c

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆◆◆◆テロリズム 2011
<◆◆◆◆テロリズム
<◆◆◆治安回復問題
<◆◆戦史
<◆アフ【ガ】ーニスタン
南アジアFAQ目次


 【link】

「2ch radio」◆(2011/06/26)【アフガニスタン】 武装勢力,8歳少女に爆弾入りのカバンを渡し,警察へ持っていくように指示  遠隔操作で起爆させ,少女は死亡

「47news」◆(2011/06/26) 8歳少女が爆弾運び死亡 アフガン南部

「Al Jazeera」◆(2011/05/17)'Suicide bomber' targets Kazakh police

D.B.E. 三二型」(2011/06/28)◆アフガン南部で幼女型爆弾が炸裂

「NY Post」◆(2011/06/27)Afghan girl, 8, killed when insurgents detonate a bomb in a bag she was forced to take to police

「NY Times」◆(2011/06/25)At Least 30 Killed by Car Bomb Explosion at Afghan Hospital

「NY Times」◆(2011/08/08)New Tibetan Leader Sworn In as Premier

「NY Times」◆(2011/10/16)Afghans Are Rattled by Rule on Searching Turbans

「Russia Now」◆(2011/05/17)Suicide bomber targets Kazakh state security building

「Teregraph」◆(2011/01/12)Suicide bomber kills four in Afghanistan

「WP」◆(2011/02/24)Suicide bomber kills Afghan intelligence officer

「WP」◆(2011/06/25)Afghan government raises death toll in cab bombing at medical clinic to 60


 【質問】
 カンダハル警察本部等連続テロ事件とは?

 【回答】
 カンダハルの警察本部では,武装グループと警官隊が,数時間にわたって銃撃戦を展開.
 さらに市内2カ所で自動車爆弾が爆発した.

 地元当局によれば,17人が死亡,60人が負傷した.
 死者の大半は警官だが,民間人や兵士も犠牲になった.

 ターリバーンが犯行声明を出した.

 【参考ページ】
時事通信,2011年2月12日(土)23時38分


 【質問】
 カンダハールUNCHR自爆テロ事件とは?

 【回答】
 現地当局者と国連によれば,2011.10.31朝,,国連難民高等弁務官事務所(UNCHR)のゲストハウス近くで発生した,自爆テロ事件.
 カンダハール州知事の広報室は,
「アフ【ガ】ーン市民3人が死亡し,1人が負傷した.
 ネパール人1人も負傷している」とツイッターを通じて表明.
 また,現地では依然として武装した2人組が,治安部隊と銃撃戦を続けていると明らかにした.

 アフ【ガ】ーニスタンでは当時,外国施設を狙った攻撃が相次いでいた.

 【参考ページ】
ロイター,2011年10月31日(月)13時26分


 【質問】
 カンダハル市長暗殺事件とは?

 【回答】
 2011.7.27,アフ【ガ】ーニスタン南部カンダハル州の州政府報道官によれば,州都カンダハル市のグラム・ハイダル・ハミディ市長が,市長室内で自爆テロに遭って死亡した事件.[1][2][3]
 当時,市長は市庁舎の敷地内で,地元住民の土地をめぐる争いについて協議中だったが[2],自爆テロ犯は,頭に巻いたターバンに爆発物を隠して,市長室に招かれた部族長と一緒に市長室に入り込んだ.[1][2][3]

 ハミディはカルザイ大統領と近く[1][2],次期カンダハル州知事の有力候補の一人に目されていた人物.[1]
 また,東日本大震災後,義援金として5万ドルを日本に送ることを,いち早く表明した人物でもある.[1]
 カンダハルでは同月,カルザイ大統領の弟で州議会議長だったアフメド・ワリ・カルザイが護衛に殺害されるなど,カルザイに近い人物の殺害が相次いだ.[1][2]

 ターリバーンが犯行を認めた.[1]

 【参考ページ】
[1]産経新聞,2011年 7月月28日(木)7時57分(ニューデリー 田北真樹子)
[2]時事通信,2011年7月27日(水)17時25分
[3]ロイター,2011年7月27日(水)15時44分


 【質問】
 ラシュカルガ警察本部自爆テロ事件とは?

 【回答】
 2011.7.31,アフ【ガ】ーニスタン南部ヘルマンド州の州都ラシュカルガで起きた,警察本部を狙った自爆テロ事件.
 犯人は車に爆弾を積み込み,警察本部の入り口付近で爆発させたという.

 AP通信によると,警官ら少なくとも11人が死亡,12人が負傷したという.

