c

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆ミサイル問題
<◆北韓FAQ目次
東亜FAQ目次


(画像掲示板より引用)


 【link】

D.B.E. ミニ型」:北朝鮮が5基のロケットで月を地球に“持ち帰る”計画を発表

North Korea Special Weapons Guide (Global Security)

「Togetter」◆(2011/06/30)「原発にテポドンが飛んできたらどうなるんですか!」×軍事クラスタ界隈

「VOR」◆(2012/10/09)北朝鮮 米国を攻撃可能な長距離ミサイル保有を発表
「VOR」◆(2012/10/11)北朝鮮「長距離ミサイルで世界に衝撃」

「WP」:In N. Korea, Missiles Herald A Defiant 4th(2009.7.4)

「国際情報センター」:北朝鮮の核・ミサイル問題

「週刊オブイェクト」:北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射(2009.7.4)


 【質問】
 北韓はICBM開発を進めているのか?

 【回答】
 2008.4.1に行なわれた米上院軍事委員会の公聴会において,ミサイル防衛庁(MDA:Missile Defense Agency)長官のオベリング空軍中将は,
「北韓は核弾頭搭載可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発を進めている」
ことを提出資料を通じて明らかにしました.
 資料では北韓のみならず,イランについても言及されています.

 エッセンスは以下のとおりです.

1.北韓は核弾頭搭載可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発を継続中である.

1.二〇〇六年に北韓は中距離弾道ミサイル「テポドン2号」と,短距離弾道ミサイル六発の試射を行なった.
 このときテポドン2号は発射直後に落下し,試射は失敗しているが,これを受け同国技術者は弾道ミサイル技術進展のため十分な知識を得た.

1.北韓は現在数百基の展開可能な短・中距離弾道ミサイルを保有している.

1.北韓は新型中距離弾道ミサイル,固形燃料式の短距離弾道ミサイルを開発している(短距離ミサイルは二〇〇七年に試射された)

1.イランは数百基の中距離・短距離弾道ミサイルを保有する中東最大の弾道ミサイル国家である.

1.ミサイル試射を通じ,イラン弾道ミサイル部隊は実戦・新戦術の演練が豊富である

1.北韓のミサイル技術の進展で特に注目されることは新型中距離・短距離弾道ミサイルの「固形燃料」化である.
 これにより北韓ミサイル部隊は,より機動的に即応可能な運用ができるようになる.

1.北韓ミサイル技術の進展は,同国の核兵器計画と絡み,地域の同盟国および在韓・在日米軍の頭痛の種となるであろう.

 ミサイル防衛庁は,ミサイル防衛システムを早期配備するための環境整備を任務とする機関です.

 ⇒同資料の中でオベリング中将は,シリアやイランの詳細事情や,車力にあるXバンドレーダーのわが方とのインターオペラビリティ(相互運用性:効果的な相互支援を確保するための戦術・装備・兵站支援などに関する共通性・互換性・両用性のこと)や,イスラエルのBMDシステムの進展に協力することが今後十年の脅威に有益であること,ロシアとBMDにおける技術協力に向けた話し合いを進めていること,この一月に成功したASAT実験のことなどにも言及しています.

 〔略〕

※オベリング中将が議会に提出した資料
http://www.senate.gov/~armed_services/statemnt/2008/April/Obering%2004-01-08.pdf

その他参考
・Dallasnews.com
http://tinyurl.com/3r7kdq
・米ミサイル防衛庁
http://www.mda.mil/
・在韓米軍
http://www.usfk.mil/

おきらく軍事研究会,平成20年(2008年)4月7日

 その後,この資料が正しかったことは,北韓のミサイル発射実験によって周知の通り.

2017.5.9


 【質問】
 北韓の弾道ミサイル開発の変遷は?

 【回答】
 大雑把に言えば,以下の通り.

1981年,エジプトから「スカッドB」を入手し,第2自然科学院工学研究所にて,その模倣設計を開始.
1982年初旬,ムスダンリ(舞水端里)に「第2自然科学院農業試験所」という名義でミサイル実験センターを建設.
1982年4月,「火星1号」(スカッド改A)の初の試射実験.結果は飛ばずに失敗.
1982年7月,「火星2号」(同)試射実験.30mほど飛翔して落下し,失敗.
1983年4月,「火星3号」(同)試射に成功.射程330km.
1983年10月,イランとの間にミサイル開発協定締結.
1984年4〜9月,スカッド改Bを6回試射実験し,3回成功.射程330km.
1985年,スカッド改B量産開始.
1984年11月,「火星5号」(ノドン)開発着手.
1987年5月,「火星6号」(テポドン)開発着手.
1988年,砲兵指導局(砲兵司令部)に初のスカッド連隊創設.
1989年9月,「火星5号」実験弾完成.政治的都合と技術未熟により,実験は延期.
1990年5月,米偵察衛星,ムスダンリの新型ミサイル(ノドン)試射準備を探知.
1990年6月,同ミサイルが発射台で爆発していることが判明.
同月,スカッド改C試射に成功.射程500km.
1991年5月,スカッド改Cをイラン・コム近郊で試射.
1991年7月,スカッド改Cを江原道でで試射.
1992年7月,スカッド改Cをシリアでで試射.
1993/5/29,火星5号×1,スカッド改C×3の試射に成功.ノドンの射程1300km.
1993年11月,スカッド改Cをシリアでで試射.
1996年10月,ノドン試射準備が察知されるも,試射されず.
1997年,ノドン,部隊配備.
1998/8/31,「白頭山」(テポドン1)試射成功.射程4000km.
2002/9/17,日朝首脳会談で,'03年以降のミサイル発射凍結に合意.
2002年11月,「テポドン2」エンジン噴射試験中,爆発事故発生('03年4月判明)
2003/9/8,ノドンB(SSN-6改)開発が前年までに完了していることが判明.
2004/9/22,ノドンB発射訓練実施.射程3000〜4000km.
2006/7/5,テポドン2試射.爆発し失敗.射程6000km.
2009年3月,テポドン2(3説も)試射実験準備中.

