c

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆総記
<◆チベット 目次
中央アジア&コーカサスFAQ目次

中国当局が国民に教え込んでいる「陰謀家ダライ・ラマ」イメージ図

(想像図,朝目新聞より借用)


 【link】

Dias

「dias」:Global Action Day of Dhondup Wanchen
 9月23日は「トンドゥップ・ワンチェンの日」

「dias」◆(2010/07/07)Brother Rinchen Also Sentenced
 チベットの環境NGO活動家,逮捕

「dias」◆(2010/08/03)Nepal's Repatriation of 3 Tibetans Leaves UN ‘Concerned’
>ネパールからのチベット難民強制送還事件

「Guardian」◆(2010/10/22)Tibetan student protests spread

「I Love Tibet」:【超入門 チベット問題】

National Uprising(英語)

「NAVER まとめ」◆(2013/05/08) ダライ・ラマ14世,アイルランドのデリー(北アイルランドのロンドンデリー)で語る

phayulニュースサイト

Radio Free Asia(Real Audioでチベット語ニュースが聞ける)

STATEMENT issued by Archbishop Emeritus Desmond Tutu, 25 March 2008(南アフリカ大司教・デスモンド・ツツの発表したチベット問題の声明文全文,英語)

Sftjapan.org(総合)

Students for a Free TIBET Japan

TCHRC(チベット人権NGO)

Tibet Net(チベット亡命政府の公式HP)

Tibet Support Network Japan(TSNJ)
 ※抗議用のテンプレートがあります

Tibetan Centre for Advanced Studies - Amnye Machen(基本的な資料など)

Tibetan Government in Exile’s Official Web Site(英語)

「Togetter」◆(2011/03/09)佐藤剛裕氏によるチベット問題に対する重要な示唆

「Togetter」◆(2011/06/13)チベットは中国の一部だと思わないオレは「救いようがない」らしい件

「VOR」◆(2012/02/10)インド外相 チベット問題で中国支援を約束

「VOR」◆(2012/05/23)チベットでの初の地方銀行

Voice of Tibet

Wikiwiki Tibetan Lab

「WP」◆(2011/02/01)Indian officials tracing Tibetan leader's money

朝目新聞」●チベット一人旅中なんだけど,何か質問ある? /その2  (of 働くモノニュース)

「痛いニュース」:北京五輪の中継に江頭2:50が映りこむ

「海洋戦略研究」◆(2010/10/25)チベット族,漢語強制に反対

「看不見的西藏 Invisible Tibet」

キャンペーン・フォー・チベット

「ストパン」■(2008-11-19)[チベット]チベット問題についての猊下のメッセージ

「ストパン」■(2008-11-23)[チベット][にゅーす]亡命チベット人会議,中道路線継続を決議

「ストパン」■(2008-11-28)[チベット]チベット人たちの願い

「ストパン■(2009-05-05)[読書][民族]「民族」なき国家の「民族」

「ストパン■(2009-05-08)[チベット]奪われた祖国を求めて

「大陸浪人のススメ」:【五輪】 チベット旗に対する中国人の反応を訳してみた 【記念】

チベット

チベット関係年表

チベット・コミティ・カナダ

チベット・コミティ・オーストラリア

チベット情報ネット

チベット人権情報

チベット正義センター

チベット総合情報…I Love TIBET! homepage…

チベット・ディリー

チベット独立運動国際組織

チベット独立問題

チベットに平和と自由を(議員・企業にメールを送る運動)

チベットの歴史

チベット文化研究所(ペマ・ギャルボ主催)

チベット問題の歴史淵源

チベット問題を知る本

【超入門 チベット問題】

「帝國ブログ」:[2008/7/19]愛知フリーチベットUin名古屋

「帝国ブログ」:2008/8/8北京五輪開催以降のフリーチベットな「けしからん」動き

日刊チベットニュース (と雲南少し)

ばなな猫の「がんがれ!チベット!」

歴史 VISUAL HISTORY

忘れられた10万人のチベット難民

●2ちゃんねる関連

「2ch.軍事板」:【恩に】チベット支援スレッド@刃物板【報いろ!】 ←回収すべきレス無し
(タイトルには「刃物板」とあるが,軍事板に立ったスレッド)

「2ch.軍事板」:●初心者歓迎 チベットのことは此処で質問を ←回収すべきレス無し

「2ch.軍事板」:ダライラマですがチベットが独立できません ←●未入手につき,良レス回収不能

「2ch.軍事板」:【Free】チベット解放作戦【Tibet】 ←回収すべきレス無し

「2ch.軍事板」:チベットが中国に戦争で勝つ方法 ←回収完了

「2ch.軍事板」:チベット高原における軍事活動(純兵学的見地から)

「2ch.軍事板」:チベットといえば枝野幸男 そろそろシナ叩きます ←回収すべきレス無し

「2ch.軍事板」:中国軍総合スレpart8 ←回収完了

「2ch.軍事板」:中国軍総合スレPart9 ←回収完了

「2ch.世界史板」:韓国人もチベットを見て朝鮮併合の功績を認めるべき 回収すべきレス無し

「2ch.世界史板」:チベット史総合スレ その2 ←回収完了

「2ch.世界史板」:中国によるチベット侵略2 ←no.300まで回収完了

「2ch.世界史板」:日本:満州国=アメリカ:日本=中国:チベット 回収すべきレス無し

「2ch.世界史板」:北京オリンピック直前のチベット弾圧を高く評価する ←レス回収済み

「アフォBlog」:ブーンはチベットについて何も知らないようです(^ω^ )

(ノ∀`);中国外務省,都内での抗議行動に強い「不快感」

(ノ∀`);「中国はチベットを弾圧するな」 早大生と警官もみ合う…チベット旗掲げ中国に抗議行動

(ノ∀`);【日中首脳会談】 成果は“年間1億円(税金)でレンタルのパンダ”だけか…福田首相「媚中」で,支持率下落も

「電撃速報!!」:関西テレビで天台宗の仏教僧が生放送で中国批判.青山さんが動画拡散推奨

「ネトウヨにゅーす.」◆(2010/04/15)日本「中国さん,救助隊いる?」中国「いらないアル!外国の援助は受けないネ」

「ハイエナログ」:やる夫で学ぶチベット史

「喪男」:天台宗トップの住職がチベット問題について涙ながらに語る-YouTube

「喪男」:ビパーの頭脳と行動力で,中国のチベット虐殺をとめられないかな

「緑城Blog」:チベット問題解決へのロードマップ (1)

●mixi

【Free Tibet】チベット

Free Tibet チベットに平和を

The 14th Dalai Lama Of Tibet

チベット密教

「チベット問題を考える会」

●書籍

『これが中国の国家犯罪だ』(ジャムヤン・ノルブ著,文藝春秋,2006/01/15) チベットでの弾圧関連の記述あり

『周縁からの中国』(毛利和子著,東京大学出版会,1998.9)

 中共の民族政策はかなり複雑でわかりにくいので,まずは本書を読んでおこう.
―――世界史板

『世界無銭旅行者 矢島保治郎』(浅田晃彦著,筑摩書店,1986)

『西藏 英帝国の侵略過程』(ヤングハズバンド著,小島書店,1943)

『チベット女戦士アデ』(アデ・タポンツァン著,総合法令出版,1999.5)

『チベット入門』(ペマ・ギャルポ著,日中出版,1998.3)

『チベットの核』(チベット国際キャンペーン著,日中出版,2000.11.30)

 中国,核武装を急ぎすぎてチベットでムチャし過ぎ.
 プルトニウム粒子を含んだ煙を,集塵器もない煙突から空に垂れ流したり,核兵器開発過程で出る水銀を川に垂れ流したり.
 これでは暴動が起きないほうが不思議.

