c

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆◆◆テロリズム
<◆◆◆治安回復問題
<◆◆戦史
<◆アフ【ガ】ーニスタン
南アジアFAQ目次


 【link】

「Afghan News」◆(2013/06/02) Eastern Afghanistan struggles for power

「Guardian」:Bomb kills Afghan intelligence official

「Guardian」:British serviceman killed in Afghanistan

「Guardian」:Deadly suicide bombing at Nato's Kabul base

「Strategy Page」◆(2013/04/20) AFGHANISTAN: The Long Hot Summer

「Strategy Page」◆(2013/05/20) COUNTER-TERRORISM: A Taliban Cry For Help
 パシュトゥニスタンのターリバーン,UAVからの攻撃に悲鳴を上げる

「Strategy Page」◆(2013/05/03) AFGHANISTAN: Minority Report
 ・ターリバーンのテロはカンダハールとヘルマンドの2州に集中しており,一般のアフ【ガ】ーン人はターリバーンに関心がない.
 ・ISAFが殆ど撤退していることから,ターリバーンの戦いの相手は,主としてアフ【ガ】ーン人の治安部隊となっており,テロによる死者とほぼ同じくらいの死者を,ターリバーンは出している.

「Strategy Page」◆(2013/05/14) AFGHANISTAN: Civilians Fighting The Taliban And Winning

「WP」:17 Killed by Blast In Afghan Capital

「孤帆の遠影碧空に尽き」◆(2013/04/28) アフガニスタン  タリバンの「春の作戦」と“外交努力”

●テロ事例2013

「Afghan News」◆(2013/06/01) Taliban deny deadly attack on Red Cross in Afghanistan

「Afghan News」◆(2013/06/01) Taliban deny attacking Red Cross in Afghanistan - KABUL, Afghanistan (AP)

「AP」◆(2013/05/21) Roadside bomb kills 6 policemen in western Afghanistan, official says

「Blogs of War」◆(2013/05/20) Suicide bomb attack in northern Afghanistan

「VOR」◆(2013/01/06) アフガニスタンの長老会議で二重テロ,死者4名・負傷者15名

「VOR」◆(2013/03/09) アフガン,カブール中心部で爆発

「VOR」◆(2013/04/03) アフガン西部でテロ,40人以上が犠牲

「VOR」◆(2013/04/22) アフガニスタン ケシの収穫にあたっていた16名が銃殺

「VOR」◆(2013/04/22) アフガニスタン東部 タリバンが外国人グループを誘拐

「VOR」◆(2013/04/23) アフガニスタン タリバンに誘拐された外国人救出作戦が始まる


 【質問】
 カブールではどんなテロ事件が起きているのか?

 【回答】
 一般の群集を標的とする,自爆テロ事件が起こるようになっていると言う.
 以下引用.

 2002年9月には,市内中心部の文化情報省の付近で,最初は小さな爆発があり,そこに沢山の人が集まったところで大きな爆発があって,相当数の市民が死傷する事件となった.
 また,私の帰国後のことになるが,市内の最も人が密集する土産物屋の多い地区で自爆テロ事件があった.
 タレバンなどテロリストが戦略を変更してソフト・ターゲットに重心を置くようになって,カブール市内の治安は悪化している面もある.
 しかし,それも市民の日常の生活活動にはあまり影響は与えていないようである.

駒野欽一著「私のアフガニスタン 駐アフガン日本大使の復興支援奮闘記」
(明石書店,2005/8/18),p.176

 タレバンは,アフガンの政治プロセスの節目には,これを妨害するために活動を強化する.
 このとき〔2003年1月のカーブル市内のインターコンチネンタル・ホテル近くの爆破事件〕も,翌月には憲法制定のためのロヤ・ジルガが控えていた.
 〔略〕
 インターコンチネンタル・ホテル爆発事件でも,一部邦人が引き上げたことで,一部援助事業は中断を余儀なくされた.

