c

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆◆偽札問題
<◆◆違法ビジネス問題
<◆北韓 目次
東亜FAQ目次

韓国内における偽ドル札摘発件数の推移
(画像引用元:朝鮮日報


 【質問】
 北韓では,いつ頃から偽札を作るようになったのか?

 【回答】
 1970年代という話と,1987年という話とがある.
 亡命化学者などの証言では,北朝鮮の百ドル札偽造の歴史は一九七〇年代にさかのぼるという.
 その後,平壌市内の通貨発券機関などに大型印刷機と特殊インクを導入,世界中に流通させ始めたという.
 一方,北韓労働党直属の印刷物製作責任者だったキム・ドンシクによれば,1987年からだったという.

***

 亡命者などの証言では,北朝鮮の百ドル札偽造の歴史は一九七〇年代にさかのぼるという.
 その後,平壌市内の通貨発券機関などに大型印刷機と特殊インクを導入,世界中に流通させ始めたという.

 以下引用.

 亡命者などの証言では,北朝鮮の百ドル札偽造の歴史は一九七〇年代にさかのぼる.
 当時,偽札を製造していたのは「一〇一連絡所」と呼ばれる工作機関である朝鮮労働党統一戦線部の直轄機関だった.
 その後,平壌市内の通貨発券機関「ピョンソン商標工場」などに,中央銀行を隠れみのに大型印刷機と特殊インクOVIを導入.百ドル札の偽造技術は格段に進歩し,北朝鮮製の偽百ドル札が,世界的に流通し始める.
 〔略〕

(産経新聞,2005/10/14)

北,25年前からドル偽造国家ぐるみ,亡命化学者証言

 【ワシントン=有元隆志】
 〔略〕

 十二日付の米紙ロサンゼルス・タイムズは,北朝鮮から亡命した化学者(56)の証言として,北朝鮮が二十五年前に百ドル札の偽造を平壌周辺の山間部で始め,日本から機械,香港から用紙,フランスからインクを持ち込んでいたと報じた.
 同紙によると,この化学者は,
「北朝鮮当局者は海外に行く場合,高額紙幣を本物の紙幣に両替しなければならない」
と述べ,国ぐるみの犯行であることを証言した.
 米当局者によると,南米や東欧などの犯罪組織が偽ドルづくりをしているものの,国が関与しているのは北朝鮮だけという.

 この化学者は,偽ドルの流通についても,日本や中国の出身者も関与し,特に「アイルランドとはよく協力していた」と語った.
 〔略〕

産経新聞,2005年12月14日

 この証言を行った化学者は,偽札のデザインにかかわっていましたが,5年前に北朝鮮から国境を越えて中国に渡り,今は韓国で生活しているということです.

NHK,2005/12/13

 しかし,韓国情報当局の関係者は,
「記事に引用されたK氏は,北朝鮮で造幣機関に勤めた経歴がなく,04年にあるマスコミに同様の話をしたが,事実ではないと認めたことがある」
と明らかにした.同関係者は,
「他の脱北者の中にも,偽造紙幣の製作に関わった人物はいない」
と述べた.

東亞日報,2005/12/14

 1989年に北朝鮮の介入が疑われる偽造ドル紙幣が初めて摘発されて以来,北朝鮮の外交官,商社の職員,貨物船などが,偽造紙幣のドルを所持して摘発されたのは1度,2度ではない.
 今年の10月,偽造紙幣を流通させた疑いで逮捕されたショーン・ガーランド北アイルランド労動党党首が,北朝鮮と接触していた事実が確認された後,米政府は
「北朝鮮が政府レベルでドルの偽札製造に介入した証拠を確保した」
と主張している.
 韓国政府の関係者たちさえ,非公式的な席上では,
「米国が何か確かな証拠をつかんだようだ」
と述べている.

朝鮮日報社説,2005/12/15

 一方,北韓労働党直属の印刷物製作責任者だったキム・ドンシクによれば,1987年からだったという.
 以下引用.

「北韓の偽ドル製造は1987年から」脱北者語る

 北韓はアメリカドルの偽造や麻薬製造を1987年ごろから行っていると,北韓を脱出したキム・ドンシク氏が語りました.
 2001年に北韓を脱出したキム・ドンシク氏は20日,国民統合政党推進連帯主催の講演会に出席し,北韓は1987年にドル札偽造に着手し,1998年には比較的精巧な偽ドル札を作ることができるようになったと述べました.
 キム・ドンシク氏は,北韓当局は1987年に全国から印刷,染色,図案,製紙分野の専門家を集めたが,これは偽ドル札を作るためだったと語りました.
 また,北韓当局は麻薬を作るために全国の軍部隊に対してケシの栽培を奨励していると主張しました.
 キム・ドンシク氏は北韓労働党直属の印刷物製作責任者を務めていました.

KBS,2006-09-21 07:50:24

 どちらの証言が正しいのかは,今後の続報待ち.
 全容を知りうる立場にいる人物は,後者のほうだろうと思えるが,憶測でしかない.

▼ 一方,偽札製造についての北韓の言い分は……

――――――
偽札,「中国の方が大量に製造」=北朝鮮が主張−制裁反発の根拠か(リンク切れ)
時事通信 2006/06/05-15:13


【ソウル5日時事】北朝鮮が紙幣偽造などを行ったとして米政府が科した金融制裁に対し,北朝鮮側が
「中国の方がもっと大量に偽札を製造している」
として,不満を表明していることが5日,明らかになった.
 米韓両国の関係当局も,北朝鮮のそうした主張を把握している.
 〔略〕
――――――

……と,相変わらず幼稚園児の言い訳レベル.▲


 【質問】
 スーパーKを印刷するための技術は,どこからもたらされたのか?

 【回答】
 ロシア当局者が認めたところによると,旧KGBから印刷機が供与されたという.
 以下引用.

紙幣印刷機,KGBが北朝鮮に供与=冷戦終結で不要に−情報機関関係者

 【モスクワ16日時事】ロシアの情報機関関係者は16日までに,1980年代末に当時のソ連国家保安委員会(KGB)が,北朝鮮の求めに応じて紙幣製造用の高性能印刷機を同国に供与したことを認めた.
 この関係者によれば,印刷機はKGBのスパイが第二次世界大戦後,米造幣局に勤める米国共産党員の支援で米国から盗み出したもので,KGBがその後機械を改造し,米ドル札変更に対応できる措置を施したという.
 1988年11月,KGBと北朝鮮当局はモスクワで印刷機供与の秘密協定に調印,印刷機は工業用貨物として列車で北朝鮮に搬入されたといわれる.
 同関係者は
「KGBは冷戦期に米経済を混乱させるため,偽米ドル紙幣を米国でばらまく計画を立案したが,実際に使用することはなかった.
 冷戦終結で印刷機は不要になった」
と説明.
 精巧な偽米ドル紙幣「スーパーK」が登場するのは1990年代初めで,北朝鮮がこの機械を稼働させた可能性が高いとみている.

時事通信 2006年1月16日23時0分


 【質問】
 北韓製の偽札がはじめて発見されたのはいつか?

 【回答】
 1989年であるという.
 以下引用.

 北朝鮮製の偽装紙幤は1989年,マニラである銀行員によって初めて発見された.
 その後,北朝鮮の外交官が(旧ユーゴの)ベオグラードで,偽装紙幤を渡そうとして摘発された.
 1994年,北朝鮮の貿易会社の関係者たちが,マカオ銀行に25万ドル偽装紙幤を預託しようとして逮捕されたが,この関係者たちは全て,外交官パスポートを所持していた.

朝鮮日報,2005/12/5


 【質問】
 北韓製の偽札はどれだけ出まわっているのか?

 【回答】
 発見された分だけで4500万ドルになるという.
 以下引用.

 同紙〔米ワシントン・タイムズ〕によると,これまで北朝鮮が製作した100ドルの偽装紙幤は19種類で,最近のものは本物の100ドル札とほとんど変わりがない.
 北朝鮮は1970年代に購入した陰刻印刷機を使って偽装紙幤を製作しているが,これは世界各国で紙幣の印刷などに使われている機械だ.
 押収された北朝鮮の偽装紙幤の規模は,これまで合わせて4500万ドルとなり,コロンビア(3億5500万ドル)に比べ規模では少ないものの,高い精巧さを誇る.

朝鮮日報,2005/12/5

53億円の偽ドル札押収米,新たに中国系銀行調査

 【ワシントン26日共同】米国がこれまでに北朝鮮製とされる偽造100ドル札「スーパーノート」計4500万ドル(約53億円)相当を押収,北朝鮮のマネーロンダリング(資金洗浄)に関与している疑いがあるとして,新たに中国系銀行を極秘に調査していることが26日,分かった.複数の関係国外交筋が明らかにした.
 昨年だけで1000万ドル相当以上の「スーパーノート」が押収されたことから,米国は関係各国に警戒を促しているという.中国系銀行の所在地など詳細は不明.
 北朝鮮が紙幣偽造で得た収入の資金洗浄にかかわったとして,マカオの銀行に制裁を科した米国は今後,違法行為摘発を強化する方針だが,新たな中国系銀行への調査は「制裁措置拡大」を示唆する動きで,再開のめどが立たない6カ国協議の空転を長期化させる恐れもある.

共同通信、2005年12月27日

 なお,その後の発表では,押収額はさらに増えている.
 以下引用.

 【ワシントン=有元隆志】リービー米財務次官(テロ・金融犯罪担当)は六日の上院歳出委員会小委員会で証言し,米当局が一九八九年以来,北朝鮮の「スーパーノート」と呼ばれる偽百ドル札を四千八百万ドル(約五十六億円)押収したと発表した.
 〔略〕

産経夕刊 2006年04月07日15:39

▼ さらに,2007年に米国議会調査局が作成した報告書「北韓の米国貨幣偽造」によれば,北韓政府はなお米国の100ドル紙幣の偽造を続けており,その国外での流通総額は少なくとも4500万ドル(約56億円)相当になるという.
 同報告書では,実例として2005年8月に米国司法当局が,ニュージャージー州とカリフォルニア州で中国系犯罪組織を摘発した際,北韓製の偽造百ドル札400万ドル相当を押収したケースなどを挙げ,イギリス,東欧諸国,ペルー,パラグアイ,モンゴル,香港,エチオピアでの北韓製百ドル偽紙幣の発見が記されている.
(2007年7月9日0時5分,産経新聞<ワシントン=古森義久>)


 【質問】
 北韓におけるニセドル札製造の責任者は?

