c

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆中国海軍
<◆中国
東亜FAQ目次


 【link】

「an Arms Watcher」◆(2010/07/04)中国海軍艦艇,再び沖縄近海を航行し太平洋に進出

「Defence News」◆(2012/09/08)Tension Rises Over China's Disputed Sea Claims

「Defense News」◆(2012/09/29)Images Provide Clues to China's Naval Might

「Naval War College」◆(2012/01/24)Prof. Holmes recommendation for countering China naval power with littoral combat ships is echoing in blogs

net bunker」(2010/09/23)◆南沙諸島における中国人民解放軍の活動

「Strategy Page」◆(2013/01/26) SURFACE FORCES : China Puts Female Sailors To The Seagoing Test

「Strategy Page」◆(2013/01/27) SURFACE FORCES : China Versus The Scuba Commandos

「The Jamestown Foundation」:中国とヴェトナム,南シナ海のトラブルの現状
Trouble and Strife in the South China Sea: Vietnam and China
By Ian Storey April 14, 2008

「The Jamestown Foundation」:中国とフィリピン,南シナ海のトラブル現状
Trouble and Strife in the South China Sea Part II: The Philippines and China
By Ian Storey 29 April 2008

「The Jamestown Foundation」:中国の「ソフト」海軍力は存在するか?
(2008年からのアデン湾沖への海洋警備活動への派遣と,その背景にある思想や目的について分析)

「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版」◆(2011/06/14)【オピニオン】南シナ海波高し―中国の自制求む

「国際情報センター」◆(2010/07/31)南シナ海を巡る米中間のやりとり

「古森義久」◆(2010.2.7)中国が南シナ海で軍事進出

「人民網」◇(2013/01/18) 中国海洋発展研究会が設立

「人民網」◇(2013/01/18) 中国で最高精度の測量衛星「資源3号」

「人民網」◇(2013/04/17) 中国の国防白書発表,海洋問題を重視

「地政学を英国で学ぶ」●二〇一五年:中国海軍に敗れた米海軍

「地政学を英国で学ぶ」●二〇一五年:中国海軍に敗れた米海軍 その2

「地政学を英国で学ぶ」◆動き出す中国海軍

「地政学を英国で学ぶ」◆(2010/05/03)中国の海洋戦略:最近の動向

「地政学を英国で学ぶ」◆(2010/05/10)中国海軍の一連の動き:あるシンクタンクの分析

「地政学を英国で学ぶ」◆(2010/11/17)中国海軍による侵略の歴史

「中南海ノ黄昏」:南シナ海における米軍との衝突

「中南海ノ黄昏」◆(2010/08/04)米国,南シナ海を掻き回す

「東京の郊外より・・・」◆(2013-03-09) パキスタンの港が中国企業管理に

「日本周辺の軍事兵器」:中国海軍

「日本の情報・戦略を考える アメリカ通信」◆(2012/03/30) 「シーパワー」を目指す中国

「日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信」◆(2013/04/03) 中国は海洋強国たり得ない

「フォーリン・アフェアーズ・リポート」◆(2011/06/10)いまや大中国圏が形成され始めている.そして,影響圏形成の鍵を握るのが中国の海軍力だ.中国は,米海軍が東シナ海その他の中国沿海に入るのを阻止するための非対称戦略を整備している(R・カプラン)

「リアリズムと防衛を学ぶ」◆(2010/07/23)中国とアメリカは「海のナワバリ」を争う

「リアリズムと防衛を学ぶ」◆(2011/01/11)中国の離島侵攻プランと『戦略的辺彊』

「ロシアの声」◆(2011/06/12)中国海軍の拡大はどのような影響を与えるか

新「六課」◆(2012/04/23)ロシア-中国海軍合同演習「海洋協同-2012」が始まった

新「六課」◆(2012/04/24)ロシア-中国海軍合同演習「海洋協同-2012」の活動段階が始まった

新「六課」◆(2012/04/25)ロシア・中国海軍艦艇は黄海で演習を実施する

●書籍

『中国海軍と近代日中関係』(馮青著,錦正社,2011/11/29)

 清末の北洋海軍から,日清戦争後の海軍再建,その再建期に於ける日本海軍の役割,米国の関与,中華民国初期に於ける米国からの海軍再建借款履行に対する苦境と挫折,東北海軍の発展と日本との関係について述べた論考集.
 今まで余り光の当たっていない部分だけに,面白そうな命題.

