所としても使われていたモスク(イスラム教礼拝所)を攻撃,破壊したとも述べた.
 空爆で火薬類に引火,大きな爆発が起きたという.
 ハマスなどはこのモスクで作戦を練り,会合を開いていたと,イスラエル軍側は主張している.▲

▼ なお国連安保理は,アラブ提案によるイスラエル非難決議を討議したが,一方的にイスラエルを非難する決議案で,ハマスのイスラエル攻撃に全く言及していないため,米英の賛同を得られなかった,とイスラエル・メディアは伝えている(Y,P)▲

▼ 2009/1/2,前日に続き,ハマス軍事部門関係者の自宅やモスク(イスラム教礼拝所)をIDFは空爆.▲

▼ 3人目のハマス幹部が空爆で殺害さる.(P,Y,H)▲

▼ イスラエル軍は空爆当初,ハマスの行政府,治安関連施設などを標的にしていたが,このあたりからハマス指導陣の抹殺を狙う戦術に転じた模様.

 エルサレムに駐在する国連のロバート・セリー中東和平特別調整官は,イスラエルの空爆により
「ガザのインフラの大部分が破壊された」
と指摘し,
「人道上,即時停戦が死活問題となっている」
と訴えた.
 イスラエル軍の空爆は,ハマスが支配する自治政府関連の庁舎や警察署にとどまらず,一部の学校の校舎やモスク,病院周辺にもおよび,約150万の住民は深刻な食糧や燃料不足に直面.
 フランス通信(AFP)によると,同日までの死者は少なくとも436人,負傷者は約2300人に上ったという.

 2009/1/3,イスラエル軍はハマスの兵器集積所や幹部居宅など,数十カ所の拠点を空爆.
 パレスチナ救急当局によると,空爆による同日までの死亡者は民間人含め少なくとも421人,負傷者は約2200人.▲

▼ 一方同日,先週の爆撃の前,IDFは攻撃対象に隣接する9000戸の家に個別に電話をかけ,退避を勧告していたことが判明.
「敵が逃げる可能性は高いが,これが我々の価値観」
とリブニ外相は語った.(H)▲

▼ 1/4,IDFはハマス幹部2人を空爆で殺害.(H,P,Y)▲

▼ 1/11,空爆により2人が死亡.▲

▼  1/27朝,ガザとイスラエルとの境界線付近で,イスラエル軍ヘリコプターがパレスチナ人戦闘員を銃撃,殺害した.
 1月18日の停戦実施以降,初めての衝突.
 パレスチナ人戦闘員が哨戒中のイスラエル軍兵士を狙って爆発物を起爆させたため,軍ヘリが追跡,攻撃したという.
 その際,ヘリは越境したとの情報もある.
 イスラエル軍によると,この爆発で兵士1人が死亡,別の3人が負傷.
 現場は,ガザ南部のカンユニス町から東へ離れた,イスラエルとの境界線フェンスが築かれている地点.

 死亡したパレスチナ人戦闘員の組織的背景は不明.
 イスラエルは停戦後,ガザから攻撃を仕掛けられた場合,報復攻撃すると宣言していた.

 1/28,IDFは,ガザ南部の密輸トンネル数本を空爆により破壊した.(P,Y)

 1/29,イスラエル軍はガザ南部,ハンユニスを走行中のオートバイに空爆を加え,AFP通信によると,運転していたハマスの治安要員や,近くにいた子供11人を含む18人が負傷した.
 同軍スポークスマンは「この治安要員は27日に起きたガザ境界付近でのイスラエル兵殺害に関与していた」と述べ,報復攻撃であることを強調した.
 ハーレツ紙(電子版)によると,18日のガザ停戦入り以降,同軍が空爆を行ったのはこれが5例目.
 一方,ハマスなどのパレスチナ武装組織は,最近控えていたイスラエル領内へのロケット弾などによる攻撃を活発化させている.▲

▼ 1/31,ハマス指導者ハニエが,初めて民衆の前に現れ「勝利演説」.武器を速やかに補給してイスラエルとの戦争を続けると宣言した.(P,Y)

 2/1,エジプトの仲介でハマスが1年間の長期停戦に同意したと,アラブ紙が報道.
 自治政府がラファ検問所を監視する.(H,P,Y)
 また,ガザとの国境地帯にトンネル摘発のための探知装置を設置する作業を開始したと,エジプト政府関係者が語った.(P,Y)

 同日,ガザから4発のカッサム砲と14発の迫撃砲による攻撃で,2人が負傷(H,P,Y)

 同夜,IDFはガザ各地のハマス拠点に空爆を実施.
 事前に住民に電話で避難勧告を行なったため,負傷者の報告は無かった.(P,Y,P)