―――消印所沢

『チベットの文化 決定版』(R.A.スタン著,山口瑞鳳・定方晟訳,岩波書店,1993.5)

『西藏漂白』下(江本嘉伸著,山と溪谷社 1994)

『中国とたたかったチベット人』(ジャムヤン・ノルブ編著,日中出版,1987.1)

としりん@bk1− チベットの悲劇  『中国が隠し続けるチベットの真実』書評

『吐蕃王国成立史研究』(山口瑞鳳著,岩波書店,1983.2)

『秘密国チベット』(青木文教著,芙蓉書房出版,1995.12)

『もうひとつのチベット現代史』(阿部治平著,明石書店,2006.4)

 プンツォク・ワンギェルの生涯は面白い.
 中共を東チベットに呼び込んだ張本人だが,その志は評価されていた.
 ダライ・ラマ法王もプンワンとは仲が良かったらしい.
 しかし所詮,中共に味方しても無駄で,中共に苦言を呈したことで「もうお前は用済み」とばかりに文革中に失脚・投獄,というお定まりのルートをたどる.

―――世界史板

『四つの河 六つの山脈』(ゴンポ・タシ著,山手書房新社 1993.3)

●ダライ・ラマ14世関連

「NBC News」:Dalai Lama: 'We are not anti-Chinese'(ダライラマへのインタビュー2008/4/12全文,インタビューのビデオへのリンクもあり)

Office of the Dalai Lama's Press Release
(ダライラマの発表した広報声明文,2008/3/19)

Statement of His Holiness the Dalai Lama to All Tibetans
「ダライラマ公式サイト」:ダライラマの声明 on 2008/4/6:全てのチベットの人々に

ビデオリンク(但し英語ではない.リアルメディア)

ダライ・ラマの3月16日記者会見
ダライ・ラマの3月16日記者会見ビデオ(リアルメディア,117MB,英語)

 全部で1時間11分の記者会見のビデオ.
 オーディのみ(MP3)もあるのだけれど,話している表情が観察できるのでビデオのほうが優れている.
 中国と何十年もやりあってきただけの事はあって,味のある会見.
 話している内容は深刻で,ダライ・ラマはたいへんネガティブな見通し(今後の事態の展開への…)を持っているのでは,と感じさせる.
―――ニュース極東板

ダライ・ラマの3月18日記者会見
ダライ・ラマの3月18日記者会見ビデオ(英語,1時間以上あるもの,リアルメディア)

ダライ・ラマ法王庁 (公式サイト)

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

●チベット暴動2008関連

「AFP」:チベット支援学生組織,反中国デモ参加者の「遺体写真」を公開
http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080318c.html(グロ注意)

「AFP」:チベット支援団体に電話やメールの嫌がらせ

「epochtimes」:特集:拉薩藏人抗議 中共血腥鎮圧

「Military Photos」:Todays Pics, Monday, March 17th 2008

「Military Photos」:This Weekend PIX!! March 15th & 16th, 2008

「Military Photos」:Todays PIX!! Tuesday March 18th, 2008

【記者ブログ】時系列:チベットとその周辺で今まで何が起きたか(詳細な時系列.ただし口コミ情報のため,要クロスチェック)

「週刊objekt」:チベット・ラサを鎮圧した人民解放軍

チベット事件のまとめガイドラインwiki

「日々チナヲチ」,【チベット】漢族参加なら本当の「祭」になるかも.

●動画

Tibet slaughter by Chinese government(有名なチベット弾圧映像)

「You Tube」:【BBC・日本語字幕】The Shadow Circus CIA in Tibet 01
「You Tube」:【BBC・日本語字幕】The Shadow Circus CIA in Tibet 02
「You Tube」:【BBC・日本語字幕】The Shadow Circus CIA in Tibet 03
「You Tube」:【BBC・日本語字幕】The Shadow Circus CIA in Tibet 04
「You Tube」:【BBC・日本語字幕】The Shadow Circus CIA in Tibet 05
「You Tube」:【BBC・日本語字幕】The Shadow Circus CIA in Tibet 06

「YouTube」:Free Tibet in Sapporo 7.6(2008/7/6)

「YouTube」:FREE TIBET!! 中国(ex-Tibet)甘粛夏河での蜂起鎮圧の映像

「YouTube」:FREE TIBET MARCH 10

「YouTube」:Hilight Tribe - Free Tibet

「YouTube」:Phuntsog Nyidrol message to Gordon Brown
チベット人フンツォック,イギリス首相ゴードン・ブラウンに語る

「YouTube」:Protest China in London British for Free Tibet
ロンドン

「YouTube」:Protest China in Paris France for Free Tibet
パリ

「YouTube」:Protest China in Berlin Germany for Free Tibet
ベルリン

「YouTube」:in Japan, 3.20. Protest cracking down on Tibetan by China
東京

「YouTube」:Protest China in Milano Italy for Free Tibet
ミラノ

「YouTube」:Protest China in Brussels Belgian for Free Tibet
(ベルギー・ブラッセル)

「YouTube」:Protest China in Ottawa Canada for Free Tibet
オタワ

「YouTube」:チベット国歌斉唱

「元諜報員@FreeTibet in mixi」:初音ミクにチベット国歌を歌わせてみた
>子音がある言語は難しいです.

「YouTube」:チベット人.生の叫び  ぺマ・ギャルポさん 中国に反発する理由(2008.3.24)
(1)http://jp.youtube.com/watch?v=z_mV-G2tbP4
(2)http://jp.youtube.com/watch?v=tAQrf1dbAQU
>チベット全土で北京時間に合わせて生活させられている(生活リズムさえ奪われている

「YouTube」:ビョーク,上海で「チベット独立」を叫ぶ

「ワレYouTube発見セリ」:THE.チベット

●ブログ

RFAアンプラグド

「tnfuk」◆(2010/04/15)青海省の地震【記事メモ】
 チベット関連

アグマズ・ゲッコー

「古森義久」◆(2010/06/04)チベットでの弾圧は続く

ザ・インターディペンデント

ザ・ソウル・オブ・チベット

ザ・ボイス・フォー・チベット

「ストパン」■(2010-02-14)[チベット]ふたつの旧正月に際して思うこと

「ストパン」■(2010-02-19)[チベット][にゅーす]ダライ・ラマ猊下,オバマ米大統領と会談

チベトロジック

ちべ者

「帝國ブログ」:チベット問題の報道と朝日新聞報道の問題

北京ワイドオープン


 【質問】
 チベット人の人口と,住んでいる地域は?

 【回答】
http://www.gesanmedo.or.jp/uli014.html(地図有り)
参照.
 チベット人口は約500万人,
 9割が中国国内に,残り1割がインド,ネパール,ブータン,シッキムとパキスタンなどの国に住んでいる.

 ダライ・・ラマ事務所によれば,チベット自治区には209万人,それ以外は各省のチベット人自治州/自治県に住んでいる.
 それら自治州/自治県の殆どは,歴史的な意味での本来の「チベット」だったものが,中国によって分割されたもの.
 現在のチベット自治区は,本来のチベットの3分の1に過ぎないという.

四川省甘孜チベット人自治州
四川省アバチベット人自治州
四川省木里チベット人自治県
青海省果洛チベット人自治州
青海省玉樹チベット人自治州
青海省海南チベット人自治州
青海省黄南チベット人自治州
青海省海西モンゴル族チベット人自治州
青海省海北チベット人自治州
甘粛省甘南チベット人自治州
甘粛省天祝チベット人自治県
雲南省迪慶チベット人自治州


 【質問】
>チベット語の自称はボorボド.

「チベット」というのは何語に由来する言い方?

 【回答】
 諸説あって解決してないけど,唐蕃会盟碑だったかに
チベット語「bod」←→漢語「大蕃」
と対訳があることから,チベット側における漢語での自称「大蕃」が,唐では「吐蕃」になり,突厥が「Tuput」と呼び,これがイスラム圏→ヨーロッパに伝わって「Tibet」になった,というあたりが一番説得力ありそう.

 他に「stod bod」「lho phywa」「dbud(dbusの変形)」とかいろいろ説はあるが,どれも難がある.