------------眠い人 ◆gQikaJHtf2 :軍事板,2012/02/13(月)
青文字:加筆改修部分

『中国の海洋戦略にどう対処すべきか』(太田文雄&吉田真著,芙蓉書房出版,2011/8/9)

 まだ読んでませんが,良さげ.
 中国の最近の全般ドクトリン/海洋戦略/組織などを紹介しつつ,対策を提言.
 といっても,対策は内容に20%くらいの分量,
 対策よりも中国海洋戦略の分析に,重点が置かれています.
 なんか防衛白書の補足説明版な感じもしますが,最近の海自の中国に対する見方の一端が伺い知れる書籍ではないかと.
 防衛白書の補足資料という位置づけで取ると良いです.

 著者は元情報と元海幕の人ですね(現防大教授)
 これの陸空軍版も出ないかなぁ…特に陸希望.

------------Lans ◆xHvvunznRc :軍事板,2012/02/08(水)
青文字:加筆改修部分

 悪い本じゃないと思ったが,今年になって,防衛白書や防衛研究所の出版物からの無断引用が行われていたのが明らかになったのが残念.

------------軍事板,2012/02/08(水)

『万里の長城を,海に 21世紀の中国海軍』 Bernard D. Cole著<「リアリズムと防衛を学ぶ」◆(2011/01/17)

『東シナ海が危ない!』(上田愛彦他著,光人社,2007.1)

 パイプライン完成とともに操業開始を取り沙汰される,東シナ海ガス田をめぐる紛争,その実態とは?
 尖閣諸島に大挙上陸,占拠の可能性はどんなものか?
 厳然として今そこにある危機に,日本はどのように対処するべきでしょうか.
 専門家が,テーマ別に政治的,経済的,戦略的観点から複眼的視野で分析し,支那の危険度を透視した話題の作品です.
 著者は,上田愛彦予備役陸将[陸軍中将],高山雅司予備役海将補[海軍少将],杉山徹宗氏など,わが国唯一の軍事シンクタンク「ディフェンス・リサーチ・センター(DRC)」のメンバーです.

――――――おきらく軍事研究会,平成18年(2006年)12月18日

 【質問】
 中国海軍のドクトリンはどこの影響を受けているのか?

 【回答】
 かつての仮想敵だったソ連時代の経験・思想から多くを学んでいるという.
 これは全世界的に展開しうる海軍の建設を,中国が企図しているため.

 中国の海洋軍事ドクトリンは,2015年までに1,000浬,2025年以降は全世界的にその力を行使しうる海軍の建設を計画している.
 そして年々増加する潤沢な軍事予算により,艦艇やインフラの整備は進んでいるが,戦略や戦術などに関する知識・経験不足は否めず,冷戦時代の戦略仮想敵であるソ連(ロシア)海軍の思想や経験を拝借しているのが現状だ.
 ロシア太平洋艦隊の高官は,次のように述べている.
「中国は山東省周辺海域で行われた初の露中軍事演習『平和ミッション2005』を機に,揚陸作戦に必要な準備,部隊の展開,戦術や連携を学び,貴重な経験を手に入れた.
 また,中国軍参謀本部や海軍司令部は,旧ソ連海軍の大規模な演習を研究しており,特に空母機動部隊の運用や対処策に高い関心を寄せている」

「世界の艦船」2006年3月号,p.152(A. V. Polutov著述)

 まあ,米国海軍のそれは真似しようにも真似できるものではないからね.


 【質問】
 1971年以降の中共海軍の略史を教えてください.