 2/2,ガザからは迫撃砲とカッサム砲による計4発の攻撃.
 大きな被害はなし.
 IDFはガザを空爆し,武装勢力1人が死亡,3人が負傷したもよう.(H,P,Y)▲

▼ 2/12,ガザから3発の迫撃砲攻撃.
 しかし被害は無かった.
 国防軍はガザのカンユニスにあるハマスの拠点を空爆.
 負傷者は無かった.(Y)▲

▼ 2/20,ガザからグラッドとカッサムを含む3発のロケット砲攻撃.
 停戦後の砲撃数は50を越えた.
 IDFはガザとエジプト間の密輸トンネル6本を破壊し,ガザ北部でも小規模な作戦を行なった.(P,H,Y)

 同日,ガザに通じるケレム・シャロム検問所に対する爆弾攻撃があったが,IDFが阻止.
 パレスチナ人1人を拘束した.(P)

 2/25,ガザから2発のロケット砲攻撃.大きな被害は無かった.
 IDFもエジプト国境の密輸トンネルに反撃.(H,P,Y)

 同日,イスラエルに向けられたロケット砲4発をレバノン軍が発見.
 その先週にも,レバノンからイスラエルに対する砲撃があったばかり.(P,Y)

 2/.26,ガザから3発のカッサム砲攻撃があり,1発は民家の庭に着弾.
 IDFは再び密輸トンネルへの空爆を行なった.(H,P,Y)

 3/1,週末にガザからイスラエル南部に計11発のロケット砲撃があったことを踏まえ,オルマート首相は必要な措置を取ると語った.(H,P,Y)

 3/4,前日にカッサムロケット砲撃があったため,数時間後にイスラエル空軍がガザの3ヶ所の密輸トンネルを爆撃.(P,Y)

 3/5,イスラエル空軍は北部ガザを攻撃し,アシケロンへのロケット砲撃の首謀者だと見られている,イスラム聖戦の幹部シャランを殺害.
 イスラム聖戦は,直ちに報復を予告する声明を出した.(H,P,Y)

 3/6,イスラエル南部のアシケロンにまたカッサムロケット砲撃.
 空軍は密輸トンネルを攻撃した.(H,P,Y)▲

▼2009年5月20日
 スデロットの住宅地にガザから2ヶ月ぶりにカッサム・ロケットの砲撃があり,女性1人が軽傷.
 数時間後,IDFは報復のためにガザの兵器工場2箇所と4つの密輸トンネルを空爆.(P,H,Y)▲

 【参考ページ】
2008年12月27日20時3分,CNN
2008年12月27日20時42分,時事通信
2008年12月27日20時52分,産経新聞
2008年12月27日21時4分,時事通信
2008年12月27日21時5分,読売新聞
2008年12月27日23:53,AFP
2008年12月29日1時11分,朝日新聞(by 平田篤央&松下佳世)
2009年1月2日16時54分,CNN
2009年1月2日20時55分,読売新聞
2009年1月2日21時21分,CNN
2009年1月3日8時1分,産経新聞
2009年1月3日20時12分,CNN
2009年1月4日8時2分,産経新聞(村上大介)
2009年1月11日17時0分,CNN
2009年1月27日19時54分,CNN
2009年1月29日20時5分,時事通信
「イスラエル・ニュース」

煙が上がるラファ
(こちらより引用)


 【質問】
 ガザ紛争初日の空襲は,なぜ奇襲となったのか?

 【回答】
 ハアレツ Haaretz 紙特派員Barak Ravid によれば,イスラエルによる情報収集と欺瞞工作の賜物だという.
 バラク国防相は徹底的な情報収集を指示し,その結果,基地,兵器庫,訓練施設,幹部の自宅などの場所が明らかになっていたという.
 また,オルメルト首相は「27日の閣議で攻撃を行うかどうかを決める」と声明を出し--実際には26日夜~27日未明の閣議で決定--,その欺瞞工作に引っかかったハマスは,いったん避難させていた司令部要員を呼び戻したという.

 詳しくは16:39 31/12/2008付,「ハアレツ」紙を参照されたし.


<以下,そのほかに考えられる奇襲成功の要因>

・寝ている総統を起こすのが怖かった

・ボールを持っているのはピッチャーだと思い込んでいた

・チームに合流したばかりのベッカムが,よもやの先発起用されたため.

【ぐんじさんぎょう】,2009/1/19 22:30
に加筆

・三河武士は戦意喪失と思い込んだため

ぎんなんそう in mixi,2009年01月17日 23:37

・アラブは「金持ち喧嘩せず」.