 【回答】
 複数の情報筋によれば,北鮮における「ニセドル札製造」の責任者は,労働党中央軍事委員会委員で序列2位の呉克烈大将だそうです.
 実際には,大将の家族が担当しているとのことで,家族のうち数名が活動に参加しているそうです.

 「100ドル紙幣の偽造」は,多額のキャッシュを得るための現実的な手法と言えます.
 しかしながらそれを完遂するためには,資源が必要です.
 米が100ドル紙幣のデザインを変えたため,偽造はより困難となっており,いまや100ドル紙幣の偽造ができる者は極めて限られています.

 北鮮には,紙幣を刷るための特殊な紙とインクを,大っぴらに入手できるという優位性があります.
 そのため米はついに,供給元に対し,紙とインクの北鮮への提供規制をかけたようです.

 現在出回っている100ドル紙幣の1万枚に1枚がニセとされます.
 そのほとんどが,アジアと南アメリカで発見されています.

 この10年来,偽造ドル通貨の主要な発生元は北鮮とコロンビアでしたが,うちコロンビアについては,米も参加し6年にわたり展開してきた犯罪対策が進んだ結果,ペルー通貨の偽造へとシフトし,偽造ドル発生量は減少しています.

 一方北鮮の場合,偽造通貨を製造しているのは政府そのものです.

 複数の情報を総合すると,少なくとも,最初のニセ札が発見された1989年以来,北鮮のニセ札作りは継続しています.

 その間に「スーパーノート」と称される大変精巧な偽札が50万ドル以上見つかりましたが,多くはオトシマエをつけられないまま現在も流通しています.

 数年前までは,コロンビアの麻薬カルテルと左翼勢力をバックにした偽札ギャングが,世界最大の偽ドル製造元でした.
 これらは製造元の規模が小さく,各国政府が抑えることは難しかったそうです.

 しかしこの6年で彼らへの圧力が極めて大きくなり,ギャングも逃亡したとのことで,現在「世界最大のニセドル札製造元」の座は北鮮に移っています.

 実際問題,北鮮の人間は,米国外で偽札を作ることが容易であることを知っており,バーゲン価格で偽札を販売しています.

 結果,ニセ札を見破ることができる人が少ない第三世界では,北鮮製の偽ドル札が第二の通貨となってゆきます.
 多くの国ではドルに対する信頼が大きいため,たとえ偽札であったとしても,「ローカル通貨」と見なされているようです.

おきらく軍事研究会,平成21年(2009年)6月8日
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 北韓の偽札ビジネスは,どれだけ収益を上げているのか?

 【回答】
 一説によれば,年間2000万ドルになるという.
 以下,根拠.

――――――
 米議会調査局のラファエル・パール研究員は2005/5/13,ラジオ・フリー・アジア(RFA)とのインタビューで,「北朝鮮は偽札の流通を通じて年間 1500万ドルから2000万ドル余の収益をあげている」とし,「北朝鮮の外貨需要が増えていることから,増加傾向が強まっている」と述べた.

 パール研究員は「北朝鮮が偽札製造に力を入れているのは,多数の国家で北朝鮮の麻薬密輸に対する取り締まりを強化すると,減少した外貨を補うため,偽札はもちろん,偽たばこ,偽医薬品などにまで領域を広げている」と分析した.

――――――朝鮮日報, 2005/5/13

 欧州への偽造通貨流入にも,北朝鮮の関与が強く疑われている.

「偽札流入は通貨不安を引き起こす危険性があり,公には当局もあまり語りたがらない.
 しかし今や,ドイツやオーストリアの殆どの大手銀行や商店に,偽札判別機が備えられている.
 肉眼で識別不可能なほど精巧な偽札を大量製造することが,果たしてマフィアのような民間犯罪組織に可能なのか否かを考えるべきだ」
と,偽札に詳しいオーストリア人記者は話す.
 ドイツ刑事警察偽札特捜部で,偽札の「実物」を見せてもらったが,確かに財布の中にある本物と全く区別できなかった.取材に対応した担当刑事が,
「これは単に本物の紙幣をコピーしたものではない」
と,ため息混じりに話すほど精巧にできているのである.

 アメリカが再三,北朝鮮の通貨偽造疑惑を指摘しているのと同様,公に語りこそしないが,ドイツ当局もまた北朝鮮に強い疑惑の目を向けていることは明らかだ.

――――――村田信彦〔ドイツ「ユンゲフライハイト」紙記者〕 in 「SAPIO」 2003/7/9,p.92, 抜粋要約

▼ また,2007年に米国議会調査局が作成した報告書「北韓の米国貨幣偽造」によれば,年間2500万ドル程度の利益を得ているという.
 その利益は外貨不足の穴埋めの他,大量破壊兵器の技術取得,政府関係者の外国旅行,外国の贅沢品購入などに充てられている,としている.
(2007年7月9日0時5分,産経新聞<ワシントン=古森義久>)


 【質問】
 スーパーノートとは?

 【回答】
 スーパーKを凌ぐ,精密な偽100ドル札のこと.
 89年に初めて確認され,北韓では半年毎に「欠陥」を修正しているという.
 以下引用.

北,米国造幣局で使うプリンターを導入

米「超精密『偽100ドル札』はまさに北朝鮮産」/スーパー-Kからスーパー-Xに進化
…機械でも識別できない/6ケ月ごとに欠点を補強…北海外公館を通じて流通

 米国政府がさる16日に北朝鮮の偽造ドル製造の証拠として説明した内容らが少しずつ漏れ出ている.
 北朝鮮外交官が第三国の銀行に偽造紙幣を入金する写真などのほか,北朝鮮がスーパーノート(超精密100ドル偽造紙幣)を外国駐在北朝鮮公館を通じて大量流通させているという事実も説明された,と伝えられた.
 北朝鮮はまた,6ケ月ごとに偽装紙幣の欠点を補完し,すでにかなりの機械では確認が不可能なほど精密になったという内容も含まれた.

◆スーパーノート公式名C-14342
 米側は今回のブリーフィングで,北朝鮮が作ったという100ドル偽造紙幣だけは「スーパーノート」と呼ぶ,と説明した.
 他の偽装紙幣は水準が落ちて,スーパーノートとは呼ばないとのことである.
 90年代中盤に多く使われたスーパー-Kや,最近,精密度がより高まったスーパー-Xはみな「北朝鮮産」の別称だ.
 15年間これを追跡してきた米国秘密検察局は「北朝鮮産スーパーノート」を公式的には「C-14342」と名付けた,と明らかにしたことが伝えられた.
 関連説明を聞いたある外交消息筋は19日「北朝鮮の仕業であるという事実はほとんど100%」と述べた.
 消息筋によれば米国は89年,フィリピンで初めてスーパーノートを発見したのが北朝鮮官僚の外交室だったという.
 米国側はまた「インタグリオ(intaglio)」という超精密凹版プリンターが北朝鮮によって取り引きされ,米国造幣局で使うスイス製「インタグリオ・カラー」という機械を輸入した事実なども確認したという.
 北朝鮮は国際テロ団体や旧東ドイツ,ロシアマフィア犯罪組織等を通じて,関連機械を日本とドイツから購入した,とソウルの外交消息筋は語った.

◆第三国大使館が窓口
 米国側は最近,外信に報道されたアイルランド労働党前党首ショーン・ガーランドと関連した各種の盗聴および写真証拠資料も提示した,と消息筋らは伝えた.
 米国は英国犯罪捜査局と合同で98年,作戦名「マリ」という名称で英国に流通するスーパーノートを追跡し,その結果ショーン・ガーランドが最高責任者であることを確認したということである.
 両国の捜査当局は,バーミンガムのある両替所でアラン・ジョーンズという泥棒がスーパーノート10枚(1000ドル)を両替した事実を確認し,直ちに秘密要員2人をこの組織に侵入させ,1年6ケ月の間の盗聴を通じてスーパーノートの流通過程を確認した.
 その過程でロシア・モスクワの北朝鮮大使館がスーパーノートの供給地であることを確認したという.
 これと関連して,英国BBCは英国捜査当局を引用し「駐ロシア北朝鮮大使館と過去のKGB要員が関連している」として「99年6月に米国・英国・ロシア合同捜査チームは,尾行と盗聴等を通じてショーン・ガーランドと北朝鮮大使館間の取り引き事実を確認した」と報道したことがある.
 米国と英国の捜査当局は当時,北朝鮮大使館とショーン・ガーランドとの間に数年間行き来したファックス内容を確保したことが伝えられた.
 ソウルの外交消息筋はこの報道内容が「ほとんどその通りだ」と確認した.

North Korea Today,2005/12/20(元記事12/20)


 【質問】
 偽札製造は北韓のどこで行われているのか?

 【回答】
 平壌駅から蒼光通り側に出て,高麗ホテルを過ぎ労働党の高位関係者たちが居住するアパートのブロックの裏面に位置する『朝鮮労働党中央委員会後方供給所』という工場で作られている,と,ハンナラ党の金在原議員は主張している.
 以下引用.