 【回答】
1971年
 中共が自国開発したとされる第一世代通常潜水艦が進水.
1974年
 中共初の原潜が就役.
1980年
 海軍艦艇18隻から編成された特殊混合編隊が,太平洋海域で中共初の長距離弾道弾試射任務を実施.
1981年
 近代化された軍艦「済南」に艦載機と衛星ナビゲーションを搭載.
1982年
 潜水艦発射弾道ミサイルの実験に成功.
 海軍艦艇70数隻が潜水艦発射弾道戦略ミサイルの実験任務に参加.
1983年
 中共最初のミサイル原潜が就役.
1984年
 海軍J506艦が中国初の遠洋実験通信衛星の打ち上げ任務に参加.
 海軍J121艦と艦載ヘリコプター及び308人の士官・兵士が南極遠征.
 中共南極観測所の長城駅を設立.
 中共海軍艦艇の遠距離航海の新記録を更新.
1985年11月16日
 ミサイル駆逐艦「合肥」,大型補給艦「豊倉(現在の名称は「(番+オオザト)陽湖」)」で編成された部隊がパキスタン,スリランカ,バングラデシュ3カ国を訪問.
 中共海軍部隊の外国訪問はこれが初めて.
1986年
 中共最初の完全密閉式NBC防御型フリゲート「黄石」が就役.
1988年
 SLBM(潜水艦発射型弾道弾)の試射に成功.
 水面下発射型戦略ミサイル能力を保有する,世界で5番目の国となった
 大陸まで1400キロ余りの南沙諸島に海軍部隊が海洋観測所を設立.
 中共の口実は「国際気象機関に100万組余りの気象資料を提供している」というもの.
1994年5月
 ミサイル駆逐艦「珠海」,ミサイルフリゲート「淮南」,潜水艦救難母艦(中共の呼び名は「遠洋救助船」)「長興島」で編成された部隊が,初めてロシアのウラジオストックを訪れ,北緯40度線を越えた.
1997年2月〜5月
 ミサイル駆逐艦「ハルビン」,「珠海」,大型補給艦「南倉(現在の名称は「青海湖」)」で編成された部隊が,初めて太平洋を渡り,98日間にわたってアメリカ,メキシコ,ペルー,チリ4カ国を訪問.航程は2万4000海里.
2000年7月
 ミサイル駆逐艦「深セン」,大型補給艦「南倉(現在の名称は「青海湖」)」で編成された部隊が,マレーシア,タンザニア,南アフリカを訪問.
 このときの遠洋航海で,中共海軍艦艇は初めて太平洋,インド洋,大西洋,南インド洋を通ったほか,アフリカ大陸を初めて訪れ,喜望峰を初めて越えた.
2001年8月
 ミサイル駆逐艦「深セン」,大型補給艦「豊倉(現在の名称は「(番+オオザト)陽湖」)」で編成された部隊が初めてドイツ,イギリス,フランス,イタリア4カ国を訪問.
2002年5月〜9月
 ミサイル駆逐艦「青島」,大型補給艦「太倉(現在の名称は「洪澤湖」)」で編成された部隊が,中共海軍初の世界一周を達成.世界5大州の10カ国・港を訪問した.
2003年10月
 中共とパキスタンの海軍部隊が東シナ海長江河口海域で海上合同演習実施.
 海空合同捜索・救助演習を行った.
 中共海軍初の外国海軍との合同演習だった.
2004年3月
 青島付近海域で,中仏海軍が初めて合同軍事演習.
2005年8月
 中共海軍が黄海海域で「平和使命-2005」中ロ合同軍事演習に初参加.
 中共海軍艦艇は相次いでパキスタン,インド,タイの海軍と合同捜索・救助を主目的とした軍事演習を実施.
 これは中共海軍が初めて海外で参加した演習となった.
2007年10月
 中共海軍は,中共が提唱して行われたシナ,オーストラリア,ニュージーランド三国による海上合同捜索・救助演習を南太平洋のタスマン海域で行った.
2008年
 中共海軍は4回にわたって,ブラジル,チリ,エクアドル,海自の四国海軍による航海訓練に参加.
 初めて士官・兵士を派遣した.
2008年5月14日
 中共海軍の特殊作戦隊が2750人の士官・兵士を四川地震の被災地に派遣.
 応急・震災救済の任務につく.
 特殊部隊の参加はこれがはじめて.
 北京五輪大会期間中,海軍は将校・兵士延べ10万人余り,艦艇941隻,航空機12機,車両1万台余りを動員.
 海上,競技場の保安,競技場施設の建設及び開幕式,閉幕式実演などの任務についた.
 海軍創設以来,最大の兵力と装備を派遣した.
2008年12月26日
 アデン湾,ソマリア海域における護衛任務につくため,ミサイル駆逐艦「武漢」,ミサイルフリゲート「海口」,大型補給艦「微山湖」からなる部隊が海南島の三亜から出航.
 4月初めまでに30回余り,計100隻余りの商船護衛任務を行った.
 派遣要員総数は700名規模.
2009年3月
 ミサイル駆逐艦「広州」がパキスタンに派遣され,多国籍合同軍事演習「平和-09」に参加.
 中共海軍は初めて特別作戦分隊を,陸上対テロ演習に参加させた.
 これは中共海軍が海上対テロにおける外国軍との協力と交流に,新しい進展を見せたことを示している.
2009年4月2日
 2次海賊対処派遣部隊のミサイル駆逐艦「深セン」,ミサイルフリゲート「黄山」が湛江を出航,太平洋を経由してインド洋のアデン湾に到着,海賊対処任務にあたった.
(1次隊の補給艦「微山湖」を現地で継続運用)
2009年7月16日
 3次海賊対処派遣部隊のミサイルフリゲート「徐州」,同「舟山」,大型補給艦「千島湖」が舟山を出航.090801より現地で任についた.
2009年10月30日
 4次海賊対処派遣部隊のミサイルフリゲート「馬鞍山」,同「温州」が舟山を出航.
(3次隊の大型補給艦「千島湖」を現地で継続運用)
2010年3月4日
 5次海賊対処派遣部隊のミサイル駆逐艦「広州」,ミサイルフリゲート「巣湖」,補給艦「微山湖」が海南島の三亜を出発した.
 部隊指揮官の張文旦上級大佐は,南海艦隊副参謀長である