風船くん in mixi,2009年01月18日 00:21

・コミンテルンの陰謀だから

HASU in mixi,2009年01月18日 01:17

・郭図の策を採用したから

フナムシ in mixi,2009年01月18日 01:49

・ルーズベルトは奇襲を察知していたが,イスラエルへの敵意を煽るためわざと警戒させなかった.

唯野 in mixi,2009年01月18日 02:16

・狼煙の色が白かったため(白燐弾使用)

bernoulli in mixi,2009年01月18日 07:11

・情報機関がテレビ局に対し,「涼宮ハルヒの憂鬱,深夜に一挙連続放送!」と工作させた.

ぎんなんそう in mixi,2009年01月18日 15:40

 「立川談志きょうはまるごと10時間」でなくて?

クローム・ツァハル in mixi,2009年01月19日 01:56


 【質問】
 イスラエル軍によるガザ空爆は,どの程度効果があったのか?

 【回答】
 2008/12/29付,「Strategy Page」によれば,ハマスは空爆によって深刻な被害を受けたと認めており,イスラエル軍の空爆の正確さに驚いているという.
 事実,ハマスによる反撃のロケット・迫撃砲攻撃は,初日は110発だったものが,翌日には20発に減少しているという.
 イスラエル軍は開戦後もUAVを飛ばし,情報収集に努めているという.

 詳しくは同ページを参照されたし.


 【質問】
 ガザ空爆直後の段階での,国際社会の反応は?

 【回答】
http://nofrills.seesaa.net/article/111849167.html
が,BBCや「Times」などの記事を要約して伝えるところでは,EUと現在のその議長国フランス,および国連が攻撃の即時停止を求めた.
 一方で,米国は「悪いのはハマス」と言い,英国も米国と歩調を合わせた,という.
 しかしその後,
http://nofrills.seesaa.net/article/111858597.html
によれば12/28には,英国のDavid Miliband 外相も,「暴力の即時停止を『支持する』」として,EUの姿勢を支持するという姿勢を見せたという.

 詳しくは同ブログを参照されたし.

 また,佐々木良昭によれば,中東では数少ない,イスラエルとの外交関係のある国のうち,ヨルダンでは6万人規模のデモが起こり,ヨルダンの首相は
「ヨルダンはイスラエルとの外交関係を再考する必要があろう」
と語っているという.
 もう一つの,イスラエルとごく親しい関係にあるトルコも,イスラエル政府要人のトルコ訪問直後のガザ侵攻で誇りを傷つけられた模様で,エルドアン首相はイスラエルのガザ侵攻に対し,厳しい対応を取るようになったという.

 詳しくは,2009年01月09日付,「中東Today」を参照されたし.


 【質問】
 ガザ紛争の地上戦について教えられたし.

 【回答】
 イスラエル陸軍の侵攻は,2009/1/3夜(日本時間4日未明)から始まったとされる.
 イスラエル軍はそれまで空爆に合わせ,ガザ境界線付近に戦車,装甲車を集結させており,地上侵攻は時間の問題となっていた.
 海上や地上からの砲撃支援の下,戦車や歩兵,砲兵から成る数千人規模の部隊が,ガザ地区北部の4カ所から侵攻を開始,ガザ市やベイトラヒヤ,ジャバリアなどの周辺に展開した.
 ハマスも迫撃砲などで反撃した.
 初日には少なくとも4~7人が,戦闘で死亡したという.
 イスラエル軍は兵士30人が負傷したと発表.
 ハマス側には数十人の死者が出たとの情報もある.

▼ 1/4,IDFはガザ中部に侵攻し,ガザ地区を縦断する幹線道路サラハッディーン通りを制圧して,南北の通行を遮断.
 ガザ北部ではハマス拠点の難民キャンプなどを攻撃.
 IDFは1人が戦死し,30人以上が負傷.(H,P,Y)

 一方,ハマスは戦闘員の死者数を発表せず,20人余りの主に民間人犠牲者の数のみを発表しており(?)(H,P,Y),被害甚大であることを伺わせる.▲

▼ 1/5,ガザでの戦闘で誤射により3人のイスエラエル兵が死亡し,20人が負傷.
 自軍の兵士が中にいることを知らず,戦車が建物に向って発砲したもよう.(H,P,Y)▲

▼ 1/6未明にはイスラエル軍は,ガザ地区 Gaza Strip 南部最大都市ハンユニス(Khan Yunis)の東部,Abassan al-Kabira地区に地上部隊を進攻させた,との目撃証言.
 武装ヘリコプターに援護された戦車が,重機関銃や大砲を発射し,ハマス Hamas などの武装勢力も反撃しているという.
 これが事実ならガザ紛争後,初のハマス拠点への侵攻.▲