偽幣(偽札)製造の推定地・偽幣の写真を公開

「平壌市内の工場で偽幣の製造疑惑」
 北朝鮮の偽造ドルが平壌市内のある工場で製造されており,おおっぴらに流通しているという主張が提起された.
 この主張は北朝鮮が自国の貨幣を発行している場所でスーパーノート(超精密100ドル偽造紙幣)を偽造したことを米国が把握している,という李泰植駐米大使の最近の発言に後続して現れたものとして注目される.
 ハンナラ党の金在原議員は国会統一・外交・安保分野の対政府質問に先立つ22日,偽幣の製造場所と推定されるといわれる平壌市内の工場の人工衛星写真と,豆満江国境地帯で北朝鮮側の人士から入手したという偽幣および偽幣の伝達場所の写真を連合ニュースに公開した.
 偽幣の製造に関連する写真が公開されるのは初めてだ.
 金議員は「平壌駅から蒼光通り側に出て,高麗ホテルを過ぎ労働党の高位関係者たちが居住するアパートのブロックのまさに裏面に位置する『朝鮮労働党中央委員会後方供給所』という工場で,偽造ドルを製造して配布しているという証言を北朝鮮高位層出身脱北者から確保した」と述べ「身元保護上,この情報提供者の身分を
明らかにすることはできない」と語った.
 金議員は「証言した情報提供者は,この工場のまさに前のアパートに住んでいた人物であり,一般人はここを印刷工場と思っているが,高位関係者たちはここが偽造ドル製造場所であることを皆が知っているという」と主張した.
 この工場は金正日委員長の肖像画などいわゆる「1号製品」と呼ばれる政府の印刷物を印刷する場所として知られている.
 金議員が確保した証言によれば,この工場で製造されるドル貨幣の偽幣は労働党の金某行政府長の総括管理下で,金正日委員長の秘密資金を管掌する平壌市牡丹峰区域内の「光明星貿易会社」を通じ,世界各国へ流通するということである.
 金議員は「この工場の他にも国立造幣所である平安南道平城市の平壌商標印刷所でも,偽造ドルが製造されているという証言も第3の脱北者から確保した」と付け加えた.
 彼は特に先月中旬,平壌工場の偽幣製造説を情報提供した脱北者が会寧市近隣の豆満江国境地域を越え,北朝鮮現地にて北朝鮮の軍人を通じて,北朝鮮内の高位幹部が送った100ドル偽幣10枚を受けとった,という事実も公開した.
 彼は「この取引きは情報提供者が北朝鮮内の高位幹部に直接電話をかけて成功させたもので,中国公安員の案内により受け渡された」として「軍人が,必要ならばいつでも追加供給が可能だ,と語った点から推測して,国内流通の可能性も排除できない状況だ」と述べた.
 金議員は「スーパーノートを作ることができるスイス製の”Intaglio8”プリンターが150億ウォンに達し国家機関にのみ販売されているという点,北朝鮮で高価な紙や特殊インクの輸入が政府次元で行われているという点を勘案すると,偽幣の製造は北朝鮮政府の主導で行われていると推定される」と述べ「これまで沈黙してきたわが政府は,明確な立場を明らかにしなければならない」と主張した.
 いっぽう同党の金文洙議員も23日,国会の対政府質問にて中国丹東で入手したという2003年版のスーパーノートを公開する予定だ.
 金議員は「紙幣左側の鷲のマークを見れば真幣は鮮明でさっぱりしていた反面,偽幣は印刷が微妙に広がっており,紙幣右側の"UNITED"文字中の"N"の部分も真幣はすべて綺麗に埋められているが,偽幣はわずかに余白が残っている」と主張した.

North Korea Today,2006年02月24日


 【質問】
 スーパーノートはどのように作られているのか?

 【回答】
 可能な限り本物に近づけようと努力しているという.
 以下引用.

偽ドル札はどのように作られたのか

 極めて精巧な偽ドル札スーパーノートはほとんど本物の紙幣と区別がつかない.
 今年4月韓国で摘発されたスーパーノートが偽造紙幣鑑別機で感知されないことを,警察が説明している.

 国内の貨幤専門家たちは,超精巧な偽造100ドル紙幤である「スーパーノート」は,極めて本物の紙幣に近く,北朝鮮が製造した可能性がかなり高いと見ている.
 今年4月には,国内でもスーパーノートが大量に発見されたことがある.

◆紙質の類似性は90%レベル
 米国が北朝鮮製と推定するスーパーノートの紙質は,本物そっくりのものだ.
 偽造紙幣鑑定専門家である外換(ウェファン)銀行のソ・テソク部長は,「米ドル紙幣の成分内容は1級秘密であり,成分分析そのものが不可能なので,紙の材質を100%まったくにすることは不可能」とし,「しかし,偽造紙幤に使われている材料は触感などでは区分がつかないほど似ており,現在は90%程度といえるほど本物のドル紙幣に近い水準まで来ている」と述べた.
 韓国銀行の貨幤製造関係者によると,ドル貨幤の用紙は米国のクレーン(Crane)社が独占供給している.単なる紙ではなく,木綿に亜麻(flax)を交ぜて製造し,すべての販売を米国政府が監督する.この用紙とまったく同じものは他の国に売らないという.
 このような用紙が北朝鮮に流入する可能性はほとんどないと言える.
 専門家たちは,ドル貨幤用紙は,木綿と亜麻の以外に,木と鉄などおよそ30種類の成分を交ぜて作っていると分析している.
 スーパーノートの場合は13種類から15種類の成分で作られているといわれる.

◆スイス製特殊インクの北朝鮮への流入が確認
 韓国銀行のある貨幤専門家は,「米ドルの印刷に使われている色変換インク(見る角度によって色が変わる特殊インク)は,スイスのシックパ(Sicpa)社が全世界を対象に独占販売している」とし,「北朝鮮紙幣の一部に,このインクが使われていることから,この会社のインクが北朝鮮に流入しているのは間違いない」と述べた.
 スーパーノートにも,こうしたタイプのインクが使われているが,北朝鮮紙幣に使われているインクと同じものかどうかは確認されていない」という.
 この会社のインクは,実際に全世界でおよそ90か国が利用しているという.ただし,国家別に少しずつ色に差があるので,北朝鮮が導入したインクが,ドルに使われたインクとまったく同じかどうかは,はっきりしていない.
 北朝鮮のドル偽造ブリーフィングの結果を聞いた関係者たちは,「100ドルの裏の一部分の色がちょっと違う」と述べている.
 これを考慮すれば,北朝鮮が米ドルの発行に使われるものとまったく同じインクを入手することはできなかったものと見られる.

◆政府の立場は「まだ証拠不足」
 外換銀行のソ部長は,「北朝鮮がスーパーノートクラスの偽造紙幤の供給地として疑われている根拠のなかで一つは,世界最高水準のドル偽造紙幤が中国の延辺・吉林省周辺で集中的に出回っていること」と述べ,「この地域から見つかった偽造紙幤は,よほどすぐれた専門家でなければ,区別できないほど本当に似ている.
 一般の組織ではこれほど精巧な偽造紙幤を生産するのは不可能」と述べた.

朝鮮日報,2005/12/23


 【質問】
 どんなスーパーノート対策がとられているか?

 【回答】
 新札発行で対応するという.
 以下引用.

米,新100ドル札発行へ…北朝鮮の偽札の影響

 北朝鮮の紙幣偽造問題に巻き込まれた米国の100ドル札が来年に新しく生まれ変わる.
 米国財務省は6日議会に提出した07会計年度(06年10月−07年9月)予算案で,
「偽造防止のため,造幣局が来年100ドル紙幣を新たに図案し発行することにした」
と明らかにしたことが,16日,確認された.新100ドル札がどう変わるかについては確認されなかった.

 現在の100ドル紙幣は96年に登場した.
 米財務省は「デザインを変えてから10年が経ち,最近ドル貨幣偽造技術が急速に向上しているため,偽造は難しく偽造紙幣の識別は容易になるよう,全面的な図案改編が避けられない」と説明した.
 これは,米国が最近「北朝鮮が政権レベルで‘スーパーノート(精密な偽100ドル紙幣)’を製造し,全世界に流通させている」として,北朝鮮に圧力を加えている中で出てきたものであり,注目されている.
 米財務省は「新100ドル札が今後,政府レベルの紙幣偽造防止活動にどんな効果をもたらすかについて持続的に評価していく」と明らかにした.
 〔略〕

ワシントン=カン・チャンホ特派員 from 中央日報 2006.02.17.04:56


 【質問】
 北韓が製造している偽札は米ドルだけか?

 【回答】
 米政府によれば,人民元,円,タイ・バーツ等,周辺国のニセ札も製造しているという.
 以下引用.

北朝鮮,タイの紙幣も偽造

 北朝鮮が米ドル紙幣以外にも,中国の人民元,日本の円はもとより,タイのバーツまで偽造したと,北朝鮮偽造紙幣の捜査を見守ってきた米政府関係者が,22日(現地時間)主張した.
 また,アレクサンダー・バーシュボウ駐韓米国大使は,今年初めに米国国内で発見された「スーパー・ノート」(100ドル偽造紙幣)も,北朝鮮で偽造されたと述べた.

 ▲周辺国の紙幣も偽造〓米政府関係者は記者と会った席で「(情報機関の)内部報告書を直接読んだ」と話した.そして,「16日に国務省で開かれた偽造紙幣説明会にタイの外交官が招待された理由をよく考えてみれば分かるだろう」とつけ加えた.
 国務省の偽造紙幣説明会には,韓国,日本,中国,ロシアの6者協議参加国や一部の欧州連合(EU)加盟国,タイ,シンガポールの外交官が出席した.
 さらに同関係者は,「北朝鮮が,最高の偽造防止能力を備えた米紙幣を偽造したのなら,周辺国も当然偽造されているだろう」とし,タイ以外にも,周辺国の紙幣が偽造の対象になっていると述べた.
 そのうえで「韓国紙幣も,周辺国の紙幣に該当するのか」という質問に対して,「北朝鮮がどの国を身近に考え,どの紙幣を流通させるのが手軽かと思っているかを考えればいい」と答えた.
 今年6月まで,米国務省で北朝鮮の不法ドル事業を追跡する北朝鮮実務グループ(North Korea Working Group)のチーム長を務めたデービッド・エッシャー元国務省諮問官も,21日に本紙とのインタビューで,「北朝鮮が,日本と中国の紙幣を偽造したという情報が増えている(increasing information)」と言ったことがある.

 ▲国内流通スーパー・ノートも北朝鮮が偽造〓バーシュボウ大使は23日,ソウル中区小公洞(チュンク,ソゴンドン)のウェスティン朝鮮ホテルで開かれた民族和解協力凡国民協議会主催の朝食会で,「韓国警察は,今年初めにスーパー・ノートを捜査する際,原産地について結論を下さなかったが,私たちは,多様な犯罪科学や情報の分析など,これまでの包括的な捜査過程を通じて,これが北朝鮮の偽造だと固く信じている」と述べた.
 そして,「韓国政府とも情報を共有する」とつけ加えた.
 また,バーシュボウ大使は,北朝鮮が今後取るべき措置について,「単に偽造紙幣関連の違法活動を止めるという約束だけでは不十分で,検証可能な具体的な行動を取らなければならない」と述べた.