世界史板


 【質問】
 「西蔵」と書いて「チベット」を意味するなら,東蔵というのはどこ?

 【回答】
 「西蔵」とは「蔵は支那の西方にある」という説明的な地名で,支那の東方にも蔵があるわけじゃないよ.
 蔵(ツァン)は,元明代の中央チベットの漢名「烏斯蔵(dbus gtsang)」の省略形.
 ちなみにアムドは入っていない.
 当時のアムドの漢名は「脱思麻(mdo smad)」.

世界史板


 【質問】
 チベット亡命政府が主張しているチベットの領域というのは,グシ・ハン支配領域を指すの?

 【回答】
 今,中国の支配下にある部分については,チベット系が居住する領域をめいっぱい主張する一方で,ネパールとかインドにたいしては,亡命社会を受け入れてくれている状況に配慮してか,両国のチベット系地帯(インドのシッキム州とかカシミール州ラダック地方,ネパールのムスタンとかドルポとか,インドのキノールとか)への領有権の主張は行っていない.

 チベット系唯一の独立国であるブータンにたいする併合とか領有の主張も,とうぜん行っていない.

 そもそもチベット西部国境は17世紀に,ダライ・ラマ政権が戦争のあと条約締結して決めた国境だから,最初から領有を主張する権利などないし,主張する気もない.
 主張してる人も現にいないでしょ?
(中共は薄ぼんやりと主張してるが).

世界史板

(画像掲示板より引用)


 【質問】
「中国領チベットだけではなく,ブータンや,インド領チベット,ネパール領チベットを含むチベットが,将来は単一国家となるべし」
という大チベット主義みたいなものはないの?

 【回答】
 そんな動きは全くない.
 かつてのダライ・ラマ政権は,インド方面への領土拡大は17世紀末(対ラダック,対ブータン)であきらめた.
 19世紀のグルカ戦争は一方的に攻め込まれただけ.

 現在の亡命政権にもそんな説は皆無.
 もっともそんな妄想を考えてる余裕はないし.
 たとえ唱えたところで,現在援助を受けている周辺国の領土をよこせ,などと言える筋合いは全くないし,世界各国の理解を得られるはずもない.

 ブータン,インド・チベット,ネパール・チベットの現地でも,チベットへの合流の動きなど,かつても現在も全くない.
 特に今は,中共の植民地チベットと同じ扱いをされたくない,というのが本音.
 チベットへの合流=中共による併合になるからだ.
 この50年間でチベットがどれほど悲惨な目に遭ってきたか,彼らはよく知っている.

世界史板


 【質問】
 汎ゲルマン主義とか汎スラブ主義はあるけど,汎シナチベット主義とか出来そうにないの?
 シナ・チベット民族はお互いいがみ合い殺しあってるけど.

 【回答】
 シナ・チベット語族に対応するのはインド・ヨーロッパ語族.
 インド人,イラン人,ロシア人,ヨーロッパ人で何か連帯してるか?
 何もないでしょ.

 だから汎シナ・チベット主義もできるわけない.
 第一シナ・チベット語族というのは言語学上の概念で,文化や政治的なまとまりじゃないから.

 それに一方的に征服して殺してるのは漢人だ.
 そんな奴らと連帯などしたくないだろう.
 また,汎シナ・チベット主義なんて言っても,実質的に中華至上主義になってしまうのだよ.

世界史板


 【質問】
 シェルパ族はチベット発祥?

 【回答】
 シェルパは東チベットからソル・クンブに17世紀頃移住してきたとか.
 ただし東チベットからいきなりソル・クンブに来たわけじゃなくて,一旦ティンリあたりに定着して,その後ヒマラヤを越えたらしい.

 シェルパが「shar pa(東の人)」と呼ばれるのは昔,東チベットから来たから,というのは常識か.

 余談だが,子ども世代はシェルパ語が流暢でなくなっているらしい.
http://www.ethnologue.com/show_language.asp?code=xsr

世界史板


 【質問】
 暴動を起こすくらいなら,大規模テロやったほうがいいんじゃない?

 【回答】
 いや,テロは逆効果だよ.
 今回みたいな民衆暴動のレベルで結構.
 何でチベットがハリウッドやメディアに好印象なのか考えてみるといい.
 北京政府をひっくり返そうって話じゃないでしょ.

軍事板

▼ テロをやったら二度と人道的支援は見込めない.

 あと,高僧が殺生を拒否して思想的に分裂してしまうんじゃなかろうか.
 原理に忠実な僧侶は,「殺されても殺生はできない」と答えると思うよ.
 仏教の慈悲ってのは専守防衛のことではないからね.

 だから人民解放軍に憎まれるって面はあるかもね.
 軍人にとっては絶対に認められない教えだから.

軍事板


 【質問】
 軍事的に見て,チベットが中国に対抗することは果たして可能なのでしょうか?
 チベット一国だけで対抗するのは不可能にしても,何か方策があるものでしょうか?
 同様に,ウィグルが独立したとして,軍事的な安全性を保つ現実的な方策があるでしょうか?

 【回答】
 実効的かつ現実的な方策は無い.
 強いて言えば,他国と軍事同盟を結んで協力(駐留)を仰ぐことだが,現実的に同盟結べそうな国は存在しない.

 チベットの場合,独立したら(できたら)インドの後ろ盾を得る以外,現実的選択肢はなさげだ.
 インドは一応核兵器も持ってるし,

 でも,インドにその意思と利益があるだろうか?
 ダライラマの亡命は受入れ,今でもチベット人の亡命は続いているという話はあるが,インドに正面から中国と対立するに踏み切るにたる要素があるとは思えない.

 それにチベット,ネパール,ブータン,シッキムあたりは昔から,インドと中国にとって微妙な地域.
 インドも中国も,軍隊を冬山に張り付かせているという話がある.

 もしチベットが独立したら,あの地域がとてつもなく軍事的に不安定な地域になっちゃうことは避けられないので,中国以外の国連常任理事国にとって,ものすごく頭の痛い存在になってしまうだろう.
 だからこそ,あれだけ反近代的に弾圧されても,先進国は誰も助けてくれないわけで・・・・・.

 むしろ中国とインドがもっと激しく対立してれば,
「お互い国境線挟んで軍隊を角突き合わせておきたくないので,有事の際は踏み台にすること前提の中立緩衝地帯」
としてネパールやブータン共々存在できるかもな.
 政治的にはインド寄り,経済的には中国寄り,豊富な資源をどちらの国にも格安で売って儲けさせてもらいます,というポジションも狙えるだろう.
 チベットの民族的気風からして,そういうことはしなさそうだが.

 ウイグルの場合は更に大変で,後ろ盾になってくれるような国がそもそも見つかりそうにない.
 仮にイランなんかが後ろ盾に名乗りを上げたりした日には,中国ではなくアメリカに敵視されることになりかねないし.
 やっぱり,だからこそ誰も助けてくれてないわけで.
 もしソビエトが健在でやっぱり中国との関係が史実より悪ければ,ソビエト後ろ盾にしてなんとかやっていけるだろうけど.
 ウイグルはもう少し中ソ対立が早く始まってれば,「ソビエト連邦ウイグル共和国−ウイグルスタン」
への道も充分あったのだがなぁ.

 現実的に上記2国が独立して安定的に存続するのは難しいだろうな.
 例え核兵器持ってても困難だろう.

 仮に独立できたとしても,今度は中国では無く同盟を仰いだ国に支配される可能性大.

 結局,何やってもどうにもならないのなら,あえて”その時”まで無抵抗非暴力主義でひたすら耐える,というのが一番現実的かも.
 今の状況で武力闘争したところで,絶対に勝てないし.

 来るべき中国分裂のその日まで,チベット文化やチベット民族なるものが存続してるかは微妙なところだけど.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 ゲリラ戦でなら,独立を達成できる見込みはチベットにはありますか?

