c

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆その他の国と地域
中近東FAQ目次


 【link】

Quick Jump for Links

Bahrayn バーレーン

Saudi Arabia サウディアラビア

UAE

Yemen イエメン

「VOR」◆(2012/02/19)ストラスブルグ クルド指導者を支持する数万人規模デモ

D.B.E. 三二型」(2012/02/08)◆露国連大使:批判回避に躍起 「カタール脅迫」報道を否定

「中東の窓」◆(2012/09/01)カタールのナハダ資金援助(ガンヌーシの否定)

「中東の窓」◆(2012/10/14)カタールの仏語圏機構への加入

「中東の窓」◆(2013/03/12) イラク・クウェイト国境問題

「中東の窓」◆(2013/03/15) その他の中東情勢

『中東湾岸諸国の民主化と政党システム』(石黒大岳著,明石書店,2013/3/9)
> 政治運動が非常に活発なクウェートとバハレーン.
> この両国の選挙と議会政治を,政党システムの擬似的な制度化という枠組みで分析し,湾岸諸国における民主化の特質と原動力を明らかにする.

●Bahrayn バーレーン

「USA Today」◆(2011/02/20)Bahrain orders military off streets of capital

「VOR」◆(2012/02/04)バーレーン 数千人規模のデモ発生

「VOR」◆(2012/03/25)バーレーンでデモ参加者2人 催涙ガスで窒息死

「VOR」◆(2012/03/11)バーレーンの民主主義よりペルシャ湾安定のほうが大切

「VOR」◆(2012/04/22)バーレーン F1レース前にシーア派抗議デモ

「VOR」◆(2012/04/22)バーレーン国王「F1」レース中止危機の中 改革実施を約束

「VOR」◆(2012/06/09)バーレーンでのデモ 数万人が参加
>バーレーンでは有名な人権活動家ラジャブ氏が拘束された事に抗議するデモが行われ,数万人が参加.

「VOR」◆(2012/06/21)バーレーン 抗議デモに参加した11歳の少年の裁判始まる

「WP」◆(2011/02/15)AP: At least 1 person killed in #Bahrain after military fires tear gas, bird shot at funeral procession

「孤帆の遠影碧空に尽き」◆(2012/06/20)湾岸諸国  クウェート:イスラム系野党と政府の対立  バーレーン:少数派スンニ派支配への不満

「中東の窓」◆(2012/07/10)バハレン情勢(シーア派組織の解散命令)

「中東の窓」◆(2012/11/07)バハレン情勢

●Jordan ヨルダン

「中東の窓」◆(2012/10/17)ヨルダンの選挙

「中東の窓」◆(2012/11/15ヨルダンの騒擾(14日)

「中東の窓」◆(2012/11/16) ヨルダンの騒擾

「中東の窓」◆(2013/04/22) ヨルダン空域のイスラエルドローンへの開放

●Kwait クウェート

「Al Jazeera」◆(2010/12/13)Kuwait shuts down Al Jazeera office

「an Arms Watcher」◆(2010/08/16)米,クウェート向けにパトリオットミサイル売却予定

「NY Times」◆(2011/08/08)Kuwait Joins Saudi Arabia in Recalling Ambassador From Syria

「VOR」◆(2012/02/05)クウェート政府 総辞職へ

「VOR」◆(2013/04/01) クウェート Twitterに政権批判を書き込み2年の禁固刑

「孤帆の遠影碧空に尽き」◆(2012/06/20)湾岸諸国  クウェート:イスラム系野党と政府の対立  バーレーン:少数派スンニ派支配への不満

「中東の窓」◆(2012/11/05)クウェイト情勢(4日)

「中東の窓」◆(2012/11/31)クウェイト情勢

「中東の窓」◆(2012/12/01)クウェイト議会選挙
「VOR」◆(2012/12/02)クウェート議会,スンニー派が議席3分の1
「孤帆の遠影碧空に尽き」◆(2012/12/02)クウェート  野党側がボイコットするなかで議会選挙 今後に残る火種

「中東の窓」◆(2012/12/09)クウェイト政情

●Lebanon レバノン

「Blogs of War」◆(2013/07/02) Lebanon Baalbek festival moves near Beirut over security

「Blogs of War」◆(2013/07/23) PM: Lebanon regrets EU blacklisting of Hezbollah

「Jerusalem Post」◆(2011/12/05)Lebanon files UN complaint over Israel's rocket response