 警察は,今年4月に中国から100ドルの超精密偽造紙幣1400枚を持ちこんで国内で両替した疑いで,李某氏(49)を拘束し,偽造紙幣を流通させた3人を書類送検した.
 さらに今年6月,国家情報院は,インドネシアを訪れて戻ったA氏が現地から持ち込んだ100ドル紙幣17枚が,新型のスーパー・ノートだったと明らかにしている.

東亞日報,2005/12/24

 偽札鑑別機を製造している松村テクノロジーの社長・松村喜秀(57)も,偽ユーロ札や偽一万円札も製造されていると述べている.

 以下引用.

――――――
 さらにごく最近,外国の捜査機関から,とりわけ精巧に偽造された新たな偽札が持ち込まれた.
 欧州のある国で見つかったユーロ札と,北朝鮮との国境に近い中国の延吉で発見された日本の一万円札だった.
 松村はインクや紙質から,「北朝鮮の生産」と見抜いた.
「ドルの偽造が警戒されているため,上層部がユーロ札を本格的に造ったものの,欧州各国の反発が怖くて大量使用するのをためらっているのでしょう.
 一万円札は,中クラス以下が生活のために偽造し,上層部の黙認のなか,中朝国境地帯で使用しているものとみられる.
『おとなしい日本は怖くない』
と,日本もなめられたものです」

――――――岡部伸 in 産経朝刊 2006/07/30/07:50

こんなに精巧な紙幣でさえ……
(画像掲示板より引用)


 【質問】
 偽札製造を担当する部署はどこか?

 【回答】
 報道によれば
「偽造貨幣はいずれも,朝鮮労働党財政経理部が総括.中朝国境・延吉などで,通常の半額以下の価値で人民元と交換し,入手した元を北京などで再度,ドルに交換――といった方法でマネーロンダリング.
 不正手段で獲得した本物の米ドルは金正日総書記の資金を管理する大聖(テソン)銀行などを経由し,金総書記の秘密資金を運用する「党39号室」と呼ばれる部署で保管されているという」(産経新聞,2005/10/14)
 また,元北朝鮮労働党国際担当秘書の黄長Y(ファン・ジャンヨプ)によれば,
「偽造紙幣は,金正日(キム・ジョンイル)書記室で直接管理している」(朝鮮日報 2006/01/16/10:20
という.

 以下引用.

「偽造紙幣は,金正日(キム・ジョンイル)書記室で直接管理している」
 偽造紙幣工場の確実な位置は私にも知らされなかったほど伏せられていた.
 1990年代はじめは,東南アジアやヨーロッパなど北朝鮮から遠く離れた地域で使用した.
 最近は,これらの国々で監視が厳しくなったため,主に市場の広い中国に流通させている.
 中国が最近,北朝鮮の偽造紙幣のため頭を抱えていると聞いた」

朝鮮日報 2006/01/16/10:20


 【質問】
 紙幣偽造に北韓外交官は関与しているのか?

 【回答】
 米国はそのように主張している.
 以下引用.

------------
“北朝鮮の偽札 外交官関与”

 アメリカ財務省のグレーサー次官補代理は,北朝鮮が偽札を製造しているとされる問題について22日講演し,北朝鮮の外交官が偽札の流通や資金洗浄に関与していると非難しました.
 この中でグレーサー次官補代理は,北朝鮮が精巧に偽造した100ドル紙幣を,これまでに40万枚以上押収したと説明したうえで,「押収した紙幣はすべて特徴が一致した.また,北朝鮮の外交官が流通させていた」と述べました.
 また,アメリカが去年9月に制裁を科したマカオの銀行についても,北朝鮮の貿易会社が保有する口座を通じて,北朝鮮の外交官2人が1994年に数百万ドルに上る偽札の資金洗浄を試みていたと指摘し,外交官による関与を非難しました.
 〔略〕

------------NHK 2006/05/23/08:38

 また,摘発された人物の中には,北韓の外交官用パスポートの所持者が含まれているという.

------------
 これまで,精巧な偽造偽ドル紙幣が北朝鮮との関連を疑われてきたのは,摘発された人物の中に北朝鮮の外交官用パスポートの所持者が含まれていたからだ.
 1998(平成十)年にロシアのウラジオストク市内で,偽ドル札を両替しようとして逮捕された男は,金総書記の大物金庫番,吉在京・党国際部副部長だったことが,ロシア治安当局の調べで判明している.

------------産経新聞,2005/10/14

▼ さらに,2011年前後に韓国に亡命した元北韓外交官(東欧の大使館に駐在経験あり)の証言によれば,北韓は年間数百万〜数千万ドル(約数億〜数十億円)分の精巧な偽ドル札「スーパーノート」を,複数の在外公館に送り,現地の外交官に本物の紙幣に換金させ,北韓に送り返させていたという.
 その証言に曰く,
 ・北韓から届いた偽札は1万ドル分の束に分けられ,特別に教育を受けた外交官が,駐在国の銀行で現地通貨に換金した後,別の銀行や両替所などで再び米ドルに両替.
 ・カジノで5千ドル分ほどの偽札をチップに交換し,200〜300ドルほど使って,残りのチップを現金に戻す手口もよく使われていた.
 ・換金したドル札のうち3割ほどは北韓に送金,残りは大使館の経費やロビー活動の資金などに使われる.

 詳しくは2013.3.14付,産経新聞を参照されたし.
 同紙は反北韓バイアスが顕著であるが,元ソースは同日付朝鮮日報であるため,北韓情報に関しては,比較的信頼できると考えられる.▲


 【質問】
 北韓の偽札製造に対するノ・ムヒョン政権の態度は?

 【回答】
 僅か2年前の政府の態度を翻し,なぜだか(笑)及び腰だという.
 以下引用.

【偽ドル札疑惑】韓国政府,北朝鮮追及に「及び腰」

 韓国政府は今,北朝鮮のドル紙幣偽造問題について「確かな証拠がない」と及び腰で臨んでいる.これは従来の姿勢や発表とはかなり違うもの.政府は,わずか2年前までも“偽造紙幣が核兵器開発資金の出処では”という疑惑までも公けにしていた.

◆2003年には北の偽造紙幣に懸念表明
 2003年6月13日,日米韓3カ国による対北朝鮮政策調整会議で「3国代表団は,麻薬密売,偽造紙幣などを含め,北朝鮮における組織ぐるみの違法行為に懸念を表明した」とし,「違法行為を断ち切るため,3国及びその他の国,国際機関間の協力策について話し合った」という合意文を発表した.
 当時の韓国側首席代表の李秀赫(イ・スヒョク)次官補(現ドイツ大使)はTVに出演し,「この(麻薬・偽札)問題をあえて核問題と関連づけ,制裁だの,封鎖だのというのは行き過ぎ」とし,「私も,偽造紙幣が北の核開発関連資金の出処ではないかと危惧しているので,これらを全くの別問題と見ているわけではなく…」と付け加えた.
「偽造紙幣や麻薬密売行為が発生しないよう,ある種のサインを出すのもアイデア」と述べた.
 96年5月,日米韓高位政策協議の際,北の偽札対策協議があったと明らかにしたのはもちろん,兼ねてから北の米ドル偽造について話し合ってきた.

◆国家情報院,本にまで出していた
 国家情報院(国情院)は98年,「21世紀新型脅威性国際犯罪の実態と対応」という本で「北は年間1500万ドルに上るスーパーノートを製作,流通させている」とし,「平壌(ピョンヤン)近郊に“2月銀色貿易会社”と銘打った偽札製造専担機関を運営している」と伝えている.
 国情院はまた,98年と99年の国会報告資料でも
「北は,3つの偽札製造機関を運営している」
「高度に精密な偽造ドルを海外で流通させていたが,94年以降13回にわたり460万ドル以上摘発された」と述べた.
 しかし今,政府は「証拠不十分」と及び腰で,国情院は沈黙を守っている.

◆事実確認への意志が疑われる
 これまで韓国国内で摘発された100ドルの偽札は,2001年189枚,2002年286枚,2003年544枚,2004年667枚と次第に増えている.
 しかし,警察などの捜査機関は韓国に流入されたスーパーノートについて「出処がつかめない」とばかり繰り返している.
 4月には非常に精巧なな100ドルの偽札1400枚を摘発.2002年には,北の羅津(ナジン)港から釜山(プサン)港に到着した定期貨物船から,麻薬91キロを隠していたコンテナーを摘発したにもかかわらず,未公開のままだったこともある.
 米政府はこのような韓国政府の態度に不満を示している.

朝鮮日報,2005/12/25

【偽ドル札疑惑】元国情院職員,90年代末に北の紙幣偽造確認

 1990年代末,国家情報院で北朝鮮の偽造紙幤情報収集を担当した元幹部Aさんは今月23日,
「当時,北朝鮮が偽造ドル製造国という事実は,情報業務を担当する人々には常識のような事実だった」
と述べた.元職員は,
「海外で使った偽造紙幣を遡って追跡したり,米国と情報を共有するなどの方法で,北朝鮮が偽造紙幣製造国という手がかりと情報を手に入れた」
と述べた.
 元職員は,「当時,確証があったのか」という質問に対し,「当時にも北朝鮮がスイス製の特殊インクを輸入したことなどは確認した」とし,「しかし,相手が北朝鮮であるだけに,確かな証拠を手にすることは不可能だったが,情況証拠は確固たるものだったといえる」と述べた.
 元職員は,「当時にも,北朝鮮の外交官たちが偽造紙幣を使っていることは既成事実化した話だった」とし,これまでに摘発されたケースも非常に多いと明らかにした.
 元職員は,北朝鮮の偽造紙幣に対して現政権が「明白な物証がない」と主張していることについて,「現職を離れており,最近の状況はよく分からない」と前置きした上で,「収集された情報をどのように使うのかという点は,政策決定者たちが決めるべき問題」と述べた.
 元職員は,「2000年以降は,北朝鮮の偽造紙幣問題は浮上していないようだ」とし,「自信はないが(北朝鮮側が)以前作って置いたものを今でも使っているのでは」と述べた.

朝鮮日報,2005/12/25


 【質問】
 釜山偽札事件とは?