 ちなみに,明の時代の支那で「鄭和の航海」というのがありました.
 鄭和が指揮する大艦隊は,明への朝貢を促すための大示威航海を1407年から7度にわたって行いました.
 その範囲は東南アジアをはじめ,インド・中近東,東アフリカにまで達しています.

 20世紀末から外洋海軍の海外派遣をはじめた中共は,2002年に艦艇部隊による「世界一周」を行い,「鄭和の再来」という形で仰々しく発表しました.
 現在の中共は,当時の明を意識しているフシが多々見受けられます.

 ちなみに当時のわが国は室町時代でした.

おきらく軍事研究会,平成22年(2010年)5月24日(月)


 【質問】
 以下の記事ですが,本当に黄海の制海権は中国に攻め込むのに必須?

------------
○小さくなる米国に,変わるアジアの安全保障−日本経済新聞社編集委員 鈴置高史さんに聞く朝鮮半島情勢【番外編その3】−

 黄海は首都,北京の玄関.
 中国にとって極めて重要な海です.
 日清戦争も日露戦争でも,日本が開戦劈頭にこの海で清国やロシアの海軍を打ち破り,海上優勢を確保しました.
 海洋勢力が中国大陸に攻め入るには,黄海の海上優勢が必須だからです.
 逆に中国からすれば,国を守るためには黄海の海上優勢を維持するのが必須です.(鈴置)
------------