▼ 同日,ガザでさらにイスエラエル兵2人が戦死,うち1人は自軍の誤射.
 今までの6人の戦死者のうち4人が味方の誤射であるため,IDFは原因を調査中.(H,P,Y)

 IDFの攻撃を受けた学校で30人以上の民間人が死亡.
 イスラエル政府は,ハマスが学校内から砲撃を行い,IDFが反撃したと説明.
 問題の学校からロケット砲撃が行なわれていることを映像で説明した.(H,P,Y)
 またイスラエル政府は,ハマスが国連機関や国連設立の学校を軍事拠点に使用しているとして,国連に苦情を訴えることを検討中.(H,P)
(翌日には,40人の死者を出したガザの学校を運営する国連組織UNRWAが
「学校は武装勢力に使われていない」
と反論したが,APは武装組織が学校近くから国防軍を攻撃していたと報じた.(P,H))

 1/9,国連安全保障理事会のガザ停戦要求決議を,イスラエル・ハマス,共に無視.
 IDFはガザ市の中心部に向って侵攻を続けた.
 各地での戦闘でIDF兵士3人が戦死し,兵士の死者数は9人に達した.(P,H,Y)

 同日,救援物資を運んでいた国連の運転手が死亡.
 国連はIDFの砲撃が原因だとして活動を中止すると発表した.
 しかし,運転手はハマス側の銃撃で死亡したとの証言もあり,事実関係は不明.(H,P,Y)▲

▼ 1/10,IDFはガザ市周辺部で地上部隊による包囲網を強化.
 ガザからの報道によると,同市のすぐ北に位置するジャバリヤで,イスラエル軍戦車の砲撃により,子供を含む一家8人が殺害.
 同市北方の海岸沿いの道路では,イスラエル地上部隊とパレスチナ武装組織が激しく交戦.
 またIDF軍は,ガザ市の住民に対し,アラビア語のビラや携帯電話の簡易メールで
「まもなく攻撃を強化する.安全のため,テロリストや武器関連施設には近づかないように」
と通告した.▲

▼ 1/10,IDFは,支援物資を運ぶ国連のトラックを銃撃して運転手を殺したのは国防軍ではないと正式に発表.(P)▲

▼ 1/11午前,IDFはガザ地区北部や東部でハマスと交戦.
 イスラエル軍は,交戦でハマスのロケット弾攻撃部門の責任者を殺害したと発表した.▲

▼ 1/11,IDFは,再訓練を済ませた予備役兵士の一部をガザ戦線に投入中.
 本格的な作戦拡大を視野に入れた動き.(H,P,Y)
 イスラエル・メディアによればハマス幹部は,イスラエルが資金を出して建設したシーファ病院や,国連施設,学校,モスクなどに潜伏中.
 ハマスは病院や動物園に爆弾を仕掛け,民間人を盾にIDFの攻撃を防いでいる(H,Y)という.

 1/12,ガザ北部でIDF兵士が味方の攻撃で重傷.
 複雑な市街戦に多数の兵士が投入されているため,同士討ちの防止は難しい(P,Y)という.
 同日,イスラエル・メディアによれば,イスラエルから運び込まれた救援物資のトラックをハマスが襲撃.
 物資を奪い,売りさばくのが目的と見られる(P),と述べている.▲

▼ 1/15,IDFはハマス強硬派幹部のサヤムらを殺害.
 サヤムはファタハに対する武力闘争を指揮したことで知られる.(H,P,Y)▲

▼ 1/16~17にかけて,ガザでは激しい戦闘.
 ハマスは多くの自爆攻撃などを行なった.
 IDF兵士にも13人の負傷者が出たが,うち2人は自軍の砲撃による同士討ち.
 IDFが原因を調査中.(H,Y)

 またイスラエル「ハアレツ」紙によれば,1/17,昨年暮れに停戦を破棄してイスラエルを攻撃したのは間違いだったと,ガザのハマス幹部の一部が本部を批判.
 安全なダマスカスから無茶な戦争を強要する本部の指令には,反感が強まっている.(H)

 1/18午前2時から,イスラエルは一方的停戦を実施.(H,P,Y)

 1/20,IDFは米大統領就任式前に完全撤退を完了.
 ハマスのダマスカス本部は「大勝利」の体裁を整えるため,IDFを追撃する命令を出しているもようだが,ガザの兵士は無視か.(H,P,Y)▲