 【回答】
 2008年11月,釜山市で精巧な100ドル札の偽札が発見され,9904枚の偽100ドル札を所持していた4人が逮捕された事件.
 釜山市警察当局は,偽札がどこで,誰が製造したかについては,分からないとしている.
 しかし東亜日報は,外交筋の情報として,韓国と米国の情報当局が2009/6/3,北韓からの偽札を阻止し,監視を強化するための方策を協議したという.
 また,韓国当局は,中国国内にいると見られている,組織首謀者の居所を探るため,ICPOの協力も仰いでいる.

 【参考ページ】
2009/6/4,時事通信


▼ 【珍説】
 スーパーノートはCIAの自作自演 .
 CIAは,米国議会のコントロールを受けることなく,世界の危機的状況にある地域での秘密工作のための財源を,その秘密印刷所で製造した偽札でまかなってきた可能性がある.

クラウス・W・ベンダー
フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(FAZ)紙記者
邦訳:朝鮮新報(朝鮮総連発行)...とほほ.

http://www.yorozubp.com/0701/070119.htm
も参照されたし.

 【回答】

●その一

「荒唐無稽な主張であり陰謀だ」
「CIAが米ドル札を偽造していたのなら,それは自国に対する戦争行為に該当するが,そんなことは想像すらできないし,それをする理由もない」

デービッド・アッシャー(米国務省前北朝鮮作業班調整官)

バグってハニー in 「軍事板常見問題 mixi支隊」

●その二

 ベンダー記者の記事は自己矛盾しています.

−−−
 北朝鮮が紙幣偽造で経済的な利益を得ようと望んでいたとしたら,「スーパー・ノート」は典型的な投資ミスだ.
 米国の偽造紙幣担当の情報機関によると,過去17年間に都合5000万ドル分の偽札が押収された.
 しかし北朝鮮がいま,お目当ての印刷機を購入したいと思っても,その程度の金額ではせいぜい一台しか買えないだろう.
−−−

 つまり,確認されている流通量は年平均で約300万ドル未満です.一方,アジア・タイムズに載った,ティム・ワイナー(Tim Weiner)著Legacy of Ashes: The History of the CIAの書評
http://www.atimes.com/atimes/Front_Page/IG26Aa01.html
(英語)
http://blog.ohtan.net/archives/51126023.html
(日本語.ただし,数値の写し間違いあり)
の中で,チャルマーズ・ジョンソンは,米国の諜報関連予算は年間480億ドル以上にのぼり,その大半が秘密工作に消えていると指摘しています.
(ただし,これは,米国の諜報関連予算の総額であり,その中にCIAの取り分があり,さらにその中から秘密工作に支出される.)

 だから

−−−
 CIAは,米国議会のコントロールを受けることなく,世界の危機的状況にある地域での秘密工作のための財源を,その秘密印刷所で製造した偽札でまかなってきた可能性がある.
−−−

というのはありえません.
 スーパーノートは秘密工作の財源としてはスズメの涙にもなりません.
 一方,偽札作りが議会にばれたときのCIAのダメージは計り知れないものがあるので,そんなことやらんでしょう.

 チャルマーズ・ジョンソンも陰謀論好きの元CIA職員なんで,ノリ的にはラスプーチン佐藤とどっこいどっこいですけど,数値レベルで間違っていることはないと思います.

バグってハニー in FAQ BBS

 なお,佐藤優や手嶋龍一は,この「スーパーノートはCIAの自作自演」説はジョンイルランドの仕込みだと主張する
http://www.business-i.jp/news/sato-page/rasputin/200703220005o.nwc(リンク切れ)
が,
「解決不能」:ドイツ紙の報道は北朝鮮の情報工作だとする手嶋龍一氏にツッコミを入れてみる
によれば,その主張には根拠がないという.

 同ブログによれば,以下の点で,手嶋の主張には問題があるとしている.
(1) ベンダーの記事の中に実在しない「記述」を反証の起点としている.
(2) 「国連事務所の金庫から北韓製の偽ドル札が発見された」を,手嶋は「アメリカ当局による黙示の反証」としているが,北韓製とは断定されていない.
(3)  GIORI社がハイジャックによりハイテク技術をテロリストに渡したとする手嶋の説は,推測に推測を重ねたものでしかない.
(4) ベンダーの原著『Geldmacher』が刊行されたのは2004年7月.これは「スーパーノートを北韓が製造している」という主張を,アメリカが主張した2005年3月より前であり,未来を予測して情報工作を仕掛けるなどありえない.

 上記の考察を元に,ブログ主は

>北朝鮮工作説は佐藤氏,手嶋氏の単なる思いつきだったのでは?

hagakurekakugo in FAQ BBS,日付:3月11日(火) 20時2分

と述べている.▲

 実際,折に触れて何度かgoogle検索してみたが,傍証は何も発見できないため,佐藤・手嶋両氏がさらに具体的な論拠を挙げない限りは,「仕込み」説には賛同できない.

▼ ただし,(4)については,北韓製の偽ドル札自体は1989年には発見されていることから,これに対するカウンター工作と考えれば,「ありえない」とまでは断言できない.▲

 また,ベンダーの荒唐無稽な記事によって誰が一番得をするかを考えれば,「ジョンイルランドの仕込み」という説も完全には否定できない.
(ただしその場合,ベンダーが天然の電波ではなく,ディスインフォメーション工作を行う意図を持っていたことを証明せねばならない)

 さらに,同ブログで紹介されていた「手嶋龍一オフィシャルサイト」へのリンクは,すでにリンク切れになっており,同ブログが主張するようなことを本当に手嶋が書いていたのかを(,少なくとも1ヶ月やそこらの期間では)検証不能であったことも付記しておく.

▼ ちなみに,

>この件(スーパーノート)を色々調べていて分かったんですが,佐藤氏や手嶋氏(原田氏は…)といったインテリジェンスのプロでさえ時にはいい加減な事を言うんですね….軽く失望しました….
hagakurekakugo 日付:3月12日(水) 4時26分

だが,「超スパイ・ベラスコ」という比較的有名な「スパイ転じてトンデモさん」の例がある.
 また,手嶋は元NHK記者であって,元「インテリジェンスのプロ」ではない.「諜報分野に詳しい人」に過ぎない.▲



 【質問】
 クラウス・ベンダーとは?

 【回答】
http://blogs.yahoo.co.jp/blognews2005/47114790.html
によれば,クラウス・ベンダー(Klaus. W. Bender)氏の略歴は下記の通り.
――――――
 1938年,ドイツ・ダルムシュタット生まれ.
 大学卒業後,社民党系のフリードリヒ・エバート財団に勤務.
 72〜80年,フランクフルター・アルゲマイネ紙東京特派員として,東アジア地域の政治,経済,文化をカバー.
 現在は同紙の専門コラムニスト.
 著書に「Moneymakers. the secret world of banknote printing」(2005年発行,J. Wiley出版社)がある.
――――――
 以下は例の記事の原文.
Das Geheimnis der gefa:lschten Dollarnoten
Von Klaus W. Bender

消印所沢 in 「軍事板常見問題 mixi支隊」

 英語版Wikipediaによると,クラウス・ベンダー記者の日本滞在歴は1966年から1980年の14年間となってますね.
 はじめはドイツ社会民主党(SPD)系シンクタンクであるFriedrich-Ebert-Stiftung(FES)の研究員として東京に派遣され,1970年には金融ジャーナリストを目指すために独立,まもなくデア・シュピーゲル誌に雇われ,ハンデルスブラット(ドイツの高級経済紙)にも寄稿するようになる.
 そして,1972年からFAZ紙の東京特派員ということになってますね.
 ドイツやスイスのドイツ語紙に日本やアジアの金融・経済記事を寄稿してきたので,日本語で検索しても彼の記事は引っかからないのでしょう.

 彼の業績・経歴からFAZ紙の記事をディスクレジットするのは難しそうです.
 金融記者としては一流ですね.
 たとえば,ドイツの紙幣印刷所ギーゼッケ・ウント・デフリーント(Giesecke & Devrient)社が印刷した100ユーロ紙幣3億枚に印刷ミスがあることを,2000年にすっぱ抜いて,同社は印刷ミスした紙幣を回収する羽目にあって1,500万ユーロの損失をこうむっています.
 また,2000年に実施されたドイツ連邦印刷局(Bundesdruckerei)の民営化にまつわるスキャンダルを最初に報じたのも彼なんだそうです.

 参考:
プライベート・エクイティー・ファンドに売られたドイツ連邦印刷局
伊藤栄一●UNI−Apro・東京事務所長
http://www.rochokyo.gr.jp/articles/ab0703.pdf

 彼の主要な著作である,紙幣印刷に関するノン・フィクションMoneymakers: The Secret World of Banknote Printingの書評もべたほめですねえ.
 この手の話はなかなか表に出てこないんだそうです.
 あるアメリカ人作家が同様の話を出版しようとしたら,印刷するそばから紙幣印刷大手二社に買い占められた,なんてエピソードが紹介されてますね.
 当然,ベンダー記者の著作も匿名ソースのインタビューを基にしていて,発言内容も発言者が特定されないように改変されているんだそうです.
 ただ,できるだけ無関係な二人以上から話を聞いて裏をとる努力は払ったそうですが....

 このあたりは諜報モノのノン・フィクションと似てますね.
 眉につばつけといたほうがよさそう....

 FAZ紙のスーパーノートCIA印刷説はやっぱり荒唐無稽ですけど,ベンダー記者が個人的に北朝鮮とつながっているということはないんじゃないですかね.
 日本にも金ももらってないだろうに,サダムや金正日の応援を買って出る人がいますよねえ....

 FAZ紙に掲載されたベンダー記者の記事は,米英のメイン・ストリーム(NYタイムズ,ワシントン・ポスト,ガーディアン,その他)にはまったく無視されてますね.
 今のところ,これらのリベラル紙は米国政府の公式見解(スーパーノート北朝鮮印刷説)でハッピーなようです.

 米国のメディアではMcClatchyという,今のところ私にとって正体不明のメディアが北朝鮮説を否定する記事を書いており,その中でベンダー記者の記事にも言及してます.