 カブールに次ぐ日本の援助の拠点であるカンダハールには,JICAの事務所があり,また,カブール・カンダハール道路工事関係者も常駐していて,常に20名くらいの邦人がいる.
 しかも,カンダハールはタレバン発祥の地である.
 周辺地域では以前,活発に活動しており,カンダハールでもしばしば爆発事件が起きる.
 カルザイ大統領が弟の結婚式に出席するため,同地を訪れた際,暗殺未遂事件で九死に一生を得たのは,2002年9月のことである.

駒野欽一著「私のアフガニスタン 駐アフガン日本大使の復興支援奮闘記」
(明石書店,2005/8/18),p.220


 【質問】
 ターリバーンのテロは,人心撹乱に効果があるのか?

 【回答】
 滞在者の証言によれば,20数年も戦争や戦乱の経験をしてきたアフ【ガ】ーン人には,驚きなどないらしい.
 以下引用.

 アフガニスタンの首都カブールに1週間滞在したが,2日間に渡って「避難勧告」が出た.
 国連情報部から日本大使館に連絡が入り,大使館から在留邦人に宛てて連絡されるのだ.

 〔略〕

 反政府勢力が弱小とはいえ,このようなテロ行為で市民生活の邪魔をし,不安を高めて政府への批判を大きくする狙いが窺われる.
 が,恐ろしいもので,20数年も戦争や戦乱の経験をした人間は,この程度のテロでは驚かないらしい.
 昼食を旧知の友人宅で頂いたけれども,
「政府やISAFが取り締まりを強化するだけ」
と,のんびり構えていた.

2004/6/20

(松浪健四郎著「折々の人類学」,専修大学出版局,2005/4/10,p.41-42)

 これは,この間の青年海外協力隊の交流プログラムで通訳をされた方から聞いた話なのですが,サフィア局長殺害〔カンダハル州庁の女性問題局長,サフィア・アナ・ジャン殺害事件,2006/9/25〕の影響で,アフガンに行った参加者はJICAの施設から一歩も出られなかったそうです.
 更に,「帰ってきたら殺される」と家族に止められて,アフガン側の参加者が2名日本でのセミナー参加を取り止めたとのこと.
 タリバンの頃よりマシだという考えもある一方,カルザイ政権はアメリカの傀儡だという考えも根強いのだそうで.

丼炒飯 in mixi支隊


 【質問】
 学校はどの程度テロの被害に遭っているのか?

 【回答】
 学校への襲撃事件は2005年秋以降,数十件にのぼるとみられている.
 女子教室に爆弾が投げ込まれたり,学校が放火されるなどの事例が発生.
 カルザイ大統領は,
「パキスタンのマドラサでは今も,ジハード(聖戦)のためにアフガニスタンへ行き,学校や病院を焼き払えという教育が行われている」
と非難している.

 以下引用.

アフガン タリバン攻撃激化 1週間で300人死亡,学校も標的に

 【バンコク=岩田智雄】アフガニスタンで旧支配勢力タリバンによる攻撃が激化している.
 〔略〕
 タリバンはまた,女子教育や近代教育を実施する学校も標的にしている.今月十五日,バルフ州で学校の女子教室に爆弾が投げ込まれ,教師一人と女子生徒五人が負傷.翌日には同じ地域の別の学校が放火された.学校への襲撃事件は昨秋以降,数十件にのぼるとみられている.
 タリバンは二〇〇一年の政権崩壊前,極端なイスラム原理主義に基づき,女性から教育の機会を奪うなどの社会政策を実施していた.
 このため,タリバン残存勢力は米国主導で進むアフガン再建に激しく反発しており,タリバンのダドゥラー司令官はアフガン・イスラム通信に,カンダハル州など南部四州には一万二千人のタリバン兵がおり,千二百人の自爆テロ要員がいると豪語している.
 こうした状況に,アフガンのカルザイ政権は,タリバンを生んだ隣国パキスタンへの反発を強めている.
 カルザイ大統領は最近,
「パキスタンのマドラサ(宗教学校)ではいまも,ジハード(聖戦)のためにアフガニスタンへ行き,学校や病院を焼き払えという教育が行われている」
と非難.
 スパンタ外相も,国際テロ組織アルカーイダの指導者ウサマ・ビンラーディン容疑者について
「パキスタンに住んでいることは確かだ」としたうえで,「パキスタンは拘束できるのにやる気がない」
と述べ,パキスタン政府の対応に強い不満を表明している.