「VOR」◆(2012/12/09)レバノンでの衝突 少なくとも4名死亡 40名が負傷
> 地元紙によるとレバノンでは宗派間紛争が発生し,特に北部トリポリではスンニー派とアラウィー派との間で迫撃砲も使われた武力衝突が発生.
> レバノンではシリアの状況に注目が集まっており,スンニー派はシリアの反政府勢力を支持する一方,アラウィー派はアサド政権を支持.
> トリポリでは住民の80%がスンニー派で,シリアとの国境で,シリア反政府勢力に近いレバノン人約14名が殺害された事件をきっかけに,緊張が高まっている.
「VOR」◆(2012/12/11)レバノン軍 トリポリでの宗派間衝突を収拾

「VOR」◆(2013/03/24) レバノン北部で衝突悪化

「VOR」◆(2013/05/26) レバノンの首都近郊にロケット弾着弾 負傷者

「VOR」◆(2013/05/27) 南レバノンからイスラエル領内へロケット砲発射

「中東の窓」◆(2012/07/06)イスラエルの第3次レバノン侵攻(IDFのヒズボッラに対する警告)

「中東の窓」◆(2012/09/07)法王のレバノン訪問延期?

「中東の窓」◆(2013/02/27) ナスラッラの癌入院?

「中東の窓」◆(2013/02/27) ヒズボッラのスカッドD保有

「中東の窓」◆(2013/03/15) レバノン情勢

「中東の窓」◆(2013/03/21) レバノン情勢(シリア内戦の影)

「中東の窓」◆(2013/03/23) レバノン情勢

「中東の窓」◆(2013/03/24) レバノン情勢(アラビア語メディアのコメント)

「中東の窓」◆(2013/04/04) レバノン情勢

「中東の窓」◆(2013/05/20) トリポリでの死傷者(レバノン)

「中東の窓」◆(2013/05/30) ヒズボッラーのハマス退去命令(レバノン)

「中東の窓」◆(2013/06/07) レバノン情勢

「中東の窓」◆(2013/06/19) レバノン情勢

「中東の窓」◆(2013/06/23) 湾岸在住レバノン人の追放?

「中東の窓」◆(2013/06/24) シドンでの衝突(レバノン)

「中東の窓」◆(2013/06/29) 湾岸レバノン人の危惧

「中東の窓」◆(2013/07/11) レバノンに関する安保理声明

「中東の窓」◆(2013/08/02) レバノン情勢

「日本語で読む中東メディア」◆(2013/07/18) レバノン:親シリア派の暗殺後の混乱がもたらす危惧 (al-Hayat紙)

●Saudi Arabia サウディアラビア

「An Arms Watcher」◆(2011/11/21)露,60億ドル相当の武器売買契約か―サウジアラビア

「Defense News」◆(2012/06/18)German-Saudi Tank Deal Twice As Big As Planned: Report

「Defense News」◆(2012/10/11)Expected Deals With Oman, Saudi Arabia Help BAE Project Strength

「Heaven」◆(2010/08/21)目には目を,麻痺には麻痺を.サウジの法廷がケンカで半身を麻痺させた加害者の脊髄を裁断しようと試み,人権問題に

「Strategy Page」◆(2013/03/27) COUNTER-TERRORISM: Saudi Arabia Uses A Big Broom

「Strategy Page」◆(2013/05/08) ARMOR: Turkish Tanks Head For Saudi Arabia

「Strategy Page」◆(2013/05/10) ARMOR: More German Armor For Arabia
 サウディアラビア,ドイツ製装甲車輌を輸入

「Togetter」◆(2010/10/27)スペイン,300両のレオパルド2Eをサウジに輸出

「VOR」◆(2012/06/20)サウジで「魔術師」斬首刑に

「VOR」◆(2012/08/14)サウジアラビアに女性都市が誕生!