▼ 1/21朝,IDFはガザからの完全撤退を完了.(H,P,Y)▲

▼ 1/25,エジプト仲介による和平交渉で,ハマスが長期停戦を拒否.
 停戦は最大1年半で,その間に武器補給を進めると宣言した.(P,H)▲

 【参考ページ】
2009年1月4日4時8分,時事通信
2009年1月4日9時46分,ロイター
2009年1月4日13時39分,CNN
2009年1月5日01時29分,読売新聞
2009年01月06日 14:33,AFP
2009年1月10日8時2分,産経新聞
2009年1月10日13時3分,CNN
2009年1月11日0時27分,時事通信
2009年1月11日17時0分,CNN

イスラエル・ニュース

idf01gz.jpgへのリンク
こちらより引用)

撤退するイスラエル軍車輛を積んだトラック.20日撮影
(2009年 ロイター/Ronen Zvulun)
(こちらより引用)


 【質問】
 なぜイスラエル軍はガザ地区に陸軍も侵攻させたのか?

 【回答】
 まだ地上戦が始まっていない2008/12/29の段階で,ガーディアン紙の中東編集員Ian Blackは,地上部隊を投入するとすれば,それは航空戦力が達成できないこと,つまりまだ未発見のロケット生産及び貯蔵施設を探索するため以外には考えられないと述べている.

 事実,速やかにイスラエル軍撤退が行われたことから考えるに,占領統治などは最初からイスラエル軍は考えておらず,サーチ・アンド・デストロイのためだった可能性が高いと愚考する.

【ぐんじさんぎょう】,2009/1/26 23:35
に加筆

▼ また,2009/1/5付,ガーディアン紙(by Richard Norton-Taylor)によれば,ガザを南北に分断し,ラファの町を,その後背地であるエジプトから切り離す目的も有るという.
 そのためにイスラエル軍は2年以上,アラブ人の町を模した施設で,市街戦訓練を積んできたという.▲

<以下,探索中に発見されたもの>

 ・財務省の埋蔵金

 ・幼い頃になくした思い出

例題

 豆腐の角に、頭をぶつけた拍子に、なくした記憶。

鉄底海峡 in mixi,2009年01月21日 23:55

 デストロイヤーのお面

赤の9番 in mixi,2009年01月22日 00:29

 天狗の鼻を輪ゴムで4本たばねたキャラ

udon in mixi,2009年01月22日 01:22

 キリンが逆立ちしたピアス

bernoulli in mixi,2009年01月22日 05:40

 昔の夢

葉月@御剣財閥 in mixi,2009年01月22日 06:41

 シャガールみたいな青い夜

新所沢の三等兵。◆Uk in mixi,2009年01月22日 12:21

 洗濯した時になくした片方の靴下

丼炒飯 in mixi,2009年01月22日 21:31

 夏、碓氷峠から霧積へ行くみちで 渓谷へ落としたあの麦藁帽

整備兵 in mixi,2009年01月22日 22:01

キンケシ

ぎんなんそう in mixi,2009年01月22日 22:32

 風船おじさん

フナムシ in mixi,2009年01月22日 00:33


 【質問】
 イスラエルが誤認という名目で国連施設に攻撃を仕掛けましたが,国連職員とハマスって癒着しているのですか?
 ソマリアでもアイディードと国連・赤十字が癒着していたようなので,気になりました.

軍事板
青文字:加筆改修部分

 【回答】
 少なくとも攻撃を受けたUNRWAに限って言えば,癒着の可能性は低いでしょう.
 某元外交官氏によれば

>UNRWAの事務局長は米国人で,幹部の多くも米国人,
>で,最大の援助国が米国なんで,そもそも「米国がもっとも影響力を有している国連組織」

>私の記憶では2004-5年あたりは米国が拠出金の50%くらい占めていたと思います.
>PDFをダウンロードすれば,詳細な拠出金の出資割合が分かると思いますが

ということですので.

 以下,UNRWAサイトより,米国からの支援についての部分を引用.

――――――
http://www.un.org/unrwa/finances/index.html

The Agency’s largest donors in 2007 were the United States, the European Commission, Sweden, Norway and the United Kingdom. As of 31 May 2008, the Agency's largest contributors for 2008 are the United States, the European Commission, Sweden, the United Kingdom, Norway and the Netherlands.
――――――

 UNRWAの歴代事務局長については,以下参照.