(画像掲示板より引用)


 【質問】
 北韓の弾道ミサイルの保有数は?

 【回答】
 2009年6月2日19時0分配信のロイター通信によれば,総数800基以上.
 そのうちスカッド型は約600基.
 ノドン型が約200基.
 新型IRBMは総数不明.

▼ 一方,有力シンクタンク「国際危機グループ」は,ノドンを最大320基配備している可能性があり,短距離ミサイルも600基以上配備している可能性があると推定している.
(2009/6/18 00:16,時事通信)

 ICBMであるテポドン型は,まだ量産段階にはなく,2009/6/2付,朝鮮日報によれば,平壌市山陰洞にある兵器研究所で,これまで3〜4基が製造されたという.
 発射実験に使われたテポドン2も,この数に含まれる.

ノドン図解
(画像掲示板より引用)


 【質問】
 2000年の沖縄サミットで,プーチンが「北韓は条件付でミサイル開発中止の用意がある」との金正日発言を伝えたのは,ガセだったのか?

 【回答】
 江頭寛によれば,かなり強引に金正日発言を捻じ曲げて伝えたものではないかとの疑問が,のちに提起されたという.
 プーチンにとっては,北韓の国際イメージを好転することは,ロシアの実利外交にプラスになり,また,米国の当時の「NMD(本土ミサイル防衛)」計画に打撃を与える狙いがあった.
 当時の米クリントン政権は,国内のNMD反対の声に対し,北韓のミサイルの脅威を説得材料に挙げていたからだ.

 詳しくは,江頭寛著『プーチンの帝国』(草思社,2004.6.22),p.112-113を参照されたし.

(画像掲示板より引用)


 【珍説】
 北韓のミサイルが飛来する可能性は微々たるモノ.
 金正日が断末魔に叫ぶだけさ.危険度で言えばコンマ以下.

タケル in mixi
(軍事学的考察上の必要性に鑑み,
引用権の範囲内で引用しています)

 【事実】
 そうでもありません.

 資料(二〇〇四年度版日本の論点 村井友秀論)
『戦争しなくても経済状態が極端に悪化して体制を維持することができなくなった場合,すなわち,「戦争すれば亡国」,「戦争しなくても亡国」という状況になったとき,言い換えれば,敗戦のコストと不戦のコストに差がなくなったとき,金正日が一か八か最後の一撃として戦争を始める可能性はある.(中略)周辺諸国は弾道ミサイル防衛システムを配備しておらず,北朝鮮のミサイル攻撃を防ぐ手段はない.金正日が戦争に勝つチャンスがあると誤解する可能性は残っている.』

 資料:(共同通信) - 2月11日20時27分更新
「金融制裁で「政府崩壊」 中国主席に金総書記
 【ニューヨーク11日共同】 中国の胡錦濤国家主席が今年1月,訪中した北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記と会談した際,米国の金融制裁解除を6カ国協議復帰の条件とせず切り離して考えるよう求めたのに対し,金総書記が「そんなことをしたら,われわれの政府は崩壊する」として拒否したことが11日,分かった.」

 この間北朝鮮が乱射した理由の最有力候補ですね.

葉月 in mixi

 【珍説】
 ほなさ,ロシアやアメリカのICBMが日本に向けて撃たれる可能性はゼロではないよね.
 でもって「ある」として扱うんかい?これ基本??

 まぜっかえすのは良くないと思うんで謝るけど,オイラがコンマ以下って言ってるのはその程度ってことだよ.
 本当に北朝鮮が日本に向けて弾道ミサイルを撃つ可能性が1%以上あると思うかい???

タケル in mixi
(軍事学的考察上の必要性に鑑み,
引用権の範囲内で引用しています)

 【事実】
 ロシアは可能性としてはあるよ?
 でもアメリカがぶっ放してくるのは0.00000000000000000000(略)%ってな確率だろうから考えるだけ無駄.
 北朝鮮は明らかにこちらを敵視していて,現実に照準を向けているのですから警戒するに値する.
 一言で言えば「屁理屈言うな」

竹輪 in mixi

 米国はゼロです.根拠は日米安保とそれに基づく,在日米軍基地の存在.
 ロシアから日本にICBMが打たれる可能性はゼロですよ.間違いなく.IRBMならともかく.

>オイラがコンマ以下って言ってるのはその程度ってことだよ.
>本当に北朝鮮が日本に向けて弾道ミサイルを撃つ可能性が1%以上あると思うかい???.

 「コンマ以下」と言うのは,その根拠は何ですか?
 あなたは「立証できない」としていますよね?

 で.私は「わからない」.分からない以上は「いつかは撃たれるもの」としておくのが安全保障のみならず,危機管理の基本です.

 〔略〕

 脅威というのは「意志」と「能力」の掛け算にて推し量るものです.この「タケル氏」とやらはその点を全く理解していない.
 だからこういうとんちんかんな発言が出てくる.
 大体,日米安保堅持が自分で言っている「外交力」の発揮だということを全く理解していない.
 日米安保を日本を縛り付ける鎖かなにかと勘違いしているんでしょう.