――――――(産経新聞) - 2006年5月23日3時10分

▼ また,UNAMA(国連アフガニスタン支援団)が,2010.8.10に発表したところによれば,2010年上半期の民間人死傷者3268人(死者1271人,負傷者1997人)のうち,簡易爆弾と自爆テロで死亡した子供は74人で,前年同期と比べて155%増となったという.
 詳しくは,
2010年8月10日20時41分,産経新聞(ニューデリー 田北真樹子)
を参照されたし.▲


 【質問】
 自爆テロ実行犯たちの動機は?

 【回答】
 国連アフガン支援ミッションの調査によれば,自爆を実行するのは若い男性が中心で,動機には
「生き残れば携帯電話やバイクを買うお金が手に入る」
などもあったという.
2007年9月11日22時18分,毎日新聞

 もちろんカルト的な洗脳を受けた者もいるだろうことは,想像に難くない.


 【質問】
 対テロ戦にからむ,2010年上半期の民間人死傷者は?

 【回答】
 UNAMA(国連アフガニスタン支援団)が,2010.8.10に発表したところによれば3268人(死者1271人,負傷者1997人).
 全体の死傷者数の76%は,反政府武装勢の攻撃による.
 これは前年同期比31%増で,その要因として,簡易爆弾の性能向上と,暗殺や子供を含めた処刑が増えたことが指摘されている.

 一方,駐留外国部隊やアフガン国軍などの攻撃による死傷者は386人.

 【参考ページ】
2010年8月10日20時41分,産経新聞(ニューデリー 田北真樹子)


 【質問】
 カンダハル連続自爆テロ事件とは?

 【回答】
 2006/7/22夕刻発生.
 1件目は,爆弾を積んだ車が,カナダ軍の車列に突っ込んで爆発.
 2件目は,その1時間後,1件目から約100m離れた場所で発生.
 前者ではカナダ兵2人と民間人1名が死亡,後者では少なくともアフ【ガ】ーン人5人が死亡した.

 【参考文献】
2006年7月23日3時11分,読売新聞


 【質問】
 2006/9/8カーブル連続自爆テロとは?

 【回答】
 カーブルにおいて同日発生した,他国籍軍を狙ったと見られるテロ.
 その一部については,ターリバーンが犯行声明を出している.
 ムスリム・ムスリマによる集団礼拝が行われる特別な日であるはずの金曜日に発生したテロとして注目される.

 以下引用.

アフガンの米大使館付近などでテロ,16人が死亡

 【イスラマバード=佐藤昌宏】アフガニスタンからの報道によると,首都カブールの米大使館付近などで8日,駐留多国籍軍を狙った自爆テロ事件などが相次ぎ発生し,少なくとも16人が死亡した.

 イスラム教国のアフガンでは集団礼拝が行われる金曜日はイスラム教徒にとって特別な日で,これまで目立ったテロ活動は発生しなかった.
 9月11日の米同時テロ5年を目前に控え,旧支配勢力タリバンが攻勢を強めている.

 米大使館付近での自爆テロについては,タリバンが犯行声明を出した.

 米大使館から約100メートル離れた路上で,多国籍軍の車列に爆薬を積んだ車両が激突.
 死亡した16人のうち2人は米兵で,周囲の建物は爆風で窓ガラスなどが粉々に吹き飛んだという.

読売新聞,2006年9月8日23時58

 ターリバーンがアフガーンの伝統的なムスリムであるという中村医師らの主張は,この一件によって完全にデタラメ認定できると言ってもよい.


 【質問】
 アブドル・ハキム・タニワル知事暗殺事件とは?

 【回答】
 2006/9/10,アフガニスタン東部パクティア州の州都ガルデズで,自爆テロによってアブドル・ハキム・タニワル知事が暗殺された事件.
 知事はオーストラリアで大学教授をした経験があり,元鉱工業相.
 知事のいとこと護衛も死亡し.6人が負傷.
 犯人不明.