――――――
http://www.un.org/unrwa/organization/comgen.html

Commissioners-General
Name Country Period
Karen Koning AbuZayd USA 28 Jun 2005 - present
Peter Hansen Denmark 1 Mar 1996 - 31 Mar 2005
Ilter Turkmen Turkey 1 Mar 1991 - 29 Feb 1996
Giorgio Giacomelli Italy 1 Nov 1985 - 28 Feb 1991
Olof Rydbeck Sweden 9 Jul 1979 - 31 Oct 1985
Thomas W. McElhiney USA 1 Apr 1977 - 15 Apr 1979
Sir John Rennie UK 15 May 1971 - 31 Mar 1977
Lawrence Michelmore USA 1 Jan 1964 - 14 May 1971
Dr. John Davis USA 15 Feb 1959 - 31 Dec 1963
Henry R. Labouisse USA 15 Jun 1954 - 15 Jun 1958
John B. Blandford USA 1 Jul 1951 - 7 Mar 1953
Howard Kennedy Canada 1 May 1950 - 30 Jun 1951
――――――

 さらに,UNRWAにはAdvisory Commission 諮問委員会がありますが……

――――――
http://www.un.org/unrwa/organization/index.html

The Advisory Commission meets annually to review Agency activities. Its membership consists of Australia, Belgium, Canada, Denmark, EC, Egypt, France, Germany, Italy, Japan, Jordan, Lebanon, Netherlands, Norway, Saudi Arabia, Spain, Sweden, Switzerland, the Syrian Arab Republic, Turkey, the United Kingdom and the United States. The EC, League of Arab States and Palestine Liberation Organization attend as observers.
――――――

関係筋によれば,このAdvisory Commissionで最も発言力を持っているのは米国なのだそうです.

 また,今回のガザ封鎖ではUNRWAの食料物資の搬入ですら,「テロに悪用される」として拒否されたそうです.

 これまでイスラエルは一貫してUNRWAを攻撃していますから,今回のガザ攻撃でもついでに攻撃して,脅しておこうという意図があるのではないか,と関係筋では見ているとのことです.

 だだし誤射である可能性も残ってはいるので,最終的な回答は調査報告待ちということで.

消印所沢,2009/1/25

▼ 一方2009年1月28日付,イディオット・アハロノット紙によれば,ガザの国連機関UNRWAの元職員が同組織を批判する報告書を米政府に提出.金持ちやテロ組織ばかりに利益を与え,一方的にイスラエルを批判し,子供に憎悪教育を行なっていると指摘したという.▲

▼ なお,1/6に国連の学校をIDFの砲弾が直撃し,43人が死亡したとの主張については2/3,国連が撤回している.
 爆発は学校の建物外で発生し,校内にいた民間人に死者は出ていなかったことが判明した(H),という.

 また,2/4,ガザで活動するNGOの大半は,明らかに反イスラエルだと監視団体が報告している.
 ハマスを批判する声明はほとんど出ていない(Y),という.

 「イスラエル・ニュース」より.▲

 なお,2009年6月12日(金),国連の潘基文事務総長は,ガザ戦争での国連施設の破壊について,イスラエルに1100万ドルの賠償請求を検討中と,記者会見で語った(イディオット・アハロノット)という.


 【質問】
 イスラエルには国連に対する不信感があるのか?

 【回答】
 それは確実にあると言えるだろう.

 第2次レバノン紛争後,国連軍の「監視」がありながら,ヒズボラがやすやすと火力回復している現状を見ても,イスラエルが国連に不信感を抱かないはずがない.

 また,2009/1/7付,ガーディアン紙(by Rory McCarthy)によればイスラエルは,イスラエルは国連特別視察官が,パレスティナによるイスラエルの人権侵害ついては視察対象としていないことや,国連人権理事会がパレスティナにおけるイスラエルの行動にのみ焦点を当てていることに反感を持っているという.
 そのため例えば2007年には,調査委員でノーベル平和賞受賞者であるデズモンド・ツツ大司教の入国さえ,ビザ発給を拒んだとという.

 まあ,それ以前の問題として,国連人権理事会の理事国に,人権問題を起こしている中国やサウディアラビア,アルジェリアなどが入っている状況を見れば,不信感を覚えないほうが不思議かもしれないが.


 【質問】
 2009/1/3に日本が約束した,ガザ地区への「人道支援」1000万ドルは,どのように使われると予測されるか?

 【回答】
 黒井文太郎によれば,ハマスがカネを受け取れば武器を買ってしまうだろうし,自治政府に渡すと,ほぼ全額が自治政府幹部のポケットに入ってしまうだろうという.
 もっともハマスはアメリカによってテロ組織に認定されているので,ハマスに日本政府が援助金を渡すことは,まずないだろうという.
 詳しくは「スパイ&テロ」,2009/01/06(火) 01:17:10付を参照されたし.