 【回答】
 どれだけ効果があるか疑問だな.

 占領軍へのゲリラ戦を行って効果があるのは,アメリカのように兵士の命が高い国が相手の場合であって,中 国のようにそもそも人の命が安い国に対して人的消耗を強いたところで,まったく政権へのダメージにならない可能性が高い.

 むしろすでに少数民族になっているチベット人のほうが,ゲリラ戦に伴う民間人の虐殺などの人的消耗の負担に耐え切れなくなると思われ.

軍事板


 【質問】
 ヒンドゥークシ山脈が国土の北東部から中心部を貫くアフガニスタンが,洞窟などを利用したゲリラ戦で,大国やその傀儡政権を倒してきました.
 隣接する山岳・高原地域のチベット人は,なぜ同様のことが可能ではなかったのでしょうか?

 また,日本が制海圏・制空権を敵に握られる最悪のケースへの対応として,中央高原全体を地下要塞化して,ゲリラ戦によって生き残りを図ることは可能でしょうか?

 【回答】
 アフガニスタンはロシア側とパキスタン側,あと,イラン側と3方にある程度ものを運べる交易路が通っているが.チベットは中国側にしか主要交易路がない.
 反対側はヒマラヤ山脈.
 アフガンは北から敵が来たら,南から補給を受けれるが,チベットは中国側から近代的な軍に攻めて来られたら,反対側のヒマラヤ山脈越えは脱出口程度にしかならない.

 ゲリラ戦の基本は補給の確保.
 山岳地帯にゲリラがこもったのではなく,山岳地帯の住民の援助や山岳越えでの補給がなければ意味がない.
 日本が制海圏・制空権を敵に握られる最悪のケースだと,海外から武器を購入できないので,ゲリラ戦は非常に困難.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 明の時代,チベットがモンゴルと友好な関係にいられたのも,東トリキスタン・ルートがあったから.
 ゆえにチベットを独立させたいなら,青海を含めて大チベットの独立,および東トリキスタンをまとめて独立すりゃいいってことだよね?(笑)

 【回答】
 そういう事.
 チベットとモンゴルが連合すれば,中国にとってかなり強敵になる.
 それを目指してペマ・ギャルポは,モンゴル政府に接近して顧問に収まってる.

 しかし,新疆のイスラム諸族とモンゴル&チベットは仇敵であり,これを抑えてチベットと外界のルートを確保するには,より強力な存在=ソ連/ロシアの介入がないと難しい.
 1950年代までの新疆は,事実上のソ連植民地だったから,外モンゴル・新疆・チベットの連衡が可能だった.

 その後,中国がチベットを押さえて,ソ連/ロシアの民族的戦略目標であるインドへ至るルートは閉じられ,最後に残されたルートだったアフガニスタンへの介入に執着したソ連は,国内経済を破綻させてしまった.

世界史板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 チベット住民の反中共武装化をサポートしてくれる国はあるかな?

 【回答】
 ない.

 それがないからこそ,チベットに対する強圧的な鎮圧において,支那が対応に苦慮しているわけで .

 かつてロシアがやったような「所属不明の武器満載のトラックと死体」の映像を流し,
「武装化して分離独立を企んでいるから鎮圧は正当」
というトリックも,今現在のチベットに武器なんか売る国や組織がないからこそ,支那が利用できないわけで.

 むしろ現在のチベットに武装化は,自分で自分の首を絞めることにしかならないのでは.

ニュース極東板


 【質問】
 チベットが中国に戦争で勝つ方法を教えてください.

 【回答】
979 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2008/03/31(月) 01:23:00 ID:???
 悪いことは言わん,ジョンランボーを雇うんだ


980 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2008/03/31(月) 02:05:08 ID:???
 いや.ジャッキーチェンだろ.


985 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2008/03/31(月) 03:45:06 ID:???
 仏教メンならセガールだろ.

軍事板


 【質問】
 チベットは独立したがっているの?

 【回答】
 現在は完全独立よりも,まず「完全な自治」を要求しています.
 ダライ・ラマ14世も「チベットは中国の一部」と述べているそうです.
 しかしそれすらも中国は認めようとしないのが実情なので,暴動などの根本解決は当面は望めないでしょう.

「ぐんじさんぎょう」,2008/03/16

 以下,ソースは「大紀元」だが,以下の部分はダライ・ラマの言葉を引用しているに過ぎないので,信頼性に問題はないでしょう.

[quote]
中共はチベット文化を絶滅させようとしている=ダライ・ラマ14世

(中略)
 ダライ・ラマは,独立を求めず,自治を主張するだけだと強調し,文化,教育,宗教,環境などを含めて,各民族の選択を尊重すべきだと強調した.
 また,チベットの現状は人々に失望を与えているかも知れないが,より広範囲からみた場合,チベットの未来を楽観視していることを明らかにした.
 ダライ・ラマは記者たちに対して,ジャーナリストとして,真相を発掘し,それを公衆に伝える責任を果たすよう呼びかけた.
〔略〕

[/quote]

▼ しかしもちろん,チベット人は約五百万人もいる以上,様々な考え方がそこにはあるわけで,独立を志向する勢力もあります.

China's crackdown helped internationalize the Tibet issue
(NMS)中国の弾圧はチベット問題の国際化を促している

Apr 6, 2008, 11:56 GMT

によれば,「チベット青年会議(TYC)」は独立運動を目指しているそうです.
 以下引用.

[quote]

While the Dalai Lama's government is seeking autonomy through non- violence, the radical Tibetan Youth Congress (TYC) is fighting for Tibet's independence, although through non-violence.
Since the crackdown began in mid-March, TYC has been holding candle-light vigils in Dharamsala, attracting hundreds of Tibetans, monks and foreigners.
'We will keep on fighting until Tibet wins independence.
Even if the Dalai Lama dies, the fight will go on, because this is the cause of Tibetan people and the struggle will go on with or without the Dalai Lama,'
Lhakpa Tsering, TYC's cultural secretary, said.

 ダライラマは独立を求めず対話と平和裏の共存を言っているが,それとは別にチベット青年会議(TYC)は独立運動を目指している.
 ただしTYCは非暴力路線をいっており,3月中旬に弾圧事件に抗議して蝋燭デモを行なっている.
 TYCの文化書記であるLhakpa Tseringは,
「我々はチベット独立を目指し,ダライラマが死亡してもその運動は続ける.
 ダライラマ無しでも,チベット民衆の独立の大義は変わらない」
という.

[/quote]
翻訳:ニュース極東板

▼ これに関し,亡命チベット人コミニティに影響を持つといわれるJAMYANG NORBUが,たいへん興味深い (注意すべき)主張を掲げていて,チベット・ブログなどが注目している.

[quote]
Don’t Stop the Revolution! - Jamyang Norbu
Phayul[April 05, 2008 03:23]
JAMYANG NORBU


There is a recurring nightmare, well known in clinical psychiatry, in which the sleeper belabours an enemy, but to absolutely no effect.
The more furiously the enemy is beaten, or punched or kicked, the more infuriatingly untouched he remains.
[....]
Dharamshala’s hope, of course, is that if the crisis is stopped it could go back trying to negotiate with Beijing.
In spite of all that has happened in Tibet our leaders completely fail to see that this will never happen.
It is far too late for anyone, even Beijing, to stop this revolution.
Samdhong Rimpoche and his Solidarity Committee can no more stop it than they can stop a tsunami by standing before it.
To my leaders in the exile government (which will always be for me the true government of Tibet)
I say this with due respect but also with genuine concern: Step out of the way.

[/quote]

 主張は明確で,ひとことで言えばダライラマとチベット亡命政権の政治代表の採って来た中国との交渉,協調,共存路線を捨てる,ということ.
 チベット自治区政府や北京政権はもはや交渉の対象ではないことが明確なので戦うしかない,というもの.
 ダライラマの以前から憂慮してきた,悪い方向に向けて事態が進んでいるような.