ゆきかぜまる in mixi


+

 【質問】
 戦略ミサイルは北韓軍のどの部署が管轄しているのか?

 【回答】
 詳しい事は不明だが,「ミサイル指導局」がミサイルの開発,生産,作戦配置を担当しており,発射命令はこのミサイル指導局に金正日から直接下るという.
 以下引用.

テポドン発射,金正日総書記が直接指示

 北朝鮮のテポドン2号はどんな政策決定過程と命令体系を経て発射されただろうか.
 咸境道舞水端里(ハムギョンド・ムスダンリ)テポドン発射基地はどの組織が管理しているのか.韓日米情報当局が神経を逆立てて情報力を集中している事案だ.
 しかし情報当局は,あまり多くの情報を把握することができなかったようだ.

 情報当局が現在までに把握したのは,金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の決定を通じて発射命令が下り,核心部処は「ミサイル指導局」という程度だ.
 金正日国防委員長兼人民軍最高司令官は,極秘事案であるミサイル発射命令を人民武力部と総参謀部を経由せず,ミサイル指導局に直接下したものと情報当局は観測している.
 ミサイル指導局はミサイルの開発と生産,作戦配置任務を担当しているものと伝わっている.
 テポドン2号を製造した箴進(チャムジン)軍需工場の技術開発人材もミサイル指導局所属であるということだ.

 また舞水端里は人民軍9軍団地域にあるが,ミサイル指導局の上級部処である平壌(ピョンヤン)防衛司令部の統制を受けていると伝えられている.

中央日報 2006.07.0812:02


 【質問】
 ロケット本体は北朝鮮で作っているのか?
 それとも中国,ロシアからの輸入でしょうか?

 【回答】
 あくまでも憶測ですが,北朝鮮の重工業はわが国のように,戦後60年の間に急速に発展してきたとは思われません.
 と,すれば矢張り海外から完成品を購入するか,または,技術移転により自国で生産したと思われますが,これは,あくまでも,憶測の域を出ませんので,確たる答えは難しいです.

teruteru in おきらく軍事研究会,平成18年(2006年)7月17日


 【質問】
 もし作っているのなら年何本ぐらい作っているのか?

 【回答】
 外信のニュ−スによれば,日本に照準を合わせているものだけでも,約200本と言われています.
 航続距離はいろいろらしいのですが,年間の製作本数の類推は困難です.

 なお,次々と発射された場合に,これを迎撃し撃墜する能力は現在の日本にはありません.
 そのことを真剣に考えますと,第3の広島の脅威を感じますが,大多数の国民は,安保理事会での論議すら関心が無いばかりか,「拒否権の発動」とはどういうものかについても知ろうとしません.
 このことの方が問題であると痛感します.
 〔略〕

teruteru in おきらく軍事研究会,平成18年(2006年)7月17日


 【珍説】
霞ヶ浦の住人 ◆g5HpHpqYK6 :2007/10/06(土) 03:37:06 ID:qRZk0+ps
> 694
>日本は戦闘機用ジェットエンジンは作れませんが,宇宙ロケットやミサイルは実用化しています.
>戦闘機用ジェットエンジンの製造は宇宙ロケットエンジンや各種ミサイル用エンジンより技術的に難しいので ありますか?
>月探査衛星かぐやが月軌道に乗ったと言うニュースを見て疑問に思いました.

霞ヶ浦の住人の回答.
ジェットエンジン作りは難しいです.

理由.
タービンを作る技術が難しいため.

ロケットエンジンの原理は燃料と酸化剤をただ,燃やすだけです.
ターボジェット(ターボファンジェット)エンジンは,燃料を燃やした後方で,タービンを回転させます.
これを作る技術が難しいのです.

ロケットエンジンは,技術後進国の北朝鮮でも作れました.
しかし,北朝鮮がジェットエンジンを作ったという話は聞いたことがありません.

現在のジェットエンジンのメーカーは,その前の航空機エンジンである,レシプロエンジンのメーカーが引き続いてなっている場合と,タービン発電機のメーカーがなっている場合があります.

ジェットエンジンと,レシプロエンジンは,原理がまったく異なります.
しかし,レシプロエンジンを作るための,高度な技術は,タービンを作る技術につながるものがあります.
そのため,同じメーカーがなっているのが,ロールスロイスやプラットアンドホイットニーです.
タービンを作る技術に長けた,タービン発電機メーカーが,新たにジェットエンジンメーカーになったのがGE(ゼネラルエレクトリック)です.

下記,ウィキペディアのロケットを参照ください.
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88
下記,ウィキペディアのジェットエンジンのタービンを参照ください.
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
下記,ウィキペディアのGE・アビエーションを参照ください.
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/GE%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%93%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

 【事実】
 ロケットエンジンが燃料と酸化剤を燃やすだけ?
 馬鹿言ってるんじゃないよ.
 そんなこといったら,ジェットエンジンは燃料燃やしてるだけだ.

 ロケットエンジンなめるなよ.
 高温高圧の燃焼室に燃料を吹き付けなきゃならねえんだぞ.
 チョーク部分の材料強度を保つために,燃料で冷却してやらなきゃならないし,H-IIAでつかっているLE-7なんかでは,燃料を燃焼室に吹き付けるために,燃料を少し燃やしてタービン回して圧縮し,吹き付けたりしてるんだぞ?
 で,さらにその燃えかすも最後,しっかり燃焼室で燃やしきる.

 これだけの技術(2段燃焼式)を実用化したのは日本,アメリカ,ロシアだけだ.