▼ 一方,イスラエルのイディオット・アハロノット紙によれば,BBCやスカイニュースは,公正な報道にならない上,資金がハマスに渡る可能性が高いためだとして,ガザ救援の募金広告の放映を拒否しているという.▲

▼ なお,イエルサレム・ポスト紙によれば,ガザ復興をめぐって,ファタハとハマスが利権争いをしており,ハマスは自治政府経由の支援を拒否し,独自基金への送金を国際社会に要求し,自治政府のほうはハマスに送金しないよう国際社会に求めているという.
 また2/5夜には,ガザの境界検問所付近に保管していたトラック10台分の小麦とコメが,ハマス政府と契約したトラックに持ち去られたため,UNRWAは
「支援物資が返還され,ハマス政府が再発防止を保証するまで搬入を中止する」
としたという.(2009年2月7日10時12分,朝日新聞(井上道夫)
 やれやれ……▲


 【質問】
 タフディアフ(鎮静)合意とは?

 【回答】
 イスラエルとハマスとの間で成立した停戦合意であり,2008/6/19,合意が発効した.
 イスラエルがガザで軍事行動を中止し,それと引きかえにパレスチナ側はイスラエルに対するロケット攻撃をやめる,という内容.

 MEMRI研究員C・ジェイコブによれば,交渉の過程で,当初ハマスはウェストバンクも交渉対象に含め,ラファを即時再開せよと要求していたが,この2件を撤回.
 一方イスラエルは,合意のための一条件として,武器密輸の中止を求めていたが,撤回.
 イスラエル兵ギラッド・シャリットの釈放をタフディアフの一条件にするという要求も取り下げたという.

A タフディアフ合意内容

1 双方に2008年6月19日以降軍事行動を停止する.

2 タフディアフの期間は,パレスチナ諸派のコンセンサスにもとづき6ヶ月とする.

3 タフディアフは,エジプトの同意を得て且つその後押しのもとで履行される.

4 タフディアフの発効数時間後検問所を一部再開する.

5 今後エジプトは,ウェストバンクにおけるタフディアフの実現に向けて努力する.

6 タフディアフ発効の第2週にPA,ハマス及びヨーロッパ代表が会し,ラファ検問所の再開手続を検討する※50.

B ファタハ憲章の内容

原則,目的,手段

運動の基本原則

第1条 パレスチナはアラブ郷土の一部であり,パレスチナ人民はアラブ民族の一部である.彼等の闘争はその闘争の一部である.

第2条 パレスチナ人民は,パレスチナに対する生得の合法的権利を有し,独自のアイデンティティを持つ.人民は排他的自決権を有し,第三者の権威,保証或いは指導に服従することなく,パレスチナの大義を先導する権利を持つ.パレスチナ人民にはその土地全域に完全な支配権がある.

第3条 パレスチナ革命は,パレスチナ解放闘争におけるアラブ民族の前衛である.

第4条 パレスチナ人民闘争は,シオニズム,植民地主義,帝国主義に対する世界規模の共同闘争の一部である.

第5条 パレスチナ人民の解放闘争は,汎アラブの民族的責務である.アラブ民族は,精神と物質を総動員してこの闘争に参加する.

第6条 我々は,国連,或いは一国家ないしは国家集団による決議,計画,調停が,パレスチナ人民の郷土権を否定する内容であれば,これを拒否する.このような(計画,調停,決議)は無効である.

第7条 シオニスト運動は,そのイデオロギー,目的,組織,活動手段において人種主義,植民地主義であり侵略的である.

第8条 パレスチナにおけるイスラエルの存在は,攻撃的シオニストの侵略であり,植民地主義と帝国主義の似合いの協力者として,植民地拡大基地として,動いている.

第9条 (パレスチナの)聖所解放と保護は,アラブ,イスラム,人類の責務である.

第10条 ファタハは独立の民族革命運動であり,パレスチナ人民の革命の前衛である.

第11条 革命に参加し,(パレスチナ)解放運動をもたらす大衆が土地の所有者である.

目的

第12条 パレスチナの完全解放,シオニスト占領国家の抹殺を目的とする.経済上,政治上,軍事上,文化上からの完全抹殺である.

第13条 エルサレムを首都とし,パレスチナ全域に主権を持つ独立民主国家の建設を目的とする.人種上宗教上の差別をせず,平等公正をベースに市民の合法的権利を守る国家の建設である.

第14条 人権を保証し(成員)全員に自由を認める進歩的社会の建設.

第15条 アラブの地解放,独立した進歩的統一アラブ社会の建設に積極的に参加する.

第16条 正義にもとづく世界平和の基地を建設する目的を以て,郷土解放と民族自決の闘争を展開する非抑圧的人民を支援する.

手段

第17条 武装人民革命が,パレスチナ解放上唯一にして不可避の方法である.