 この主張について,チベットブログ(のなかでもベストクラスの)agamsgeckoは,曰く,

[quote]
http://agamsgecko.blogspot.com/

Tibetan writer and intellectual Jamyang Norbu has a very powerful piece published at Phayul News. If this is any indication of what many exiles are feeling, it sounds like the Tibetan Government is losing its influence almost as rapidly as the Chinese government.
No quote this time,
I can't select any stand-alone passage from this one. It's too late to turn back now.

[/quote]

ニュース極東板

▼ チベットが独立してもインドと中国の物凄い工作攻勢にあうだろうが,インド側は地理的にヒマラヤが立ちはだかるため中国が優位に立つだろう.
 仮に資源があったところで中国を通さねば輸出出来ず,燃料は中国から輸入しなければならず,食糧自給が出来るかも怪しい.
 最貧国確定だ.

 この点を考えると,ダライ・ラマの自治拡大要求路線は現実的だ

 とはいえアチェやかつての英領バストランド(レソト)のように,武力闘争で自治拡大を獲得した勢力は多い.

軍事板


 【質問】
 チベット自治区より独立できる可能性が無い,自治区以外の旧チベット地域の方が独立運動が強いというのが分からん.
 外モンゴルと内モンゴルのような対象なのに.

 【回答】
 内/外蒙古に比べると,中国にとっての重要性が桁違いに低い...
 内蒙古は徳王の時代に,日本軍(東条英機司令官)のチャハル出兵などもあったが,この時に交戦したのは辺境軍閥の国民党軍.

 しかし,カム・アムド地方の貴族達が攻撃したのは長征途上の紅軍で,この攻撃から生き残った人達(その直後に今度は回族軍閥の攻撃でも大打撃を受けた)が,その後の中共を形成する中心的な人材(“長征幹部”と呼ばれた)になった.

 この差が,中共の政権獲得後にカム・アムド地方とチベット本土の貴族が,中共に目の敵にされた原因となっている

 また,チベットが自治領のままであれば,カム・アムド地方が漢族支配から脱却できる可能性はゼロ.
 対してチベットが独立すれば,カム・アムド地方がチベット圏に復帰できる可能性も出てくるし,分離闘争を行うにしても支援を受けられる期待が出てくる.

 しかし,なにより大きい要素は,地縁・血縁による“独立派”とのつながりによるものだろう.
 要因としては,“独立派”の父兄が,「四川・青海・甘粛のチベット族」であるカム・アムド出身者が多く,チベットゲリラ参加者でもあった,という背景が挙げられるだろう.
地縁・血縁で結び付いた両者が,呼応して暴動を起していると見るのが自然だ.
 現実に「四川・青海・甘粛」の地域で暴動が発生した以上,これら地域のチベット族」には“独立派”に共鳴している者が多いという事だろう.

 さらに牧草地を巡る回族との対立という,“古くて新しい”要素も加味して考えるべきなのではないかと思う.
 チベットでは95%以上の人口をチベット族が占めているが,カム・アムド地方でチベット人が多数派を占める地域は自治県のみで,省単位で見れば少数派でしかない.
 このため,チベット本国の独立によって,“大チベット圏”へ回帰できる可能性が高まるという期待感もある.

世界史板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 「チベット刀=蔵刀」について教えてください.

 【回答】
http://www002.upp.so-net.ne.jp/zhuling/luyou_1/zhs_95.htm
の方に記述あり.

>腰には精巧に彫金された鞘に収めた藏刀を挿している.
>彼に頼んでそれを手にとって見せてもらったが,刃渡り20センチ程の鈍く
>光る刃にはかなり使い込んだ跡が見られた.
>家畜の解体から果物の皮剥きにいたるまで,みなこの一本でこなすにちがいない.
>藏刀はいわば万能ナイフなのだ.

……なのだそうだ.

 ネットに落ちてる資料としては他に,
(中国語サイト)「蔵刀」について
http://www.51766.com/www/detailhtml/1100028308.html

チベット刀(画像)
http://www.shanhaiichiba.com/national/zhangzhudao.htm
http://www.shanhaiichiba.com/national/yaodao.htm

世界史板


 【質問】
 「ラジオ・フリー・アジア」の発信するチベット情報の信頼性は?

 【回答】
 ラジオ・フリー・アジア(RFA)はラサの現地からの電話連絡で情報を集めている.
 RFAには昔から電話料金着信者払いの回線があって,中国各地からの報告を集めている事で知られているのだけれど,〔略〕電話で投稿された内容を確認検証する事は出来ないので,目撃投稿の内容が事実かを判断できない.

ニュース極東板

▼ なお,「古森義久ブログ」 2008/03/16付によれば,

[quote]
 このラジオ放送はアメリカ議会からも経費の一部が出ている民間の独立した放送局ですが,独裁国家や閉鎖国家,弾圧国家の内部の事情をできるだけ国際社会に広範に報じることを目的とするため,中国内部の状況は当局の嫌がることでも,積極果敢に伝えています.
 中国の内部にも多数の通報者,協力者がいるようで,中国領内のチベット,新疆などという少数民族の居住地域での当局の弾圧の動きなどは最も敏速に報道しています.
[/quote]

とのこと.
 ただし上記引用文章をクロスチェックするに足る情報は,現在のところ未入手.▲

▼ ちなみに北韓(北朝鮮)政府の内部文書『異色的生活風潮を流布させる敵どもの策動を徹底的に打ち破る件について』は,RFAをCIAの手先呼ばわりし,以下のように述べているという.

----------------------
 自由アジア放送を通じた朝鮮語放送の時間を大幅に延ばし,これを通じてわが社会主義制度も中傷し,堕落した生活風潮を賛美する内容を流し続けている.
----------------------

 詳しくは『SAPIO』 2005/7/27号,p.92(李英和著述)を参照されたし.

 チベット2008年暴動に際し,中国政府がRFAについて述べていることも,これと似たようなもので,中国・北朝鮮の間に実は大差はないんだということを示しているようにも思われる.


 【質問】
 現在のチベット内 パワーファクターは?

 【回答】
 下記の通り:

 1. ダライラマと高僧
 2. 旧ガンテンポタン=現在のチベット亡命政府(旧貴族・地主層)
 3. 旧貴族・地主の子弟(チベット青年会議等の急進“独立派”)
 4. 旧奴隷=現在のチベット農民
 5. 中共のチベット族党員=現在のチベット自治区指導層
 6. 中共中央(北京直系)
 7. 人民解放軍(成都軍区系)
 8. 公安局
 9. 四川・青海・甘粛のチベット族
 10. 四川・青海・甘粛・チベット自治区内の回族
 11. チベット自治区内の漢族

 上記各々の政治的志向は下記の通り

 a. 旧ガンテンポタン政権の復活+中国からの独立    3. 9.
 b. 旧ガンテンポタン政権の復活+中国領内での自治   1. 2.
 c. 現在のチベット自治区の自治権拡大+寺社保護  4. 5. 8. 10. 11.
 d. 現在のチベット自治区の自治権縮小+統制強化  6. 7.

 日本での報道だけを通じてチベットを知った人には,意外な分類かもしれないが,同じチベット人の中にも独立・自治に関してこれだけの温度差があるし,チベット人と対立する側と宣伝されていた漢族や回族,公安局も自治権の拡大で利益を得る側にある.

世界史板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 ダライ・ラマ14世の,指導者としての資質はどうか?

 【回答】
 宗教的指導者としての資質はともかく,政治指導者としての資質は非常に劣るという見解がある.
 2008/3/23付,「ニューヨーク・タイムズ」紙によれば,
・インド亡命後,ダライ・ラマはガンジーの非暴力主義的抵抗を行うと宣言したが,非暴力主義を唱えるだけで,ガンジーの行った塩の行進(Salt March)や断食といった「抵抗」に相当することは何もやらなかった.
・チベット自治区だけでなく,その他のチベット人地区を含めた自治を求めてきたことは撤回すべきなのに,撤回していない.