U.S. counterfeiting charges against N. Korea based on shaky evidence
By Kevin G. Hall | McClatchy Newspapers


 原田武夫氏一派が
−−−
 これまで,いわゆる「偽米ドル北朝鮮犯人説」を声高に主張する日本の自称「インテリジェンスのプロ」たちは,これを否定する見解を述べる者たちに対し,「肝心の米国メディアが,そうした否定的見解を出していないこと」を前提にして議論してきました.

 しかし,今や完全に「潮目」は変わったのです.
 さしもの米国国内でも,ブッシュ政権の証拠無き糾弾には,抗議の声が有名大手メディアからわき出し始めたのです.
 ―――この展開は見逃せません!!!
http://blog.goo.ne.jp/shiome/e/de15e83c09918283d6a45c01f4288e5e
http://blog.goo.ne.jp/shiome/e/d52058e680cde2d45c597f39e11ddcf6
−−−
というように,鬼の首を取ったかのようにバカ喜びしてますが,どうなんですかね.
 この「有名大手メディア」(マクラッチーのこと)の記事は最後にティム・ワイナーのCIA本を引用して,CIAが旧ソ連の経済混乱を狙った通貨偽造に手を染めていたことを付け足してますが,こういう思わせぶりに何か関係してそうなことに言及するのって,典型的な陰謀論の手口ですよね.

 追加で,原田一派による「勝利」の雄たけび
http://blog.goo.ne.jp/shiome/e/423345d7e1e6bc87762794373ce407db

バグってハニー in 「軍事板常見問題 mixi支隊」

> 彼の業績・経歴からFAZ紙の記事をディスクレジットするのは難しそうです.
> 金融記者としては一流ですね.

 それならばなおのこと,この珍説の発生源が気になります.

消印所沢 in 「軍事板常見問題 mixi支隊」


◆◆◆◆流通経路


 【質問】
 偽ドル札は,どのような経路で出回っているのか?

 【回答】
 平壌−台湾−マカオというルートを通っているという.
 また,2005年4月と2006年4月には中国→韓国経由で持ちこまれた偽ドル札が摘発.
 2005年8月には中国ルートも摘発.
 2006年2月には,香港でも偽ドル札が発見されているという.

 ルートについては,以下のような報道がある.

北朝鮮の偽札,平壌−台湾−マカオへと流通

 「スーパーノート」と呼ばれる北朝鮮の偽100ドル札の流通経路が具体的に明らかになったと,香港のサウスチャイナモーニングポスト紙が5日報じた.
 平壌(ピョンヤン),台湾,そしてマカオと流通したというのが,米国や香港など調査当局の共通した説明だ.
 またスーパーノートは先月にもマカオなどで流通したという事実も確認された.
 同紙によると,米財務省秘密調査チームは04年5月,マカオのマンダリン・オリエンタルホテルで北朝鮮の偽札取引組織を摘発,台湾の組織責任者と中国系オーストラリア人の流通責任者の2人を逮捕した.
 22万ドル相当の偽札も現場から押収した.すべて100ドル・50ドル紙幣だった.
 調査の結果,偽札の注文者は台湾の地下組織だった.
 台湾の組織員らは10余年間にわたり,平壌の高官にその都度,必要な金額を注文した.
 スーパーノートは,主に平安南道平城市(ピョンアンナムド・ピョンソンシ)の平壌商標印刷所と「62号製造倉」と呼ばれる国立造幣工場で印刷されたと推定されている.

 注文された偽札は,北朝鮮国立航空会社の高麗民航便でマカオ流通責任者に伝えられた.
 米国や香港の捜査当局の目を避けるため,外交官旅券の所持者が直接伝達したり,外交郵袋を利用したりした.
 これら偽札は,本物の紙幣と半分ずつ5万ドル束で運送され,偽札1ドル当たり50セントで取引されたことが確認された.
 代金は,マカオのバンコ・デルタ・アジア銀と中国銀行の香港本部子会社である集友銀行の口座に送金された.
 米国は昨年9月と最近,これら銀行の口座を閉鎖するよう措置を取った.
 特に,北朝鮮は摘発された場合に備えて紙幣偽造方法をアップデートしてきたと,同紙は伝えた.

香港=崔ヒョン奎(チェ・ヒョンギュ)特派員
from 中央日報 2006.03.05.17:58

2005年4月と2006年4月には中国→韓国経由で持ちこまれた偽ドル札が摘発.

韓国で偽ドル札700枚再び発見 北朝鮮産の疑い

 北朝鮮産であることが疑われる100ドル札の超精密偽造紙幣「スーパーシート」700枚が再び発見された.
 昨年4月には南大門市場でスーパーノート1400枚が摘発されている.
 今回発見されたスーパーノートは昨年4月に発見されたものと同じ種類で,米国政府は当時発見された偽造紙幣が北朝鮮産であるとしている.
 このため今回摘発された偽造紙幣も北朝鮮産である可能性を排除できないが,警察は北朝鮮産であるかどうかは確認できないという立場だ.

 警察は7日,先月はじめにスーパーノート700枚を不法取得し,これを市中に流通させた疑いで輸入農産物貿易業者のイ某(51)容疑者,チョン某(41)容疑者を拘束したとした.
 イ容疑者は2月中旬から3月末まで台湾人の華僑から3度に分けて偽100ドル紙幣700枚を買った後,チョン容疑者に現金2000万ウォンで売り渡した疑いが持たれている.
 チョン容疑者はこのうち399枚を現金2000万ウォンで他の人物に売ろうとしたところ,警察に検挙された.
 警察は国家情報院などから関連の情報を入手し,取引現場でチョン容疑者を逮捕,計499枚の偽造紙幣を押収したとされている.
 鑑識の結果,一連番号が「CB」で始まることから見て,この偽造紙幣は2001年に製造されたものであることがわかっている.
 警察の関係者は「台湾を経由し大量に流通した偽造紙幣で,北朝鮮産であるかどうかは確認できない」と話した.
 しかし偽造紙幣を鑑別する外換(ウェファン)銀行の関係者の説明はこれとは違っている.
 この関係者は「今回発見された偽造紙幣は昨年,南大門市場で発見された偽造紙幣と同一の種類」とし,「一連番号がCBで始まり,ドルのマークや模様など偽造紙幣の特徴もほとんど同じであることから,同じ場所で製造されたものと推定できる」と話した.夜間に市中に流通すれば95%以上通用するほどの精密度で偽造されているという.
 また,「市中銀行の小規模店舗では偽造紙幣鑑識機にも通過するだろう」と話した.
 反面,警察はこの偽造紙幣は市中銀行の偽造紙幣鑑識機を通過することはないとするなど,相反する見解を示している.
 専門家らは,今回摘発された偽造紙幣が北朝鮮産である可能性は解除できないと指摘している.
 米国政府は昨年4月,南大門市場で摘発された偽造紙幣1400枚が北朝鮮で製造されたものであると韓国政府に通達している.
 しかし外交部当局は,当時「通達を受けたことはない」とこれを否認している.

朝鮮日報 2006/04/09/13:48

北を意識? 偽100ドル札摘発したのに隠す

 〔略〕
 今回の偽造紙幣が北朝鮮産に判明したわけでもないのに,関係当局は困惑している.最近,偽造紙幣問題で朝・米関係が冷え込んでいるからだ.
 したがって関係当局は,昨年4月の似たような事件については報道資料まで配り積極的に知らせていたが,今回の事件については隠そうとしたもようだ.
 とりわけ,今年5月の地方選も非公開を決めた理由と考えられる.政治的に「引き金」となりうる懸案だからだ.
 〔略〕

中央日報 2006.04.07.15:47

 さらに,中国ルートも摘発されたという.
 以下引用.

偽百ドル札を大量密輸 FBIが中国人ら摘発

 【ロサンゼルス20日共同】北朝鮮製とみられる大量の偽造100ドル札「スーパーノート」を中国から米国に密輸した中国人らのグループが昨年8月,連邦捜査局(FBI)のおとり捜査で摘発されていたことが19日,分かった.米連邦地検が同日,明らかにした.
 中国−米国間の本格的な偽札密輸ルートが確認されるのは異例.
 グループは偽札密輸と並行して,中国軍の携行型対空ミサイル「QW−2」の大量密輸を進めていたとされ,同地検とFBIは今後,テロ対策の観点からも密輸ルートの詳細を解明する方針だ.
 同地検によると,グループのメンバーのチャオ・タン・ウー被告(51)=カリフォルニア州在住=らは,昨年3月から8月ごろにかけ,顧客を装ったおとり捜査官に売却するために額面総額で少なくとも160万ドル(約1億9000万円)の偽札を米国に密輸した.

共同通信 2006年04月20日19:06

 2006年2月には,香港でも偽ドル札が発見されているという.
 以下引用.

北朝鮮製と思われる偽造ドル紙幣,香港で発見

【香港5日聯合】北朝鮮が製造したものと疑われる米ドル偽造紙幣が,最近香港で発見されたと,香港の英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストが5日に報じた.
 報道によると,香港警察は先月,マカオから来た中年の中国系米国人事業家が相当数の100ドル紙幣の束を所有していたのを摘発した.
 このうち,この2年間流通目的で北朝鮮からマカオに持ち込まれ摘発された偽造紙幣に似たタイプの偽造紙幣が,本物の紙幣に混ざり発見されたという.
 警察に逮捕されたこの事業家は,マカオでの商取引の際,知らずにこれら偽造紙幣を受け取ったとし,故意ではないことを主張,間もなく釈放された.
 捜査官は,事業家の主張内容を覆す証拠がないため釈放したと説明した.
 事業家はこの後,米国へ渡ったという.
 発見された偽造紙幣は現在,米国側に引き渡し保管されている.
 〔略〕

聯合ニュース 2006/03/05/16:33


 【質問】
 北韓は具体的にどんな方法を使って偽ドル札を外国に持ち込んでいるのか?

 【回答】
 例えば,犯罪組織が700万ドル以上の北朝鮮製偽造紙幣をおもちゃ箱,布などに隠した後,船舶コンテナを利用して米国に搬入した事件が摘発されている.

 現在では,外国の取引相手に直接,偽札の売り捌きを依頼する他,現金取引の際に,偽札を本物の紙幣の中に紛れこませる,といった方法が行われているという.

*      *      *

 例えば,犯罪組織が700万ドル以上の北朝鮮製偽造紙幣をおもちゃ箱,布などに隠した後,船舶コンテナを利用して米国に搬入した事件が摘発されている.