 以下引用.

<アフガニスタン>州知事暗殺 タリバンによる自爆テロか

 【テヘラン春日孝之】アフガニスタン東部パクティア州の州都ガルデズで10日,自爆テロがあり,AFP通信によると,アブドル・ハキム・タニワル知事が暗殺された.知事のいとこと護衛も死亡.6人が負傷した.
 治安当局によると,知事らが車に乗り込んだところ爆弾を体に巻き付けた男が近づき起爆させた.タリバンか地元武装勢力によるものとみられる.
 同通信によると,タニワル氏は5年前の米同時多発テロ後,オーストラリアの大学教授の職を辞して約20年ぶりに帰国.鉱工業相を務め約1年半前に同州知事に就任した.

 一方,アフガン南部の中心都市カンダハル市近郊のパンジュワイ地区で今月2日から始まったタリバンとみられる武装勢力と北大西洋条約機構(NATO)軍主導の国際治安支援部隊(ISAF)の戦闘は10日,隣接地区にも拡大し,NATO軍によると,これまでに双方で約420人が死亡したという.

毎日新聞,2006年9月11日10時44分

 まあ,地元武装勢力なら自爆テロという手段はまず用いない――自殺はイスラームの教義に反すると考えられている――ので,ターリバーンの犯行である可能性が高い.


 【質問】
 カンダハール子供テロ事件とは?

 【回答】
 2006/9/18,カナダ兵らが子供たちに文具を配布中のところに,テロリストが自転車で突入,自爆した事件.
 カナダ兵4名死亡.他死傷者多数.
 子供の負傷者は24人で,うち4人は重体.
 ターリバーンが犯行声明を出している.

 以下引用.

文具配布中に自爆テロ,子供・兵士ら28人死傷

 【イスラマバード=佐藤昌宏】AFP通信によると,アフガニスタン南部カンダハル州で18日,自爆テロとみられる爆発があり,同地に展開する国際治安支援部隊(ISAF)所属のカナダ兵4人が死亡したほか,一般住民にも多数の死傷者が出ている模様だ.旧支配勢力タリバンが犯行声明を出した.

 爆発当時,カナダ兵らは子供たちに文具を配布中で,自爆テロ犯は,この人だかりを狙って自転車で突入したらしい.
 現地の警察署員によると,子供の負傷者は24人で,うち4人は重体だという.

読売新聞,2006年9月18日22時47分


 【質問】
 ウルグン・レストラン自爆テロ事件とは?

 【回答】
 2006年11月27日,アフガニスタン東部パクティカ州ウルグンの,ホテル内のレストランに入り込んだ男が自爆,客ら少なくとも15人が死亡,24人が負傷した事件.

アフガンの自爆テロで15人死亡 ホテル内のレストランで実行

 【アルジャジーラ特約26日】アフガニスタン東部パクティカ州ウルグンのホテルで26日,同ホテル内のレストランに入り込んだ男が自爆,客ら少なくとも15人が死亡,24人が負傷した.

 モハンマド・アクラム同州知事によると,同レストラン内では当時,アフガン軍特別部隊の司令官や同州当局者数人が集まっており,犯人はこれら当局者を標的に,自爆テロを行った可能性がある.

 地元捜査当局者によると,自爆犯はパキスタン人だったという.

 また首都カブールに本拠を置く国際治安支援部隊(ISAF)は,この爆発の威力は大きく,ホテルに隣接する建物が倒壊する被害を受け,これに巻き込まれて死亡した市民もいた.

 北大西洋条約機構(NATO)が率いるISAFのニッティグ報道官によると,アフガンでの自爆テロは今年に入って今回が102件目で,その結果,死者は一般市民を中心に計241人に上っている.

 昨年1年間に旧政権勢力タリバンなどが実行した自爆テロ事件は約20件だった.

 これとは別に,タリバンは24日から25日にかけて,アフガン南部ウルズガン州トゥリムコットおよびカンダハル州内で,数回にわたって攻撃を仕掛け,ISAF軍部隊などと交戦となった.