 詳しくは太田述正コラム#2439(2008.3.22)を参照されたし.

 ただし,1980年代終わりからダライ・ラマがハリウッドと提携し,欧米でチベット支援運動を煽り立てる戦略を採用したことも,「NYT」は,愚行であって中共が一層ナショナリスティックとなり排外主義的となっただけだと評しているが,他に支援を受けられるあてがない以上,必ずしも愚行と言えないのではないか?,と愚考する.
 また,人民解放軍がチベットに侵攻した1950年以降にチベット人120万人が殺されたという「ウソ」を,欧米のチベット支援団体が流布させた,と120万人を「ウソ」扱いにしている点にも疑問がある.

 その上で同記事は,
「中共当局が,ダライラマ一味が今回の騒擾の糸を引いているというのは,これらチベット支援団体まで勘定に入れれば,恐らく正しい」
という主旨のことを述べており,記事の信頼性に不審がある.

 したがって,上記資質評は要クロス・チェック.

編者

▼ 元記事,相当偏った内容ではないでしょうか.
 ハリウッドとの提携にしても,現在これでかなり知名度を稼げているという見方も可能ですし,ガンジーと同一視するのは,自国にいられるかいられないかという決定的な差もあり,無理があるでしょう.

 NYTは時折酷く中共寄りの記事を書く(某O記者とかね)ことがあるので,ソースとするには注意が必要かと思います.

ニライカナイ in FAQ BBS

 元の記事を読んでみました.
 所沢さんもニライカナイさんも,批判がやや的外れなようです.
 もうこうなると,太田氏の記事要約に問題があった,ということなんでしょうが.

 いったい誰が何のためにダライ・ラマ批判をしているのかということですけど,この記事を書いたPatrick Frenchという人は,ロンドンに本部のあるフリー・チベット・キャンペーンというNGOで理事をしていた人で,従来のチベット解放運動を批判する中でダライ・ラマの方針も批判している,ということですね.
 何か問題を抱えて組織を飛び出した人による,その組織の批判は公正でない場合も多いですが,元当事者ならではの視点が有益である場合もあると思います.
 チベット解放運動が何十年にも渡って繰り広げられたにも関わらず,未だにチベット人の境遇がなんら改善していないということは,運動のやり方に問題があったからだ,という彼の主張には一理あると思います.

[quote]
Tibet was effectively a sovereign nation at the time of the Communist invasion and was in full control of its own affairs.
 チベットは中共の侵攻時に実質的な主権国家であり全権を掌握していた.
[/quote]

とはっきり書いていることからも分かるとおり,中共寄りの人物では決してありません.

・ダライ・ラマによるハリウッドとの連携批判

[quote]
This approach made some sense at the time. The Soviet Union was falling apart, and many people thought China might do the same.
 このアプローチは当時は確かに有意義であった.
 というのはソ連が崩壊し,多くの人々は中国も同じ道をたどると考えた.
[/quote]

というように一定の評価を加えたうえで,しかしながら,その結果,中共指導部に民族主義的・排外主義的な憎悪を炊きつけただけで,よい結果を生んでいない以上,10年以上前に中止するべきだったとしています.

・120万人捏造説

 120万人というのは彼のいたフリー・チベット・キャンペーンも唱えている数字であり,彼が本を書くためにチベット亡命政府のあるダラムサラの資料に当たってその根拠を調べようとしたところ,何も見つからなかった,ということだそうです.
 彼の言うとおり,バックアップする証拠,数値の積み上げがないのであれば,120万人説が批判されても仕方ないでしょう.

 というように,従来のチベット解放運動はやり方がずさんで目標が非現実的であり,その結果チベット人が余計に苦しむことになったわけで,今現在の抗議運動ではなく,中共政府とのもっと現実的な交渉に切り替えるべきだ,中共は抗議運動が通用するような民主主義国家じゃないんだから,というお話.
 私見ですが,ダライ・ラマ自身は独立ではなく高度な自治を要求しているわけで,現実的な交渉を心がけていると思いますけどね.

 ちょっとだけ補足.
 太田氏は太田述正コラム#2435(2008.3.20)<チベット騒擾(続々)>(非公開)でダライ・ラマの政治的手腕を高く評価するタイム紙の記事も紹介しているわけで,全体的に何がしたいのかよくわからん,というのが正直なところ.

 私はダライ・ラマの講演を一度だけ聴いたことがありますけど,伝統的宗教指導者というイメージからかけ離れた,ユーモアにあふれるめちゃリベラルな人でした.

バグってハニー in FAQ BBS

>未だにチベット人の境遇がなんら改善していないということは,運動のやり方に問題があったからだ,

 むしろ,長年にわたって要求一切拒否の姿勢を貫いている中国政府の問題だと思われるのだが.
 その姿勢を崩す何か他のアプローチ方法が具体的にあったというのならともかく.
 というわけで,元理事だからといって,その分析が信頼ができるかといえば,やはり「?」と言わざるを得ない.

消印所沢


 【質問】
 ここではよく社会党系の人の大好きな「非武装中立」や「無抵抗主義」が批判されていますが,そういった方々はチベットのダライ・ラマが説く無抵抗平和主義も批判しますか?

 【回答】
 軍事的な範疇からは微妙かと思うが.
 ダライラマやマハトマ・ガンジーが唱えた非暴力による独立運動と,非武装中立とか無抵抗主義とか無防備都市宣言とかは全然,方向が違うものだからなあ…

 前者は暴力による弾圧に対して,非暴力で立ち向かうというもので,相手が暴力振るってくることは大前提.
 後者は
「武力を保有せず,行使しなければ,相手も攻撃してこないだろう」
という希望的観測に基づくもので,要するに
「立ち向かわないで,相手にも殴らないで貰おう」
でしかない.
 しかも,非武装なら相手は殴ってこないという論理に穴があるものが多い…

 少なくとも,現実ではマイナスの効果しか出していないことだけは確かだ.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 FTとは?

 【回答】
 古森義久によれば,国際組織「自由チベット」の略称.
 1987年旗揚げ.
 正規会員は約1万9千人(自称).
 会員は在外チベット人が主体だが,チベット亡命政権やダライ・ラマ周辺とも明らかに密接な連携をとっているようにみえる,と古森は述べている.

 本部はロンドンにあるが,アメリカでの動きも活発であり,アメリカの政府,議会,マスコミへも恒常的に訴えをぶつけているという.
 活動目的として「チベット民族の自決権を推進する」とうたい,チベットの現状を「中国による不法な占領」と断じているように,言動もときにはかなり過激となるという.

 北京五輪に対しては,国際オリンピック委員会に対し,開催条件である中国の「人権の改善」を履行させることを要請し続け,FTは「各国スポーツ選手の北京オリンピック参加を阻むことはしない」として,北京オリンピック全体のボイコットなどは呼びかけていないものの,イギリスのブラウン首相やチャールズ皇太子など重要人物が開会式に出席しないことを要求しているという.

 詳しくは古森義久ブログ,2008/07/23/09:32付を参照されたし.


 【質問】
 「チベット青年会議」とは?

 【回答】
 ウィリー・ラムによれば,「独立には武力もやむなし」と主張する強硬派.
 1970/10/7創設.
 チベット人青年層を中心に会員数3万5000人,世界40数か国に支部を持つ,亡命チベット人14万人のなかで最大の団体だという.
 同会議はダライ・ラマ14世が89年にノーベル平和賞を受賞した前後には平和主義を標榜したものの,ダライ・ラマの中国政府との交渉が暗礁に乗り上げたことから,2007年9月の新指導部誕生に伴い,実力闘争路線に回帰したという.

 詳しくは,『SAPIO』 2008年5月21日号を参照されたし.


 【質問】
 国際社会はチベット問題に関し,中国にどう対応すべきなのか?