 以下引用.

「米秘密要員,北朝鮮製偽札の米国搬入を摘発」…国情院長が国会情報委で報告

 情報分野の最高責任者である金昇圭(キム・スンギュ)国家情報院(国情院)長は28日,国会情報委に出席し,米国政府の北朝鮮偽札追跡動向を具体的に報告した.
 〔略〕

 ◆北朝鮮の偽札をどう把握したか=米国捜査当局は1999年11月から2005年8月にかけてアジア系犯罪団体の偽札・麻薬・偽たばこなどを捜査した.
 作戦名は「ローヤル・チャーム(Royal Charm)」「スモーキング・ドラゴン(Smoking Dragon)」だ.
 米秘密要員らは偽造紙幣の購買者を装って犯罪組織の偽札流通責任者と接触した.
 その過程で犯罪組織が700万ドル以上の北朝鮮製偽造紙幣をおもちゃ箱,布などに隠した後,船舶コンテナを利用して米国に搬入した容疑を摘発した.
 現在進行中の裁判で容疑者の一人である中国系米国人「チャオ・トゥンウ」は精密偽100ドル札「スーパーノート」の密搬入を認め,「偽札は北朝鮮で製造された」と陳述した.

 〔略〕

中央日報 2006.08.29.09:42

 ある外交筋によると,現在この事件の裁判が進行中で12年以内に判決が下される可能性が高いという.
 裁判がこのまま終了すると,流通のルートもすぐに公開される可能性が高く,北朝鮮は間違いなく国際的に追い詰められる状況になる.

安容均(アン・ヨンギュン)記者 in 朝鮮日報 2006/08/29/10:30

 現在では,外国の取引相手に直接,偽札の売り捌きを依頼する他,現金取引の際に,偽札を本物の紙幣の中に紛れこませる,といった方法が行われているという.

 以下引用.

<丹東ルポ>北「100ドルのニセ札70ドルで売ってくれ」

 北朝鮮新義州(シンウィジュ)と向かい合う中国の国境都市丹東から南北中の三角貿易をするK社長(韓国人)は今年の6月北側の貿易相手から連絡を受けた.
 「見本を送るから売ってくれ」と言うのだ.見本は100ドルの偽造紙幣だった.相手は「70ドルで売ってくれ.もっとある」と言った.
 5年貿易業をしてきたK社長は「長く取り引きして信じられると思って頼まれたと思ったが,ある韓国人は3度取引しただけで『ドルを売ってくれ』と頼まれたこともあったそうだ」と伝えた.
 「偽造紙幣取引を頼んだ北の相手は政府機関傘下の外貨稼ぎ会社」だとし,「取引を断ったが,ほかの取引に悪い影響を及ぼすかもしれないと心配した」と述べた.

 こうした露骨な頼みのほかにも,商取引の過程で偽造紙幣が割りこむ場合がある.
 丹東の貿易業者の大部分は北朝鮮の銀行の体系を嫌い,主に現金取引をする際,現金−品物交換過程で偽造ドルが割りこむというのだ.
 中国同胞P社長は「今年初め,北側に資材を渡し代金1万ドルを100ドル札で受けとったが,そのうち5枚がニセ札だった」と述べた.
 北朝鮮出身華僑であるS社長も「1万ドル取引で100ドル札の4,5枚が偽造紙幣だった経験が何回かある」と言った.
 P社長は「北朝鮮貿易商たちが中国で生活必需品など品物を大量に買うときにも,偽造紙幣が特にたくさん割りこむ」と話す.
 中国で品物を購入しようとすると元が必要なので,ドルに替えなければならない.
 しかし闇ドル換算率の方が銀行より高い.5日現在,丹東市内で100ドルを売ると両替屋は793元,銀行は 790元くれる.
 1元が惜しい北朝鮮貿易商は闇ドル取引商を当然求めるようになり,このとき札束に偽貨幣を挟みこむというのだ.
 また別の関係者は「両替商は北朝鮮と取引する際,必ず銀行に振り込む段取りを経てからドルを替える」と話した.入金のとき鑑別機でニセ札を選り分けるからだ.
 偽造紙幣が発見されても銀行は押収したり警察に届けたりせずに返すだけで何の法的措置を取らない.
 ときどき偽造紙幣に「ニセ物」という赤いはんこを押すことがある程度だ.
 P,S社長らは「北側に『代金の中に偽造紙幣が混ざっていた』と抗議すれば新しいドルに替えてくれる」と話した.
 偽造紙幣製造の元として大部分の現地人たちは「北朝鮮」というが,中には「中国で製造されて北朝鮮に入った」と主張する人もいる.

丹東=アン・ソンギュ記者 in 中央日報 2006.09.06.14:11

 ただし,この記事に関しては,スーパーノートとは違うものだとする鑑定結果が出ている.

鑑識専門家「北偽造紙幣,紙,材質,触感違う」

 ドル鑑識専門家の外換(ウェファン)銀行ソ・テソク部長は中央日報記者が中国丹東で手に入れた100ドルの紙券通貨について「このドルは最近作られた偽造紙券通貨スーパーノートより粗悪で,1990年代に作られたものと推定される.まず紙や材質が本物と違う」と言った.
 ソ部長は「本物の場合,繊維質,鉄,木,蛍光物質など35の成分が含まれているので,多少ざらついた感じだが,偽造紙幣は8種類の成分しか含まれておらず,すべすべしている」と言った.
 また紙幣の右中央にある幸運の鍵@も本物と相当な違いがあると指摘した.
 本物の場合,幸運の鍵の部分が鮮明だが,偽造紙幣はちょっと切れているというのだ.
 ソ部長は「紙幣の中央のベンジャミンフランクリンの肖像画A背景も本物と違い線が鮮明ではない」とし,「左側下端の小さな『100』」Bの背景線が明らかではないことも偽造紙幣の証拠」と話した.
 また「この偽造紙幣の場合,90年代に作られたことを隠すために紙幣の発行年度を「1935」Cと操作したものとみられる」と付け加えた.

チェ・イックジェ記者 in 中央日報 2006.09.06.14:34


 【質問】
 アイルランド労働者党偽札事件とは?

 【回答】
 偽米100ドル札を流通させたとして,アイルランドの政党指導者らが逮捕された事件.
 この事件の捜査において,米司法省は北韓を偽ドル札の「製造元」と断定した.
 以下,報道より.

「北朝鮮が偽ドル札製造元」 米政府,初めて名指し

 【ニューヨーク=白川義和】米司法省が偽米100ドル札を流通させた疑いで摘発した英国・北アイルランドの政党指導者らに対する捜査をもとに,北朝鮮を偽ドル札の「製造元」と断定したことが12日,明らかになった.
 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルとワシントン・タイムズが報じた.
 北朝鮮は以前から偽札製造への関与を指摘されていたが,米政府が名指ししたのは初めて.

 起訴状によると,容疑者は計7人.米英などの捜査当局は今月7日,「アイルランド労働者党」の指導者,シーン・ガーランド容疑者(71)を北アイルランドで逮捕,残り6人の行方を追っている.
 7人は1997年から2000年にかけて,額面100万ドル以上の精巧な偽100ドル札「スーパーノート」を北朝鮮から購入し,流通させた疑い.
 取引は欧州の広い範囲で行われ,ロシアやベラルーシ,ポーランドでは北朝鮮の外交施設が使われた.
 ガーランド容疑者は政党指導者や会社社長として頻繁に外国に飛び,北朝鮮の工作員と接触していたという.

 起訴状は
「大量の偽札が北朝鮮政府の支援を受け,同国内で製造された」と記し,「政府当局者を装った北朝鮮人らが,世界中で偽札の輸送,引き渡し,売却に従事した」
と非難した.

 ガーランド容疑者らは「偽札はロシア製」とし,北朝鮮との関係を隠していたという.
 北朝鮮では偽札や麻薬製造などの「ブラックビジネス」が外貨収入源とされ,米当局は取り締まりを強化している.

(読売新聞,2005/10/13)

北朝鮮の偽ドル札使用で逮捕,米が7人の身柄送還要求

 【ワシントン=坂元隆】米政府は12日,北朝鮮製の偽米ドル札を流通させたとして米国で起訴され,英・北アイルランドで逮捕された「アイルランド労働者党」の指導者ショーン・ガーランド被告(71)ら7人の身柄を米国に引き渡すよう英国に求める方針を明らかにした.
 起訴状によると,ガーランド被告らは1997年から2000年の間に,北朝鮮で製造された偽100ドル札約100万ドル相当を英国内などで流通させた.

 米国務省のエレリ副報道官は12日,「米国は偽札製造を極めて重大にとらえている」と述べ,核問題や人権問題と並んで,偽札製造をはじめとする非合法活動への関与を,米朝関係の問題点として挙げた.
 ただし,11月初めに再開される予定の核問題をめぐる6か国協議では,偽札問題が議題となることはないとの見方を示した.

(読売新聞,2005/10/13)

 起訴状は,一九八九年ごろから世界各地で出回り始めた偽造紙幣について,北朝鮮で製造され,同政府の保護のもとで,公務員を装った北朝鮮国民によって各国に持ち込まれた−と指摘している.
 米の司法当局,財務省は以前からガーランド被告の行動を捜査.今年五月に,ワシントンの連邦大陪審が被告不在のまま起訴していた.

 アイルランド労働者党はマルクス主義政党で,ガーランド被告は過去に北朝鮮を訪問,故金日成主席とも会談したことがある.

(産経夕刊,2005/10/13)

 同労働者党は,北アイルランドのカトリック系過激派組織アイルランド共和軍(IRA)から1960年代に分裂した過激派組織.

(中日夕刊,2005/10/13)

97年12月〜00年7月にかけ,約100万ドル(約1億1000万円)相当の北朝鮮製偽100ドル札を購入,密輸して再販売したうえ,北朝鮮の関与を隠すため「ロシア製だ」などと主張した疑い.
 偽札は英国などで使われたという.
 偽札の製造は北朝鮮政府のため行われ,同国政府関係者により世界各地に輸送されたという.
 米国内法は,偽造米紙幣の国外での所持や輸送を禁じている.
 ガーランド被告は無罪を主張,保釈されているが,米国務省のエレリ副報道官は12日の定例会見で,同被告の身柄引き渡しを求めると述べた.