 ISAF側の声明によると,これら戦闘で同軍兵士1人が死亡したほか,タリバン側にも死者55人の損害を与えたという.

 同声明によると,タリバン側はかなりの大部隊で攻撃を仕掛け,これに対しISAF側が応戦するとともに,戦闘機の出動も要請したという.

 今年に入り,タリバンなどとの交戦で死亡したISAF側兵士数は約120人.昨年1年間の同数は約70人だった.(翻訳・ベリタ通信=志岐隆司)

アルジャジーラ ,2006年11月27日03時37分


 【質問】
 オスマニ司令官殺害作戦とは?

 【回答】
 2006/12/19.パキスタン国境に近いアフガン南部で,ターリバーン幹部,ムッラー・アクタル・モハンマド・オスマニ司令官を空爆で殺害したとされる作戦.
 同司令官はテロ攻撃指導の他,財政なども担当していたという.

 以下引用.

アフガンでタリバン幹部を殺害 駐留米軍が発表

 【アルジャジーラ特約23日】アフガニスタン駐留米軍は23日,パキスタン国境に近いアフガン南部で今月19日,アフガン旧政権タリバンの幹部の1人,ムッラー・アクタル・モハンマド・オスマニ司令官を殺害したと発表した.

 それによると,米軍部隊は同19日,オスマニ司令官が車で同南部ヘルマンド州を移動しているのを発見して空から攻撃を仕掛け,同司令官を殺害したという.

 オスマニ司令官はアフガン南部の司令官で,最近激しさを増しているテロ攻撃の指導者とみられているほか,アルカイダのウサマ・ビンラディンに近い人物とされる.

 これに対しタリバンの報道官はアルジャジーラに対し,オスマニ司令官は生存しており元気だと言明するとともに,米軍が殺害したのは地方の軍司令官だったと明らかにした.

 さらに,もう1人のタリバン司令官,ムッラー・ハヤト・カーン氏はロイター通信に対し「オスマニ司令官殺害説を否定する.オスマニ司令官は米軍が車両後空爆したとする地域にはいなかった.米軍および北大西洋条約機構(NATO)はしばしば,誤った情報を流す.今回も反タリバンの謀略だ」と強調した.

 一方,駐留米軍のコリンズ報道官はオスマニ司令官はタリバンの指導部を構成する重要人物で,ビンラディンとタリバン指導者オマル師に近い人物でもあると述べた.

 その上で,コリンズ報道官は「オスマニ司令官はアフガン国民,NATO軍部隊,そしてアフガン政府を標的にしたテロ攻撃の責任者で,南部地区の司令官だった.今回の殺害で姿を消した」と指摘した.

 さらに同報道官によると,オスマニ司令官は軍事部門だけでなく,タリバンの財政部門も担当し,拉致事件やテロ事件を指揮したいたという.

 同報道官によると,米軍はオスマニ司令官の車両を空から追跡し,市民らへの影響が出ないと判断した場所,時間帯に空爆を実行したという.
(翻訳・ベリタ通信=志岐隆司)

2006年12月24日00時12分,アルジャジーラ


 【質問】
 韓国人ボランティア拉致・殺害事件とは?

 【回答】
 2007/7/19.韓国人ボランティア23人がアフガン東部ガズニ州をバスで移動中に拉致された事件.
 男性2人が殺害された後,8/13に女性2人が,8/29〜30に残り19人が解放された.
 この事件では,被誘拐者のうち3人が,「アフガーニスタン旅行自粛要請」の案内文の前で撮った記念写真が,ネット上に出回って被誘拐者も批判され,また,朝鮮日報も2007/7/21/09:00付社説で
「無謀過ぎるアフガニスタンでの宗教活動」
と彼らを批判した.


 【質問】
 ターリバーンに誘拐された韓国人達は,アフ【ガ】ーニスタンで布教活動を行っていたとする情報もあるが?