 【回答】
 様々な考え方があるだろうが,例えば
Trouble in Tibet:China's repression produces a backlash.
Saturday, March 15, 2008; Page A12

は以下のように述べる.

[quote]

 国際社会は中国に対して,そうした呼びかけを継続すべきであり,中国の指導者がダライ・ラマなどチベット族の指導者との対話を行なうように要求すべきだ.
 ダライ・ラマは中国の支配を認め,文化的な独立の維持のみを求めている.
 世界の指導者は中国の指導者に,憲法を守るように求めるべきでもある.
 中国の憲法は言論や信教の自由を保証し,民族の自治を保証している.
 チベットの現在の問題は,実際のところこれらの権利の不在にあり,それはチベット族の人たちを過激に向かわせるのだ.

[/quote]
翻訳要約:ニュース極東板

 また,
Trouble in Tibet
(CFRディリー・アナリシス) チベット暴動

March 17, 2008 Author: Lee Hudson Teslik

という記事によれば,国際的には非暴力の解決を求める声が高いが,中国に妥協的な様子が見えないという.
 これをうけて北京オリンピックのボイコットを主張する声――以前からダルフール問題,人権問題,ミャンマー問題で存在したが――が高まっており,英「ガーディアン」紙は,中国がチベットに暴力を振るわないようにオリンピック開催を条件にすべきだと論じ,CSMも類似の論調でインドのRediffもボイコットを言っている,という.

 ただし中国は面子を重視する一面があり,しかも中国のナショナリズムが肥大している現在,その面子を立ててやりながら問題を解決に向かわせるのは,非常に困難であろうと予想される.


 【質問】
 ブータンの王様は英明だと聞くが,ダライ・ラマのことはどう処理してるの?

 【回答】
 仏教全体の長として尊敬してるよ.
 政治的な指導者としてはあまり重視していはいない.

 先代の王は,体調がすぐれないのでダライラマ法王に相談したところ
「シャブドゥン・リンポチェ(ブータン政府非公認)をないがしろにしているからだ」
と説教食らったそうだ.

 しかし一方,ブータンではゲルク派を弾圧していて,ゲルクの坊さんが説法するのが禁止されている,
 国民がダライラマ写真を拝むのも禁止されている,とも聞く.

 これは,ブータンが受け入れてやったチベット難民たちが,ブータンを本土反攻の基地にするため,チベット人妃の子供をブータン国王に据えるクーデタを計画,
 これが未然にばれて,チベット難民は,ブータン国に忠誠を誓って帰化するか,さもなくば国外へ退去するか迫られ,ブータン国内から一掃された.

 そのとばっちりで,チベット難民社会とブータンとの関係はいまでもあまりよくない,と聞く.

世界史板


 【質問】
> スラヴォミ−ル・ラウイッツ著,海津正彦・訳
> 『脱出記 シベリアからインドまで歩いた男たち』
> ソニ−・マガジンズ 2,310円 2005/09
ってどう?

 【回答】
 これは1958年に鳳映社から出版された
「ゴビ砂漠を越えて ヒマラヤに住む雪男」
と同内容(新訳).

 シベリアの収容所からモンゴル,チベットを経てインドへ逃げたという内容なんだが,ご都合主義の内容が多すぎで,まずインチキ旅行記というのが一般的評価.

・シベリアで一人暮らしする同郷ポーランド娘と出会い,その娘が死んでしまったり → ご都合主義の作り話がみえみえ

・甘粛あたりを通っているのに誰にも出会わなかったり → 行ったことないのバレバレ

・チベットで孤独に暮らすキリスト宣教師に都合よく出会ったり → そんな宣教師いないし意味もない

・北からチベット高原に登っていくときには高山病にならないのに,ヒマラヤ越えになると急に高山病になたり → 行ったことないのがバレバレ

・ヒマラヤで雪男目撃したり → この本の原版が出版されたのは1956年,初めて雪男が話題になった直後で,明らかに便乗した作り話.

 それから,一緒に逃亡した仲間が一人も見つからないという調査結果があって,まずインチキだというのが一般的な評価.
 こんな本がなんでわざわざ新訳で登場するのか理解できない.

 英語のサイトでは,あちこちでこの本のインチキ具合が暴露されてるが,ひとつだけ紹介しておこう.

http://outside.away.com/outside/features/200301/200301_adventure_canon_9.html

> But ever since the book's first release, doubters have charged that
> The Long Walk is literally unbelievable, even a fraud and a hoax.
> British climber and expedition leader Eric Shipton reputedly hooted
> at the book's description of abominable snowmen; Hugh Richardson,
> Britain's longtime diplomat in Lhasa, cited dozens of errors in a 1957
> review for the Himalayan Club Journal, and wondered "whether the story
> is a muddled and hazy reconstruction of an actual occurrence, or mere fiction."

世界史板


 【質問】
 3つ目の少女妖怪の漫画の『3×3 EYES(サザンアイズ)』というのは,チベットがモデルなの?

 【回答】
 なんと懐かしい名前だこと.
 主人公の小娘は,チベット人ぽいカッコをしていたことがあるが,中国語を喋るがチベット語はぜんぜんダメダメ.

 チベットの妖怪と銘打って登場してきたので,とても期待していたのだが,ちっともチベット化しないどころか,ヒンズー神話のほうに走っていって,残念だった.

 パドマー大僧院の組織機構は,僧院長と漢字でかいて「テンジン」とカナをふったり,僧院長代理と書いて「ギャルツァプ」とカナをふるところなど,チューギャム/トゥルンパの自伝にあった,カギュ派寺院のそれとそっくりなんだな.

 ちなみに,「ナパルバ」は「ナパルの人」くらいの意味で,この人の名前そのものではないな.

 【関連リンク】
マンガの中のチベット

ナパルバ・テンパタルゲー in 世界史板


 【質問】
 チベットに行ったときアガルタについて聞いたけど誰も知らなかった.なぜ?

 【回答】
 あたりまえだ.チベットに「アガルタ伝説」なんてものはない.

 アガルタというのは,オカルト屋が創作したインドの地下王国.
 のちに別のオカルト屋がシャンバラとアガルタをごっちゃにして,「チベットとかモンゴルにアガルタがある」と言い出したもの.

 その後さらに
「チベットの地下にシャンバラとアガルタがあって,両者が戦ってる」
とか無茶苦茶な話が色々創作されて,馬鹿しか信用しないホラ話になってる.

世界史板


 【珍説】
. 地方チベット人の多くは独立よりも自分の生活安定に満足している.

 【事実】
 金が入るようになったのは悪いことではない.
 だが10増えた収入の内,9を漢族が持っていき,チベット人には1しか回ってこないから,不満が鬱積している.

 それになによりも,信仰の自由が保障されていないのが不満の第一.
 なにかというとすぐにお寺を締め付ける.
 状況は1980年代に比べ,どんどん文革時代に近づいている.

 まず文革時代と同じ強圧独裁体制のままなんだから,いつまた同じ恐怖が訪れるかわからない.
 声を上げる方法もない.
 選挙もない.

 不満が爆発しない方がおかしいだろう.

世界史板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 チベット難民について教えてください.

 【回答】
 チベットとインドの国境は,閉まってます.知ってますね?
 チベットとネパール,チベットとブータンの国境は開いてます.

 なので,チベットからヒマラヤを越えて亡命してくる人は,大抵このどちらかのコースをとるわけです.

 これは1959年からずっとそうです.

 現在は,ネパール政府もチベット難民を歓迎しておりませんで,見つかると不法入国の罪で捕らわれ,中国側につき返され,拷問を受け,「再教育」を受け,へたすると懲役を受けます.

 なので彼らは,中国国境を越えても,ネパール・サイドでは夜に歩いて,カトマンズに来ます.

 なぜカトマンズなの?

 それは,ここに国連高等弁護団が認証している,チベット亡命政府の運営する「チベット難民一時収容所」があるからです.