 確かに構造的に簡単なロケットエンジンは存在する.
 が,効率のいいものを作るのにはすごい技術が必要なんだよ.

 ちょっと三菱重工行って土下座してこい.

軍事板


 【質問】
 東興貿易ミサイル関連物資不正輸出未遂事件とは?

 【回答】
 2009.6.29,長距離弾道ミサイルの開発に必要とされる磁気測定装置を,北韓の指示を受けてミャンマーへ不正輸出しようとしたとして,北韓系貿易商社「東興貿易」(東京都新宿区)社長李慶鎬(41歳),装置製造会社社長香月巳昭(75歳),輸出代理店社長武藤裕彦(57歳)の3人が,外国為替及び外国貿易法違反(無許可輸出未遂)容疑で,神奈川県警に逮捕された事件.
 大量破壊兵器などに転用可能な製品の輸出を禁じる「キャッチオール規制」の対象となっている磁気測定装置を,経済産業省の許可を受けずに2009年1月頃,約700万円でマレーシアを迂回してミャンマーへ輸出しようとした疑い.

▼ 2009/2/26には既に,同容疑で同社など数か所が捜索を受けている.

 捜査関係者によると,同社は2008年,経済産業省の許可を受けずに,核兵器やミサイルなどに転用可能な製品の輸出を禁じる,「キャッチオール規制」の対象となる磁気測定装置を,ミャンマーに輸出しようとした疑いが持たれている.
 経産省から輸出申請の手続きが必要だと通告され,輸出を止めたが,2009年に入って別の東南アジアの国を迂回して,ミャンマーに輸出しようとしたという.▲

 捜査関係者によると,捜索で押収した資料を分析した結果,不正輸出は2008年春頃,朝鮮労働党で軍需部門を統括する「第2経済委員会」の傘下にあるとされる「東新国際貿易有限公司」(香港)の北京事務所からの指示によるものと判明したという.

 東興貿易は,ミサイル関連機器についてもミャンマーに輸出していた疑いが持たれている.

▼ 県警はミャンマーを経由して北韓に不正輸出を図ったとみて,裏付けを急いでいる.
 ミャンマー経由のルートが浮上したのは初めてという.▲

 【参考ページ】
2009年2月26日14時50分,読売新聞
「国際情報センター」,2009/6/30(火) 午前 9:30


 【質問】
 香港エレクトロニクス(Hong Kong Electronics)とは?

 【回答】
 イランのキシュ島(Kish Island)に拠点を置く企業.
 米財務省によれば,同社は2007年以降,北朝鮮の端川商業銀行(Tanchon Commercial Bank)と朝鮮鉱業開発貿易会社(Korea Mining Development Trading Corporation,KOMID)に代わり,ミサイル拡散関連の資金数百万ドルを送金したほか,KOMIDに代わってイランから北朝鮮への資金の移動を支援したという.
 北朝鮮の上記2社は,国連安保理決議決議1718に違反しているとしているとして,米国および安保理の制裁リストに加えられている.
 2009/6/30,米財務省は香港エレクトロニクスに対し,金融制裁を発動した.
 ちなみに同日,米国務省も,平壌(Pyongyang)に拠点を置く核開発関連企業,南川江貿易(Namchongang Trading Corp)に同様の制裁措置を発動している.

 【参考ページ】
「AFP」:2009年07月01日 08:06


 【質問】
 北韓のミサイル輸出ビジネスの概要は?

 【回答】
 米国を拠点とする外交政策分析研究所(IFPA)の推計によると,北朝鮮のミサイル輸出額は年間15億ドル(約1450億円)程度.
 米国はまた,北朝鮮が核関連の技術やノウハウについても海外に輸出しているとみているが,具体的な金額については分かっていない.
 その主な顧客は,国際危機グループ(ICG)が先月発表した報告書によると,1980年代以降,イランやパキスタン,エジプト,リビア,シリア,イエメン等.
 売却されたミサイルには,改良型スカッドミサイルや中距離ミサイル「ノドン」などが含まれると見られている.

 【参考ページ】
2009年7月2日14時20分,ロイター


 【質問】
 三陸沖にテポドンが発射された時,なんで迎撃しなかったのですか?

 【回答】
 迎撃できるミサイルがなかったから.

 【質問】
 ここ数日テポドン発射が話題になってますが,前回1998年の発射のとき,北朝鮮はミサイルでなくて人工衛星を打ち上げたと発表しましたよね.
 だけどウィキペディアには,韓中米は人工衛星の打ち上げと認識しており,ミサイルと認識してたのは日本だけと書かれていましたが,もちろん大嘘ですよね?

 【回答】
 人工衛星を軌道投入するには,ロケットの先っぽに載せた人工衛星を宇宙空間で正確に切り離すという,ある程度高度な技術が必要なのですが,1998年のテポドン1(これは米国の呼称で北朝鮮名は「白頭山1号」)ロケットの打ち上げ及び衛星の軌道投入で,この技術を北朝鮮が持っていることが判明しました.
(結果的に軌道投入自体は失敗したようですが)

 この切り離し技術は,ミサイルの射程を伸ばすためにミサイル本体を多段式にして,燃料を使い果たした部分を切り離して身軽にして射程距離を伸ばす技術でもあるわけです.

 いってみれば,1998年の発射は人工衛星の打ち上げであるとも言えますし,弾道ミサイルの実験とも言えるワケで,必ずしもその記述がデムパかというとそうではないのではないでしょうか.

ヴァンツァー厨

当時の発射のときの軌跡
(画像掲示板より引用)


 【質問】
 この↓軍事パレードに登場したミサイルは,どんな意味があるのか?