 【回答】
 冒頭の
「黄海は首都,北京の玄関.中国にとって極めて重要な海です」
はまったく以ってそのとおりですが,それに続く
「日清戦争も日露戦争でも,日本が開戦劈頭にこの海で清国やロシアの海軍を打ち破り,海上優勢を確保しました」
はちょっとおかしい.
 確かに日清戦争の「豊島沖海戦」は,開戦劈頭に起きて日本が勝利しているが,これによって黄海の制海権を確保できたわけではない.
 清国北洋水師(現在の中国北海艦隊に相当する)は依然,日本よりも優勢な海軍戦力を保持しており,豊島沖海戦の約2ヵ月後の黄海海戦により,北洋水師の主力が撃破されるまで,日本の海上優勢は確定していない.
 そして何より,戦線が中国領まで拡大したとはいえ,日清戦争は朝鮮半島を巡る主導権争いでしかない.
 決して中国への侵略まで日本が考えていたわけでは無い,少なくともあの時点では.
 日本による海上優勢確保は,朝鮮半島への補給路確保のためのものであり,中国侵略のためではない.

 また,日露戦争では,確かに開戦劈頭に旅順港に奇襲攻撃をかけているが,その効果は極めて限定的であり,それにより黄海の海上優勢を確保出来たわけではなかった.
 旅順港には,未だロシア太平洋艦隊の主力が健在であり,ロシアが増援艦隊回航までは艦隊保全主義を採用していた事もあり,日本にとって脅威であり続けていた上に,ウラジオストックのイェッセン支隊による遊撃戦により,日本の海上輸送線は常に脅かされていた.
 日本が黄海の制海権を明確に確保したと言えるのは,陸軍第3軍により旅順要塞が落ち,太平洋艦隊主力が無力化してからだ.

 そもそも日露戦争も,日本の戦争目的は中国侵略ではなく,朝鮮半島へのロシア進出阻止である.
 日本海軍の海上優勢確保も黄海限定ではなく,大陸への補給線確保であり,日本海を含む,より広い範囲の海上優勢が求められていた.

 つまり,日清・日露戦争における海上優勢確保は中国(清国)への侵略目的ではなく,朝鮮半島及び旧満州地域に展開する陸軍への補給線の確保が目的であり,その手段として“敵海上戦力の撃滅”と言う手段がとられた結果,黄海の海上優勢“も”確保できたと言うに過ぎない.
 鈴置氏の主張は,結果から逆算した誤解でしかない.
 少なくとも,日本軍は日清戦争でも日露戦争でも,北京の攻略を実行する予定はなかった筈だ.
 日清戦争では直隷平野での決戦は考えられたが,それは敵野戦軍の撃滅を目的としたものであり,敵国の首都攻略を目的としていたわけではない.

 さらに言うのなら,“日本が”,“北京攻略を目的として”中国に攻め込むのなら,それは黄海の制海権は重要になって来るでしょうね,位置的に.
 ですが日本以外の国が,中国侵攻を意図とした場合,又は日本の場合でも,北京攻略を意図しない場合,果たしてそこまで重要かな?

 例えば昭和期の日中戦争は,第2次上海事変が発端です.
 第2次上海事変で出動した現地軍が暴走し,“当時の首都である南京”に進撃した.
 この場合,制海権確保は,中国側に碌な戦力が無かったので容易であったが,黄海は位置的に大して重要ではなく,東シナ海の制海権確保がより重要になって来る筈だ.
 現代の中国の第1・第2列島線構想でも,主戦場は東シナ海や南シナ海であり,黄海ではない.
 首都攻略と言うのは,中国のような広大すぎる国土を持つ国家に対して,大して有効な戦略ではない.と言うか,相手の面子を潰すだけで却って徹底抗戦を決断させる要因となりかねない.

 実際に日中戦争でも,南京陥落後も重慶に遷都して徹底抗戦,日本は手詰まりに陥ってしまった.
 また第2次大戦欧州戦線でも,ドイツがモスクワを落としても,それでソ連が敗北し得たかどうか怪しいと言われている.

 結論として,上記の記事における,
「海洋勢力が中国大陸に攻め入るには,黄海の海上優勢が必須」
「逆に中国からすれば,国を守るためには黄海の海上優勢を維持するのが必須」
と言うのは,必ずしも正解とはいえない.
「黄海は首都,北京の玄関.中国にとって極めて重要な海」
と言う点は同意できますけどね.

鉄底海峡 in mixi,2012年05月19日15:28
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 島嶼保護法とは?