 ここで難民達は,国連によって面接を受け,「難民証明」をもらえて,やっと初めて「逮捕されない身」になるわけです.
 この証明書が出た段階で,初めてインドのダラムサラへ行けるわけなんです.

 ふう,肩こった.

 えっと,難民証明が出るとは限られませんよ.
 たとえばチベットの奥の奥の方で,なまりがすっごくあったりすると,その方言を話せるチベタンがカトマンズにいない場合など,困った事になります.
 同じチベット人でも,なに言ってるのかわからない,という事態もあるわけです.

 あれ?何を話してたんでしたっけ.
 あ,そうそう.

 だから別に,今頃になって「中国の公安がネパールに!」なんて騒がなくても,49年前からいっぱいいるってことです.

 毎年3月10日のカトマンズのデモでは,ださいサングラスの中国人たちが,いつもいっぱい写真撮ってますからね.ふ.

 ちなみに毎年,カトマンズ経由で亡命してくるチベタンは,4000人から7000人ぐらい.
 3年前ぐらいからは,カム方面の人が多くなってます.
(その頃ガンゼあたりでは,デモが頻繁に起きてたのと,あと当局のとりしまりがきつくなったから)

 毎年何人かは途中で死にます.
 凍傷で足なくしたり,っていうのもあります.
 子供だけでくる子もいます(;;)
 映画「ヒマラヤを越える子供達」>見なきゃ.
http://www.tsg-kiku.com/eoth/

ばな猫@SAVE TIBET in mixi,2008年04月06日 01:51


 【珍説】
 チベット語教育は捨てるべきだと思う.
 チベット語に限らず,少数民族言語なんかで教育されたら,貧乏まっしぐらだべ.

 【事実】
 釣りレスにマジレスしとくと,言語は民族アイデンティティの第一歩だぞ.

ニュース速報+板,2013/04/27(土)
青文字:加筆改修部分



 【反論】
 アイデンティティを保って,誰からも雇用されない貧困層を量産するのか?
 民族言語なんて,古典と同じ程度の扱いで十分なんじゃないのか?

 【再反論】
 チベット現地の人が,現地の言葉を読み書きできてて,それで雇用されないって構図のほうを,疑問に思えよ(苦笑
 日本語しかしゃべれないという理由で,日本人が就職差別されてるようなもんだぞ.

ニュース速報+板,2013/04/27(土)
青文字:加筆改修部分



 【反論】
 マイナーな民族言語しか話せない人間に困窮を待ち受けてるのは世界共の摂理だべ.
 法や国の力で何とか成るもんじゃない.
 好き好んで周囲に理解されない言語を選んでるだから,困窮は必然.

 【再反論】
 チベットではチベット語がメジャーでしょ?
 日本では日本語がメジャーなように.
 違うかい?

ニュース速報+板,2013/04/27(土)
青文字:加筆改修部分



 【反論】
 その通りだよ.
 だからチベット人は,チベット人の小さな経済圏に貼付けに成ってる.

 【再反論】
 反論者は「かまってクン」だと思ってたけど,真性の中国プロパガンダ信者なのかな?

>だからチベット人はチベット人の小さな経済圏に貼付けに成ってる.

ってのはウソだから.
 チベット人は,現地の企業にすら雇ってもらえないってのが本当.
 なぜか?
 企業のトップは(主として軍が経営する)中国人で,中国人は中国人しか雇わないから.

ニュース速報+板,2013/04/27(土)
青文字:加筆改修部分



 【反論】
 まぁチベット語しか話せないと大学も碌に行けない.
 なんせ誰も医学書も化学書も翻訳しないもん.
 コンピュータソフトもチベット語対応なんて皆無だし.

 【再反論】
 中国人がチベットでも企業を牛耳ってるって大前提には,何の疑問を持たないわけ?

>まぁチベット語しか話せないと大学も碌に行けない.

 またウソを書いてるね.
 チベット人の大学進学率が低い※のは,チベット人にまともな初等教育すら与えていないため.
http://www.tibethouse.jp/education/educ02.html
※(といっても,人口10万人あたりの大学生の数は全国平均が1816人,チベット自治区は1014人で,貴州省(910人),青海省(935人)より多い)
http://www.avis.ne.jp/~nihao/tibetto.html
>なんせ誰も医学書も化学書も翻訳しないもん.

 これもウソだな.
http://kawachen.shop-pro.jp/?mode=f3

>コンピュータソフトもチベット語対応なんて皆無だし.

 これもウソ.
http://kawachen.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=22430&csid=0
>Nitartha-Sambhota 4.0 ( Windows版 )
>20,160円(内税)
>チベット語入力プログラム

 「息をするようにウソをつく」人を,目の当たりにするとは思わなかったよ.

ニュース速報+板,2013/04/27(土)
青文字:加筆改修部分



 【反論】
 内陸部の貧困圏だと何処も同じ様なモンだべ.
 大学進学率1%とかだったりする.
 中学も寿司詰めだし.
 その1%の進学率を可能にするのは奨学金だったり,自治体の融資だったりするけど(笑
 チベット人は中国語が話せないから,奨学金にも引っかからない.

 経済を誰が牛耳るのかは,経済原理の成れの果ての問題てのも有る.
 そもそも仏をばかり拝んで働かない人達だし.

 【再反論】
「チベット人がチベットにある企業に雇ってもらえないのは変だろ」
っていうそもそもの疑問提起には,徹底スルーかい?
 アグネスだって,そこまで露骨なスルーはしないぞ.

>因みに内陸部の貧困圏だと何処も同じ様なモンだべ.

 それって,チベット人の大学の進学率の問題は,さっきまでお前が主張していた「言語の問題」,ではないと認めてるようなもんだよ .

>経済を誰が牛耳るのかは経済原理の成れの果ての問題てのも有る.
>そもそも仏をばかり拝んで働かない人達だし.

 これもウソだな.
 しかも「仏教徒が働かない」なんて,デマとしても筋のいいほうじゃないな.
 タイ参照.

 それと何? 経済原理?
 腐っても共産主義国だよ,中国は.
 中国共産党が牛耳る地方政府の,その地方ボスが,土地を思うがままに接収して,思うがままに開発を進めている現実があるんだけどな.
 『データで読み解く中国経済』って本があるから,読んでごらん.

ニュース速報+板,2013/04/27(土)
青文字:加筆改修部分



 【反論】
 OSが対応してるだけじゃんw
 OSだけで何すんの?
 面接で「WINDOWSが使えます」てぐらいギャグじゃん.
 因みにオフィスはチベット語未対応だよ.

 【再反論】
 おや?
 最初は「ソフトが」と言っていたのに,実在すると分かると,ハードルをあげてきたね.
 それって典型的な詭弁だよね?

 で,OSについては
http://www.lufimia.net/cal/tibet/index.htm
http://www.digitaltibetan.org/index.php/Main_Page
あたりが参考になると思うよ.

ニュース速報+板,2013/04/27(土)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 ペマ・ギャルポとは?

 【回答】
1959年,チベット動乱の際に亡命.
 その後,亜細亜大学と上智大学で学ぶ.

1977年,チベット文化研究所所長就任.

1980年,ダライラマ法王アジア太平洋地区担当初代代表就任.

1990年,モンゴル国立大学経済学博士号取得.

2005年,日本帰化.

 現在は岐阜女子大学名誉教授,桐蔭横浜大学・大学院教授を務める国際政治学者のほか,TVコメンテーターとしても活動中.

消印所沢

▼ 平成19年参議院選挙にて,藤森謙也(アルベルト・フジモリ)らとともに,国民新党から比例区で立候補するも落選,

水上攝提 by mail

 公式サイトは
http://pema.jp/index.html

稀に擬音の1つとしても使われる
(画像掲示板より引用)


 【質問】
 ギャロ・トンドゥプとは

 【回答】
 ダライ・ラマの兄.
 80年代からずっと対中共交渉人を務めている.

世界史板
青文字:加筆改修部分


目次へ

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

Ads by Sitemix