人民軍創建75周年で閲兵式,ミサイル部隊も登場

拡大写真

人民軍創建75周年

 【ソウル25日聯合】北朝鮮は25日,平壌の金日成広場で,朝鮮人民軍創建75周年を記念するパレードを開催した.
 〔略〕
 軍閲兵式でミサイルを動員したのは1992年の軍創建60年記念以来,15年ぶりとなる.

 朝鮮中央テレビは同日午後6時から録画中継で閲兵式の様子を報じた.
 閲兵式では4種類のミサイル48基が公開されたが,戦車や装甲車など機甲部隊や重火器は登場しなかった.
 ミサイルはスカッドミサイルと短距離固体推進ミサイルなど既存のもので,テポドン2号ミサイルは見られなかった.
 〔略〕

http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq24m05.jpg

聯合通信,2007年4月26日9時21分

 【回答】
 25日の「NHKニュース9」において,江畑謙介が述べるところによれば,
「非常に衝撃的な映像」
だという.
 以下,その論旨.

・ロシア製のSS-21がベースだと思われる.
 もともとは120kmですが独自に改良を加えた?
 このミサイルは固体燃料型のミサイル.
 固体だと燃料が入ったまま移動できる.
 トンネルの中から出てきてすぐ,1分以内に発射準備ができる
 これは探知が難しい.
 将来日本に届くような大型の固体燃料ミサイルが開発される恐れがある.
 ミサイル防衛上対応時間が短くなるのは問題である.

・スカッドC改良型
 今ままで画像や映像で確認されてないミサイルである可能性がある.
 2006年7月にミサイル発射実験をして,うち2発がスカッドCより射程の長い改良型ではないかと言われてきたが,これがそうかも.
 1000kmくらい射程がある.ということは日本まで届くミサイルである可能性がある.

・パレードの意味は?
 これらのミサイルは北朝鮮で国内開発おそらく生産もしている
 労働者の賃金が安いとはいえ,新しいミサイルを開発生産配備するにはお金がかかる.
 新兵器や軍隊のパレードを見せることで外交上有利にしようとする目論見だろう.
 しかし反面,反発も大きく,犠牲は大きいだろう.

軍事板


 【質問】
 「ムスダン」とはどんなミサイル?

 【回答】
 旧ソ連製の潜水艦発射弾道ミサイル「SSN6」を基にした,陸上発射型の新型中距離弾道ミサイル(IRBM).
 「ムスダン」は米当局による呼称.
 イランで発射実験されたとの情報もあるが未確認.

 北朝鮮が旧ソ連の潜水艦発射弾道ミサイル「SS-N-6」をベースに,新型ミサイルを開発しているという情報自体は,4年くらい前から出ています.
 また,3年前にはジェーン・ディフェンス・ウィークリー誌が報道しています.

 SS-N-6は単段式の液体燃料推進のロケットです.
 恐らく北朝鮮は海上或いは海中から「ムスダン」を運用する気は無く――搭載できるような艦が稼動しているとは考え難い――,ミサイル¥サイロかTEL(transport-erection-launch)車輌による地上発射型のみが配備されていると思われます.

「週刊オブイェクト」,2007年05月16日・改

North Korea: A New Missile and Regional Politics
May 17, 2007 21 51 GMT

によれば,「ムスダン1(Musudan-1)」ミサイルの技術的意味は,従来のスカッドを基本にするミサイル技術から,全く別のデザインに切り替えた事で,北韓のミサイルの技術が進歩していることにあるという.

 北韓のSS-N-6のデザインの採用は,更に大きな意味がある.
 北韓はスカッド・ミサイルを基にして,ノドン,テポドン1,テポドン2を開発したが,テポドンに至ってその拡大の限界に達している.
(これ上の進歩が無理と見られる)

 SS-N-6は潜水艦発射ミサイルとして小型に設計されたものだが,北韓はそれを地上発射のものに改造し,スケールアップしている(SS-N-6は全長9メートル,ムスダン1は12メートル)
 ジャイロ誘導装置の改良(精度の向上)とともに,これは北韓のミサイルのレベルを向上させる.

 北韓がSS-N-6の改造版を作っているとの情報は2000年頃に現れ,2003年にはパレードに現れることが期待されていた(現れなかったが).
 この新型ミサイルは当時,「ノドンB」とか「Mirim」と呼ばれてた.
 2006年の北韓のミサイル乱射・試射事件で,このムスダン1のテストが疑われた.
 ムスダンは2000年頃までに開発され,2003年に配備されている(当時から認識されている)ので,軍事的には新たなことが起こったわけではない.

 政治的な意味では,これは6者協議や韓国大統領選挙,日本の防衛政策や憲法改正の動きに影響を与え得るという.
 日本への影響が最大である(中距離ミサイルなので,グアムはともかくアメリカ本土,アラスカに届かない)
 日本では,アメリカとの共同でミサイル防衛への傾斜が強まり,憲法改正などへの影響を与える事があり得る.
 日本の現在のミサイル防衛,イージスのSM-3と地上のPAC-3はムスダンに比較して,充分とはいいがたい.
 より望ましい形はTHAADとレーザーの組み合わせであるかもしれない.
 北韓がムスダンのような新型の,改良されて射程の長い,高精度のミサイルを開発し続ける事は日本の防衛政策を刺激し,北韓への強攻策を取る政治勢力を助けることになるかもしれない.

ニュース極東板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 「ムスダン」は部隊配備されているの?

 【回答】
 2009.2.23に発行された韓国国防白書によれば,以前からマガジンでもお伝えしてきた中距離弾道弾「ムスダン」を,北鮮が実戦配備したとのことです.