「VOR」◆(2013/07/11) サウジアラビアの王女 米国で奴隷使役の容疑

「朝目新聞」(2013/06/08)● サウジ王子が仏ディズニーランドで豪遊,三日間で19億円使う

「孤帆の遠影碧空に尽き」◆(2012/06/27)サウジアラビア  オリンピックへの初の女性選手参加 女子スポーツに関する国内・国外の障害

「孤帆の遠影碧空に尽き」◆(2013/04/07) サウジアラビア 女性の地位改善? オバマ米大統領とウルグアイ大統領の女性への失言

「世界ニュース( ´_ゝ`)」◆(2011/12/11)原発16基を建設
 サウディアラビア商工相の発言

「中東の窓」◆(2012/07/13)サウディ東部州の緊張

「中東の窓」◆(2012/07/28)サウデイ治安当局の発砲

「中東の窓」◆(2012/08/06)サウディでのイスラム連帯緊急会議

「中東の窓」◆(2012/11/06)新内務大臣の任命(サウディ・アラビア)

「中東の窓」◆(2012/12/08)サウディへの密輸阻止

「中東の窓」◆(2012/12/30) サウディの歴史的(金額)の予算

「中東の窓」◆(2013/02/25) サウディ諮問評議会の開催
 初の女性評議員登場.

「東京の郊外より・・・」◆(2013-07-22) Jane’s分析:サウジが弾道ミサイル基地を!?

「日刊 アジアのエネルギー最前線」(2013/09/10)◆ 東芝,WHや米電力とサウジで原発提案|MSN産経ニュース

「日本語で読む中東メディア」◆(2013/07/13) 英軍事問題研究所,サウジのミサイルがイランに向けられていると指摘 (Mardomsalari紙)

新「六課」◆(2012/05/04)大型対潜艦ヴィツェ-アドミラル・クラーコフ,サウジアラビア訪問
>ロシア海軍艦艇のサウジアラビア訪問は今回が初めてです.

『21世紀のサウジアラビア 政治・外交・経済・エネルギー戦略の成果と挑戦』(A・コーデスマン著,明石書店,2012/7/26)
米国の中東安全保障問題の第一人者による研究書

『サウジアラビア 変わりゆく石油王国』(保坂修司著,岩波新書,2005/8/19)

●UAE

「Military Technology」◆(2013/05/29) Hotzone Conducts Agent Training in Real Chemical Environment for Abu Dhabi Directorate General of Security and Port Affairs
 アブ・ダビからの研修生,化学兵器「ホット・ゾーン」に対処する訓練を受ける

「VOR」◆(2012/06/23)米空母「リンカーン」 アラブ首長国連邦に寄港

「VOR」◆(2012/08/15)ロシア,UAEに濃縮ウラン供給

「中東の窓」◆(2012/09/24)ムスリム同胞団の軍事組織否定(UAE)

「中東の窓」◆(2013/01/04) エジプト・UAE関係の緊張

「中東の窓」◆(2013/04/28) 婦人警官隊のフェラーリ
 UAE

「日本語で読む中東メディア」◆(2013/07/13) サーレヒー外相,アラブ首長国連邦からのイラン人追放に懸念 (Mardomsalari紙)

●Yemen イエメン

「Defense News」◆(2012/08/14)Yemeni Troops Attack Defense Ministry, Witnesses Say
「中東の窓」◆(2012/08/15)サーレハ元大統領支持兵士の内務省攻撃(イエメン)
「中東の窓」◆(2012/08/16)サーレハ支持兵士の国防省攻撃

「NY Times」◆(2011/02/23)2 Protesters Killed in Yemen

「NY Times」◆(2011/05/23)Yemen President Refuses to Sign Deal Despite Pressure

「NY Times」◆(2011/09/12)Yemeni Forces Are Said to Enter Coastal City

「Russia Now」◆(2011/10/16)Yemeni defected army calls for UN interference

「VOR」◆(2012/02/25)イエメンのサレハ元大統領,帰国

「VOR」◆(2012/02/26)露大統領 イエメン新大統領に祝電

「VOR」◆(2012/04/07)イエメン ハディ新大統領,軍幹部を更迭

「VOR」◆(2012/07/30)イエメンのマーリブ地方,アデンの石油精製工場に向け,原油の汲み上げを再開(7/30)

「WP」◆(2011/03/05)At least 3 die in #Yemen clash as tens of thousands protest #Saleh's rule

「WP」◆(2011/03/05)Yemenis press on with anti-government protests

「WP」◆(2011/03/27)Islamic militants in Yemen seize control of weapons factory and town as unrest rocks country

「WP」◆(2011/04/06)Yemeni leader Saleh determined to set the terms of his exit

「WP」◆(2011/06/21)Yemen’s airstrikes, shelling kill more than 20 Islamic militants in southern province

「海洋戦略研究」◆(2010/11/08)イエメンに米無人機展開

「中東の窓」◆(2012/07/09)イエメン児童の惨状(UNICEFのアッピール)