 【回答】
 大いにありえる話.
 黒田勝弘によれば,韓国人は海外での布教に非常に熱心だという.
 モンゴル,旧ユーゴ,イラクといった地域で,韓国人の宗教的情熱がしばしば話題になるという.
 また,ある調査によると,布教や奉仕活動で海外に派遣されている宗教人は世界175か国,1万6000人に上るという.

 このように韓国人が布教熱心な理由として,
・韓国は“キリスト教王国”であり,全人口の3分の1が信者だが,この“教会パワー”が豊かになった経済力をバックに,海外にまで噴出している
・黒田自身の韓国での生活体験でいうと,「一途な性格」,それと関連のある「思い込みの強さ」,他人には耳を貸さない自己中心主義,名分重視の原理主義的傾向,そして他人への施し好き,「多情」という名のおせっかい好き……などが関係あるように思える
という点を黒田は挙げている.

 詳しくは,『SAPIO』,2007/8/22・9/5号を参照されたし.

 そういえば,日本でしばしば問題になる統一協会も,韓国発だったね.


 【質問】
 韓国人ボランティア拉致・殺害事件において,身代金は支払われたのか?

 【回答】
 2007年9月2日8時1分付,産経新聞(菅沢崇)によれば,これについては当初,韓国政府もターリバーンも否定していたが,2007/9/1,ロイター通信に対してターリバーン幹部が,韓国政府が身代金として2000万ドル以上支払ったことを認めたという.
 この幹部はターリバーンの評議会メンバーの1人とされ,
「身代金は武器購入や組織の通信網の刷新,自爆テロを遂行するための車両購入に充てる」
と述べたという.

 詳しくは同記事を参照されたし.


 【質問】
 カンダハル刑務所襲撃事件とは?

 【回答】
 2008.6.13夜,カンダハルでターリバーンがロケット弾や自爆テロ攻撃によって刑務所を襲撃し,1000人以上の収容者を脱走させた事件.
 AP通信によると,ターリバーンの戦闘員が午後9時半(日本時間14日午前2時)ごろ,刑務所の正門に爆薬を満載したトラックで突っ込んだ.
 その後,敷地外からロケット弾も撃ち込まれ,戦闘は約30分間続いた.
 ターリバーン報道官は,戦闘員らは約2カ月前から襲撃の計画を練り,バイクに乗った戦闘員30人と自爆テロ要員2人による攻撃で,ターリバーンのメンバー約400人を逃亡させたとしている.
 ロイター通信によると,脱走者はターリバーンを含めて約1150人にのぼる.

 戦闘の末,警備の職員らも多数が死亡した模様.

 【参考ページ】
2008年6月14日16時7分,産経新聞(バンコク=菅沢崇)


 【質問】
 アフ【ガ】ーン文化省テロとは?

 【回答】
 アフガンの首都カブールにある同国文化省で,十月三十日テロが発生し,少なくとも五名が死亡しました.
 アフガンで中央省庁がテロの被害にあうのは異例のことです.
 門にいた警備員を射殺して庁内に侵入した男が,記者会見場で自爆テロを起こしています.

 タリバーンが犯行を認めていますが,文化省を狙ったことについては口を閉ざしているそうです.

 ⇒記者会見場での自爆テロといえば,9.11に先立って行なわれた,アルカーイダによるマスード司令官暗殺を思い起こしますね.

おきらく軍事研究会,平成20年(2008年)11月3日


 【質問】
 バジョール地区反ターリバーン集会自爆テロ事件とは?

 【回答】
 2008.11.6,パキスタン北西部のアフガニスタン国境沿いの部族地域,バジョール地区の村で,ターリバーンに敵対する部族幹部が集会を開いていたところ,自爆とみられる爆弾攻撃を受けた事件.
 AFP通信によれば10人が死亡,45人が負傷した.
 部族地域では一部の部族が政府当局と手を組んでタリバンや国際テロ組織アルカイダの駆逐作戦を展開中.
 これに対してタリバンなどによる報復がたびたび行われており,10月には部族長老ら少なくとも50人が死亡する自爆テロがあった.

 【関連リンク】
2008年11月6日21時35分,時事通信


目次へ

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

Ads by Sitemix