 試射が行なわれたことは,現時点で確認されていませんが,韓国国防当局の一部には,
「撃ってみなくてもシミュレーションにより,性能の検証は可能」
との意見もあるそうです.

 というわけで,あまり信用できないはなしですが,楽観視して痛い目に合うのが,わが国が持つ影の部分です.
 ですから少なくとも,あなたは「ムスダンはすでに配備された」との話を,頭の片隅に残しておくべきと考えます.

 北鮮が「ムスダン」をぶっ放すかぶっ放さないかは,はっきりいって関係ない,どうでもいいことなのです.
 その選択は,北鮮が自分の都合で行うことで,わが方がコントロールすることはできないんです.

 重要なのは,核弾頭を乗っけたムスダンを突きつけられ,北鮮に「意志を強要される」「わが方の意志をコントロールされる」可能性がわが国に生まれたということです.
 忘れてはいけません.
 「あまりに無防備なわが国にとっての脅威である」ということを.

おきらく軍事研究会,平成21年(2009年)3月1日

 太田退役海将の最新刊『インテリジェンスと国際情勢分析【改訂新版】』より,エキスを以下に記します.

・問題は,このミサイルの発射実験が未だに確認されていないこと.
 (2007年年頭にイランが,数多くの弾道ミサイル発射実験を行ったとされるが,そのなかにムスダンが入っていたかどうかは定かでない)

・北鮮が射程約4000kmの弾道ミサイル発射実験をするとすれば,東岸でなく,西岸から他国領空を侵さない狭い回廊がある南西方面に向かって発射しなければならない.

・今後の北鮮の弾道ミサイル発射は,常に東岸から日本海方面に向けて行われるとは限らないことに留意しなければならない

・二〇〇七年七月に来日した米のペリー元国防長官は,ムスダンが西岸からグアム島方向に向かって発射されるという想定に対し,「それは米国に対する敵対行動とみなし,黄海に米イージス艦を進出させ,発射後のブースト・フェイズでミサイルを迎撃する」との反応を表明していた.

 すなわちこの基地情報は,「北鮮の米への挑戦」という枠組で捉えなければならないということです.

 北鮮に近い売国奴各位は,北鮮指導部に警告した方がいいですよ.
 へたな冒険は,我が国内の北鮮勢力殲滅,北鮮の消滅,シナによる北部朝鮮制圧を招きますよ.
 またもやシナに制圧されてもいいのですか?とお伝えいただきたいものですね.

 問題は,米のBMD発動,その後の北鮮攻撃の際,武装難民が日本海を越えてやってきて,国内に工作勢力を抱え,ミサイルも飛んでくることになるわが国はどう行動するの?ということですね.
 一国平和主義,その言葉と表裏一体の関係にある一国国防主義は,既に成立しない時代になっているということです.

 北鮮以上に重大な脅威「シナ」を抱えているわが国が,たかが北鮮への対処ができないようでは困りますね.

⇒ 一部報道には「テポドン2号か改良型の燃焼実験」とかいう話も出ているそうですが,昨年のテポドン2号発射実験が「東岸から」行われ,あえなく失敗したことを忘れてはならないでしょう.

 優先順位は,米に失敗を周知するメッセージとして,無意味な発射をしたとさえいわれる昨年の「テポドン2号」でなく,「ムスダン」の動向に置かれるべきでしょうね.

おきらく軍事研究会,平成21年(2009年)2月9日


◆◆◆ミサイル基地関連


 【質問】
 北韓の新しいミサイル基地は,どこにあるのか?

 【回答】
 韓国外交部の報告書によれば,東海岸と中国との国境地域に建設中だという.
 以下引用.

北韓新たな地下ミサイル基地を建設

 北韓は東海岸と中国との国境地域に新しい地下ミサイル基地を建設していることが分かりました.
 東亜日報が3日報じたところによりますと,外交安保研究院は「北韓の弾道ミサイルプログラム」という報告書で,北韓は,ノドン,テポドン2号などのミサイルの地下発射基地と地下格納庫を次々と建設しているとしています.
 この報告書は,新しいミサイル基地は咸鏡南道など東海岸に集中しており,これらの基地にはテポドン2号やスカッドミサイルなどが配置される可能性が高く,韓国だけでなく日本駐留のアメリカ軍を目標にしているということです.

KBS(韓国放送公社) 2006-08-03-10:19

 もっとも,韓国の対北諜報能力は金大中政権以降劣化して(させられて)いるため,この情報に関しても,続報を待ちたい.


 【質問】
 ポンドン里基地とは?

 【回答】
 AP通信が2008/9/10,北鮮西岸のポンドン里に長距離ミサイル発射施設の建設を進めていると報じています.
 韓国の李国防相はAPに対し,「北鮮が弾道ミサイル開発を継続している明確な証拠」と指摘しています.
 少なくとも8年前から建設ははじまっており,各国情報当局も存在を把握しています.

おきらく軍事研究会,平成20年(2008年)9月15日


 【質問】
 近頃北朝鮮で再びテポドンの発射実験が行われるのではないか,という話があります.
 アメリカは監視衛星なり高高度偵察機なりで発射場を常時監視していると思いますが,仮に発射場周辺の天候が悪くて常に曇っている状態になってしまった場合,どうやって発射場周辺の動き(液体燃料の注入など)を察知するのですか?