 力ターリバーンが犯行を認めた.
 アフ【ガ】ーンでは7月中旬から下旬にかけ,ラシュカルガを含む国内7地域で国際治安支援部隊(ISAF)からアフ【ガ】ーン政府へ治安権限移譲が行われたばかり.

 【参考ページ】
読売新聞 8月1日(月)0時35分【クエッタ(パキスタン南西部)=横堀裕也】


 【質問】
 2011.9.13カーブル同時多発テロ事件とは?

 【回答】
 2011.9.13,カーブルでターリバーンが,米大使館などを狙ってロケット弾や銃砲などで襲撃,および数件の自爆テロを起こした事件.[1][2]

 カーブル警察によると,ターリバーンは最初に午後1時半(現地時間)ごろ,米大使館から800mほど離れた建設中のビルを占拠し,ビルの上階からロケット弾や機関銃で,米大使館やISAF司令部などを攻撃した.[1]
 米国大使館の敷地内にはロケット弾が着弾したが,大使館の報道官は,
「スタッフに死傷者はない」
としている.[2]
 また,彼らは周辺建物にも乱射.[2]
 治安部隊はこれと交戦し,ISAFがヘリコプターで戦闘を支援した.[2]

 そしてターリバーンはその後,交通管制施設や高校を標的とした自爆テロも起こした.
 カーブル警察によれば,市の中心部,国境警備隊本部近く,議会近くの高校前,さらにカーブル国際空港で自爆テロが発生したという.
 この影響で,カーブル空港は閉鎖された.
 さらに,スクールバスを狙ったロケット弾による攻撃もあり,数人の子供が負傷,少なくとも3人の子供が死亡したとの報道もある.[1]

 内務省によるとこれまでのところ警官4人,民間人3人が死亡,民間人約20人が負傷したという.[1]
 また,フランス通信(AFP)は,内務省筋の話として,4カ所への襲撃で警官4人と民間人2人が死亡,15人が負傷したと伝えた.[2]
 ターリバーン側は,6人が警官により殺害された.[1]

 ターリバーンがカーブルで起こした攻撃としては最大規模のものであり,カーブル警察のスポークスマンは,
「カーブル全域が攻撃されたのは初めてのことだ」
と述べた.[1]

 その後ターリバーンは,この一連の攻撃を行ったことを認めた.[1]

 米中枢同時テロから10年を迎え,カーブル市内ではテロに対する通常以上の警戒態勢が取られていたにもかかわらず,襲撃はカーブル市内で最も警備が厳重とされる施設に対して行われている.[2]
 カーブル市内の治安は,アフ【ガ】ーン治安部隊が担っており[2],治安部隊の能力不足は,本事案からも明白だといえよう.

 【参考ページ】
[1]ウォール・ストリート・ジャーナル,2011年9月14日(水)10時4分
[2]産経新聞,2011年9月14日(水)7時56分【ニューデリー=田北真樹子】


 【質問】
 ラバニ元大統領暗殺事件とは?

 【回答】
 2011.9.20,アフ【ガ】ーニスタン政府の対ターリバーン交渉を担当する,高等和平評議会の議長を務めていたブルハヌディン・ラバニ元大統領が,首都カーブルの自宅で自爆テロ攻撃を受け,殺害された事件.

 ISAFや警察によれば,男2人が何らかの交渉目的でラバニの自宅を訪れ,うち1人が同氏の目の前で自爆したという.[1][3][5]
 また,BBC電子版によると,テロ発生時,ラバニは旧支配勢力ターリバーンの幹部2人と面会中だったという.[2]
 犯人は3人だったとの情報もある.[5]
 この日,ラバニの自宅では,同氏とターリバーン代表者の会談が予定されており,犯人の男は予定時刻に現れてターリバーン代表者を名乗り,中に通されたところで自爆したという.[5]
 あいさつの途中で,爆弾を起爆させたとされている.[6]
 自爆した男は,頭に巻いたターバンの中に爆発物を隠し持っていたとみられていて[4][5],十分な所持品検査は行われなかったという.[4]
 爆発音はラバニの自宅から近い米国大使館とISAF本部でも聞こえ,両施設は一時的に閉鎖され,調査が行われた.[5]

 ラバニとボディーガードら,計5人が死亡し[4],評議会事務局長のスタネクザイ大統領顧問[6]や,ラバニの側近など4人も負傷した.[5]

 ロイター通信によると,ターリバーンが犯行を認めたという.[4][6]
 ターリバーンの報道官はロイター通信に,,「自爆テロ犯はターリバーン指導層によって選ばれ,訓練された人物」
と証言した.[6]
 信頼を得るため,何度もラバニに会っていたという.[6]