第18条 パレスチナ人民は,闘争のパートナーであるアラブ民族の前衛である.闘争にアラブ大衆が介入することによってアラブ民族とパレスチナ人民の団結を強め,統一アラブ戦線を形成する.

第19条 武力闘争は戦術ではなく戦略であり,武力革命が解放闘争の決定的ファクターである.この闘争は,パレスチナにおけるシオニストの存在が抹殺され,パレスチナが開放されるまで,やむことはない.

第20条 武力闘争に参加している民族諸勢力の大同団結に努力する.

第21条 国際舞台においては,革命的戦闘人民として,パレスナ人民の独自な性格を強調する.これは,パレスチナ人民とアラブ民族の運命共同体的性格と矛盾しない.

第22条 パレスチナのシオニスト占領体を抹殺する代りとして提供される政治解決,パレスチナ問題の国際化や排除計画,或いは又(パレスチナ)人民に対する指図の強要は,すべて拒否する.

第23条 アラブ諸国については,進行中の武力闘争とそのエスカレートに支障をきたない限り,彼等の立場にある積極的側面を鼓舞すべく,関係を維持する.

第24条 我々の正義の武力闘争を支援する世界各地の解放運動について,シオニズムと帝国主義に抵抗するため,強力な連帯を築く.

第25条 ユダヤ人のパレスチナ移住を認める諸国について,問題解決への貢献として移住中止を納得させる.

第26条 パレスチナの大義をアラブの紛争や国際紛争と切り離し,すべての紛争に上にあるものと考える.

第27条 ファタハはアラブ諸国の国内問題に干渉せず,運動の内部問題への干渉や,パレスチナ人民の郷土解放闘争に対する妨害を許さない.

 詳しい解説は『MEMRI』,2008/8/6付を参照されたし.


 【質問】
 タフディアフ合意に対するパレスチナ人諸派の反応は?

 【回答】
 MEMRI研究員C・ジェイコブによれば,はタフディアフの成立に躍起になったのはハマス.
 ガザ封鎖が続くと,パレスチナ人社会におけるハマスの地位が弱まり,またハマスは,イスラエルから指導者が狙い打ちされることを恐れていたからだという.

 他のパレスチナ諸派のなかには,合意について留保の姿勢を示す組織がいくつかあったが,全派がタフディアフ(鎮静)は歓迎したという.
 しかしそれでも,ロケットをイスラエルに撃ちこんで合意を破る派がいくつかあった.
 「ウェストバンクにおけるイスラエルの軍事行動は,タフディアフ違反である」としたのがその動機だという.

 PA(パレスチナ自治政府)とファタハはタフディアフ合意を批判し,パレスチナの大義,そして特にウェストバンクを二束三文で叩き売る,重大な裏切り行為,それもハマス指導者を暗殺から守るためであり,モノ欲しさのためであったとして,ハマスを非難した.
 彼ら曰く,
>タフディアフと交換した〝燃料と食料は私物化され,闇市場で売られている〟のである.

 詳しくは『MEMRI』,2008/8/6付を参照されたし.


 【質問】
 「殉教者」論争とは?

 【回答】
 2009/1/26付,MEMRIを信頼するとするならば,ガザ紛争で死亡したパレスチナ人を,「犠牲者」と呼ぶか,「殉教者」と呼ぶかを巡って起きている論争.
 同ページによれば,

――――――
 アルジャジーラはカタールをスポンサーとして,ハマス・イラン・シリア枢軸と立場を同じくするが,ガザで殺された者を〝殉教者〟(Shahid)と呼び,これと対蹠的にサウジ所有のアルアラビヤTVは,この用語の使用を避けている
――――――

という.

 「殉教者」呼称支持派は,彼らが殉教者でないなら,誰が殉教者だというのだと主張し,呼称に噛み付いている暇があったら,ガザのパレスチナ人への殺戮行為を止めるよう呼びかけるべきだろうと述べている.
 一方,批判派はクルアーン(コーラン)には,アッラーのために殺された者を〝殉教者〟として記述したくだりがないことを論拠に挙げている.

 この論争で問題なのは,中傷合戦に発展している点で,MEMRIによれば,“殉教者”と言わなければ西側の手先呼ばわりされ,異端だ背教だと罵詈雑言を浴びるという.
 例えばヒズボラ書記長ナスララ(Hassan Nasrallah)は,演説のなかでアルアラビヤをガザ住民に対する偏見報道と呼び,
「アルアラビヤをアルイブリヤ(ヘブライ)放送と呼びかえたらどうか」
と皮肉っている.

 これ,何て内ゲバ?


目次へ

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

Ads by Sitemix