◆TpsxqI5Cyg in 軍事板
青文字:加筆改修部分

 【回答】
 やや分解能に劣るが,直接現場を見たければ,気象条件に左右されにくいレーダー衛星を使うことができる
(といっても,米のラクロスは分解能1m級と言われている・・・・・)

 他には戦略偵察機を使っているという話も無いではない.
 実際,在韓米軍にはU-2が配備されている.
 ただ,ミサイル基地を偵察しているかは知らない.

 さらに,スパイとか人的な手段による情報収集や,電波傍受なども並行して行われているだろう.
 使える手段は全て使って,現状把握に努めているはず.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 アメリカは弾道ミサイルで米本土から北朝鮮を攻撃できないんでしょうか?

あつこば in mixi
(軍事学的考察上の必要性に鑑み,
引用権の範囲内で引用しています)

 【回答】
 政治的に不可能です.
「そんなことをすれば中国との間で核戦争になる【かもしれない】」
ために.

消印所沢 in mixi

 〔そんなことをしたら,〕中国やロシアの警戒システムが自国への攻撃と勘違いし,自動報復システムが作動し偶発的な核戦争に至る可能性があります.

 別にアメリカはそんなことをしなくても,通常戦力だけで北朝鮮を撃破できますので,わざわざ戦略兵器を投入してくることはありません.

JSF in mixi


 【質問】
 トマホーク巡航ミサイルをテポドン2に命中させる事はできますか?

 【回答】
 はい,発射台に置いてあるなら可能です.
 そしてこの精密誘導可能という点が,戦術兵器の意味合いとして重要なのです.

JSF in mixi

 いったん飛び立ってしまったら,巡航ミサイルでは迎撃できません.

消印所沢 in mixi


 【質問】
 対艦攻撃は自衛隊でも可能なので,やる気になれば北韓のミサイル発射台ぐらい壊して来れるのでは?

 【回答】
 日本は建前上「対地攻撃機」を持っていないので,支援戦闘機(攻撃機,長距離ではない)や戦闘機に爆装して叩く必要があるのだけど,そんなに遠くまで飛ぶのは大変です.
 ギリギリ届いても,爆弾が精密誘導爆弾ではないので,命中精度が低い.

unknown

▼ 空中給油機の数絶対的に足りないから,まとまった数の航空機を北朝鮮まで飛ばして,帰還させるだけの後続能力を確保できなくて,片道切符になってしまう.
 それに空自の装備では,敵のレーダーサイトやSAMサイトを沈黙させるための,SEADミッションを遂行できない.
(敵のSAMの射程外から攻撃可能な,長射程の空対地又は対レーダー・ミサイルがない)
 地上攻撃用の誘導兵器はやっと,JDAM(GPS誘導の誘導爆弾)の導入が始まったかどうか,ってとこ.

 爆撃を検討するのもいいが,それにはちゃんとした装備が必要不可欠.

自衛隊板,2009/12/20(日)
青文字:加筆改修部分

▼ 空母や空中給油機があれば別ですが.
 攻撃型空母があれば別ですが.▲


 【質問】
 敵基地攻撃論で巡航ミサイルがあるといいらしいのですが,イスラエル(ごめん,本当かどうか分からない)が,どっかの国の弾道ミサイル発射基地を攻撃したけど,あんまり効果がなかったとか言う話です.
 敵基地攻撃するなら,自衛隊に巡航ミサイルは必要ではないのですか?

 【回答】
 イスラエルのやったのはハマスやヒズボラのカチューシャ潰し.
 弾道弾基地の攻撃とはだいぶ異なる.
(まあ強いて言えば短距離ロケット弾も弾道弾の一種とは言えるが)
 弾道弾潰しとしては,湾岸戦争における米軍のスカッドハントが有名.
 まあ何にせよ,TEL移動式弾道弾やハードサイロ格納の弾道弾を破壊するのは簡単でなく,日本が巡航ミサイルを装備しても,ガントリー剥き出しの現在のテポドン発射台(試験用)を除き無力化するのは難しいのは確か.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 北韓のミサイル基地等を爆撃するのに,航空自衛隊のF-15,F-2,F-4EJ改の航続距離はどれくらいのものでしょうか?

 【回答】
 届きません.
 戦闘機・攻撃機は完全武装をするとだいたい重量が手ぶらの二倍になります.
 重ければ燃費は当然悪くなります.
 そのような状態で往路飛行から現地任務遂行,そして復路飛行までを実施しなければならないとなると,燃料消費量からいって北韓は遠すぎます.

 自衛隊は専守防衛政策のもと,あくまでも日本へ侵攻してくる敵軍を叩くためだけの戦力しか整えてきていませんので,他国領土を爆撃すること自体,そもそも自衛隊の想定外です.
 自衛隊の戦力はそういう作戦が遂行できるようにはできていません.



 【質問】
 空中給油機が配備されても不可能でしょうか?
 【回答】
 空中給油機の数,揃えておけば,理屈の上では米本土侵攻でも可能でしょう.パイロット用に覚醒剤が必要となりますが.
 ただ,法制上困難だと思われますから,机上の空論になってしまいます.

(HN "System" )

 あとは,空自が揃えてる対地兵装だけでどこまでやれるかの問題もあり.



 【珍説】
 おい軍オタ,よくも騙しやがったな.
「北朝鮮を爆撃する能力は,物理的にない」
と,今でももっともらしく言っているが,北朝鮮どころか北京まで爆撃する能力あるじゃいか.
 嘘はよくないよ.

 自衛隊のHPの諸元・性能のとこに,F2の航続距離4000kmとあるじゃんか.