 国連総会出席のためニューヨークを訪問していたアフ【ガ】ーニスタンのカルザイ大統領は,ラバニについて
「アフ【ガ】ーニスタンのため,そして我が国の平和のために生涯を犠牲にした」
と,同氏の死を悼んだ.[5]
 ロイター通信によると,同大統領は,急きょ帰国することを決めた.[2][5]

 ラバニは2010年10月,約70人の国会議員や元ターリバーン政権閣僚などで構成する,同評議会の議長に就任.[6]
 有力政治家として存在感を発揮していたが,評議会議長のポストについては,
「パシュトゥーン人を主体とするターリバーンの敵だった人物にはふさわしくない」
との指摘もあった.[6]
 ある評議会メンバーは,評議会では,ターリバーンの末端メンバーの切り崩しを進めるべきとするラバニの方針と,ターリバーン指導層に接触するべきだと主張する勢力があり,意見対立があったと明かしている.[6]

 和平交渉についてカルザイは,訪問先のニューヨークにて,和平への取り組みが,ラバニの暗殺で「妨害されることはない」と強調した.[6]

 【参考ページ】
[1]時事通信,2011年9月21日(水)0時35分
[2]読売新聞,2011年9月21日(水)0時54分【ニューデリー=新居益】
[3]フジテレビ系(FNN),2011年9月21日(水)6時58分
[4]日本テレビ系(NNN),2011年9月21日(水)8時30分
[5]CNN,2011年9月21日(水)9時42分
[6]産経新聞,2011年9月21日(水)21時23分【ニューデリー=田北真樹子】


 【質問】
 「アーシュラ」連続爆弾テロ事件とは?

 【回答】
 2011.12.6,アフ【ガ】ーニスタンにて相次いで発生した,イスラーム教シーア派信者を狙ったと見られる爆発テロ事件.

 カーブルでは2011.12.6正午ごろ,イスラム教シーア派のモスク前でテロは起きた.
 カーブル旧市街地の川岸にあるアブファザル廟(びょう)の近くの混雑した通りで,爆発は起きた.[4]
 同廟は,大統領府や国防省などが集まった地区にある.[5]

 フランス通信(AFP)によると,死者約60人.[1]
 また,厚生当局によると死者46人,負傷者193人.[2]
 この日は「アシュラ」と呼ばれるシーア派の祝日にあたり,モスクには信者が[2][3]数百人集まっていた.[3]
 犠牲者には女性や子どもも多数含まれるという.[2]

 パキスタンに拠点を置く,スンニ派の過激派組織「ラシュカレ・ジャングビ」が[1][2],パキスタンのラジオ局に対して,犯行を認める声明を出した.[2][4]
(ただし,WSJによれば,この報道は未確認.[4])
 「ラシュカレ・ジャングビ」はアル=カーイダやパキスタンのターリバーンとの関連が指摘される組織.[2]
 イスラマバードのホテルで2008年に起きた,自爆テロ事件にも関与したとされる.[2]
 アフ【ガ】ーニスタンでは,宗派間の対立による大規模テロは,これまでほとんど起きていなかった.[2]

 一方,フランス通信(AFP)によるとターリバーンは,テロを非難する声明を出した.[5]

 また,北部バルフ州の州都マザリシャリフでは同日,交通量の多い交差点で爆発があり,[2][3]警察によると4人が死亡,21人が負傷した.[2]

 南部カンダハル州でも,シーア派を狙ったとみられる爆弾テロにより,警官2人と市民3人が負傷した.[3]

 7日には南部ヘルマンド州にて,道路脇に仕掛けてあった爆弾による爆発で,女性と子供を含む19人が死亡した.[1]

 これら事件の間の関係は不明.[2]

 時事通信によれば,
>アフガンでシーア派を狙った大規模なテロが起きるのは,近年では異例
だという.[6]

 【参考ページ】
[1]産経新聞,2011年12月8日(木)1時43分(カーブル 田北真樹子)
[2]CNN,2011年12月7日(水)9時51分
[3]ロイター,2011年12月7日(水)9時17分
[4]ウォール・ストリート・ジャーナル,2011年12月7日(水)9時13分
[5]産経新聞,2011年12月7日(水)7時55分(カーブル=田北真樹子)
産経新聞,2011年12月6日(火)21時24分(カブール 田北真樹子)
[6]時事通信,2011年12月6日(火)16時58分


目次へ

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

Ads by Sitemix