 スーパー・ノートは「非常に精巧」(米司法省)で,実物と見分けがつきにくいとされ,89年ごろから流通,アイルランドでは90年代初頭に発見された.
 米政府は偽造防止した新札を導入したが,90年代後半には偽造されるようになった.

(毎日新聞東京夕刊,2005/10/13)

 米側の発表によると,ガーランド被告らは,一九九七年十二月から二〇〇〇年七月にかけて,党首などの肩書を利用して訪れたモスクワ,ワルシャワなどで北朝鮮関係者から大量の偽造百ドル紙幣を受け取り,アイルランド,英国などで流通させていた.
 同被告らの犯行による流通総額は,最大で百万ドルにのぼるという.
 起訴状は,一九八九年ごろから世界各地で出回り始めた偽造紙幣について,北朝鮮で製造され,同政府の保護のもとで,公務員を装った北朝鮮国民によって各国に持ち込まれた−と指摘している.
 〔略〕
 ガーランド被告は北朝鮮に密接に協力,欧州での偽造通貨流通の“元締”とされ,米司法当局は,裁判の供述を通じて,通貨偽造の中心となっている北朝鮮の組織,流通経路,流通額――などが明らかになるとみている.

(樫山幸夫 from 産経新聞,2005/10/14)

「モスクワの北朝鮮大使館が偽ドル札流通拠点」

英BBC,北朝鮮の偽ドル札流通過程を報道

 〔略〕

 北朝鮮は偽造紙幣にどのくらい深く関わっているのだろうか.政府は沈黙を守っているが,ソウルの外交消息筋らは,昨年6月の英国BBC放送の報道内容が,米国が提示した証拠とほぼ一致していると明らかにした.
 BBCは英国犯罪捜査隊(NationalCrimeSquad)の消息筋から関連資料を手に入れたとされる.
 当時,英国の犯罪捜査隊は,盗聴と尾行などの方法を通じて,関連証拠を手に入れたと伝えられた.当時の報道内容を再構成した.

◆ディーラー役の英国バーミンガムのギャング団
 ヨーロッパに北朝鮮製の偽装紙幤を流通させた組職は,英国のバーミンガムのギャング団だった.
 1998年,英国の犯罪捜査隊の要員2人がこの組職に送り込まれた.
 ギャングのある組織員が捜査要員に,「世界でもっともすぐれた偽造紙幣製作者たちにコネがある」と誇らしげに話す内容が出る.盗聴によるものだ.
 ギャング団のリーダーは,プロ犯罪者のテランス・シルコックだった.
 シルコックは,定期的にアイルランド入りし,100万ドルの偽造紙幤を下着に隠してアイランド入りした.
 ホリーヘッド港の防犯カメラに撮影されたシルコックは,とても厚いコートを着ている.

 重要な証言は,シルコックの同業者であるヒュー・トッドから出た.
 トッドがバーミンガムのあるホテルでのシルコックとの会話のなかで,「フランクフルトに行って,彼に会うつもりだ.南アフリカ共和国に行った後,フランクフルトに立ち寄ってモスクワに行かなければならない」と述べた部分も盗聴された.

◆ショーン・ガーランドとロシアマフィアの登場
 トッドが,「彼」の名前を「ショーン」と呼ぶ部分が盗聴された.トッドは,デビッド・レビン(元KGB要員として知られる犯罪者)との通話の中で,「水曜日か木曜日にショーンに会いに行くつもり」と話している.
 当時のアイランド労動党の党首だったショーン・ガーランドは,北朝鮮側との交流を持つ人物として知られている.米国の秘密検察局は,すでに数年前からガーランドを追跡していた.

 盗聴の過程で新しい事実も明るみに出た.
 ガーランドは元KGB要員からなるロシアの犯罪組職と関連していた.ある男が,「ショーンのコネクションはすばらしい」というと,トッドは,「本当にとてつもないコネクションだね」と返事する.
 しばらく経った後,トッドが,「なんともびっくりだね.元KGBとは」という内容も確保された.

◆モスクワ駐在北朝鮮大使館が,ガーランドの最終目的地
 1999年6月25日,ガーランドとシルコックが同じ日にモスクワに到着することが,英国の情報局によって確認された.
 ロシア内の偽装紙幤組職を追跡していたロシアの警察局所属ブラジミール・ユスコフ課長がこの2人を追跡した.
 ユスコフ課長は,BBCとのインタビューで「自分たちが尾行されているということも知らなかっただろう」と述べた.
 ユスコフ課長は引き続き,ガーランド一行が,モスクワ駐在の北朝鮮大使館の人々と接触した事実を確認した.
 ユスコフ課長は,数回にわたって北朝鮮大使館を訪問している.「われわれはそこ(北朝鮮大使館)で働く人々が,偽造紙幤の輸送に関連していると疑っている」と述べた.
 BBCは,北朝鮮大使館とガ−ランドの間でやり取りされたファックスの内容も公開した.
 BBCは,「両者は,少なくとも数年間関係を持っていたことが確認された」と述べた.

朝鮮日報,2005/12/21


 【質問】
 2005年4月に南大門市場で摘発された偽ドル札は,北韓製なのか?

 【回答】
 アメリカ外交筋はそのように主張している.
 しかし,韓国政府はそれを認めていないという.
 以下引用.

米政府「南大門で摘発された14万ドルは北の偽造紙幣」

 昨年4月,ソウル南大門市場で摘発されたスーパーノート(超精密偽造100ドル紙幣)14万ドルが北朝鮮で製造されたものだと米政府が韓国当局に通達したと12日伝えられた.
 当時,韓国の警察は中国瀋陽で中国同胞から偽造紙幣14万ドル(100ドル札1400枚)を受け取り,これをソウルの南大門市場の両替商のところで両替しようとした4人を検挙している.
 最近,バーシュボウ駐韓米国大使がこの事件と関連,
「韓国でも北朝鮮産の大規模な偽造紙幣が摘発されたことがある」
とすると,韓国の警察は
「中国当局に正確な偽造紙幣製造先に対する捜査の協力を要請したが,現在まではこれに対する返事がない状態」
としている.
 しかし米国関連の某外交消息筋は
「韓国の捜査当局は,当時摘発された偽造紙幣の一部を米国側に伝達,北朝鮮産のものか意見を求めた」とし,「米政府がほかの場所で摘発した偽造紙幣と精密に比較した結果,北朝鮮産と推定される偽造紙幣と,同じものである事実が確認され,この確認結果を韓国当局に通達した」
と話した.
 韓国の外交部当局者はしかし
「通達を受けたことはない」
とし,捜査・情報当局は
「情報関連事実は確認できない」
としている.

朝鮮日報 2006/02/13/07:41


 【質問】
 北韓製の偽札は日本にも出回っているのか?

 【回答】
 2004年から「スーパーX」の流通が確認されている.
 また,2005年に北朝鮮貨物船の乗組員が代金決済に使用している.
 以下引用.

 日本では昨年以降,従来の偽札をバージョンアップした「スーパーX」の流通が確認され始めていたが,今年三月には,鳥取県の境に入港した北朝鮮貨物船の乗組員が代金決済に使用.
 北朝鮮と高水準偽造紙幣との関連を強く疑わせる事案として,公安当局では各国の捜査当局や情報機関と連携,監視を強めている.

(産経新聞,2005/10/14)


 【質問】
 「クムガン1」事件とは?

家宅捜索を受ける「クムガン1」
画像引用元:山陰中央新報,2006/9/24/21:12

 【回答】
 北韓の貨物船「クムガン1」の船長の鞄から,100ドル札300枚が見つかり,その内2枚が偽札だった事件.
 船長は,北韓の貿易業者から預かったものだと説明している.
 北韓の貨物船から偽ドル札が見つかった事例は,それ以前にも2度発覚しており,北韓貨物船が偽ドル札持ちこみの一つのルートである可能性は高いと推測される.

 以下引用.

北朝鮮船から偽ドル札 鳥取・境港 きょう家宅捜索

 鳥取県の境港に入港中の北朝鮮籍貨物船の乗組員から,在日韓国人が受け取った米ドルの中に偽の100ドル札2枚が見つかったとして,税関と鳥取県警,海上保安庁は22日,関税法違反容疑で23日に同船への家宅捜索を行う方針を固めた.
 関係者によると,問題の貨物船は「KUM GANG1」(約300トン).カニなどの水産物を運んでいたが,乗組員が在日韓国人に託送品として100ドル札300枚を渡すのを,税関職員が発見.
 鑑定した結果,うち2枚が偽造紙幣だったことが判明した.
 乗組員らが第三者から預かった荷物は通関手続きが簡易な託送品で,船外に持ち出す場合は関税法上の申告が必要.
 しかし,京都府舞鶴市の在日韓国人業者は,申告せずに船外に持ち出していた.

産経新聞,2006年 9月23日 (土) 04:01

 紙幣は乗組員が第三者から預かったといい,国内に持ち込みが禁じられた偽札を持ち込んだ疑いが持たれている.
 貿易業者は受け取りに必要な関税法上の申告もしていなかったという.

共同通信,2006年 9月23日 (土) 13:05

 船長は取り調べに対し,「北朝鮮の業者から預かり,渡すように頼まれた.中身は現金と聞いていたが,偽札が入っているとは知らなかった」と話しているといい,船内から他に偽札は見つからなかった.
 県警などによると,着岸していた船に京都府舞鶴市の在日韓国人の貿易業者が乗り込み,船長から渡された百ドル札の入ったカバンを持って降りるのを税関職員が発見.税関が鑑定した結果,二枚が偽造紙幣であることが分かった.
 紙幣は,貿易業者が以前に北朝鮮の業者へ輸出した品物の代金として船長が預かったとみられる.

山陰中央新報,2006/9/24/21:12

 境港では05年3月,北朝鮮船籍の別の貨物船から偽の米ドル札11枚が見つかった.この時も約6500枚の中に少数の偽札が紛れていた.
 このほか,北朝鮮に絡んだ偽の米ドル札は03年に北海道・小樽港で,北朝鮮籍の貨物船乗組員が偽の100ドル札2枚を使ったとして逮捕されている.

読売新聞,2006年9月23日21時58分


目次へ

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

Ads by Sitemix