 【回答】
 「海島(=島嶼)保護法」とは,離島の生態や資源保護・開発を規定した法律であり,2009.12.26,中共の全人代常務委員会によって可決,成立した.
 2010年3月1日に施行される

 1.国による無人島管理や離島の環境保護を柱とする内容で,無人島が国に属すること,環境破壊防止のための離島開発制限を規定している.
 主な狙いは「海洋権益の確保」で,離島やその周辺の,排他的経済水域(EEZ)のエネルギーや漁業資源を確保することにある.

 1.同法には「水に囲まれ,満潮時に水没する陸地」の保護・管理に,同法の規定を「照合」することを盛り込んでおり,
「法の運用次第では,満潮時に水没しないように『管理』し,領海を広げようとする可能性も否定できない」
との懸念が出ている.

 1.わが固有の領土である尖閣諸島や,フィリピン等と支那が領有権を争っている南沙諸島等も,同法でいう保護対象になる可能性がある.

おきらく軍事研究会,平成21年(2009年)12月28日
青文字:加筆改修部分

島嶼保護活動中
(画像掲示板より引用)


 【質問】
 スプラトリー(南沙)諸島問題とは?

 【回答】
 沿岸諸国の国境線が入り組み,海上に無数の島が存在する南シナ海は,EEZ〔排他的経済水域〕の設定には悪夢のような場所だ.その上にスプラトリー諸島全体の領有権を主張する中国の存在がある.
 中国は徐々に圧力を増してきており,それが東南アジアの異常な軍拡競争を招いているという.

 以下引用.

 スプラトリー(南沙)諸島は100以上の島・岩礁・環礁から成り立つ,南支那海の諸島である.
 戦略性の高いシーレーン海域にあるだけでなく,70年代に次々と確認された海底油田の存在が,周辺諸国の強い関心を集めた.
 周辺諸国の内,これまでにスプラトリー諸島の全域ないし一部に対し,何らかの形で領有意図を表明したのは,中国,台湾,ヴェトナム,マレーシア,フィリピン,ブルネイであり,問題の複雑さが想像できよう.

 シーレーンや海底油田が問題にならなかった時代,スプラトリー諸島は曖昧に存在していたと言える.
 1930年代,インドシナ半島を植民地支配するフランスと,南への野心を持つ日本が領有争いをした末,日本が,1939年にこれら諸島を「新南群島」と命名,支配権を確立している.

 戦後のサンフランシスコ平和条約で,日本が全ての権利を放棄すると,真っ先に中国が領有意図を表明,
 その後も積極的かつ露骨な行動を見せる中国が,近隣諸国の警戒心を喚起してきた.
 例えば中国軍は,74年と88年の2度,スプラトリー諸島領有を巡ってヴェトナム軍と戦火を交えた他,95年にはスプラトリー諸島東端でフィリピンと係争中だったミスチーフ環礁に「漁業関連施設」を建設したと,強い抗議声明をフィリピンが発表している.
 この間,92年に中国は,自国の新しい領海法を制定,その中にスプラトリー諸島領有を一方的に規定し,続いて,同諸島西端のヴェトナムと係争中の海域の海底油田探査契約を,米国企業と結んでしまった.
 米国の技術に頼ると共に,紛争激化の暁には米政府の支援・保護を期待するという,中国の巧妙な計算が伺われる.
 当惑したASEANは,同年7月の外相会議で「領有問題の棚上げ」と「資源共同開発」を謳う宣言を発表している.

 中国脅威論の高まりを恐れてか,中国はその後,対話姿勢を強調している.
 しかし,2国間協議で優勢に処理したい中国と,多国間協議で強大中国の圧力をかわしたいASEAN諸国との対立は埋まっていない.
 95年のフィリピンに対する,中国の強引な攻勢による既成事実はそのままであり,円満に事後処理する動きは見えない.

 問題の海底油田は,中国南部の珠江油田に繋がる鉱脈とされるが,
「巨大な埋蔵を裏付ける地質学的証拠はない」(ハワイ大学東西センターの資源調査)
との情報もある.
 もし大油田発見の報が流れたら,たちまち紛争に点火するきっかけになるかもしれないし,例え大油田発見に至らなくても,主権が絡むゆえ,紛争要因は消えない.