(軍事板)

――――――
 北朝鮮への〔自衛隊単独による〕攻撃で真っ先に懸念されるのが「足の長さ」だが,北朝鮮に最も近い航空自衛隊基地がある小松(石川県)から各目標〔日本国の直接的脅威となっている蘆洞(ノドン),徳城(トクソン),文川(ムンチョン)のノドン・ミサイル施設〕までは,およそ800kmであり,高い対地攻撃能力を持つ最新鋭機,F-2(航続距離4000km)の戦闘行動半径内である.
 したがって,相手との不意急襲的戦闘による燃料タンクの投棄さえなければ,距離的な問題はない.
 万が一に備えたバック・アップ措置として,米軍にKC-135空中給油機(嘉手納)の支援を受けることにする.

――――――(高橋赳彦〔元航空自衛隊幹部学校教官〕 in 「SAPIO」 2004/1/21-2/4号,p.107)
 【事実】
 「航続距離」と「戦闘行動半径」は全然違うのよな.

 武装付けず,経済速度でどこまで飛べるかってのが「航続距離」.基本的にミサイルとか爆弾の変わりに燃料を限界まで搭載して経済高度を経済飛行した時の数字.
 レーダーで丸見えで速度も速くない戦闘機を,4000km先まで丸腰で飛ばせて,そこで何をしろと?

 対地攻撃用の武装積んで,燃料バカ食いするような戦闘機動して,帰って来ることが出来る距離が「戦闘行動半径」.
 爆装し,A/B焚いての戦闘機動を交え,低空侵攻を行う戦闘行動半径では,Hi-Lo-Hiで航続距離の4分の1以下,Lo-Lo-Loでは更にその半分程度に低下する.

 よく知られているF-2の戦闘行動半径の要求は,ASMを4発抱いての対艦攻撃ミッションで450nm(海里)=830km.

 じゃあ,空中給油機さえ有れば逝けるのかといえば,そうでもない.
 しっかり防空された敵地への侵攻ってのは,対地攻撃機の部隊に加え,制空機部隊や防空SAM網を叩き潰す防空網制圧(SEAD)機部隊やAWACS機等の支援といった,異なった任務を持つ部隊による協調が必要.
 空自には今のところ,SEADに使えるような対レーダー・ミサイルは無いし.

 ところで大丈夫か?,空自の幹部教育.



 【質問】
 F-2に8トンの爆弾を積んで,ピョンヤンまで往復できますか?
 以下のサイトで軍事評論家が言ってたのですが,ちょっと信じられなかったので,質問されていただきます.
http://www.magazine9.jp/q_a/q_6/index.html

 【回答】
 出来ない.というかパイロンの構造上4トンまでしか積めないと思うが.

 そのサイトをちょっと見てみたが,テポドン発射騒ぎの時の朝日新聞の記事と言ってる事が同じだ(笑).
 この手の左巻きの記事だと,必ずと言っていいほど日米の戦力が過大評価され,北朝鮮や中国のそれが過小評価される.
 はっきり言って全部嘘と思ってよろしい.

 この評論家,前田哲男は,軍事板では“電波評論家”として,評価が定着しております.
 大昔,冷戦も華やかなりし頃は,ソ連軍に関する研究ではそれなりに評価が高かったのですが,冷戦終了後,年と共に劣化が進み,いまや,あの電波報道番組“ニュース23”にも見放される程に落ちぶれました.
 まあ,軍事評論界の森田実,と言うべき人ですかね(言っている内容は麻原彰晃ですが).
336 名前: 名無し三等兵 投稿日: 2005/09/22(木) 16:20:31 ID:???

 いつもの「撃ち込まれても大した事は無い」って説か…….
 人口密度も都市機能も全然違う数十年前を持ち出してどうするんだよ.


337 名前: 名無し三等兵 投稿日: 2005/09/22(木) 16:45:18 ID:???

「北朝鮮に市民が拉致されても大した事は無い」って人たちですから(笑)


 【質問】
 今,日本は空中給油機を導入する方向に向かっていると聞きました.
 空中給油機が導入されれば,少なくとも航続距離のみに関して言えば解決されるんですか?

 【回答】
 限定された話で言えばそう.
 当然,空中給油機1台(から数台)では作戦機全体の給油など不可能なので, 「空自における航続距離の問題がさっぱり解決する」とは言い難い.

 敵地侵攻の為に使用するとなればよっぽど大量に必要となる.
 んなアホな運用は他の保有国でもやってない.

 反復して何箇所もの基地とかを叩かなきゃいかんし.
 だから,仮に北朝鮮を攻撃するなら韓国に基地を使用させてもらう政治力の方がよっぽど必要となる.
 アメリカもアフガンとかで周辺国の基地を使う為に,そう言う根回しに腐心していたし.

軍事板

 空中給油機の運用に関しては,T・クランシーの戦闘航空団解剖に一例が載っていました
 第366航空団が展開するときの最小パッケージ(Aパッケージ,F-15C,F-15E,F-16C各8機の計24機)を展開するのに,4機のKC-135Rが展開することになってますね
 あ,AパッケージにはE-3C等の大型機もありますが無視しました,本でも主対象はこの24機になっています.
 その後にも追加機体があると,KC-135Rも追加されますが,今度は給油機の使い回しが効くので規模は小規模になるようです.
 プランそのものがホスト基地までの移動(従ってフェリーと思われます)ですから.この辺を最小単位として考えると良いかなと・・・

 ソースが小説家ですが,まあT・クランシーなので大枠は外さないかな?と(笑)

EF63-24 in mixi支隊


目次へ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

軍事板FAQ
軍事FAQ
軍板FAQ
軍事まとめ

Ads by Sitemix