「中東の窓」◆(2012/07/10)イエメン大統領の湾岸歴訪の延期

「中東の窓」◆(2012/07/14)イエメン(サーレハの政権掌握記念式典の中止)

「中東の窓」◆(2012/08/08)イエメン大統領の軍の改編(サーレハ息子の影響力の減殺)

「中東の窓」◆(2012/09/01)非同盟会議(イエメン大統領の欠席)

「中東の窓」◆(2012/09/13)イエメンの抗議デモ

「中東の窓」◆(2012/09/28)イエメン大統領のアハマディネジャードとの会談拒否

「中東の窓」◆(2012/09/28)イエメンの直面する飢饉

「中東の窓」◆(2012/10/14)サーレハの裁判要求デモ(イエメン)

「中東の窓」◆(2012/10/17)モスクをカートパ―ティ場にしたhothy部族
 イエメン.hothyは,政権と対立している部族

「中東の窓」◆(2012/12/12)イエメン政情(大統領とサーレハ長男の対立)

「中東の窓」◆(2012/12/20)軍の改編(イエメン)

「中東の窓」◆(2012/12/21)イエメン情勢(ミサイルの引き渡し)

「中東の窓」◆(2013/01/04) 前大統領のサウディ訪問(イエメン)

「中東の窓」◆(2013/04/03) イエメん前大統領の動静

「中東の窓」◆(2013/04/13) イエメン情勢(前大統領長男の転出)

「中東の窓」◆(2013/05/05) イエメン北部情勢(hothy族の独立国家?)

「中東の窓」◆(2013/06/08) イエメンの対イラン警戒態勢引き上げ

「中東の窓」◆(2013/06/19) 危機に瀕するイエメン世界遺産

「中東の窓」◆(2013/06/29) イランの対イエメン干渉

「中東の窓」◆(2013/08/03) 前大統領派の軍の反乱(イエメン)

「中東の窓」◆(2013/08/04) イエメン情勢(サーレハ長男のUAE大使着任)

「中東の窓」◆(2013/09/12) イエメンに女性大統領?

「中東の窓」◆(2013/11/09) サーレハの復活?(イエメン)

「日本語で読む中東メディア」◆(2010/01/28)コラム:イエメンでの武器流通と部族社会 (al-Hayat紙)


 【質問】
 バーレーンではなぜ暴動が頻発しているのか?

 【回答】
「みんな,ビンボが悪いんや」

 バーレーンは他の湾岸諸国と異なり,石油・天然ガス資源が乏しいため,国民に高水準の経済的扶助を与えることができない.
 近年は生活水準の悪化と失業率の上昇とが起こっており,それが反政府デモと暴動が繰り返される原因となっている.
 その殆どは,国民の多数を占めながら,少数派のスンニ派よりも貧しいシーア派市民によるもの.

 こうした抗議行動は政府に武力鎮圧されているが,首都マナマおよび在外バーレーン人の間では反政府運動が続いている.

 詳しくは,Michael T. Klare著「世界資源戦争」(廣済堂出版,2002/1/7),P.119を参照されたし.
 なお,M. T. Klareは「平和と世界安全保障に関する5大学研究プログラム」理事.


 【質問】
 バーレーンのシーア派の動向は?

 【回答】
 シーア派は75%を占め,過去にシーア派教徒を中心とした暴動の歴史を持つため,慎重に,しかし緊張してシーア派対策を講じているようだ.

 ソースが古いが以下引用.

 バーレーンの不安材料は,何と言っても75%を占めるシーア派教徒の存在であろう.
 〔略〕
 過去にシーア派教徒を中心とした暴動の歴史を持ち,共産主義者の組織が存在していると言われているバーレーンだけに,イラン革命の影響が懸念されている.
 〔略〕
 確かに,以前からシーア派教徒を閣僚に起用するなど,慎重にシーア派対策を講じてきたのは事実であり,現に今の内閣にも官房長官,公共事業相など,4人のシーア派教徒が入閣している.

 バーレーン滞在中,私達はシーア派の動きを中心に懸命に取材したが,少なくともこの期間中に限って言えば,不穏な動きは全く察知できなかった.
 しかし,この問題に対する当局の慎重かつ緊張した対応の姿勢だけは,充分にうかがえた.街角でセキュリティ・ポリスと書かれた白いジープがパトロールするのを昼夜,しばしば見掛けた