 ASEANは,99年の外相会議で提示された,南シナ海の紛争を回避するための「地域行動基準」について協議を開始したが,基準を適用する範囲についてASEAN内部の意見対立を続けた.
 領土の領有権を巡る南シナ海情勢の不安と,中国の覇権拡大を警戒する米国は,沖縄駐留の電子偵察機EP-3を台湾海峡や中国沿岸まで飛行させている.
 その1機が2001年4月,同じように対抗して警戒中の中国軍のF-8戦闘機と接触,中国機は海中に墜落し,米軍機も中国領土の海南島に不時着した.
 米機の乗員・機体は難交渉の末,返還されたが,米中のピリピリした関係の中で,中台摩擦と南シナ海の領有権問題が連動する微妙な情勢を印象付けたと言える.

(「アジア情勢を読む地図」,新潮文庫,2001/12/1,p.90-93,抜粋要約)

 沿岸諸国の国境線が入り組み,海上に無数の島が存在する南シナ海は,EEZ〔排他的経済水域〕の設定には悪夢のような場所だ.
 例えば,中国とベトナムはトンキン湾の領海域を巡って衝突し,フィリピンとマレーシアは共に東ボルネオ沖の領有権を主張している.
 さらに,ベトナムとマレーシアがタイ湾の領有権を争っている.
 これだけでも複雑なのに,その上にスプラトリー諸島全体の領有権を主張する中国の存在がある.
 中国はそれによって南シナ海の大半をEEZとすることを狙っており,スプラトリー諸島の一部あるいは周辺海域の領有権を主張するインドネシア,台湾,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシアと正面から対立している.
 南シナ海におけるエネルギー資源争いはスプラトリー諸島を巡る争いである,と言っても過言ではない.
 スプラトリー諸島は,約8万平方マイルの海域に点在する合計約40もの小島や岩礁――その多くは潮が満ちると海面下に沈む――から成る.
 人が住める島はないが,全体あるいは一部の領有権を台湾,中国,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシアが主張している.

Michael T. Klare著「世界資源戦争」(廣済堂出版,2002/1/7),P.177-178

〔台湾侵攻準備と共に,〕また同時に,中国政府の公式発表と軍の配備状況から,南部海域での軍事力展開を意図していることも明白だ.
 例えば海南島へのスホイ27の配備,同海域での新型艦による警戒監視行動などで,狙いはスプラトリー諸島とその鉱区の領有権主張を強めることにある.

 いずれにせよ,周辺諸国は中国の海軍増強を,南シナ海の軍事的支配を目指すものととらえ,自国の海軍強化を図っている.
 僅か15年前まで,東南アジア諸国は大型軍艦を殆ど保有していなかった.
 それが1980年代後半以降,公海上での作戦能力を持つ新鋭艦が導入され始めた.
 その目的は様々だが,南シナ海のシーレーンおよびEEZの防衛が意図されていることは明らかだ.

 先頭を行くのはマレーシアだ.
 〔略〕
 マレーシアの海軍艦艇建造計画は現在,アジアで進行中のものとしては数量ペースで最大規模である.

 タイとインドネシアも,それぞれ海軍の本格的整備を進めている.
 〔略〕

 他の小国も海軍増強に予算を注ぎ込んでいる.
 〔略〕

 これらの計画が全て完了するのは,まだ先のことだとしても,中国と東南アジア諸国の海軍増強により,今後10〜15年間に最大で100隻もの艦艇が新たに加わることになる.
 これは世界で他に例を見ない規模の軍拡だ.

 さらに,この軍拡の加速は,空軍力の拡大を伴うものでもある.
 各国とも長距離哨戒機や,高度な対空・対艦ミサイルを備えた戦闘機を導入している.
 これらの計画により,南シナ海の海上と上空における各国の軍事作戦能力は,大幅に高まっている.

Michael T. Klare著「世界資源戦争」(廣済堂出版,2002/1/7),P.189-192

 なお,こちらに関係海域地図を示す.

 で,最近の報道によれば,フィリピンはどうも力負けしてしまった模様.

フィリピン,中国,ベトナムが南沙諸島海域の警備で協力

 19日のAFP通信によれば,中国,フィリピン,ベトナムは南沙諸島海域での安全面での協力関係を強化します.
「われわれはこの地域における直接対話を継続することで合意した.これにより,海賊,密輸,国際犯罪などの問題は解決されるであろう」(フィリピン軍参謀長)

 フィリピン軍参謀長は先々週,この4月に南沙諸島で発生した,中国漁船内に4名の中国人の死体と3名の怪我人が残されていた事件に関する話し合いを,ベトナム・中国のカウンターパートとの間で行なっていました.
 中国メディアは
「この攻撃はフィリピンによるもの」
と早い段階で伝えていましたが,フィリピンは,
「捜査の結果,フィリピン政府の艦艇はその海域に存在せず,この事件は『明らかに海賊によるもの』」
と主張したそうです.

 南沙諸島は南シナ海にある,100以上の島々とさんご礁からなるところで,ブルネイ・中国・台湾・ベトナム・マレーシア・フィリピンが一部もしくは全面的な領有権を主張し対立しています.
 ちなみに,ブルネイを除くすべての国は,南沙諸島に軍部隊を駐留させています.

おきらく軍事研究会,平成18年(2006年)5月22日

China, the Philippines, and U.S. Influence in Asia
By Renato Cruz De Castro Posted: Thursday, July 5, 2007
AEI:中国とフィリピンの関係改善,アメリカの東南アジア外交にとっての意味

では,急速に関係改善の進んでいる,フィリピンと中国の外交経済関係について解説されている.
 これによれば,中国の東南アジア抱きこみ作戦は成功していて,アメリカが東南アジア外交に見るべき新政策を打ち出せていない中,中国が着々と得点を上げているという.
 以下引用.

――――――
Arroyo called on China to invest more in the Philippines, especially in agriculture, fisheries, and infrastructure. . . .
She also emphasized China's important strategic role in economic development and security in the Pacific Rim.
・・・
While the United States remains Southeast Asia's most important military actor, its power and influence are being gradually eroded by China's soft-power diplomacy and hard-power buildup. Unless the United States develops a comprehensive strategy that includes economic and diplomatic resources in addition to military capabilities, its strategic and diplomatic preeminence risks being outflanked by China's diplomatic gambit.
――――――

ニュース極東板
青文字:加筆改修部分

 今後の争奪戦は,ヴェトナムと中国との間で主に行われます,たぶん.
 そういえば,ヴェトナムが米軍に基地を提供するとかいう話もありますね.
faq05b02b.jpg

(匿名)

▼ 東南アジア以南の地図があやしい人向けに,地図作っておいたよ.
 Google Mapから取得したものを加工.
faq110605mp.jpg


まようさ or フィメたん
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 南沙諸島問題について,フィリピンが中国の軍事力に考慮してか領土問題は棚上げして,共同開発をする予定らしいです.
 そもそも,位置的に南沙諸島を中国領というのは無理があるのではないでしょうか?
 どういう理屈で中国は領有権を主張しているのですか?

 【回答】
 台湾と澎湖島を明治23年日清両国講和条約にて獲得します.
 その台湾の高雄市に,新南群島(今の南沙諸島)を編入(1938年)します.
 で,講和条約で日本は海外領土を放棄します.
 この時,新南群島がどの国のものか,きっちり規定していないのが発端.

 そして,「古来からスプラトリー諸島は中国のものだった」というのが中国的見解.

-----------
 中国は,唐朝時代(618〜907年)からスプラトリー諸島(中国名・南沙諸島)を領有してきたとしている.
 その裏付けとして中国は,唐朝以来の南沙諸島における様々な海運・軍事活動を挙げている.
 しかし大半の西側専門家は,そうした活動は間欠的であった上に,漁業が主だったと見て